人気ブログランキング |

のんびり花を見たり、山に登ったり。愛車DUCATI Monsterでツーリングも。
by mo-mo-115
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30
カテゴリ




以前の記事
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


<   2016年 11月 ( 3 )   > この月の画像一覧

塔ノ岳(大倉尾根ピストン)

神奈川県 塔ノ岳(1491m)
2016年11月26日(土)晴
総歩行時間(休憩除く) 5時間25分


先週末、山道具店のセールで登山靴を購入した。
しつこく試着してフィット感の良かったLOWAのマウリア。
さっそく慣らし登山で塔ノ岳に行くことにした。
この靴はある程度長めの山行で使いたいので、バカ尾根で痛みが出るようじゃ困る(゚ー゚;Aアセアセ
大倉尾根の途中にはモミジの多い場所もあるから、時期的にも良さそうだしね♪


8:46 大倉発
一昨日は都心でも積雪があり、車道の凍結が心配だったけれど、大倉までの道は問題なし。
駐車場に車を停めて真新しい靴を履き、舗装路を歩いていく。
30分弱で観音茶屋があり、さらに30分ほど歩くとウッドデッキから秦野方面が望める見晴茶屋に着く。

9:40 見晴茶屋
見晴茶屋から一登りすると平らな木道になり、その先しばらくは両脇にモミジの木がたくさん生えている。
もっと全体が赤いかと思ったらまだ青々した葉もあって、きれいなグラデーションになっていた。
まだしばらく楽しめそう♪
c0034391_21523012.jpg


10:03 駒止茶屋
モミジのトンネルを抜け、しばらく行くと駒止茶屋に着く。
このあたりから登山道脇に残雪が現れ始めた!
木々の間から見える表尾根の山肌もうっすら雪化粧をしていてきれい♪
だけど足元はグチャグチャ・・・新しい登山靴なのになぁ(ノ_・、)

10:29 堀山の家
テーブルやベンチのある堀山の家の周りでは多くの人が休憩している。
ここから花立まで、ちょっと勾配がきつくなる。
木の階段でよく整備されているけれど、雪が詰まって滑りやすい(゚ー゚;Aアセアセ
c0034391_21532638.jpg

振り返ると秦野の街の向こうに相模湾や真鶴半島が見える。
今日は大島までは無理か・・(^-^;)

11:21 花立山荘
最後の休憩ポイント、花立山荘。
お腹に木の枝で「花立山荘」と書かれた可愛い雪だるまが作ってあった。
c0034391_215457.jpg

下ってくる人たちの多くが軽アイゼンやチェーンスパイクを着けたり、外して手で下げたりしている。
・・・やばい、アイゼン忘れた!
普段使わなくても携帯してるのに、なんで今日に限って持ってこなかったんだろ(-_-;)
登山道はすっかり雪道になり、滑らないよう慎重に歩を進める。
金冷しあたりは道が細くて両側が切れ落ちており、ここで滑ったらかなり厄介なことになりそう(゚ー゚;Aアセアセ
狭く急な下りの箇所でのすれ違いがヒヤッとしたけれど、とりあえず滑ることなく登り切った(´▽`) ホッ
c0034391_21551791.jpg


12:03 塔ノ岳山頂
c0034391_21554449.jpg

雪でも賑わう塔ノ岳山頂に到着!
西には雲が垂れ込め富士山は隠れてるけど、南の海側はけっこう見えてる♪
c0034391_21561055.jpg

いつも塔ノ岳は春に来ていて、ガスで真っ白なことが多いので、これでも今までで一番眺めがいいかも(笑)
風はないが日差しが弱く、雪でかなり冷えるので、防寒具を着込み、シートを敷いてお昼休憩1時間ほど。
たまに雲が抜け、パーッと日が差すと急に暖かくなる。
冬場の山にいると太陽のありがたさを実感するなぁ。
食事を終えて下山しようとしたらほんの一瞬だけ富士山が顔を出した!
c0034391_21563879.jpg

