人気ブログランキング |

のんびり花を見たり、山に登ったり。愛車DUCATI Monsterでツーリングも。
by mo-mo-115
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
カテゴリ




以前の記事
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


<   2016年 09月 ( 4 )   > この月の画像一覧

浅間山(黒斑山)

長野県 浅間山外輪山・黒斑山(2404m)
2016年9月17日(土)曇
総歩行時間(休憩除く) 2時間35分


燕岳から帰った翌日に実家に行き、今度は親族8人で長野へ(^-^;)
今度こそ唐松岳に登るつもりだったけど、この連休もまたお天気悪い予報・・・
今年はホント天候不順だねぇ(ノ_・、)
初日だけなんとか天気がもつようなので、せめてどこか一ヵ所だけでも登ろうと、白馬に向かう途中で浅間山に寄ることにした。
浅間山は去年から噴火警戒レベルが2に上がってしまい、外輪山の黒斑山までしか行けない。
前掛山まで行きたかったなぁ!
高曇りですっきりしないが、八ヶ岳や南アルプスは見えている。
山頂からの展望、得られるといいな。


10:55 車坂峠登山口発
上信越道小諸ICから高峰高原へ向かい、ビジターセンターに車を停める。
わたしと妹と従弟の3人の浅間山初登山組は浅間山の外輪山・黒斑山へ。
園児の甥っ子と両親は向かいの高峰山へ。
叔父と叔母はあまり調子が良くないので高原をトレッキング。
甥っ子が登山口まで見送りに来て「気を付けてね~!転ばないでね~!」と応援してくれる(笑)
表コースと中コースがあるが、まずは表コースを行く。
しばらく緩やかなシラビソの道を登る。
c0034391_2204271.jpg

もう花はほとんどないが、シラタマノキがあちこちに群生していて白い可愛い実がついている。
先頭の従弟はかなり速いスピードで登り、腰痛で「登れるかなぁ?」なんて言ってる妹もそのペースについていく。
二人とも滅多に登山しないのに、体力あるな~。
こっちが息切れるわ(゚ー゚;Aアセアセ
だんだん道はガレてきて右手の視界が開けると、佐久の街やその向こうの八ヶ岳が望める。
c0034391_2212187.jpg

さらに高度が上がると西の高峰山の向こうに北アルプスが!
槍ヶ岳や大キレットもしっかり見える♪
c0034391_222773.jpg

槍穂連峰を北に辿ると、双耳峰の鹿島槍ヶ岳や、今回登るはずだった唐松岳も・・・。
c0034391_222345.jpg

「登りたかったねぇ・・」と複雑な思いで眺める。
どこからか「ヤッホー!」の声が聞こえたので、高峰山の甥っ子かと思って「ヤッホー!」と応じていたら、後からきたよその子たちだった( ̄□ ̄;)!!
一人で浮かれた大人になってしまった・・・(゚ー゚;Aアセアセ

12:02 槍ヶ鞘 
赤錆びたカマボコ型のシェルターが現れ「これで噴石防げると思う?」「無理だよね;」と少々不安に・・・
c0034391_2264349.jpg

シェルターから一登りすると浅間山の眺めがいい場所に出た。
お~、さすが名峰・浅間山! 美しい姿♪
c0034391_2231263.jpg

母が妹に「眺めのいいトーミの頭から一度グッと下がって登り返すと山頂だから、腰が痛かったらトーミの頭で戻っておいで」と言っていたので、ここがトーミの頭だろうと信じてお昼休憩にする。
20分ほど景色を眺めながら昼食休憩。
山頂は目の前(だと思っていた)だし、妹も行けるところまで行くと言うので、ガレた道を下ると中コースへの分岐があった。
登りながら槍ヶ鞘を振り返る。
c0034391_2275469.jpg

短い急登を終えると、休憩場所から見えていた山頂らしき場所に到着。

12:34 トーミの頭
目の前の浅間山と外輪山の荒々しい眺めが素晴らしい♪
c0034391_2283187.jpg

・・・って、ここ、トーミの頭って標識あるじゃん!( ̄□ ̄;)!!
母の記憶が間違っていたらしい(^-^;)
ここにきてようやく地図を開き、山頂を確認する。もう少し先か。
もう急な箇所はないみたいだし、妹もここまできたら山頂まで行くというので先へ進む。

