人気ブログランキング |

のんびり花を見たり、山に登ったり。愛車DUCATI Monsterでツーリングも。
by mo-mo-115
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
カテゴリ




以前の記事
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


<   2018年 11月 ( 4 )   > この月の画像一覧

雲取山(2日目:三条の湯~雲取山~鴨沢)

山梨県・東京都 雲取山・2日目 三条の湯(1100m)~雲取山(2017m)~鴨沢(540m)
2018年11月23日(金・祝)快晴
総歩行時間(休憩除く) 6時間10分



夜には雲が消え星空になったが、満月近い月が明るすぎて鑑賞には厳しい;
冷え込む夜も薪ストーブを焚いていてくれて暖かかったけれど、服や荷物はちょっとスモーキーになったかな(笑)
ゆっくり休んで、長めの行程に備えましょう。



6:28 三条の湯発
小屋での朝食を済ませ、雲取山へ向けて出発する。
沢沿いに歩いて小さな橋を渡り、最初は少々急な登り。
一登りすると傾斜は緩み、落葉の細い道をなだらかに登っていく。
木々の間から朝日に照らされた山並みが覗いている。
1時間弱ほど歩くと迂回路の標識が現れる。

c0034391_11122092.jpg
小屋の方の説明によると、元の道は崩れやすく倒木もあるので迂回路を勧めているとのこと。
迂回路はピークを越えるためコースタイムは20分ほど余計にかかるので、急ぐ人はロープをくぐって元の道をどうぞ、との話もあった。
その後の予定を考え、興味も手伝い、ロープをくぐって元の道を行ってみることに。
やはり歩く人は少ないようで落葉が深い!
道の縁が見えないので山寄りを進む。
ダンナさまは倒木をザックを外してくぐっていたが、わたしはそのまま行けた。
道は細いが傾斜は緩く、特に危険を感じず通ることが出来た。
その後も登っている感じがしないようななだらかな道を進む。
空は真っ青で、富士山もよく見えている♪


8:29 三条ダルミ

c0034391_11125729.jpg
飛龍山から来る道と合流し、広くなったところが三条ダルミらしい。
ここでようやく登山者と出会う。同宿の人だね!
振り返ると、連なる山々や富士山の眺めが素晴らしい!
c0034391_11131737.jpg
この辺りから電波が入るようになり、ダンナさまは早速携帯のチェック(^-^;)
仕方ない、少し休憩しますか。
三条ダルミから上はササの中をジグザグに進む急勾配の道。
c0034391_11133502.jpg
やっぱり山頂までお散歩気分では行けなかったかー(゚ー゚;Aアセアセ
30分ほどしっかり登り、いよいよ山頂へ!


9:05 避難小屋

c0034391_11264030.jpg
c0034391_11190559.jpg
着いた、山頂~♪
快晴で空気も澄んでいて、遠くまで良く見える。
こんなに眺めのいい山だったんだなぁ。
富士山はもちろん、丹沢、相模湾、その先の影は房総半島か。
本仁田山の先あたりに見えている、一際高い建物は・・スカイツリー!?
ここからも見えるんだ!?すごいなぁ!
避難小屋の上の岩に腰かけてしばらく景色を眺める。
まだ人は2~3人しかいない。
お茶の準備をしようとゴソゴソやっていると、避難小屋の先から来た方が「山頂はこの先だよ」と教えてくださる。
そうだった!まだここじゃなかったんだ(゚ー゚;Aアセアセ
ここにも雲取山の標識があったから、うっかり山頂に行きそびれるとこだった(笑)


9:10 雲取山山頂

c0034391_11150225.jpg
本当の山頂は避難小屋からは目と鼻の先。
展望図や「日本百名山雲取山」の立派な標識がある。
標識の後ろには奥秩父縦走路の山々や南アルプスが望める。
c0034391_11155235.jpg
北岳や甲斐駒ケ岳、南部の赤石岳や聖岳など、山ひとつひとつがハッキリと近くに見えている。
もうずいぶんと白くなってるね~。
しばらく景色を眺め、写真を撮ったりして、避難小屋前に戻る。
c0034391_11193004.jpg
今度こそ腰を落ち着け、少し早いけど軽くお昼を食べ、なんだかんだで1時間ほど休憩。
下りながらも防火帯の広々した尾根道からずっと富士山が見えている。
ポカポカと暖かく、とても気持ちのいい尾根歩き!
登ってくる人たちも増えてきた。
c0034391_11233922.jpg
c0034391_11162772.jpg


