人気ブログランキング |

のんびり花を見たり、山に登ったり。愛車DUCATI Monsterでツーリングも。
by mo-mo-115
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリ




以前の記事
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


<   2013年 11月 ( 4 )   > この月の画像一覧

六ツ石山

東京都 六ツ石山(1479m)
2013年11月30日(土)快晴
総歩行時間(休憩除く)4時間5分


ダンナさまの仕事が一段落し、ようやく土日2日間の休みが取れた。
夏休み以外での連休、4ヶ月ぶり(-_-;)
もう高い山は雪あるし、小屋泊で丹沢縦走でもしようかと山荘に連絡するとかなりの混雑らしい。
じゃ今回はやめとくか・・・;
この時期はなぜか、静かで渋い山に行きたくなる。
奥多摩三山の最後の一座、御前山を検討するが、せっかくの好天に展望のない山頂ももったいないしなぁ;
前から狙っている奥多摩の鷹ノ巣山はどうかと思ったけど、ダンナさまはもうちょっと軽い山のほうがいいらしい。
じゃ妥協してその手前の六ツ石山にするか!


8:40 奥多摩湖駐車場
6時過ぎに家を出て、圏央道→青梅街道から奥多摩湖駐車場へ。
真っ青で雲一つない空!登山日和だなぁ♪
身支度を整え、舗装された奥多摩むかしみちを歩いて登山口へ向かう。
途中の集落からは奥多摩湖や御前山がきれいに見える。
民家の真横を通り、鬱蒼とした植林帯の登山道に入る。
・・・急だ。
傾斜がきつくてアキレス腱のストレッチをしながら登ってるみたいだ(^-^;)
すぐに汗をかき、服を一枚、また一枚と脱いで、シャツ一枚で登る。
いつまで続くんだろう、この急登・・・
背後の樹間に青く輝く奥多摩湖を眺めて気を取り直す。
c0034391_2212365.jpg


9:10 産土(うぶすな)神社
c0034391_21585267.jpg

30分ほど登ると赤い鳥居と社が見えてきた。
そういえば地図に鳥居マークついてたっけ。
神社には「産土神社」と看板がある。
地図の鳥居マークのところには「風ノ神土」と書いてある。
神土ってなんだ??神社ではないの?
ダンナさまはここが風ノ神土だろうというけど、のんびりペース30分で着いちゃうのはいくらなんでも早すぎない?
ダンナさまの地図読みはいまいちアテにならないので、風の神土はまだ先だと思っていよう(笑)
さらに30分ほど行くと片側が広葉樹になり、道が小広くなった。
落葉で歩きにくいが、いろんな種類のドングリがたくさん落ちていてちょっと楽しい♪

9:57 風ノ神土
c0034391_21592315.jpg

再び植林帯に入ると小さな祠が2つ、足元に現れた。
何とも書いてないので断言はできないけど、これが風ノ神土だろう。
ダンナさますでにトオノクボも過ぎたと信じてるらしい。
あとでショック受けそうだねぇ(笑)
相変わらず傾斜のきつい鬱蒼とした樹林帯を黙々と登っていく。
振り返ると枝の間から富士山が!わぁ、この山からも見えるんだぁ♪
ちょっと元気になって、再び登り一辺倒の道に挑む。
それにしても誰にも出会わない。怖いくらい静か。
熊注意って書いてあるけど、熊鈴はおいてきちゃったしな;

10:38 トオノクボ
c0034391_220482.jpg

樹林帯を抜け、葉の落ちた明るい広葉樹の道を進む。
傾斜が緩むと尾根に出た。
ここがトオノクボかな?看板には「東京都」としか書いてない・・・
キョロキョロしてたら、地図上では道のない東から6人ほどのパーティがくる。
あれ?この登山道は一本道じゃなかった?
もう一度地図を見て納得。
等高線と同じ色の破線のコースがトオノクボの東に伸びている。
この破線、明神ヶ岳でも迷わされたっけ(^-^;)
念のため、そのパーティの人たちに確認すると、やはりここがトオノクボで、自分たちはハンノキ尾根から来たという。
ダンナさまはガッカリ(^-^;) あと1時間、頑張ろう(笑)
トオノクボの少し先に傾斜のきつい斜面があったけれど、その後は急登というような所はなかった。
左手には樹間から富士山や南アルプスが望める。
c0034391_220377.jpg