12:50 黒斑山山頂
c0034391_229174.jpg

樹林帯を緩く登ると、木に囲まれ東側が開けた小さな広場に着く。
団体さんが昼食中でちょっと居場所がない;
立って浅間山の景色を眺めていると従弟が「御嶽山もこんなふうにお昼とか食べてたらいきなり噴火したんだよね?」なんて言い出す。
確かにそうだ。時期もちょうど今頃だった・・・。
活発な火山を目の前にして、あの日突然の災難に見舞われた人たちのことを考え、空恐ろしくなる。
短い黙とうをし、足早に山頂を後にする。

13:08 トーミの頭
トーミの頭から鞍部に下り、帰りは分岐を中コース方面に進む。
樹林帯で展望はないが、全般的に中コースのほうが緩やかで、腰痛で下りがきつい妹にはちょうど良かった。
平標でのルート違いや、雪渓で遊んだことなど、子供の頃に親に連れられていった登山の思い出話をしながら歩く。
昔は特に登山が好きだったわけじゃないのに、大人になってなぜかまたみんな登ってるね(笑)
c0034391_2293869.jpg


14:00 車坂峠・中コース登山口着
駐車場に着くと甥っ子たちはまだ帰ってきていなかった。
わたしたちのほうが先に着いてしまったため少々むくれた甥っ子は、ソフトクリームで即機嫌回復(笑)
虫やらトカゲやらに引っかかってゆっくりしすぎたけど、ちゃんと山頂まで行ったらしい。
今度は一緒に登れるといいね(^-^)


結局連休の残り2日は雨でどこにも行けなかったので、初日に浅間山に登っておいてよかった。
軽い山歩きだったけれど、いい景色が見られたし(^-^)
妹も従弟も普段登らないのに足腰しっかりしてるのにはビックリ!
腰痛でコルセットしながらあのスピードで登っちゃうなんて・・
昔取った杵柄なのか!?
甥っ子も大きくなったら部活だの勉強だので山歩きなんて付き合ってくれなくなるだろうけど、今のわたしたちのように、いつか山に戻ってきたりするのかな。
小さいころの山遊びの体験が宝物になりますように。



















by mo-mo-115 | 2016-09-17 21:58 |

燕岳

長野県 燕岳(2763m)
2016年9月14日(水)雨のち曇のち晴 ~ 9月15日(木)曇
総歩行時間(休憩除く) 1日目:4時間5分 2日目:2時間30分


登山を諦めて上高地トレッキングだけで帰るつもりだったけれど、ヤマテンとウェザーニュースの有料の登山天気では明日晴れマークが出てる!
ほとんどのサイトで雨予報なのに、ほんとかなぁ??
一日晴れ間があれば、燕岳か唐松岳くらいなら登れる。
このままどこも登らず帰るのも心残りだし、2つの登山専門予報に賭けてみようと、雨の松本で一日時間を潰した。
ようやく取れた夏休み、一目でも北アルプスらしい景色が見られたらいいんだけどなぁ;


<1日目>

7:12 中房登山口発
日帰りならロープウェイを使わない燕岳がいいだろうと、中房温泉へ向かう。
松本を出るときはまだ本降りで、中房温泉でも霧雨が降っている。
樹林帯歩きなのでカッパの上だけ羽織り、ホントに晴れるのか半信半疑のまま、急登の合戦尾根を登り出す。
間もなく霧雨が濃霧に変わったので、第二ベンチでカッパを脱ぐ。
花は終わり、紅葉には早く、急な登りで気を紛らわせてくれるのはキノコくらい・・・
30分ごとに現れるベンチでこまめに休憩し、大好きなベニテングダケに癒されながら登っていく。
c0034391_2158388.jpg

第三ベンチ以降は花崗岩の露岩も現れ、燕岳らしい感じに。
c0034391_21585035.jpg


9:57 合戦小屋
c0034391_21591961.jpg

急登を終え、合戦小屋で20分ほど中休止。
ダンナさまは早速スイカを買いに行く。
今年も甘くて美味しい! まだ売ってて良かった♪(^-^)
相変わらずの濃いガスだけど、時折薄日も差しだした。
合戦の頭あたりからは木々が色づき始め、秋めいてきた。
c0034391_21595562.jpg

見えるはずの常念山脈や槍ヶ岳はどこにあるのやら・・(ノ_・、)
鎖のあるトラバースを越え、燕山荘の見えるあたりまで来ると、ガスが流れて青空が覗き始める。
このパターンは燧ケ岳の時と同じ! 景色、見えるんじゃ??
徐々に薄くなるガスに期待が高まる。
最後の一登りで、とうとうダンナさまが駆け出した!
燕山荘横の稜線に出ると・・槍ヶ岳、見えてる~♪♪♪
c0034391_2203761.jpg

