人気ブログランキング |

のんびり花を見たり、山に登ったり。愛車DUCATI Monsterでツーリングも。
by mo-mo-115
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
カテゴリ




以前の記事
2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


<   2018年 04月 ( 4 )   > この月の画像一覧

GW会津旅行

GW前半に会津旅行に行くことに。
白河で有名なラーメン屋さんに立ち寄り、会津の東山温泉へ向かう。
途中、郡山で「ミズバショウ群生地」の看板を発見!
行ってみたのは馬入新田水芭蕉群生地。
標高わずか500m、県道脇に咲いているミズバショウ群は珍しい!

c0034391_18392150.jpg

その先の、風力発電の風車がたくさん回っている布引高原にも行ってみたかったけれど、時間が遅かったのでそのまま東山温泉へ。
本日の宿は土方歳三ゆかりの湯があると言う。
いくつもの温泉に浸かり、ご馳走をいただく。
なんか最近、運動せずに贅沢すると罪悪感が・・・(^-^;)


翌日は朝イチで会津若松のシンボル・鶴ヶ城へ。

c0034391_18400063.jpg
折しも会津戦争終結から150年。
会津藩の歩んだ歴史を現地で学べたのは良かった。
茶室・麟閣を見てから白虎隊ゆかりの飯盛山にも行ってみる。
慰霊碑に手を合わせ、戸ノ口堰洞穴やさざえ堂を巡る。
c0034391_18401522.jpg

その後は裏磐梯の五色沼自然探勝路でトレッキング。
4kmほどのコースにツートンの沼や青い沼など、いろんな沼が点在している。
c0034391_18410439.jpg
c0034391_18411077.jpg
c0034391_18411728.jpg
前にも来てるけど、今のほうが興味を持って見られるのは、登山のおかげ??

3000本の大山桜があるという桜峠にも行ってみる。
いつもはGW辺りに見頃になるそうだが、今年はどこの花も早い!
見頃はとうに過ぎ、咲き残った桜の間を散策する。

c0034391_18420897.jpg


2日目は郡山に宿泊し、翌日は塙町の風呂山公園に山ツツジを見に行く。
ここは今が見頃だと確認済み(o^-')b
遠目にも山が赤く染まっているのが分かる。
背丈より高いヤマツツジの中を歩く。

c0034391_18423259.jpg
赤い迷路の中にいるみたい!



最近旅行と言えば登山と絡めることが多かったので、普通の旅行は久しぶりかも・・
たまにはこういうのもいいかな。
ん~、でもやっぱり動かず食べてばかりだと罪悪感が・・(笑)
さて渋滞前に帰りましょう。

c0034391_18432776.jpg











by mo-mo-115 | 2018-04-29 18:38 |

両神山(清滝小屋テント泊・2日目)

埼玉県 清滝小屋(1280m)~両神山(1723m)~日向大谷(630m)
2018年4月21日(土)快晴
総歩行時間(休憩除く) 3時間45分



清滝のかすかな水音や獣の声・・
テントでいろんな音を聞きながら夜を過ごす。
空が白み始めると、ピピ、ピピ、と鳥の声が聞こえ出す。
少しずつ鳥の声が増えていき、だんだん賑やかになってくる。
寝ていられないくらいやかましくなった頃、キツツキのドラミングが始まる。
まるで、自然が舞台のボレロのよう!
目覚まし要らずの贅沢な起床をして、パンとシチューで朝ご飯。
天気はサイコー!
人の少ないうちに山頂に行って来よう!



