人気ブログランキング |

のんびり花を見たり、山に登ったり。愛車DUCATI Monsterでツーリングも。
by mo-mo-115
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
カテゴリ




以前の記事
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


<   2018年 09月 ( 3 )   > この月の画像一覧

唐松岳(2日目:唐松岳頂上山荘~八方池山荘)

長野県 唐松岳・2日目 唐松岳頂上山荘(2620m)~八方池山荘(1830m)
2018年9月29日(土)雨ときどき曇
総歩行時間(休憩除く) 2時間20分



台風の影響もあり、今日は雨の予報。
天気予報サイトやSCWを駆使して降り出しは8時頃だろうと見当をつける。
できれば降り出す前に八方池あたりまで下りていたい。
朝食は念のためお弁当にしてもらっていたので、少々早出することに決定!
短い行程だし、危ない箇所もないけれど、奥穂の時みたいに降られると辛いなぁ;
なんとかお天気もちますように・・・



5:48 唐松岳頂上山荘発
早めに起き出し、食堂でお弁当を広げて朝食をとっていると、小屋のスタッフの方がお茶とお味噌汁を持ってきてくださる。
うわぁ、寒い朝に温かい物、有難い!
遠慮なくいただき、身支度をして出発。
今のところ高曇りで、ガスの多かった昨日より山々の眺めはいいくらい。

c0034391_15562081.jpg
ダンナさまは御来光も見られたそう。
カッパを着て歩き出すが、日差しもなく気温も低いので苦にならない。
この調子で行けるといいなーと、小屋の裏のピークを下り始めたとたん、早くも雨が・・・( ̄□ ̄;)!!
え~、もう!? 思ったより2時間早いよ!(>_<)
幸い小雨で、降ったりやんだりと言った感じ。
視界は抜けていて、右手に五竜や鹿島槍、左手には不帰ノ嶮や白馬三山を見ながら下っていく。
c0034391_15580085.jpg


6:27 丸山ケルン
丸山ケルンから先、しばらくは紅葉の中を歩く。
昨日より紅葉の色が濃くなったような気がする。

c0034391_15582262.jpg
紅葉、ちょうどいい時期だったね!
青空だったら映えただろうになぁ(ノ_・、)


6:44 扇雪渓
扇雪渓の脇を通り、さらに下る。
相変わらず小雨が降ったりやんだり程度で、あまりフードを被らなくて済むのは助かる。
足元の濡れた岩だけ気を付けて行こう!
天気は悪いけれど、昨日見えなかった山々や白馬の村がしっかり見えていて、けっこう景色も楽しめる。

c0034391_15594362.jpg
c0034391_16000836.jpg


7:24 八方池

c0034391_16014757.jpg
八方池では白馬三山は見えているものの、雨で水紋が出来てしまい、水面が山を映すことはなかった。
なかなか鏡のような絶景に遭遇できないねぇ(>_<)
八方池をグルッと回り、しばし休憩。


7:42 八方ケルン
八方池から先は傾斜の緩い石の道や木道歩き。
木道は濡れると滑るので慎重に・・・
それにしても人がいない。
まだ山荘を出てから誰にも会ってない(笑)


7:50 第二ケルン
第二ケルンを過ぎ、木道を下っていく。
最後の最後で雨が少し強くなってきた。
それでもまだ小降りの範疇かな。
ここでようやく登ってきた人と出会う。
皆さん雨の中、頂上まで行くのかしら?


8:10 八方池山荘
無事リフト駅に到着~!
足元には少々気を使ったけど、この程度の雨で良かった(´▽`) ホッ
歩いているときは気にならなかったのに、リフトに乗っているうちに体が冷えてしまった;
でも、すぐ近くにある八方の湯は9時から営業してるって♪(o^-')b
温泉で一番風呂をいただき、温まってから白馬駅のそばでお昼を食べて解散。
楽しい山行だったね!皆さん、お疲れ様でしたー!(^O^)



雨を覚悟の唐松岳一泊登山、やはり降られてしまったけれど、雨は苦になるほどではなく、思い切って来て良かった!
期待していなかった紅葉がちょうど見頃だったし、紅葉時期にしては小屋も空いていて快適だった。
唐松岳頂上山荘は眺めも良く、ホスピタリティ溢れる山小屋で、居心地良く楽しく過ごせた。
夕焼けもきれいだったけれど、ブロッケン現象や幻日など、変わった気象現象もいい思い出になる。
仲間とこういう景色や感動を分け合えるのって、山の何よりの楽しみだよね♪
さぁ、次はどこへ行きましょうか!?(^-^)

c0034391_16080059.jpg
不帰ノ嶮















by mo-mo-115 | 2018-09-29 19:54 |

唐松岳(1日目:八方池山荘~唐松岳~唐松岳頂上山荘)

長野県 唐松岳・1日目 八方池山荘(1830m)~唐松岳(2696m)~唐松岳頂上山荘(2620m)
2018年9月28日(金)晴一時曇
総歩行時間(休憩除く) 3時間45分