やったー!思い切って登って良かった!
白い燕岳は青い空に映える。
c0034391_2211246.jpg

白砂の緩やかなハイマツ帯の道を、奇岩を眺めながら山頂へと向かう。
c0034391_222225.jpg

谷に立ち込めていた雲もだんだん少なくなり、槍穂連峰や裏銀座の山々が姿を現す。
今まで天候に恵まれなかった燕岳、こんな景色が見たかった・・・(ノ_・、)

11:45 燕岳山頂
c0034391_22272635.jpg

岩の上の山頂に到着。
燕岳と書かれた山頂の標の後ろにはお賽銭が供えられている。
人がいないので、標の横の岩に寝転がったりしながら展望を楽しむ。
c0034391_225432.jpg

一段下で風を除けながらお昼を食べ、お茶をし、1時間ほど山頂で過ごす。
今日中に下山して帰るつもりが、ようやく見られたこの景色で山を去りがたく、「燕山荘、泊まっちゃおうか?」とダンナさまを唆す(笑)
次はいつ休めるかわからないダンナさまも同意し、のんびりと稜線歩きを楽しみながら燕山荘へ戻る。
c0034391_2237547.jpg

めがね岩。
c0034391_22283879.jpg

イルカ岩と槍ヶ岳。
c0034391_2229778.jpg

天気はすっかり回復し、青空が広がる。
ヤマテン、すごいな!
c0034391_2301772.jpg


13:20 燕山荘着
c0034391_22324781.jpg

しばらく山荘前のベンチで景色を眺めてからチェックイン。
今日は空いているらしく、別館の三人用のスペースを二人で使わせてもらえた。
ダンナさまは談話室で燕岳を見ながらビール。最高の贅沢だね(o^-')b
c0034391_22295031.jpg

わたしはケーキセットをいただく。
ケーキと飲み物で950円って、上高地より安いんじゃ??
夕方には最後まで雲のかかっていた立山や後立山方面の山も望めるようになった。
夕飯時に集まった宿泊客は50人を切るくらいか。
オフシーズンは小屋も人ものんびりしてていいな♪
暮れてゆく山を見るのが好き。お泊まり山行の特権!
c0034391_22302341.jpg


<2日目>

夜は星は見えず、翌朝は予報通りの高曇りで御来光もイマイチ(^-^;)
でも周りの山々は昨日よりよく見えている。
c0034391_22335559.jpg

安曇野は雲の下だけど、雲海の向こうには浅間山や八ヶ岳、南アルプスに富士山も見えてる♪

6:30 燕山荘発
朝ご飯を食べ、北アルプスの景色に後ろ髪を惹かれながら山荘を後にする。
下りながら、昨日はガスで見えなかった山々を眺める。
右手には常念山脈や槍穂連峰。
c0034391_22343057.jpg

正面には八ヶ岳、富士山、南アルプス。
c0034391_22351062.jpg

合戦の頭あたりが最後の展望地か。名残惜しいな;;
紅葉越しに燕岳を振り返る。
c0034391_22354916.jpg



7:12 合戦小屋
合戦小屋でしばらく休憩。
下りはベンチひとつおきくらいに休憩を取り、淡々と下る。
昨日みたキノコたち、昨日より少し傘が開いてる!(笑)

9:22 中房登山口着
無事下山。一泊にすると楽すぎる行程かも(^-^;)
有明荘でお風呂に入る予定なのに、開店までまだ30分以上ある。
登山口のベンチでお茶をしてから温泉へ。
夕方には自宅に帰れたので、買い物をして家で打ち上げ!
予定変更して、思い切って行って良かったね(^-^)


今まで燕岳ではお天気に恵まれなかったけれど、三度目にしてようやく山頂からの大展望を得られた。
これでやっと「燕岳に登った」と言える(笑)
天気に振り回され、計画が二転三転して、登山はもう無理だと一度は諦めたところだったから、今回は本当に嬉しかった!
ヤマテンさまさま、だね!(o^-')b
一泊したので登山としては物足りないくらいだけど、山の上で過ごす時間は何ものにも代えがたい。
それを知ってしまってから、ただの観光旅行じゃ満足できなくなっちゃった(笑)
今年はあまり山に来られなかったから、燕岳の風景は余計心に沁みました。
次はいつ来られるかなぁ・・・
c0034391_22501388.jpg