10:33 奥多摩小屋

c0034391_11200105.jpg
老朽化のため今年度いっぱいで閉鎖してしまう奥多摩小屋。
ここのテン場は眺めが良くて、一度来てみたいと思っていたけれど、当分無理なんだね(ノ_・、)
今日はテント装備の人も多いから、テン場も混みそう。
しばらく展望の尾根道を歩き、樹林帯に入っていく。


11:04 ブナ坂
石尾根との分岐、ブナ坂。
石尾根、いつか登ってみたいけど、長いなぁ;
鴨沢方面へ下っていく。
細い山腹の道は、台風の影響なのか、崩れかけたり、根ごとひっくり返った倒木があったり・・

c0034391_11211579.jpg
それでも危ない箇所はなく、歩きやすい道。
鴨沢への標識を辿りながら進む。


11:36 七ツ石小屋下分岐

c0034391_11213809.jpg
多くの人が立ち止まって地図や標識を確認している。
このへん、いくつかルートが分かれていてチョットわかりづらくて(^-^;)
標識を見るともう七ツ石小屋の下に来てしまっているし、今回は立ち寄らずに下ろう。
あまり面白味のない樹林帯の道を下っていく。


12:11 堂所
小広くなった堂所。
平将門が休憩した場所だと書いてある。
ちょうどお昼時なので、将門ならぬ登山客がたくさん休憩中。
ちょっと腰を下ろして、我々もおやつ休憩。
その後もあまり変化のない我慢の下りだが、ところどころ将門伝説の看板があって、少し気がまぎれた。
紅葉はほとんど見られず、かなり下のほうに来てわずかにきれいな場所があった程度。

c0034391_11220840.jpg
「前はここ登ったんだよねー」「頑張ったねー」などと話しながら下っていく。
やがて林道に出て、小袖の駐車場を過ぎ、舗装路を下りていく。
30分強の舗装路歩きがけっこう長く感じたなぁ。


13:54 鴨沢

c0034391_11254497.jpg
車の音が大きくなり、眼下に奥多摩湖が見えてきて、ようやく鴨沢に到着!
昨日車で送ってくださった方のカフェに立ち寄ると、同宿した女性や山小屋のスタッフの方がお茶をしている。
ご主人にお礼を伝え、30分ほど皆さんと談笑。
山小屋での話や、危険な登山者の話など、山にかかわる人ならではのお話を聞かせていただいた。
素敵なカフェだったなぁ。絶対また来よう。
お土産を買って店を出て、道の駅にある「のめこい湯」へ。
丹波山村に宿泊した人は入浴料金が900円→300円になる割引券を三条の湯でもらっていたので、ずいぶんとお得♪
汗を流してさっぱりしてから、大丹波まで移動し、釜飯「なかい」で早めの夕飯をして帰る。
奥多摩を満喫した2日間でした(^-^)



前回はどんよりとした天気であまり展望がきかず、印象の薄かった雲取山。
今回は晴天で、初めてその良さを実感できた。
やっぱり山は天気で印象ガラッと変わるねー!
紅葉がきれいで宿も空いていて、晴天でいい景色が見られて、地元の方のご厚意に感激し・・ホントいい山旅だった!
奥多摩も雲取山も大好きになってしまった。
次回は村民タクシー活用させていただきます!

c0034391_11274552.jpg
展望の尾根道















by mo-mo-115 | 2018-11-23 21:09 |

雲取山(1日目:後山林道ゲート~三条の湯)

山梨県・東京都 雲取山・1日目 後山林道ゲート(660m)~三条の湯(1100m)
2018年11月22日(木)曇一時雨
総歩行時間(休憩除く) 2時間30分



連休の一日前にお休みを取れたので、前々から温めていた雲取山一泊山行計画を実行することにした。
前回は鴨沢から登り、雲取山荘で一泊して三峰に下ったが、今回は三条の湯に宿泊して鴨沢へ下るコース。
1日目は雨の予報もあるが、ひどくはなさそうだし、三条の湯までは大丈夫でしょう。
翌日の晴天に期待して、今年最後の泊りがけ山行、行ってきます!