ここもすごく眺めがいい山なんだね~。
湘南の海を見ながら下っていく。
c0034391_2159521.jpg

金冷しあたりでまた富士山が顔をだしてくれた。
さっきより天気が良くなってきたみたい♪
鍋割山方面もよく見える。
c0034391_220851.jpg

アイゼンなしで下るのはちょっと不安だったけど、往きより雪が融けてきたせいか、思ったほど危なくはなかった。

13:30 花立山荘
ここまで下りれば一安心(´▽`) ホッ
山頂で外したストック先端のゴムキャップを再装着して下っていく。
1時間弱で駒止茶屋に到着し、なだらかな紅葉のトンネルを歩いていく。
いろとりどりの葉が夕陽に照らされてきれい(^-^)
c0034391_2204414.jpg


14:55 見晴茶屋
見晴茶屋のデッキに腰をおろし、コーヒーブレイク25分。
下山ラッシュだし、ちょっと大倉高原山の家に寄ってから下りようか。

15:25 大倉高原山の家
c0034391_2211186.jpg

こちらの道はほとんど人がいなくて静か。
初めてテント泊をした大倉高原山の家のテント場はいい感じに紅葉している♪
明日は雨の予報なのにテントやツエルトが数張スタンバイ状態。
楽しそー(^-^)
見晴茶屋や花立山荘には新しいトイレが出来てたけど、ここは前のまんまだね(笑)

15:42 観音茶屋
観音茶屋の少し上で本来の道に合流し、のんびり下り始める。
新しい登山靴は靴擦れすることもなく、最後の濡れた石畳でもしっかりと足首がホールドされ、安定して歩けた。

16:00 大倉着
たくさんの人がバス待ちをしている大倉に到着。
すっかり薄暗くなってる。日が短くなったねぇ;
水場で靴の泥を落とし、無事帰宅。
渋滞もそれほどひどくなくて良かった!


紅葉狩り登山のつもりが、2日前の積雪のため、すっかり真冬のようになっていた塔ノ岳。
結果的にアイゼンなしで大丈夫だったけれど、積雪がありそうな時にうっかり携帯し忘れたのは大失敗!
これからは気をつけなくっちゃ(^-^;)
今回は雪やぬかるみがあって歩きづらく、混雑で譲ったり譲られたりも多かったせいか、実際のコースタイム以上に疲れた気がする。
でも景色や紅葉はとてもきれいで、靴の慣らしもできたし、充実した山歩きだった♪
新しい靴、初回でドロドロに汚しちゃったけどね(ノ_・、)
c0034391_2233157.jpg

金冷し付近からの富士山

















by mo-mo-115 | 2016-11-26 21:48 |

三ツ峠山

山梨県 三ツ峠山(1785m)
2016年11月13日(日)快晴
総歩行時間(休憩除く) 4時間20分


行楽日和の日曜日、ダンナさまと山歩きに出かけた。
近場で軽く歩こうと、計画しながらなかなか行けなかった三ツ峠山へ向かった。
太宰治「富嶽百景」にも描かれた富士山の眺めのいい山だし、晴天の日にはちょうどいいね♪
車で行けて帰りにお風呂にも入れる表登山道を往復してこよう(^-^)


8:43 いこいの森駐車場発
自宅から2時間ほどで三ツ峠グリーンセンター奥の憩いの森駐車場に到着。
道中見事な富士山や、三ツ峠山のボコボコした山頂がよく見えた。
c0034391_13153934.jpg

憩いの森駐車場にはトイレがひとつあり、なつかしのボットン式;
身支度をして出発し、しばし舗装路を歩くが、このあたり紅葉がきれい!!
c0034391_1316596.jpg

気温も高めで暖かく、気持ちよく歩いていく。
登山道に入り、何が書いてあるかわからない石の碑を過ぎる。
どうやらこれが達磨石らしい。じゃ梵字かな。
森は黄色の紅葉が多く、秋らしい木漏れ日の中を緩く登っていく。

