人気ブログランキング |

のんびり花を見たり、山に登ったり。愛車DUCATI Monsterでツーリングも。
by mo-mo-115
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
カテゴリ




以前の記事
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


<   2015年 02月 ( 3 )   > この月の画像一覧

棒ノ嶺

埼玉県 棒ノ嶺(969m)
2015年2月21日(土)晴
総歩行時間(休憩除く)4時間


山仲間のO夫妻、K夫妻と日程を合わせ、みんなで山歩き♪
6人全員集まったのは初めて!
残念ながら真冬なので大した山には行けないけれど、棒ノ嶺の白谷沢なら楽しめるかな?
でも数日前に雪降った様子だし、沢沿いの道は凍って雪よりヤバいアイスバーンになってるかも・・・
「危なそうだったら戻る」といつもの調子でとりあえず向かってみることにする。
そういってたいてい歩いちゃうんだよね(^-^;)
怪我しないよう気を付けていきましょう!


9:52 さわらびの湯発
飯能駅で集合して、バスで起点になるさわらびの湯へ。
何度もきてる棒ノ嶺だけど、電車&バスを使うのは初めてだなぁ。
身支度をしてまずは名栗湖(有間ダム)へ。
c0034391_10193260.jpg

名栗湖、今までで一番きれいに見える気がする。
今日は空気が澄んでるのかな?
ワカサギを釣ってる人がいる!ダム湖にもいるんだねぇ。
しばらくダムの縁の舗装路を歩き、左手にある登山道へ入る。

10:15 白谷沢登山口
登り出しはまったく雪がない。(´▽`) ホッ
でも案の定、登るにつれ、ちらほら積雪が見られるように・・・;
沢のゴルジュ帯は、思ったより雪は少ないかな。
c0034391_1020128.jpg

時々凍っているので滑らないように気を付けて歩く。
岩壁から流れる水も凍っている。
c0034391_10203245.jpg

ゴルジュ帯を抜けてから林道までがところどころアイスバーンになっていて一番歩きにくかったけれど、アイゼンやストックなしでもまぁ行ける程度。
林道に出て東屋で少々休憩。このへんはかなりの積雪。
下って来る人が「アイゼンがあったほうがいいかも」と言っていたので、チェーンスパイク持参のわたしとKさんは装着する。
東屋の先の斜面は急だけど、アイスバーンではなく圧雪なので、滑り止めなしの人たちも大丈夫そう。

11:42 岩茸石
東屋から先はサクサクした雪で、比較的歩きやすかった。
スパイクが必要だったのはむしろ東屋の下のアイスバーンだったな(^-^;)
樹間から時折覗く名栗湖を見ながら登っていく。

12:04 ゴンジリ峠
c0034391_10205651.jpg

岩茸石から先は段差の大きい木の階段が多くて歩きにくい急登だけど、雪のおかげで窪みが埋まり、無雪期より歩きやすくなっている♪
c0034391_10301539.jpg

やっぱり登れちゃいそうだね(笑)
頭上が明るくなり、傾斜が緩むと間もなく山頂。
山頂手前の尾根道は雪が融け、ドロドロのぬかるみになってる;

12:23 棒ノ嶺山頂
c0034391_10212312.jpg

c0034391_1021569.jpg

山頂到着!空が青くて清々しい♪
歩いているときはあまり人に会わなかったのに、山頂はこんな季節でもそこそこ人がいる。
山頂もぬかるんでいて、泥で靴が重い(゚ー゚;Aアセアセ
ベンチで景色を見ながら15分ほど休憩し、慌ただしく百軒茶屋キャンプ場方面へ下り始める。
お昼は山頂じゃなく、下山後の釜飯屋さんで食べる予定なので・・(^-^;)
本当は黒山・岩茸石山を経由して名坂峠から下りたいところだけど、1時間以上余計にかかるし、雪の状態もわからないし、今回は安全策で行きましょう。
積雪があると下りのほうが心配だなぁ、と思って歩き始めたら、植林帯の道はまったく雪なし!
え~!こんなに違うもの?? 南向きだから?植林帯だから??
スパイクがかえって邪魔になり、途中で外す。
しばらく下り、沢沿いに出るとわさび田が広がっている。水がきれいなんだねぇ。