右手には町が見える。飯能あたりかな?
振り返ると御前山や大岳山など、奥多摩の山々が近くに見える。
陽だまりの落葉の道を気持ちよく歩く。
c0034391_22132.jpg


11:15 六ツ石山山頂
c0034391_2213968.jpg

六ツ石山山頂に到着!
見晴らしの良い西側には南アルプスがハッキリ!
c0034391_22214.jpg

白峰三山はもう雪で真っ白で、甲斐駒はまだ黒々として見える。
枝を透かして富士山も見え、石尾根の山々の眺めもいい。
小広くてのんびりしたいい山頂♪
人も少なく、山頂独占の時間もあった。
実は今回、あまり展望に期待してなかったのもあり、山ご飯に凝ることにしていた。
下拵えした野菜や具材と、調合してきたタレで韓国のブテチゲ(部隊鍋)!
料理教室で習ってきた本格バージョン(o^-')b
c0034391_2223434.jpg

美味しい山ゴハンと山頂の風景を楽しみ、小1時間休憩。

12:45 トオノクボ
またあの急登を下るのか~と思いつつ、山頂を後にする。
枯葉の中、大岳山、御前山を見ながら下っていく。
c0034391_223475.jpg

斜面のトラバースは道が細くて意外と怖いかも;

13:10 風ノ神土
トオノクボの先で樹林帯に入り、急斜面を下りていく。
白毛門で多少慣れたのか、思ったよりきつくなかったかな?

13:43 産土神社
神社まで下りてくれば、急坂もあと少しで終わり。
神社の看板をよく読んだら、祀られているのは大山津見神。
山の神で風の神じゃなかったわ(^-^;)

14:10 奥多摩湖駐車場
民家の横を通り、舗装路をしばらく歩いて駐車場へ戻る。
一日中見事な青空で、思った以上に楽しい山歩きができました(^-^)
帰りは奥多摩湖を回って、三頭山近くの陣馬の湯に立ち寄る予定。
途中の月夜見第一駐車場は奥多摩湖と石尾根の山並みの絶好の展望台だった。
今登ってきた六ツ石山を対岸から見られたのは嬉しかった!
満足感いっぱいで温泉に浸かり、温まってから帰宅♪
c0034391_22155590.jpg

月夜見第一駐車場からの眺め 正面が六ツ石山 ↑


展望の少ない樹林帯の急登、しかもピストン。
時間も標高差も少ないのに、白毛門よりもきつく感じたのはメンタルの問題かな??
気を紛らわす展望もお喋り相手もいなかったし・・・
でも「運動したーっ」て感じは心地よい♪(^-^)
葉が落ちていたせいか、思ったより展望も良かったし!
帰宅後調べてみたところ、わたしたちが登った水根からの登山道は棒ノ木尾根といって、奥多摩三大急登のひとつとも言われているとか・・・そうだったのか!
せっかくきつい坂登ったんだし、なにがしかの冠が付いてて良かったよ(笑)
それにしても最近急登づいてる気がするなぁ・・・(^-^;)
c0034391_2210365.jpg

なかなか急でした・・・
by mo-mo-115 | 2013-11-30 21:56 |

権現山プチツー

仕事のない平日、いいお天気なので、モンスターのバッテリー充電をかねてプチツーに出かけることにした。
せっかくなら眺めのいいところがいいと、秦野の弘法山公園に向かった。
厚木で高速を下り、R246を西進するが、伊勢原市内が渋滞~(-_-;)
油温が上がりすぎたため途中でコンビニに入り、エンジンを冷やす羽目に・・・
やっぱり秦野中井から戻ったほうが良かったなぁ;

R246を左折して弘法山公園方面へ。
住宅街を抜けて坂を登ると駐車場があったが、最初のは草&斜面・・・無理!
次の駐車場は砂利・・・う~ん、できれば避けたい・・・
最後の第一駐車場はしっかり舗装された平らな場所だった(´▽`) ホッ
バイクを停めて、展望の良い権現山のほうに行くことにした。
羊のお食事を見ながら登っていく。丹沢の眺めがいい♪
まだ紅葉が残っていて、途中には海の見える場所も(^-^)
c0034391_21591255.jpg

10分ほどで山頂広場に着き、展望台から富士山を眺める。
低いのにいい景色だねぇ!
c0034391_2159276.jpg

展望台のベンチでお昼を食べて、帰りは秦野中井から高速に乗って帰宅。
ポカポカで気持ちのいいプチツーでした(o^-')b
by mo-mo-115 | 2013-11-21 21:40 |

