人気ブログランキング |

のんびり花を見たり、山に登ったり。愛車DUCATI Monsterでツーリングも。
by mo-mo-115
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
カテゴリ




以前の記事
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


<   2018年 08月 ( 4 )   > この月の画像一覧

奥穂高岳(3日目:穂高岳山荘~奥穂高岳~上高地)

長野県 奥穂高岳・3日目 穂高岳山荘(2983m)~奥穂高岳(3190m)~上高地(1505m)
2018年8月27日(月)雨ときどき曇
総歩行時間(休憩除く) 7時間5分



朝から風雨の予報になり、早出する人たちも増えたようで、午前4時のロビーはすでに賑わっている。
我々も前穂経由のルートを諦め、昨日登ったザイテングラートで涸沢へ下りることにした。
問題は山頂まで行けるかどうか・・・
外に出てみると濃霧だけれど風はそれほど強くない。
これなら行けそう!
今のうちに空身で山頂だけ行って来よう!


5:00 穂高岳山頂発
早出用にお弁当にしてもらった朝食をロビーで一部食べ、ザックを置かせてもらって山頂へ向かう。
濃霧とも霧雨ともつかない真っ白な視界の中、ヘッドランプをつけて出発する。
山頂まではかなり急勾配の岩場、鎖場が続く。
足元は濡れて滑りやすくなった岩で、斜面の西側に回ると物凄い風が吹き付ける。
ストラップを締めても帽子が飛ばされて鬱陶しいので、とうとう帽子を脱いでしまい、カッパのポケットに突っ込む。
よろけるような風の中、霧で見えにくい〇マークを探しながら登っていく。
晴れていれば楽しい岩場だろうに、今はもう登山と言うよりサバイバルな気分。
前後にわずかに人がいて、それだけでとても心強い。
どのあたりを歩いているのかもわからないまま、気づけば山頂の社が見えていた。


5:41 奥穂高岳山頂

c0034391_10473011.jpg
強風の中、積み重なった岩を登り、小さなお社にタッチ!
すごい風で、怖くてとても立ち上がれない。
「はい、山頂着いた! さぁ戻ろう!」と山頂滞在は史上最短の5秒!(笑)
写真のダンナさまのカッパも風でめくれあがっている(^-^;)
下りはより慎重に行かなきゃね・・・


6:11 穂高岳山荘着
無事穂高岳山荘に到着。
濃霧で髪は水をかぶったようにびっしょり濡れている。
風と霧ですっかり冷えてしまった。
山荘内のテーブルでお弁当の残りを食べていると、濡れ鼠のわたしたちを見かねてか、山荘の方が温かいお茶をもってきてくれた。
心まで温かくしていただきました(^-^)


6:44 穂高岳山荘発
山荘で30分強休憩し、身支度を整えてザイテングラートを下る。
風は西斜面で強いが、涸沢方面は穂高岳が壁になってくれるため、思った通り風は気にならない。
歩き出しは小雨が降っていたが、ザイテングラートの途中でほぼ止んだ。
それでも下りの濡れた岩場は難易度が格段に上がる。
時間を気にして焦ることがないよう、早出にしたのは正解だった。
悪天の中、登ってくる人たちもチラホラいる。
すれ違いの時に、数人グループの中の若い女性が「怖い!」とハシゴで立ち往生してしまった。
あまり慣れてないのかな?雨の岩場なんて楽しくないよね;
見かねたダンナさまが珍しくハシゴ通過時のアドバイスなどしている。
大丈夫かな; 山を嫌いにならないといいけど・・・
ザイテングラートを下りきり、涸沢小屋へ向かうルートをとる。
雲を抜けたのか、涸沢は視界が開け、常念岳も見える。


8:06 涸沢小屋

c0034391_10484301.jpg
ここまでくれば、一安心!
あとは比較的緩やかな登山道を下るだけ。
ホッとしながら涸沢小屋でおやつ休憩30分弱。
今のところ雨も止んでるし、この程度の降られ方なら思ったよりマシだわ♪
涸沢小屋からテント場に向けて下る。
涸沢小屋周辺は今回の行程で一番花が多く咲いていた。
c0034391_10475804.jpg
樹林帯に入り、横尾に向けて順調に下っていく。
途中でカッパを脱いでいる人も見かけたが、本谷橋が近づくと再び雨が降り始めた。