北アルプスの女王と山男














by mo-mo-115 | 2016-09-15 21:54 |

上高地トレッキング

天気予報が良くないので、安曇野まで来て夏の北アルプス縦走を断念!
前日の美ヶ原に続き、上高地のトレッキングでお茶を濁すことに・・・(ノ_・、)
登山の前後に通過するだけのことが多い上高地、ゆっくり滞在してみますか(^-^;)
沢渡の駐車場からバスに乗り、大正池で下車して歩き始める。
・・・けっこうお天気いいじゃない。
登山を諦めただけに複雑なキモチ・・・(-_-;)
大正池越しの焼岳。
c0034391_17585957.jpg

穂高の釣り尾根もしっかり見える。
c0034391_17592076.jpg

田代湿原は草紅葉が始まっている。
c0034391_18115196.jpg

田代池。今日は三脚バリケードがなくて良かった(´▽`) ホッ
c0034391_1810646.jpg

梓川の対岸に渡り、ウエストン碑を見る。
ダンナさまは初めて見たらしい。
c0034391_1803539.jpg

河童橋に着くころには穂高の峰々に雲がかかり始めた。
それでも上空は思ったより青空・・・
さらに歩いて岳沢湿原へ。
c0034391_181167.jpg

嘉門次小屋で遅めのお昼。
c0034391_1812423.jpg

名物・イワナの塩焼きはいろりでじっくり焼いてあるので骨ごといける(o^-')b
c0034391_1814649.jpg

明神池は何度かいったのでスルーして、明神橋を渡って河童橋へ戻る。
本日の宿は河童橋のすぐそばの白樺荘。
やはり午後から天気は崩れ出したけど、歩いている間はちょうどいい陽気だった。
穂高も見られたし、トレッキングとしてはまずまずかな。
お天気には勝てないし、今年の夏休みはこれで良しとしますか・・・
c0034391_1821186.jpg

穂高、登りたかったなぁ・・・















by mo-mo-115 | 2016-09-12 17:57 |

美ヶ原トレッキング

ようやく夏休みが取れたのに、天気予報は雨ばかり・・・
今年は本当に天候不順(-_-;)
北アルプスの縦走予定が天気のせいで二転三転し、結局ドライブ旅行で終わりそうな感じ(ノ_・、)
せめて雨が降る前にトレッキングくらいしようと、長野へ向かいがてら美ヶ原を歩くことにした。
美ヶ原高原美術館から王ヶ頭まで往復2時間ほどのほぼ平らなコース。
まずは美術館の裏の木道を牛臥山に向かって歩く。
咲き残りのハクサンフウロやウメバチソウ、マツムシソウが咲いている。
c0034391_1795516.jpg

どんよりと重い雲から時折青空が覗く。
眺めの良さそうな牛臥山だが、山頂の向こうはガスの中であまり展望はきかない。
王ヶ頭方面を見ると・・・なにあの要塞みたいな建物!?
c0034391_1765594.jpg

霧を纏った塔が並び立つ不思議な建物は、多くのミナレットを持つトルコのブルーモスクを思い出させる。
まさかあれが有名な王ヶ頭ホテル?? あの塔はなんだろう?
牛臥山から一度緩く下り、山本小屋へ。
c0034391_1772447.jpg

山本小屋までは車で来ることもできる。
放牧地の中を進むと美しの塔に到着。
c0034391_178195.jpg

美ヶ原の象徴ともいえる塔で、鐘を鳴らすことができる。
少し行くと牧場の塩くれ場。
牧畜に塩を与えるところだそう。
周りにはポニーや牛たちが放牧され、のんびりしている。
c0034391_17124745.jpg

放牧地の中の道は大きく右にカーブし、要塞のような建物が間近に望めるようになった。
c0034391_1782571.jpg

やっぱりあれが王ヶ頭ホテルか!あの塔はみんな電波塔なんだ( ̄□ ̄;)!!
最後に坂を上がって王ヶ頭ホテルに到着。
c0034391_1785431.jpg

最高の立地のホテルの後ろには圧巻の電波塔群!
まずはホテルのすぐ裏にある美ヶ原の山頂・王ヶ頭へ。
c0034391_1792160.jpg

道が通ったので今は簡単に来られるけれど、ここは百名山の一座でもある。
雲の上に少しだけ北アルプスの峰々が見えているが、どの山か判別不明・・
天気が良かったら絶景だろうな。
ただし、王ヶ頭の碑の横にもずらっと電波塔(笑)
この電波塔群については賛否両論ありそうだけど、霧の中に浮かぶ幻想的な雰囲気は嫌いじゃないかも(o^-')b
王ヶ頭ホテルでお昼にして、もと来た道を戻る。
行きより少し青空が増えたかな。
軽いトレッキングだけど、少しでも歩けて良かった(^-^)
c0034391_17131346.jpg



















by mo-mo-115 | 2016-09-11 17:04 |