9:33 股のぞき
しばらく登ると樹林が途切れた場所があり、「股のぞき」の看板がある。
ここは富士山の最初の展望スポット!
c0034391_1316408.jpg

そういえば今年のイグノーベル賞は股のぞきの研究だったような・・・

9:49 馬返し
さらに色づいた木々の間を登っていく。
黄色い葉の隙間から見える空は真っ青♪
c0034391_13171123.jpg

鞍部に「馬返し」の看板が立っている。
ということは、これから傾斜がきつくなるのかな?;
たしかに岩混じりの急坂になった(^-^;)
c0034391_13173525.jpg


10:28 空胎上人の墓ベンチ
愛染明王塔や、転がり出しそうな巨石「不二石」を過ぎ、空胎上人の墓とたくさんのお地蔵様が並んだ八十八体供養塔のある休憩スポットを通り、左側の切れ落ちた崩壊地を進む。
見所の多いコースだなぁ!
崩壊地からは三ツ峠山の山頂と富士山が望めるが、落石が怖いので足早に通り過ぎる。
c0034391_13183377.jpg

小さな木の橋を渡り山腹を巻くように歩いていくと「愛宕尊」「坂東三十三ヵ所観音塔」の看板があり、その上には崩れかけた何かの足場がある。
茶屋か何かだったのかな?
その先は右手の大きな岩の壁を巻くように平らな道を歩く。
これがロッククライミングで有名な屏風岩みたい。
「一字一石供養塔」「神鈴権現社」を過ぎるとクライミング中の人たちが!
c0034391_131936.jpg

お~!すごい!楽しそう♪
ロッククライミングは屏風岩の3ヵ所ほどで行われていて、足を止めて眺めながら先へ進む。
屏風岩、思っていたよりずっと大きいなぁ!
クライミングのゲレンデを過ぎ、急な木の階段を7分ほど登ると茶屋が見えてきた。

11:05 四季楽園
階段を登り切ったところは四季楽園という山荘。
そこから右手の山頂に向かって、最後の斜面を登っていく。

11:15 開運山山頂
c0034391_13202611.jpg

アンテナ施設を過ぎるとすぐに山頂に到着!
その名の通り三ツ峠山には3つの峰があるが、この開運山が三ツ峠山の最高峰。
富士山はもちろん、南アルプスや八ヶ岳、丹沢のほうまで、ぐるりと素晴らしい展望!
c0034391_1321758.jpg

秀麗富嶽十二景の山々も片面が開けてるだけのところが多いので、ここもこんなに眺めがいいとは期待していなかった。
さすがに人気の山で山頂は人が多いが、いい具合の岩を見つけてお昼休憩にした。
表登山道はそれほど人がいなかったけれど、行程の短い天下茶屋方面からの登山客が多いらしい。
休憩中にどんどん団体の人たちが到着し、山頂は大混雑になったので30分程度で撤収することにした。
山頂や屏風岩、富士山を眺めながら、来た道を下っていく。
c0034391_1325626.jpg

ダンナさまは屏風岩で「ちょっと屏風岩に取り付いてくるわ」と本当に高さ30cmだけ取り付いてみてる(笑)
c0034391_13213871.jpg

またクライミングを眺めながら屏風岩を抜け、紅葉の森を下る。
空胎上人の墓のところにあるベンチでコーヒーブレイクをし、股のぞきで最後の富士山の展望を拝む。
馬返しを探しつつ下ったはずが、あんな大きな看板なのに見落としたらしい(^-^;)