9:43 本谷橋

c0034391_10483240.jpg
本谷橋あたりから本降りになり、樹林帯にも関わらず、ザーザーと雨に叩かれながら歩く。
休憩もできず、雨の中ただひたすら黙々と歩く。
ほぼ平坦な場所まで来ていたので、ひどい降りでも足元はそれほど気にしないで済む。
岩場や傾斜のきつい場所でなくて良かった。


10:37 横尾
横尾ではトイレや避難小屋の屋根の下に人がギッシリと集まって雨宿りしている。
一度はトイレの屋根の下に入るが、座るどころか荷物を下すスペースもなく、休憩になりそうもないのでそのまま進む。
相変わらず雨はひどく降り、靴の中まで濡れてきた。
まさかゴアテックスが破れてる!?(゚ー゚;Aアセアセ
不快な状態のまま、ただ足元だけを見て黙って歩く。


11:40 徳沢
結局、本降りの中を2時間歩き通し、徳沢でお昼休憩。
雨宿りの客で混んでいるかと思ったけれど、雨で人出自体が少なかったのか、すぐに食事が出来た。
30分ほど休憩し外に出ると、ようやく雨が上がっていた。
助かった~(´▽`) ホッ


12:54 明神

c0034391_10481864.jpg
徳沢からは雨に降られず、明神に到着。
明神館前で10分ほど休憩する。
さぁ、あと1時間、頑張ろう!


13:47 上高地

c0034391_10485038.jpg
7時間かけて上高地に到着!
雨でもっと時間を取られるかと思ったけれど、まずまずの下山だった。
バスで沢渡の車に戻り、白骨温泉の宿へ。
露天風呂に入る頃にはきれいな青空が見えていた。
この空、山頂で見たかったよ!(>_<)



ザイテングラートは事故が多くて有名だけれど、岩場自体は落石さえ注意すればそれほど難しいとは感じなかった。
ただ、やはり雨の時は気が抜けない。
そもそも雨の予報なら行かないか、大幅に予定を変更するので、今回のように本格的な雨の中を何時間も歩くことは今まであまりなかった。
特に雨の経験の少ないダンナさまは、雨対策のパッキングをせず、ザックの中のダウンをびしょ濡れにしてしまった(-_-;)
いい勉強になったね(^-^;)
それにしても、泊りがけ山行でこんなに天気が悪かったのは初めてかも・・
ここはまたリベンジに来ないとね!

c0034391_10555172.jpg
涸沢ヒュッテのテラス(2日目)

この時はいい天気だったのになぁ・・













by mo-mo-115 | 2018-08-28 17:44 |

奥穂高岳(2日目:横尾~穂高岳山荘)

長野県 奥穂高岳・2日目 横尾(1620m)~穂高岳山荘(2983m)
2018年8月27日(月)晴
総歩行時間(休憩除く) 4時間45分



横尾の朝は快晴!
今日も暑くなりそうだから、早いうちに標高の高いところに行ってしまおう!
今日は穂高岳山荘までコースタイム5時間半の登り。
前回横尾から登った時は、北穂の山頂まで行き、涸沢に下る8時間15分のコースだった。
それに比べたら余裕の行程だね(o^-')b
ゆっくり岩場を楽しみながら登ろう♪



6:07 横尾山荘発
山荘の目の前の横尾大橋を渡って涸沢へ向かう。

c0034391_15332056.jpg
今日は穂高方面もきれいに見えている。
本谷橋まではほとんど平らな道で、左手に屏風岩を見ながら歩く。
c0034391_15335905.jpg
足元にはシソ科の紫の花(コウシンヤマハッカ?)がたくさん咲き、オヤマボクチも重たい花をぶら下げている。
今日は人も少なく、のんびり歩けるね。


7:05 本谷橋

c0034391_15342516.jpg
本谷橋の下の小さな橋を渡り、河原で10分弱の休憩。
ここからようやく登りが始まる。
特に険しい場所もなく、足元も整備されていて歩きやすい。
ガレ沢にも石が敷き詰められ、平らになっている。
紅葉にはまだ早いが、オオカメノキやナナカマドの赤い実が可愛らしい♪
本谷橋から30分ほどで涸沢カールや前穂高岳が見えてくる。
c0034391_15360277.jpg
1時間ほど登り、穂高の眺めのいい場所で10分ほどおやつ休憩。


8:42 分岐
背丈の低くなってきたナナカマドの間を歩き、涸沢小屋と涸沢ヒュッテの分岐に出る。
涸沢ヒュッテでお昼にしよう!