白毛門

群馬県 白毛門(1720m)
2013年11月9日(土)晴のち曇
総歩行時間(休憩除く)5時間40分


ダンナさまの仕事の都合でもう数ヶ月延び延びになっていたO夫妻との山行を、ようやく決行することに♪
O君が挙げた山の候補に白毛門があった。
なぜ白毛門?今まで話題に出たことがないけどなぁ??
他の候補に滝子山や谷川岳があったけれど、中央線沿線はもう少し後でも行けそうだし、逆に谷川岳はもう冠雪してて怖そう・・・;
白毛門なら今季ラストチャンスでちょうどいいんじゃ??
メジャーな谷川岳に対して玄人好みっぽい感じもいいし(笑)
行先は谷川岳の展望台・白毛門に決定し、車で土合橋の駐車場へ。
関越道からは薄く雪化粧をした谷川岳や苗場山がくっきり見えた!
青空に映える谷川岳、いいねぇ!
やっぱりこっち方面に来て良かったな(^-^)


8:20 土合橋駐車場発
駐車場でO夫妻と合流し、駐車場奥の準備をして登山口へ。
麓はまだ紅葉が残っていて、秋らしい気持ちの良い歩き出し♪
c0034391_11334158.jpg

沢にかかる小さな橋を渡り、「朝日岳・白毛門」の標識に従って進む。
むむ、のっけから急な登り!
斜度もさることながら、降り積もった落葉の下に隠れた浮石や木の根が曲者だ(゚ー゚;A
登りだして10分ほどで「ここ、また降りるんだよね・・・」と弱気な発言が出るほど(笑)
たしかに下りはより難儀しそうだ(-_-;)
c0034391_1134653.jpg

登山道の傾斜は緩むことなく続く。
たしかに、地図を見たとき嫌な予感はしたんだ・・・
標高差1000mあるのに、頂上までまっすぐ直線のコース。
コースタイムも登山口から山頂までが一区切りで3:30。
逃げ場のない直登だ、こりゃ(^-^;)
でも葉の落ちた木々の間から見える谷川連峰の雄姿は、きつい坂でも登る価値あり!
オキの耳、トマの耳と一ノ倉岳、数々の伝説の残る峻嶮な一ノ倉沢の壁。
c0034391_1134367.jpg

来年は西黒尾根から谷川岳に登りたいな♪
後方に見えている小さな滝はハナゲノ滝というらしい。鼻毛??
巨木も多く見られ、根元に寝られるくらいのスペースを持つものもあった。
c0034391_113574.jpg

・・・ただひたすら急坂を登る。
寒さを心配してたのに汗だくだ(^-^;)
やがて東側の白毛門沢方面が開けると大滝が見えた。
大滝周辺は今は落葉した白い木肌が目立つけど、紅葉してたらきれいだろうなぁ!
c0034391_11491873.jpg


10:48 松ノ木沢ノ頭
高度が上がると岩場が増えてきた。
c0034391_11354636.jpg

いくつか鎖場を越えると視界が開け、松ノ木沢ノ頭に到着。
c0034391_11384133.jpg

見晴らしが良く休憩にピッタリの場所で、山頂方面や土合駅のほうも見渡せる。
少し景色を楽しんでから山頂に向けて歩き出す。
c0034391_11495273.jpg

山頂直下に2つ並んだ巨岩があり、ジジ岩・ババ岩と呼ばれているらしい。
下からだといまいちわかりにくかったけれど、真横から見て納得!
たしかに皺の寄ったジジババっぽい(笑)
c0034391_11393231.jpg

白毛門の名は、このジジ岩ババ岩に雪が付くと白髪のように見えることが由来だとか。
白髪雪はなかったけれど、山頂付近の尾根道には雪が少し残っていた。
明日から天気は下り坂、もう雪が積もるだろう。
やはりギリギリだったね!
c0034391_11401272.jpg


11:43 白毛門山頂
c0034391_11413254.jpg

山頂手前の岩を回り込む細いトラバースで足元が切れ落ちているところがあり、ちょっとしたスリル。
解けた雪でぬかるんだ道を進むとようやく白毛門山頂についた。
・・が、もうガスで真っ白!しかも風が強くて寒い!!
山頂のちょっと先まで行って朝日岳方面を覗いたけど、もう霞んでて眺めはいまいちだし寒いし、早々に退散することにした。
昼食は松ノ木沢ノ頭でしよう!