6:00 清滝小屋発
のんびりと支度をしてテントを出発。
最低限のものだけ持って、軽装備で山頂へ向かう。

c0034391_17171846.jpg
まずはテント場の裏の山腹をジグザグと登っていく。
斜面にはコバイケイソウの葉やハシリドコロが多く、ニリンソウはまだ小さな葉ばかり。
10分弱で「鈴ヶ坂」の看板を過ぎ、さらに一登りすると尾根上に出る。


6:15 産体尾根
地図には産泰尾根と表記されている尾根に出ると山頂方面が望める。
尾根上を5分ほど行くと岩と木の根の混じった鎖場がある。

c0034391_17175024.jpg
道は乾いているし、鎖は使わなくても大丈夫。
似たような鎖場を数か所越えると・・あら、立派な足場が作ってある!
c0034391_17182071.jpg
もとは鎖場だったとこかな?
6年前に来たときはなかったなぁ。


6:33 横岩

c0034391_17184195.jpg
鉄製の階段のすぐ先に転がり落ちそうな大岩「横岩」がある。
横岩の脇を過ぎ、10分ほどで赤い鳥居が見えてくる。


6:43 両神神社

c0034391_17191953.jpg
鳥居の脇には縄の首輪から御幣を下げた山犬様がいる。
奥の神社にお参りし、少し休憩。
神社のすぐ横にもう一つお社があり、そちらの山犬様のほうが狼っぽい。
神社から先は緩く細い尾根道と鎖場を繰り返しながら登っていく。
木々の間からはまだ白い富士山も見えている。


7:16 両神山山頂

c0034391_17202377.jpg
何度か鎖場を越え、木の橋で岩場を回り込み、最後の鎖を登ると両神山山頂!
わ~、いい眺め!(o^-')b
お天気いいから遠くまでクリアに見えてる♪
奥秩父の山の向こうには富士山。南アルプスの一部も見える。
c0034391_17214914.jpg
西には八ヶ岳。
c0034391_17210794.jpg
北アルプスの名峰も一望できる。
c0034391_17213292.jpg
振り返れば浅間山や上信越の山々も。
狭い山頂だけれど、まだ誰もいないので、眺めを心ゆくまで堪能できた。
30分ほど山頂で過ごし、人が登ってきたのでそろそろ下山することに。


8:00 両神神社
登ってくる人たちもちらほら現れ始める。
早いなぁ!皆さん何時に家を出てきてるんだろ(゚ー゚;Aアセアセ
テント場までは身軽なので、下りの鎖場も楽ちん♪
結局岩場では鎖を一度も使わず登り下りした。
横岩を過ぎ、神社から20分ほどで産体尾根の看板に到着。
尾根道を外れ、鈴ヶ坂をジグザグに下っていく。


8:32 清滝小屋

c0034391_17230789.jpg
清滝小屋に戻り、お茶休憩&テントの撤収を始める。
時間はたっぷりあるので、のんびりとお片付け。
そうこうしている間にテント場付近の休憩所は満員に!
やっぱり両神山、人気あるねぇ。
結局1時間半もテント場付近で過ごし、出発は10時になってしまった。


10:07 弘法之井戸
清滝小屋を出発した時には、もうだいぶ暑くなっている。
今日は気温が高くなるって言ってたっけ;
登ってくる人たちが多く、道を譲りながら下っていく。
弘法之井戸で帰りの分の水を補給し下り始めるが、荷物が重いのでブレーキが効きにくい。
大勢乗せた車みたいな感じ(^-^;)
急な箇所では滑らないよう気を遣って歩く。
しばらく下ると傾斜も緩み、日差しに輝くような新緑の中を歩いていく。

c0034391_17241357.jpg
沢の音も心地よく響く。
ほんと気持ちのいい道♪
c0034391_17243597.jpg
明るい沢沿いの道から山腹の細い道になり、観音堂を過ぎると間もなく日向大谷の登山口。


11:53 日向大谷
はい、登山口到着。
舗装路を歩いて駐車場へ向かう。
案の定、駐車場はいっぱいで、早い人たちがぼちぼち帰り始めてる。
これから登る人たちもいるみたい。
わたしたちのように清滝小屋泊まりかな?