8:50 涸沢ヒュッテ
分岐から少々登り、涸沢ヒュッテに到着。
少し雲が出てきたけど、いい景色だねぇ!

c0034391_15372252.jpg
横尾山荘では一人分のお弁当を用意してもらったので、お弁当のパンとヒュッテのおでんで腹ごしらえ。
景色を楽しみながら40分ほど休憩した。
ヒュッテを出て山岳補導所の脇を左に折れ、パノラマコースからザイテングラートへ向かう。
c0034391_15392136.jpg
c0034391_15395027.jpg

大きな石がゴロゴロした道は不安定で歩きにくい。
石の間にはイワツメクサやイワギキョウの咲き残りが見られた。
前穂のギザギザや尖った涸沢槍がだんだん近づいてくる。
c0034391_15414072.jpg
振り向けば小さくなった涸沢ヒュッテやその向こうの常念岳が見える。
c0034391_15402777.jpg
ミヤマアキノキリンソウやイワギキョウの花畑を過ぎると涸沢小屋からの道と合流する。
c0034391_15405568.jpg


11:07 ザイテングラート取り付き
合流して折り返すように山腹をトラバースすると、ザイテングラートの取り付きに着く。

c0034391_15445283.jpg
取り付きにはちょっとしたスペースがあり、そこで20分ほど軽食休憩。
c0034391_15430444.jpg
一息入れて、いよいよザイテングラートに登り始める。
ロープや鎖やハシゴを使って岩場を登り、細い足場をトラバースする。
c0034391_15460094.jpg
c0034391_15464034.jpg
人が少ないこともあり、特に難しいと感じることもない。
むしろここまでの淡々と登る道より楽しい!
ミヤマアキノキリンソウの他、ヨツバシオガマやウサギギク、シラタマノキやチングルマの穂などを足元に見ながら岩を登っていく。


12:08 穂高岳山荘

c0034391_15471192.jpg
1時間ほど岩場を登り、白出のコルにある穂高岳山荘に到着。
まだ山頂まで往復できる時間だけれど、正面の常念山脈方面は見えているのに、奥穂高岳山頂のほうは雲がかかってきている。
c0034391_15473124.jpg
明日はどうせ奥穂高岳の山頂を越えていくんだし、今日は小屋でのんびりしよう。
この選択を激しく後悔することになるとも知らず、小屋前の広場でコーヒーを淹れて一服し、夕方は「太陽のロビー」で夕陽を眺めて過ごす。
c0034391_15475627.jpg
明日は天気が崩れる前に重太郎新道を抜けられるといいな、なんて思っていたのに、夕方に届いた山の天気予報を見て愕然・・
午前中が風雨の予報に変わってる!( ̄□ ̄;)!!
7時間を超える行程じゃ、雨が収まるのを待って出発するわけには行かない。
重太郎新道も事故の多いルートだし、強風時の吊尾根も心配;
同じ条件の悪さなら、今日歩いて勝手の分かってるザイテングラートを下ったほうが安全か。
岳沢ルートも行けないことはないだろうけど、展望も望めない中を緊張しながら歩くより、安全策をとろう。
翌朝の様子を見て、可能なら空身で山頂だけは極めて来よう。
あぁ、さっき山頂登っておくんだった~!。゜゜(´□`。)°゜。ワーン!!

c0034391_15490461.jpg
涸沢はもうすぐ













by mo-mo-115 | 2018-08-27 18:31 |

奥穂高岳(1日目:上高地~横尾)

長野県 奥穂高岳・1日目 上高地(1505m)~横尾(1620m)
2018年8月26日(日)晴
総歩行時間(休憩除く) 3時間



北穂高岳には2回登ったけれど、まだ主峰の奥穂高岳に行ってなかったので、今年の夏の縦走は奥穂高岳~前穂高岳に決定!
本当は大好きな北穂から涸沢岳→奥穂高岳と回っていきたかったのに、ザイテングラートを登りたいと言うダンナさまのリクエストを容れて今回北穂は断念(ノ_・、)
奥穂高岳から吊尾根を歩き、前穂に登る。
下りは重太郎新道から岳沢経由で上高地へ戻ることにした。
上高地から見えるあの吊尾根を歩きに行ってみよー!