13:30 百軒茶屋キャンプ場
舗装路に出てキャンプ場の横を過ぎ、大丹波に向かって歩く。
ダンナさまは下山中仕事の連絡が入り、急ぎ一人で帰宅することに・・・;
他の男性陣も下山した途端、次々と仕事の電話が・・みんなお休みなのに大変だねぇ(ノ_・、)
ダンナさま以外はのんびりと舗装路を歩き、釜飯屋さんへ。

14:20 釜飯なかい
さすがに真冬はお客も少ないのか、釜飯屋さんは待たずに入れた♪
いつも売り切れになっている鶏ごぼう釜飯も今日はあるそうなので、初めてオーダーしてみる。
c0034391_10222422.jpg

なるほど、甘めで美味しいけど、やっぱり定番のキノコ釜飯のほうが好みかも(笑)
お店が空いているのでしばらくお喋りし、川井駅まで歩いて帰る。
ダンナさまはお昼もなしで可哀想だったけど、みんなで歩けて楽しかったー(^-^)


登りはかなり積雪があったけれど、滑り止めなしでも登れて良かった♪
賑やかな山歩きで、お喋りしてるうちにあっという間に山頂に着いてしまった。
今回初めて顔を合わせる人たちもいたので、いい交流になったかな?
またみんなで行きましょう! 目標は夏場の黒戸尾根??
それにしてもKさんのご主人が奥さまのスパイクのつけ外しをしてあげたり、甲斐甲斐しく世話を焼いてあげてるのは羨ましい!
うちのダンナさまはわたしにアイゼンつけてもらうの待ってるタイプだからな・・・
うちだけ役割逆転してるの、なんとかなりませんか!?(-_-;)
c0034391_10225075.jpg

棒ノ嶺山頂
by mo-mo-115 | 2015-02-21 21:16 |

鎌倉アルプス天園ハイキングコース

神奈川県 鎌倉アルプス大平山(159m)
2015年2月7日(土)曇ときどき晴


週末にS夫妻と鎌倉アルプスを歩く約束をしていたが、奥さんの直前の怪我でキャンセルに・・(ノ_・、)
幸い怪我は大したことないようで良かったけれど、せっかくだから翌日に二人で歩きに行くことにした。
逗子から鎌倉まで5~6時間歩く計画を鎌倉駅発着の天園コースだけにして、食べ歩きメイン(笑)
のんびりと出発して、まずは小町通りで腹ごしらえ!
コロッケに玉子焼きにお団子まで食べて、重い体で出発するはめに・・(^-^;)
建長寺まで歩き、立派な三門(山門)をくぐって国宝の梵鐘などを見ていると、これから法話が始まると放送が入った。
おぉ、せっかくだから聞いていこう♪
c0034391_21492623.jpg

三門の下での法話は「当意即妙」について。
歩き始めに清々しい気分になれたかも(^-^)
建長寺をざっと見て、半僧坊に向けて歩いていく。
石段を登ると烏天狗の団体さんがお迎え!
烏天狗の見下ろす先には建長寺や湘南の海。
c0034391_2150489.jpg

その少し先にある勝上けん展望台からは富士山も見えるらしい。
今日は曇っててダメだね(-_-;)

ほとんど水平な道を歩いて瑞泉寺方面へ5分ほど歩くと、崩れかけた磨崖仏のようなものが現れた。
c0034391_21503291.jpg

あとで調べたらこれが十王岩だそう。
このあたりからは海の向こうに大島が望めた。
標高も低く町からすぐなのに意外と山道っぽいところも多く、けっこう郊外に来た気分♪
c0034391_21505430.jpg

気軽に安心して歩けるし、6時間ほどのコースもあるし、冬場ちょこっと来るのにいいかも!
さらに30分ほどで視界の開けた広場に到着。
ここが鎌倉アルプス最高峰の大平山で、たくさんの人がお弁当を食べたりして寛いでいる。
c0034391_21512032.jpg