11:13 後山林道ゲート発
奥多摩湖・鴨沢周辺は紅葉が見ごろ♪

c0034391_13335118.jpg
三条の湯へはお祭バス停からが近いが、バスの便が少なく遅い到着になってしまうため、鴨沢からお祭まで歩くつもりでいた。
お祭へ向けて奥多摩湖沿いの国道を歩いていると、地元のカフェのご主人が声を掛けてくれた。
ご厚意に甘えて途中まで同乗させていただくことに!(^O^)b
なんてご親切な!
林道のゲート手前まで送っていただき、お礼を言って別れる。
1時間分も楽させてもらっちゃった♪
ゲートの横を通り、沢沿いの林道を歩く。
紅葉がとてもきれい!
c0034391_13343128.jpg


11:53 塩沢橋

c0034391_13353308.jpg
色とりどりの紅葉の中、平坦な林道を進む。
標高500mくらい上がるはずなんだけど、こんなんで登ってるのかな?(゚ー゚;Aアセアセ
歩き出してから単独行の男性に出会ったくらいで、あとは人が全然いない。
時々ポツポツと小雨が降り、念のためザックカバーをつけたけれど、なしでも大丈夫な程度。
沢も紅葉も美しく、秋の山歩きを満喫しながらのんびりと歩く。
腕のある人ならカレンダー用写真が撮れそうな風景だなぁ!
c0034391_13362879.jpg


13:12 林道終点(青岩谷橋)

c0034391_13373068.jpg
懸垂下降用(?)のロープがたくさん垂れ下がった工事現場を過ぎ、林道終点のゲートへ。
ゲート前で少し休憩する。
青岩谷橋を渡って、山腹の細い道を歩いていく。
このあたりの紅葉はもう終わりに近いよう。
この道もほぼ平らで、登っている感じはしない。
一部九十九折に登る箇所があったがほんのわずかで、全体的に長いお散歩のような道だった。


13:47 三条の湯着
沢沿いに小さな建物とテントが見えてきた。
三条の湯のテント場らしい。

c0034391_13381810.jpg
それぞれかなり離れて3張ある。
目を上げると、沢の向こうの一段高い場所に三条の湯が見えた。
登った気がしないうちに着いちゃった!
c0034391_13393063.jpg
小屋はガラガラで宿泊は大部屋、お風呂は小さいほうを時間制で男女交互に入る。
結局今日の宿泊客は10名のみ。
大部屋でもゆったりと使え、お風呂も一人か二人程度で入ることが出来た。
到着後と寝る前と、2回入って温まりました♪
空いてる小屋はのんびり和やかな雰囲気で居心地いいねー(^-^)



今日は紅葉狩りしながら歩けたので、いい印象の後山林道だったけれど、暑い夏場だと景色も変わり映えせず苦痛かもしれない;
小屋は温泉付きだし、空いていたのでとても快適!
小屋番の方のお話を聞きながら鹿のロースト付の夕食をいただき、ご一緒した方とお喋りし・・
何より良かったのは電波が通じないのでダンナさまの携帯が鳴らなかったことかな(笑)
明日は晴れの予報、山頂から富士山見えるかなー♪

c0034391_13403600.jpg
紅葉の後山林道















by mo-mo-115 | 2018-11-22 17:30 |

棒ノ嶺(棒ノ折山)

埼玉県 棒ノ嶺(969m)
2018年11月16日(金)晴
総歩行時間(休憩除く) 3時間30分



せっかくの秋山シーズンなのに、あまり天気に恵まれない山行が続いていたけれど、今日はすっきり晴れそう!
平日のお休みだし、混雑や渋滞は気にしないで済むね♪
じゃ今度こそ棒ノ嶺へ行こう!
ゆっくり出発して、帰りは温泉に入って来ましょ(^-^)



9:36 さわらびの湯発
遅い到着だけれど、やはり平日なので駐車場はガラガラ。
準備をしてゆっくりと舗装路をダムに向けて歩いていく。
秋らしい爽やかな天気で、道路わきには紅葉したモミジ。
絶好の登山日和だねぇ♪

c0034391_11260905.jpg


9:44 有間ダム

c0034391_11262847.jpg
10分ほど歩いて名栗湖に到着。
ダムの上にはツーリング中のバイクが何台も停まっている。
今日はツーリングも気持ちよさそうだよねぇ(o^-')b
ダムの縁に沿って紅葉した木々やダム湖を眺めながら歩く。


9:54 白谷沢登山口
白谷沢橋を渡り、登山開始。
沢沿いをゆっくりと登っていく。
沢には小さな滝がいくつもかかっていて、沢音が心地いい。
前回の大山と違って人が少ないので、周りを気にせず山歩きを楽しめる。
やがて棒ノ嶺名物(?)ゴルジュ帯に入り、沢を渡りながら巨岩の間を抜けていく。

c0034391_11270098.jpg
のっぺりとした湿った岩場を越え、道が再びなだらかになると、だんだんと黄色い紅葉がきれいになってくる。

c0034391_11272167.jpg

10:50 東屋
一登りして林道を横切ると、屋根のなくなった東屋に到着。
数人の登山客がベンチで休んでいる。
東屋の広場は林道と膝の高さくらいの柵で区切られているので、入口を探していると「跨いで入るのよ」と近くにいた方が教えてくれた。
お礼を言って入り、東屋で5分ほどおやつ休憩。
一休みしていつも通り東屋の先の急坂を登る。
急登を終えてトラバース道に入ったところで道が一部崩落していた。

c0034391_11274322.jpg
すぐ上を通れるようにしてあったので、気を付けて通過する。
このあたりもだいぶ紅葉していて、落葉がフカフカして歩きやすい(^-^)
少し行くとダンナさまが上から来た男性に話しかけられている。
崩落個所について質問されたので、通れると伝えたらしい。