9:40 上高地バスターミナル発
夏休みの旅行がてらの山行なので、前夜は安曇野に泊まり、のんびりと上高地へ向かう。
沢渡で車を置き、バスで上高地へ。
猛暑続きで沢渡も朝から暑く、バスのチケット売り場の男性も「今年は本当に暑いです」と言う。
上高地に着くと、そこそこ爽やかな感じで少しホッとする。
ターミナル前で水をくみ、身支度を整えてから出発!
時間は少々かかるが、見所の多い右岸の自然探勝路を行く。
日曜とあって上高地周辺はけっこうは賑わい。
河童橋から見る穂高は上部に暑い雲がかかっている。

c0034391_12302109.jpg
今日は横尾までのアプローチだし、曇ってるくらいのがいいかも・・・。
岳沢湿原。湿原の植物も少しずつ色づき始めている。
c0034391_12305283.jpg
沢沿いの木道を歩いていくとすぐ脇の下草がガサガサ動き・・わっ!サルだ!
人にも動じず木道に上がってきた(゚ー゚;Aアセアセ
刺激しないように通り過ぎ、さらに進む。


10:45 嘉門次小屋

c0034391_12332292.jpg
明神池のそばの嘉門次小屋周辺はすごい人出!
上高地から明神池くらいまでは日帰りトレッキングの人も大勢訪れるしね。
海外からのお客さんも多いみたい。
まだお腹も空いていないので15分ほど休憩し、穂高神社奥宮に無事を祈って先に進む。


11:07 明神館
明神橋を渡って左岸へ着くと、橋のたもとに人だかりが( ̄□ ̄;)!!
何かと思ったら、皆さん明神橋越しの明神岳を撮っているらしい;

c0034391_12334628.jpg
混むのもここらあたりまで、この先は観光客がグッと減る。
ようやく落ち着いて、静かになった道を歩いていく。
穂高方面は相変わらず雲がかかっているが、常念山脈のほうは晴れて良く見えている。


12:00 徳沢

c0034391_12313111.jpg
広々としたキャンプ場の先にある徳澤園。
徳澤園のみちくさ食堂で昼食にしようと思ったら、ここもけっこうな混雑。
テラスに空きを見つけてお昼休憩50分。
横尾までほとんど平坦な道だけれど、気温は高めでそれなりに汗をかく。


13:45 横尾

c0034391_12315225.jpg
梓川の護岸工事をしているらしく、迂回路を通ったりしながら横尾へ向かう。
横尾山荘での宿泊は二度目。
時間が早いのでまだお風呂は開いていない。
とりあえずチェックインして、外のベンチでコーヒーを淹れて一服する。
お風呂にはほぼ一番乗りで入り、汗を流してスッキリしてから夕ご飯を食べ、一人ずつカーテンの閉まる快適なベッドで就寝♪
明日は穂高岳山荘まで登りっぱなしの一日。
久々の涸沢、お天気いいといいなぁ!

c0034391_12382755.jpg
徳沢手前から常念山脈を望む
















by mo-mo-115 | 2018-08-26 17:28 |

蓼科山

長野県 蓼科山(2530m)
2018年8月19日(日)晴
総歩行時間(休憩除く) 3時間



2018年の夏は記録的な猛暑・・・
元々暑さは苦手だし、外に出る気にもなれず、すっかり引きこもり状態(-_-;)
翌週に夏休みの穂高縦走を控え、さすがにこれはまずいと足慣らしに山へ行くことにした。
2ヶ月登ってないので行程は短く、標高は高くて涼しいところ・・蓼科山はどうかな?
標高2500mを超えるし、上部は岩の道なのでトレーニングにはいいかも♪