晴天が続かず不安定な陽気の9月、友人夫妻と一泊の山行を企画した。
天気予報と睨めっこで日帰り山行なども検討し、最終的に多少の雨は覚悟して唐松岳一泊登山に決定!
全員が一番テンション上がったのがここだったもんね(o^-')b
行程は短いけれど、頂上山荘に泊まって贅沢に山の時間を過ごしたい!
のんびりと稜線歩きを楽しみながら行こう♪



9:14 八方池山荘前発
松本に前泊し、八方アルペンライン乗場近くの駐車場で友人夫妻と待ち合わせ。
さすがきちんとしたお二人、約束より30分以上早く集合できた(o^-')b
ゴンドラとリフトを乗り継ぎ、起点となる八方池山荘へ向かう。
車中では白馬三山もきれいに見えていたし、アルペンクワッドリフトまでは青空♪

c0034391_13311898.jpg
ところが、グラートクワッドリフトを下りたらガスの中・・・(-_-;)
歩きだしから絶景が売りの八方尾根なのになぁ・・
雲を抜ければ晴れてるかもしれないし、気を取り直していきましょう!


9:46 第二ケルン
周りの低木は紅葉が始まっていて、すっかり秋の景色。
人出が多く、かなり軽装の人もいる。
八方池まで行く人が多いんだろうな。
ガスで展望や日差しはないが、暑くも寒くもなく、歩きやすい気温。
木道や整った緩い登山道を歩いていくと30分ほどで第二ケルン(息ケルン)に着く。

c0034391_13320985.jpg


9:52 八方ケルン

c0034391_13322501.jpg
顔のように見える八方ケルンは、第二ケルンのすぐ近く。
ここまでほとんど登っている感じはない。
眺めのいい尾根道は晴れていたら素晴らしい展望だろうになぁ・・・


10:03 八方池
タカネマツムシソウやウメバチソウを見ながら木道を歩く。

c0034391_13324786.jpg
稜線を外れて木の階段を下り、八方池へ。
c0034391_13330377.jpg
池は凪いで鏡のようなのに、肝心の山が雲の中(ノ_・、)
c0034391_13332419.jpg
15分ほどおやつ休憩をしながらガスが流れるのを待つが、白馬三山も不帰嶮も見えず、諦めて歩き出す。
再び稜線に戻り谷を覗き込むと、斜面は草紅葉♪
八方池を過ぎると人もずいぶんと少なくなる。
10分ほど歩くと登山道は紅葉したダケカンバの林に入っていく。
c0034391_13341527.jpg
八方池山荘から森林限界以上の高山植物帯を歩いてきたのに、ここで植生の逆転現象が起きている。
八方尾根は下部が蛇紋岩質で、上部は花崗岩質に変わるので、こういう現象が起きるらしい。
このダケカンバの樹林帯はちょうど紅葉の盛り!
c0034391_13352678.jpg
猛暑だったからまだ早いだろうと思ってた!
予想外の紅葉狩りに歓声をあげながら歩いていく。


11:14 扇雪渓

c0034391_13354867.jpg
40分ほど樹林帯を歩き、扇雪渓に到着。
今が一番雪渓の小さい時期だろうな。
雪渓の下の広くなった場所で40分弱の昼食休憩をとる。
止まってると少し肌寒くなってくるね。
歩き出して間もなく、植生はダケカンバからハイマツやナナカマドに変わり、また森林限界を抜ける。
c0034391_13360875.jpg


12:14 丸山ケルン
丸山ケルンは真っ白なガスの中。
ガレた道を登ること15分、ガスの向こうに青空が覗き始める。
そしてとうとう、見えたー!不帰嶮!!o(^O^)o

c0034391_13365793.jpg
その後もどんどんガスが晴れてくる♪♪
小屋手前の小ピークは迂回路が通行止めになっているので、少々険しい岩場を一登りする。
c0034391_13372976.jpg
もう白馬岳方面も雲が抜けてきた。
c0034391_13381765.jpg
c0034391_13390199.jpg
最後に石を積んだ階段を登りきると、目の前に唐松岳の山頂や剱・立山連峰が現れる。
c0034391_13393032.jpg
c0034391_13394611.jpg
おーー!!すごい!晴れたーーー♪
ついさっきまで視界のきかないガスの中だったので、嬉しさ倍増!(笑)
思い切って来て良かったねー(^-^)
展望を楽しみながらまずは山荘へ。
c0034391_13401350.jpg


13:21 唐松岳頂上山荘
山荘に到着し、チェックインを済ませる。
きれいな山小屋だね~(^-^)
2階の部屋の6人ほどのサイズの下段スペースに4人で収まる。
カーテンがついているので、グループ個室っぽく使える♪
このまま空いてるといいね。
とりあえず荷物を置き、防寒具とお茶の支度だけして山頂へ向かう。
山荘で30分ほど過ごしているうちに雲が増えて来ちゃった!( ̄□ ̄;)!!