12:00 駐車場
車を停めた第二駐車場まで戻り、道の駅・両神温泉薬師の湯へ向かう。
途中、道の路肩にも登山客のものらしき車がたくさん並んでいる。
日帰りだと相当早く家を出ないと厳しいんだよね(^-^;)
温泉で汗を流し、お昼を食べてから帰宅。
ゆっくりした行程だったけど、重さのせいか岩場のせいか、けっこうな筋肉痛に・・



春先までは高尾山などのハイキング程度の山歩きだったので、久しぶりにちゃんと山に登った気がする。
前回より天気が良く、山頂からの眺めは最高!
ニリンソウやアカヤシオには早すぎたけれど、新緑はきれいだったし、テント泊も楽しかったし、いい登山だった♪
ただ、山頂のアカヤシオの木が折れてしまっていたのは残念・・
またいつか花を咲かせてほしいな。

c0034391_17251371.jpg
ニリンソウはまだ咲き始め












by mo-mo-115 | 2018-04-21 17:12 |

両神山(清滝小屋テント泊・1日目)

埼玉県 両神山・日向大谷(630m)~清滝小屋(1280m)
2018年4月20日(金)晴
総歩行時間(休憩除く) 2時間5分



GWの混雑を避け、その前週に両神山登山を計画。
前に登ったのはもう6年前の5月で新緑のきれいな頃だった。
今年は雪解けも早いようだし、また新緑を見ながら歩けるかな。
どうせなら清滝小屋でテント泊しちゃおう!



14:26 日向大谷登山口
ゆっくりと自宅を出発し、小鹿野の安田屋さんのわらじカツ丼で腹拵えをしてから日向大谷の駐車場へ。
今回テント泊にしたのは日向大谷の駐車台数が少ないのも理由の一つ。
山で泊るなら、日帰りの人が帰り始めるころに車を置けるから。
第一駐車場はいつの間にか有料になっていたので、少し下の第二駐車場に停めるが、平日にも関わらずそこそこ埋まっている。
身支度をしてゆっくりと歩き、10分弱で登山口に到着。
登山届を出し、登山者カウンターを押して歩き始める。

c0034391_17585002.jpg
14:32 観音堂
鳥居をくぐってすぐに観音堂の小さな祠がある。
お参りして、鬱蒼とした樹林帯を山腹を巻くように緩やかに歩いていく。
右の斜面には白い斑の入ったスミレが点々と咲いている。
フイリフモトスミレかな?
c0034391_17591583.jpg
簡単な鎖場を越え、さらに山腹の細い道を歩いていく。
木の間からは新緑と山桜の淡い色合いが覗いている。
c0034391_17575017.jpg
少し下って七滝沢コースの道を分け、沢に沿うように歩いていく。
傾斜も緩く、沢も新緑もホントにきれい♪
c0034391_17595540.jpg
歩いていてとても気持ちがいい。
木の橋を渡ったり、徒渉したりしながら登っていく。
前回はニリンソウもたくさん咲いていたけれど、今年はさすがにまだ少ないな。
代わりにハシリドコロが目立つ。
ウキウキしながら歩き、ふと横を見ると、石の上に何かの頭蓋骨が( ̄□ ̄;)!!
c0034391_18002428.jpg
なんだろこれ?タヌキとかかな?(゚ー゚;Aアセアセ
珍しい物を見たな(^-^;)


16:05 八海山

c0034391_18004375.jpg
両神山は信仰の山らしく、あちこちに石碑や像がある。
八海山にも何かの像が。
このあたりから傾斜がきつくなり、荷の重さを実感する。
足元にはコガネネコノメやヤマエンゴサクなどの春の花。
ニリンソウの群落があった斜面はまだほとんど咲いていなかった。残念!
これ、エイザンスミレかと思ったら葉に違和感が・・・??
ヒトツバエゾスミレ??
c0034391_18034174.jpg
スミレは難しいなぁ(゚ー゚;Aアセアセ


16:35 弘法乃井戸

c0034391_18041796.jpg
水場の弘法之井戸。そばにはミヤマエンレイソウが二つ。
御幣が立てられた四角い石の2本の管から水が流れている。
事前に問い合わせたところ、清滝小屋の水道はまだ栓が開いていないそうなので、ここの水を使うことになる。
今夜と明日の山頂往復分、3Lずつ汲んで最後の登り!