11:06 岩茸石
岩茸石に出るところにロープが張られ、何やら札がぶら下がっている。
なんだろう?? ロープをくぐり、札を見てみると・・・

c0034391_11280340.jpg
えーー!通行止めだったの!?(゚ー゚;Aアセアセ
それでさっきの男性から道の状況を聞かれたのか・・
そういえば東屋の柵にもロープがあった気がする。
気付かずに通ってきてしまった(^-^;)
林道を歩いていく人がいたのは、迂回ルートをとっていたのか;
今更遅いし、帰りは別ルートを行くことにして頂上を目指す。
淡い黄色の紅葉が美しい♪
c0034391_11283150.jpg


11:29 ゴンジリ峠
丸太の急な階段やなだらかな尾根道を繰り返しながら登っていく。
以前はゴンジリ峠からは名栗湖が見えた気がしたけど、木があってよく見えないな;
ここからあと一頑張り!


11:40 棒ノ嶺山頂

c0034391_11285460.jpg
青空の山頂広場に到着!
人が少ないから余計広々して見える(笑)
いいお天気だけど、下のほうが少し霞んじゃってるかな。
c0034391_11291032.jpg
日の当たるベンチで昼食休憩40分。
あれー、隅のほうにテントが張ってある!
確かにテン泊したくなる山頂だけど、ここは幕営禁止だった気がするなぁ(^-^;)


12:41 岩茸石

c0034391_11292720.jpg
休憩を終えて岩茸石へ来た道を戻る。
ここから白谷沢の東側のコースを通ってさわらびの湯に下ることにする。
一番最初に棒ノ嶺に来たときこのコースを下り、杉の根の出た歩きにくく単調な道に辟易して、以来白谷沢を往復することが多かった。
しばらくはなだらかな尾根道でススキの中を進む場所もあり、左手には奥武蔵の山並みが見える。
c0034391_11294601.jpg
c0034391_11300080.jpg

やがて鬱蒼とした植林帯に入る。
確かに展望はないしつまらないけれど、昔のような大変さは感じない。
c0034391_11302439.jpg
下りの慣れだね(^-^)
林道を横切り、滑りやすい濡れた土の道を慎重に下り、赤い橋を渡ってさわらびの湯へ。


13:47 さわらびの湯着
十月桜の咲く坂道を登ってさわらびの湯に到着。
温泉に入って汗を流す。
平日なので、ここもゆったりしている(^-^)
帰りは渋滞もなく家に着き、夕飯は運動のご褒美にご馳走を食べる♪
爽やかでいい一日だったねー!



平日に休めるといいこといっぱい!
登山道はガラガラでたまに人に会う程度だし、温泉も高速も空いている。
週末の大山とあまりに違う登山になった(笑)
秋から春は近くの低山がメインになるので、かえってこまめに山に出かけられる。
今年の夏はサボりすぎたから、今のうちに来年に向けて体力作りしておきましょう!

c0034391_11305103.jpg
落葉の道
















by mo-mo-115 | 2018-11-16 19:24 |

大山

神奈川県 大山(1252m)
2018年11月3日(土・祝)曇一時雨
総歩行時間(休憩除く) 3時間30分



前日、友人たちとの食事会で食べ過ぎてしまったので、カロリー消費のため山歩きをすることにした。
棒ノ嶺に行こうと思っていたけれど、ゆっくり出ても間に合う近場の大山に変更。
天気も大して良くないし、楽しむと言うよりトレーニングと割り切って、運動してきましょう!