14:12 唐松岳山頂

c0034391_13405293.jpg
山荘から山頂まで緩い登りを20分弱。
東側から雲が湧いてきて、また白馬方面は見えなくなってしまった(ノ_・、)
到着すると山頂にはわたしたちの他に一組だけ。
さっそくお茶とおやつの準備♪
日差しがあるのに谷にはガスがかかっている。
こんな時にはあれが見えるんじゃ!?と谷を覗くと・・・
出てたー!ブロッケン!d(゚-^*) ナイス♪
同行のお二人は初めて見たそう。
ちょっと薄かったけれど、見られて良かったー(^-^)


15:12 唐松岳頂上山荘
山頂で50分ほどのコーヒーブレイクをし、山荘に戻る。
部屋で着替えたり、小屋内を探検したり、のんびり過ごす。
湧いていた雲が夕方には雲海になり、夕陽も期待できそうな感じに♪
晴天もいいけれど、雲があると空の表情が豊かになるよね。
外に出て眺めていると、剱岳の上に虹色の光が見えている。

c0034391_13412103.jpg
よく見ると太陽を挟んで対角線上にも同じような虹色の光・・
c0034391_13421323.jpg
これは幻日だね!(o^-')b
小屋の裏でもまたブロッケン現象が見られたし、山に泊まるといろんな珍しいものに出会えて楽しい♪
ちょうど夕陽の時間帯に夕飯のはずだったのだけれど、久しぶりにきれいな夕焼けになったからと30分繰り下げてくれた。
山荘の粋な計らいで、素晴らしい夕陽ショーを楽しめました(^-^)
c0034391_13425182.jpg
夕飯後は支配人で山岳救助隊の中川さんから高山病や熱中症についてお話を伺う機会があり、これもすごく勉強になった!
小屋は空いていてゆっくり過ごせたし、いろいろ良い経験が出来た一日だった。
翌日は台風の影響で天気が崩れる予報。
早く帰らないとね(゚ー゚;Aアセアセ

c0034391_13490265.jpg
唐松岳頂上山荘から見る夕焼け
















by mo-mo-115 | 2018-09-28 19:27 |

尾瀬ヶ原・三条の滝

群馬県 尾瀬ヶ原・三条ノ滝(新潟・福島)
2018年9月15日(土)~17日(月・祝))曇ときどき雨



9月の連休中、親族5名で尾瀬ヶ原へ。
天気はどんより、時々雨が降る・・・
初日は行きがけに吹割の滝に立ち寄る。

c0034391_11364433.jpg
甥っ子は滝よりカエルや虫に夢中(^-^;)


雨の中、鳩待峠を出発し、山の鼻へ。
ビジターセンターで尾瀬の自然の展示を見て、尾瀬ヶ原に出る。
雨は上がり、色づき始めた草紅葉の中の木道を歩いていく。

c0034391_11372481.jpg
ヒツジグサもまだ咲いてた♪

c0034391_11374182.jpg
逆さ燧の見える池塘のはずが・・・せっかく凪いでるのに(ノ_・、)
c0034391_11380985.jpg
それでも尾瀬の風景はステキ♪
c0034391_11382963.jpg
木道脇にはウメバチソウやアケボノソウ、アキノキリンソウ、トリカブトなどが咲いている。
見晴の宿まで3時間と聞いてブツブツ言っていた甥っ子も、木道の下にサンショウウオを見つけて大喜び!
サンショウウオを探したり、ホコリタケの胞子を飛ばしたりしながら見晴へ。
さすがにもうタガメはいないかぁ;
c0034391_11414149.jpg


二日目は三条ノ滝へ。
一泊だとなかなか行く機会がなかったので、今回の目的のひとつでもある。
雨が降ったりやんだりだけど、なんとか行けそう。
滝の近くはけっこうな山道でハシゴなどもある。
雨で足元が悪いので心配したけれど、甥っ子は険しいほうが楽しそう。
まずは平滑ノ滝。

c0034391_11390890.jpg
長くて映しきれない。
下りられないけど、夏場あんなとこで遊んだら気持ちよさそう!
三条ノ滝に向かう途中、ホコリタケの群生を見つけてこれまた大喜び(笑)
c0034391_11393443.jpg
三条ノ滝は思ったより大きく迫力満点!
c0034391_11395260.jpg
車で簡単に行けるところにあったら観光地として賑わいそう。
丸一日かけてゆっくりと滝めぐり。
もう虫はあまりいなかったけれど、甥っ子もヤマナメクジやキノコやちっちゃいカエルなどを見ながら歩ききった。
見晴の宿のそばにはキアゲハの幼虫もたくさんいたけど、蝶になるのは来年かなぁ?


最終日もどんより、時々ポツポツの天気・・・
混む前に帰ろうと木道を戻る。
朝晩冷え込んで、尾瀬ヶ原の草紅葉も心なしか色が濃くなったような・・・

c0034391_11404591.jpg

このところどうも天気に恵まれないけれど、甥っ子にはそれなりにいい経験になったかな。
連休なのに人が少なくてゆっくり歩けたしね(^-^)
今度は青空の尾瀬に来たいねぇ!

c0034391_11425288.jpg
アケボノソウ














by mo-mo-115 | 2018-09-17 19:34 |