15:54 清滝小屋

c0034391_18051276.jpg
水場から10分ほど登り、清滝小屋に到着。
17時着の予定を立てていたので、ほぼ予定通り。
短い行程なので体力的には余裕だけど、重さのせいか終盤思ったより足にきた。
まだ今シーズン大した山歩きしてなかったしなぁ(^-^;)
小屋の奥のテン場には我々だけ。
他に全く人がいないとちょっと不安だけど、清滝小屋には男性が一人宿泊のよう(´▽`) ホッ
テン場は小さいが平らに整地され、屋根つきのテーブルやベンチも近く、新緑の木々に囲まれたいいところ♪
c0034391_18064879.jpg
テン場の上段にテントを張り、着替えを済ませてスッキリ♪
カレーとサラダで夕飯にして、山の音を聞きながら就寝。
明日も登山日和になりそう。
山頂からいい景色見られるといいな(^-^)

c0034391_18072052.jpg
新緑の登山道













by mo-mo-115 | 2018-04-20 18:54 |

高尾山~小仏城山(6号路~日影沢)

東京都 高尾山(599m)~小仏城山(670m)
2018年4月6日(金)晴
総歩行時間(休憩除く) 3時間30分



去年に続き、今年も春の日影沢で花探索(o^-')b
今年は春の気温が高く、先月友人たちと行った時にはもうニリンソウがチラホラ咲き出していたので、そろそろ見頃かも♪
タカオスミレやヤマルリソウも咲いてるかな?



10:40 高尾山口駅発
平日だから空いてるかと思いきや、駅前はたくさんの人!
そうか!まだ春休みだから若者グループが多いんだネ(^-^;)
登りは6号路から高尾山へ向かう。
そばや土産物のお店が立ち並ぶ中を歩き、ケーブルカーの清滝駅を過ぎると、登山客は一気に減る。


10:49 6号路登山口
清滝駅から5分ほど林道を歩き、妙音橋で左手の6号路に入る。
10分ほどで琵琶滝の脇を通る。
木と覆いで6号路から琵琶滝は良く見えない。
沢沿いに続く道にはタチツボスミレやエイザンスミレ、ニリンソウや赤い葯の落ちたハナネコノメが咲いている。
これなら日影沢にもいろいろ咲いてそうだな♪

c0034391_10440092.jpg


11:16 大山橋
粘板岩で出来た硯岩を過ぎて間もなく、小さな大山橋を渡る。
今度は沢を左に見ながら湿った登山道を緩く登る。

c0034391_10334629.jpg
日当たりの良い斜面ではヤマルリソウやマルバスミレ、タチツボスミレなどが一面に咲いている♪
c0034391_10443648.jpg
c0034391_10442537.jpg


11:30 稲荷山コース分岐
小さな橋を渡って進むと稲荷山コース、沢に下りて登れば6号路。
沢と一体になった6号路を登っていく。
沢から離れ、下の斜面を覗くと、シャガがたくさん咲いている。
最後に長い階段を一登り!

c0034391_10350151.jpg


11:41 3号路分岐
階段を登り終え、ベンチのある小広い場所に出る。
その先の分岐を下れば3号路、左手を登って行けば山頂に着く。
山頂までの短い間にもカタクリや名前のわからない数種のスミレが咲いている。