10:00 大山ケーブル駅発
出足が遅かったので、よく停めている第一駐車場もすでにいっぱいで、少し下った川向こうの駐車場に案内される。
県道からコマ参道と登って行き、ケーブルカーの駅に着くまで30分ほどウォーキング。
思ったより気温が高く、ここまでで汗をかいてしまったので、インナーを一枚脱ぐことにした。
ケーブルカー待ちの列はすごいことになっていて、蛇行して階段の下まで続いている。
待ち時間、小一時間ありそう(^-^;)
もともとケーブルカーは使わない予定だったので、階段を登り男坂と女坂の分岐へ。
往きは男坂から、下りに女坂を使うことにして、見上げるような男坂の急な階段を登り始める。
男坂は人が少なくストレスなく登れたが、なんせ初っ端から急なので息が上がる。

c0034391_13131388.jpg


10:39 阿夫利神社下社

c0034391_13141562.jpg
阿夫利神社下社が近づくと一気に人が増える!
紅葉の色づきは始まったばかりで、見頃はまだまだ先なのに、すごい人出だ(゚ー゚;Aアセアセ
参拝の人も並んでいるので、山頂でお参りしようと先へ進む。
c0034391_13144407.jpg
登山口の鳥居をくぐった先の急な石段は、上まで行列が続いている・・・
参拝や紅葉狩りの人ばかりでなく、登山客も満員御礼だね(^-^;)
ぼたん石や夫婦杉など、見慣れた名所を眺めながら、行列の一部になって進んでいく。
c0034391_13151745.jpg


11:20 十六丁目
大きな石碑のある十六丁目の広場では多くの人が休憩中。
混雑で周りのペースに合わせてゆっくり歩いていたので、休憩の必要もなく先へ進む。
ジーンズにセーター、おしゃれ系スニーカーで登る人など、登山初心者も多いみたい。
小学1,2年生の団体さんもいて「山登り楽しいね」「疲れるけど楽しいね」などと話しながら登っている。
可愛いなぁ♪ 山好きになるといいなぁ(^-^)
登山道はしばしば足を止めるほど混んでるし、渋滞に嫌気がさしたダンナさまが時々人を追い越すし、山頂直下の鳥居を左に入るまで、まったく自分のペースで歩けなかった(-_-;)


12:00 大山山頂

c0034391_13160820.jpg
山頂広場も大混雑だろうし、電波施設の台座で昼食にすることにした。
こちらは山慣れした人が多いみたい。
丹沢の山々すれすれに重たい雲が広がっている。
c0034391_13155247.jpg
45分ほど休憩して山頂のほうに行くと、広場は昼食中の人たちで埋まっていて、トイレ前には30人ほどの行列;
大山はいつも人気で人が多いけれど、こんなに混んでるのは初めてかも(^-^;)
トイレも必要ないので雷ノ峰尾根から見晴方面に下山を開始する。
表参道よりは空いているけれど、それでも歩いているとすぐに前が詰まってしまう。
適度に追い抜きつつ下っていると、途中でポツポツと雨が・・・;
最近こんな天気が多いなぁ(>_<)
カッパを着る必要もなく、すぐに止んだので良かった!


13:33  見晴台

c0034391_13165058.jpg
見晴台も大混雑!
振り返って少し山頂方面を眺め、そのまま大山寺へ向かって歩く。
ここからは傾斜は緩く、山腹につけられた道を歩いていくが、滑落事故も起きている細い道。
15分ほどで二重滝を過ぎ、下社の下を通って男坂と女坂の分岐へ。
下りは女坂を選び、途中で大山寺に寄ることにする。


14:07 大山寺

c0034391_13170627.jpg
大山寺で土器(かわらけ)投げをするというダンナさま。
杯のような土器を崖下の福輪に向けて投げ、うまくくぐると幸運が訪れると言う。
わたしはもう何度もやってて、成功したことがないので今回はパス。
ダンナさまも2投とも失敗(笑)
次に投げた男性が見事輪を通過!(o^-')b
すごいですねー!と祝福して、大山寺を後にする。
女坂とはいっても、階段の多いかなりの傾斜の道で、早くも筋肉痛の予感がする・・・


14:23 大山ケーブル駅着
大山ケーブル駅に着き、コマ参道を下っていく。
この時間は下社までの観光の人が多いみたい。
県道を下り、途中の豆腐屋さんで豆乳を買おうとしたらもう売り切れで、大山饅頭もショーケースは空っぽ。
奥から出してもらって4個だけ買って帰った。
いい運動になったけど、とにかく混んでたなぁ~(^-^;)



運動目的の大山登山、祝日とあって物凄い混雑だった!
紅葉は、下社や大山寺ではまだ色づき始めた程度で、山頂付近はもう落葉した木が多かった。
紅葉も景色も楽しめなかったし、混んでて歩きづらかったけれど、体を動かしてスッキリしたからいいか;
思った通り、それから数日間はひどい筋肉痛に・・・
奥穂でもこんな筋肉痛にならなかったのに、なんでだろ??

c0034391_13173248.jpg
湘南を眺めながら雷ノ峰尾根を下る














by mo-mo-115 | 2018-11-03 19:10 |