残念なのは真横にゴルフのクラブハウスと駐車場があること(^-^;)
わたしたちは小町通りでたくさん食べてきたので、そのまま通り過ぎる。

大平山から下ってすぐに茶屋があった。
「カマクラ天園」の看板のかかった山っぽい雰囲気の茶屋だぁ。
さらに一段下に「天園休憩所」という茶屋もある。
c0034391_2152211.jpg

天園休憩所のメニュー看板を見てダンナさまが休憩を即決!
好きなお酒、真澄があったそうで・・・(^-^;)
「これぞ当意即妙」なんて言ってるけど、それは「行き当たりばったり」と言うんです!
休憩所でおでんとふろふき大根と油揚げを注文する。
おでんにはうどんが入っていてお昼に最適♪
ふろふき大根はビックリする高さ!(笑)
すっごく柔らかくて美味しかった(^-^)
c0034391_21522881.jpg

油揚げは間に味噌とネギ、シソを刻んだものがはさんであり、自分でたき火で焼いて食べる。これもおつまみにピッタリ!
ダンナさまはとても気に入ったらしく、常連さんやお店の方とお喋りしながら1時間以上休憩した。
そこから瑞泉寺横に下山し、小町通りでケーキとコーヒーをいただいて帰宅。
まぁ食べ歩きメインとは言ったけど、完全にカロリーオーバーな一日だね(笑)
散歩以上山登り未満って感じの、楽しい一日でした!
by mo-mo-115 | 2015-02-07 21:47 |

山道具あれこれ⑧登山靴手入れ(ブーティエル・ソール張替え)

2012年にゴローのブーティエルを作ってから、山に行くときはいつもブーティエル。
湿原のトレッキングでも、岩場・鎖場の続く難所でも・・・
歩き終えるとゴローさんで教わった通りの手入れをする。
①インソールは外して乾かす。
②水洗いして日陰で乾かし、Collonilのレザーワックスを塗って15分以上置く。
③ブラシで空磨きしてワックスをなじませる。
革靴の手入れは面倒だけれど、ブラッシングしていると光沢が出ていい風合いになってくる。
泥を落としながら山行を思い返したりするのも楽しい。
岩場に行くと一気に傷が増えたりして、そのひとつひとつが思い出だったりする。
手をかけているとますます愛着も湧いてくる♪
そうやって大事にしてきたブーティエル、最近少し滑るような気がしてきた。
ソールが減って来てるのかな?
ブーティエルでの山行日数は70日弱。
張替はまだ早いかな~と思いつつ、手入れの仕方も見てもらおうとゴローさんへ。
要件を伝えて靴を出すと「いい感じになってきてますね~。大事にされてますね」と言われた♪
はい!大事にしてます~(^-^)ノ
ソールの減り方については「う~ん、これは悩むところですね。たしかに少し滑ってきてるかもしれませんね」とのこと。
わたしの靴はつま先とかかとの一番後ろがだいぶ平らになっている。
c0034391_10594583.jpg

お店の方が言うには土踏まずのかかと側の角が減ってくると滑って危ないらしい。
さてどうしよう? このまま履き続けてると夏場のアルプス級の縦走の頃にはちょっと不安かも?
せっかく来たんだし、張り替えちゃうか!
お願いして手続きをした後、ソールの張替は2度までで、3回目は厳しいとの話を聞く。
えー!あと一回なのかぁ・・・
そりゃ消耗品だし、大事にしててもずっと使えるわけじゃないんだよね・・(ノ_・、)
もっと履いてからにすればよかったかなぁ?
費用は9000円+税で、一週間程度で張り替え終了!
c0034391_1103648.jpg

受取りにいくと、預けた時と別の方が応対してくれたが、また「よく手入れされてますね~」と褒められた(^O^)
新しくなったソール、デビューは春以降かな♪
冬場の低山歩きの時にはすっかりご無沙汰してたモンベルかサロモンを使うか(笑)
c0034391_110537.jpg

山歩きの相棒♪
by mo-mo-115 | 2015-02-05 11:06 |