14:13 いこいの森駐車場着
最後はカエデやドウダンツツジの真っ赤な紅葉を見ながら駐車場へ。
c0034391_13222277.jpg

登りは思ったより暖かくて汗かいたけど、一日いい天気で気持ちのいい山歩きだったねー♪
今回は三ツ峠山にして正解だった(^-^)
入浴してると渋滞に巻き込まれそうだったので諦めて帰宅したが、すでに中央道は大渋滞が始まっていた・・・
往きは2時間なのに帰りは4時間もかかった!( ̄□ ̄;)!!
登山より疲れたかもね~(-_-;)


三ツ峠山は遠くから眺めても山頂付近にアンテナが立っていて、なんとなく人工的に開けた山のイメージがあったけれど、自然の植生豊かで眺めが良く、見所の多い楽しい山だった。
山頂は大混雑だったが、登りでコースタイム3時間を超える表登山道はお手軽な裏登山道より人気がないのかそれほど人がおらず、自分たちのペースで歩けたのが良かった。
久しぶりに快晴の登山で、秋の山歩きを満喫できた。
間近でロッククライミングも見られたし♪
帰りの渋滞さえなければ良かったんだけどねぇ・・・(^-^;)
でも三ツ峠山、また来たいね! 今度はお風呂付で(o^-')b
c0034391_13225129.jpg

開運山山頂から望む富士山





















by mo-mo-115 | 2016-11-13 19:13 |

男鹿高原キャンプ

最近テントを購入したS夫妻にテント泊のお誘いをしたら、ちょうどキャンプに行こうと計画していたそう。
じゃその計画に乗らせてもらおうと、栃木の男鹿高原にある「ワイルドフィールズおじか」へ向かった。
昼前の出発だったので、紅葉狩り渋滞も一段落していて高速は順調♪
男鹿高原への道中、日光や那須、塩原など紅葉の名所付近を通る。
進むにつれ、車窓には素晴らしい紅葉が♪
キャンプ場到着までに紅葉狩りを楽しめてしまった(^-^)
c0034391_22282283.jpg

ワイルドフィールズおじかは広々して雰囲気のいいキャンプ場!
c0034391_22222924.jpg

c0034391_22362865.jpg

紅葉最盛期は過ぎたとの話だったけど、真っ盛りに見えるよ(o^-')b
先に着いて準備をしてくれてたS夫妻と合流し、早速テント設営!
手前が我が家のトレックライズ、奥のオレンジがS夫妻の新品オニドーム♪
c0034391_22233178.jpg

陽が傾くと寒くなるので、たくさん着込んで焚火や食事の支度を始める。
ダンナさまは薪当番をさせてもらって楽しそ~!(笑)
c0034391_22241991.jpg

夕飯はお鍋や焼き野菜など。
外で食べる温かいお鍋、美味しかった!d(゚-^*) ♪
晴天だったので、星空もすごい!
天候不順だったから、こんな星空は今年初かも?
天の川や流れ星も見られてキャンプ場の夜を満喫できた♪(^-^)
急激な気温の低下でテントのフライシートは雨に降られたように濡れ、テント内部の結露が心配だったが、朝までまったく結露しなかった。(´▽`) ホッ
S夫妻も自前のテントが快適だったようで良かった!

翌朝はどんよりした天気で、時折弱い霧雨も・・
雨具が要らない程度なので、外でホットサンドやソーセージの朝食をいただく。
雲のかかった紅葉の山もいい感じ(o^-')b
c0034391_22245152.jpg

帰りに実家に寄る予定もあったので、渋滞の始まる前に撤収!
ダンナさまは帰路「焚火いいなぁ」「楽しかったな~」とすっかりご満悦(笑)
確かに、山に登らずに自然の中でのんびりご馳走食べるキャンプもいいよねぇ。
S夫妻には何から何までお世話になりっぱなしで申し訳なかったけど・・(゚ー゚;Aアセアセ
ありがとうございました! ぜひまたよろしくお願いします!(^-^)
山のテン泊もやりましょ~(o^-')b
c0034391_22334449.jpg

釣りもできるんだって!












by mo-mo-115 | 2016-11-06 22:18 |