11:45 高尾山山頂

c0034391_10352445.jpg
たくさんの人で賑わう山頂はちょうど桜の見頃!
新緑の向こうには都心のビル群が見えている。
富士山は、春らしく霞んだ空の雲の中・・
そうだ、一丁平は桜の名所だった!
お昼は一丁平でしよう♪
高尾山から先はまた一段と人が減る。
整備された登山道はいろんな種類の桜が咲き誇っている。
日影沢のスミレやニリンソウのことばかり考えてて、稜線の桜はまったく忘れていた。
思わぬ春のプレゼントにウキウキしながら桜の下を歩いていく。
登りは人を追い越しながら来たけれど、ここからは花を見ながらゆっくり行こう。


12:12 一丁平

c0034391_10361009.jpg
一丁平のベンチで桜を見ながら昼食休憩15分ほど。
桜の下には紫の絨毯のようにスミレが密生している箇所もある。
春たけなわ・・のどかだなぁ(^-^)
その後も城山まで桜の道は続く。
c0034391_10372218.jpg
今日山の上でお花見できるとは思ってなかったなぁ。


12:48 小仏城山

c0034391_10365941.jpg
わぁ!城山もこんなに桜が多かったんだ!
素通りすることが多い城山、咲いてない時期だと気づかないものだなぁ。
城山からは舗装された日影沢林道を下っていく。
新緑の淡い色と桜のピンクがきれい♪
c0034391_10381033.jpg
林道わきには何種類ものスミレが咲いている
しばらく下るとムラサキケマンやキケマンなども見られた。
c0034391_10383531.jpg
車止めのゲート脇を抜け、林道を下っていくと、タカオスミレの群生している場所がある。
おー!タカオスミレたくさん咲いてる♪
c0034391_10385408.jpg
ニリンソウもちょうど見頃で、沢の向こうは花畑になっている。
沢を渡ろうとして濡れた石に足を置いたとたん、滑ってボチャ!( ̄□ ̄;)!!
えー!こんな石で滑る??
片足が濡れてしまったが、大したダメージはないので、そのままニリンソウの中を歩く。
c0034391_10391937.jpg
c0034391_10400288.jpg
きれいなのでスマホでも撮ろうとすると・・・スマホない!(゚ー゚;Aアセアセ
さっき滑った時、落としたんだ( ̄□ ̄;)!!
急いで徒渉ポイントに戻り、沢を覗くと・・・キレーな沢に気持ちよさそうに浸っているスマホが・・・
あ~あ、やっちゃった(-_-;)
スマホを取ろうとしてまた同じ石で滑る。なんでー!?
登山靴でなく、簡易なハイキング用の靴できたのが失敗だったな;
ザックも山用じゃないデイパックで、スマホ入れてたサイドポケットが浅かったし・・・
反省しながらニリンソウの群生地を歩いていると、珍しいものを見つけた!
白いヤマルリソウ! 小さい株が3つほどある。
c0034391_10403187.jpg
わたしは初めて見たけれど、知る人ぞ知るレアな花らしい。
いいもの見られたな~♪


14:30 日影バス停
ニリンソウの群生地からキャンプ場に出て、そのまま少し歩いて日影のバス停へ。
スマホの件などもあり、予想以上に時間がかかってしまった(゚ー゚;Aアセアセ
花はもうじゅうぶん見たし、寄り道せずに真っ直ぐ帰ろう。
今日はスマホが使えないけれど、それを清々しく感じてる自分にちょっとビックリ(笑)



去年は一週間ほど遅い時期に同じコースを行ったのに、まだ桜は咲き始めでタカオスミレも数輪しかなかった。
今年は稜線も沢沿いも花盛りで、最高の時期に高尾山を歩けた♪
季節の進み方が10日~2週間ほども早い気がするなぁ。
でも、高尾山だからと軽装で行ったため、登山靴では滑らないような石で滑って大惨事に!
写真や連絡先のデータもかなり消えてしまい、とんだデータ断舎利だ・・(ノ_・、)
慣れた低山でもやっぱり身支度はしっかりしないといけないといういい教訓になりました。

c0034391_10452533.jpg
一丁平付近から城山を望む











by mo-mo-115 | 2018-04-06 18:29 |