7:07 七合目登山口駐車場発
前日はゆっくり家を出て、蓼科湖畔の料理自慢の宿で前泊。
お盆過ぎとはいえ、夏休み時期の日曜日、混む前に登り出したいしね。
七合目駐車場はまだ車はまばら。
身支度をして一の鳥居をくぐり、白樺やカラマツの道を歩き出す。

c0034391_12214704.jpg
しばらくはなだらかなお散歩道で、馬返しから傾斜がきつくなってくる。
今日は猛暑も一休みらしく、秋のような爽やかな陽気で、暑くも寒くもないのが有難い。
まだ人も少なく、久しぶりの山をゆっくりと楽しみながら歩く。


7:53 天狗の露地

c0034391_12225078.jpg
右手に少し寄り道すると展望所・天狗の露地がある。
前回来たときは雲の間からかすかに下界が見えた程度だったけれど、今回は視界良好!(o^-')b
槍穂から白馬岳まで、北アルプスが目の前に連なっている。
その手間に見えるのは女神湖か。
こんな景色を見るとますます山へのテンションが上がるねぇ!
7分ほど景色を堪能しながら休憩し、再び登り始める。
ザンゲ坂はガラガラした浮石だらけの急登を行く。
c0034391_12233541.jpg


8:23 蓼科山荘

c0034391_12240090.jpg
20分強登ると蓼科山荘に到着。
山荘前のベンチで20分ほどのおやつ休憩。
笛のような音がすると思ったら、山荘前の木の梢にウソが留まり、盛んに鳴いている。
あんな目立つとこで鳴いてるのは縄張りの主張かな?
蓼科山荘から先は蓼科山登山のハイライト。
大きな岩がゴロゴロ積み重なる段差の大きな直登で、一気に山頂へ!
c0034391_12241705.jpg


9:07 蓼科山頂ヒュッテ

c0034391_12243565.jpg
岩の道を登り、森林限界を抜け、前掛山方面の縞枯れた山肌が見えてくると間もなく山頂ヒュッテに着く。
ヒュッテから山頂まではほんの5分ほど。


9:11 蓼科山山頂

c0034391_12250810.jpg
岩だらけの広~い山頂に、360度の大展望!
目の前に広がる北アルプスのパノラマ。
c0034391_12255523.jpg
中央アルプスに、威厳ある独立峰の御嶽山。
c0034391_12262846.jpg
美しい姿の浅間山や奥秩父の山々も見える。
何より素晴らしかったのが南八ヶ岳の稜線と南アルプス方面の眺め。
c0034391_12264280.jpg
「きれいだねー!」「来て良かったね~」と、展望を楽しみながら45分ほどの休憩。
お昼、というには早すぎるので、軽く食べて下山する。


9:59 山頂ヒュッテ
素晴らしい景色に後ろ髪を引かれながら大岩を下っていく。

c0034391_12271208.jpg
早くも少し雲が上がってきたみたい。
山頂はまだ人がポツリポツリといる程度だったが、登ってくる人が増えてきた。
樹林帯に入り、急登を慎重に下って山荘へ。


10:22 蓼科山荘
往きと違って山荘前は大混雑!
日曜で夏休み中で登山日和だもんね(^-^;)
短い行程で疲れてもいないし、そのまま休まず下ることにする。
ザンゲ坂の大きなケルンを見てダンナさまが「こんなのあったっけ?」
あったよ~。急坂を登ってると視界が狭くなるんだね。
ケルンに石を追加して足元の悪い道をジグザグと下る。


10:40 天狗の露地分岐
帰りは天狗の露地も素通り。
雲が増えてきたから、往きのほうが眺めが良かっただろうしね。
しばらくして傾斜が緩むと間もなく登山口。


11:13 七合目登山口駐車場着
一の鳥居をくぐって駐車場に到着!
案の定駐車場はいっぱいで、見ている間にも団体のバスが次々と登山客を下ろしていく。
のんびり歩けたし、早めに登っちゃって良かったね~(^-^)



今回は久しぶりの登山だったけれど、行程が短く前泊もしたので、疲れず楽しく歩けた。
陽気に恵まれて大展望を堪能できたし、ようやく蓼科山の素晴らしさを味わえた感じ♪
目の前に来週登る北アルプスの山並みを見られて、ヤル気も出たし!
何よりも自然の中で体を動かすのはいいよねぇ(^-^)
2か月無駄にしちゃってもったいなかったな;

c0034391_12274812.jpg
天狗の露地から望む槍・穂高連峰

















by mo-mo-115 | 2018-08-19 18:20 |