12:33 松ノ木沢ノ頭
あっと言う間に山は隠れてしまい、見る物もなく松ノ木沢ノ頭まで下る。
幸いここは風はないので、昼食にはちょうどいい♪ 30分の休憩。
あとはひたすら急な下り。
往きに懸念した通り、段差の大きな急坂に辟易しながら下る。
これは筋肉痛になるなぁ・・・;
丹沢のバカ尾根なんて、これに比べたらなんてことないわ(^-^;)
景色も見えず、登りと同じルートで、ほとんど消化試合のような気分;

15:02 土合橋駐車場着
慎重に降りたつもりでも、落葉が深かったり、隠れている木の根が滑ったりで、山歩きに慣れたO君はじめ全員が足を滑らせた(゚ー゚;Aアセアセ
ダンナさまは肘に擦り傷作ってたけど、あとは怪我もなく無事下山。(´▽`) ホッ
湯檜曽温泉でお風呂に入って帰宅。
いや~、急登だけに充実感もすごいわ!(笑)


白毛門、なかなか歩きごたえのある山でした!
人も少なく、歩いているのはほとんどが男性の単独行。黙々と歩く山なのかも。
わたしと奥さんのYさんは急登でもずっとおしゃべりして呆れられてたけど(^-^;)
ダラダラ長く続く樹林帯の道より、こういうガッツリ登る山のほうが好きだし、谷川岳の景色も素晴らしかったし、ひどい筋肉痛は差し引いてもいい山歩きでした♪
そういえばO君が白毛門を候補に挙げたのは、高校の登山部時代、唯一病欠した山だったからだとか。
リベンジできて良かったねぇ(^-^)
そういえばこの山、「日本の名急登100」に載ってましたよ・・・
c0034391_1151223.jpg

土合橋付近の紅葉
by mo-mo-115 | 2013-11-09 20:24 |

棒ノ嶺(白谷沢コースピストン)

埼玉県 棒ノ嶺(棒ノ折山)(969m)
2013年11月4日(月・祝)雨のち晴
総歩行時間(休憩除く)3時間40分


ようやくダンナさまの仕事が一段落し、山に行ける余裕が出来た。
といっても休めるのはたいてい週一日だけ(-_-;)
じゃ近場にリハビリしに行きますか♪
馴染の棒ノ嶺あたりに!
ところが、せっかくの休日に朝まで雨が残る予報・・・(ノ_・、)
遅めに出発して、雨が上がり次第歩きだしかな~?
最悪、温泉ドライブでもいいね(^-^;)


9:56 さわらびの湯発
道中はまだ雨が降っていたけど、さわらびの湯に到着したときには上がっていた。
雨だったせいか渋滞もまったくなく、かえって良かったかも?
名栗湖の淵を歩いて白谷沢の登山口へ。
山はガスに隠れていて、展望は期待できないかな~;
c0034391_12135733.jpg


10:15 白谷沢登山口
白谷沢登山口から登山道を歩き始める。
沢に小さな滝がいくつもあって、爽やかな道。

紅葉にはちょっと早かったなー。
沢を何度も徒渉し、やがてゴルジュ帯へ。
c0034391_12145528.jpg

雨で増水してないかと心配したけど、いつもと変わらないみたい。
この20分程度の沢の道が棒ノ嶺の一番の楽しみ!

11:12 東屋
ゴルジュ帯を抜け、沢から離れて少し歩くと林道大名栗線と東屋が現れる。
東屋で休憩していると雨が降ってきた。
う~ん、午前中は降りやすい天気って予報だったな;
簡単に雨支度をして木の階段を登り始める。

11:34 岩茸石
階段を一登りし、平らな山腹の道を歩く。
このあたりは少し葉が色づき始めている。
c0034391_12163110.jpg

分岐点の岩茸石を過ぎ、ここから階段責め!
c0034391_12172332.jpg


12:00 ゴンジリ峠
c0034391_1218423.jpg

ハードル状の歩きにくい階段を登り、ゴンジリ峠に到着。
雨は上がり、時々薄日も差している。
お約束の名栗湖覗きをしてから最後の登りへ。

12:12 棒ノ嶺山頂
左右が植林と雑木林にパッキリ分かれた尾根道を進み、棒ノ嶺山頂へ。
お、けっこう山見えてるねぇ♪ 青空も覗いてる!
c0034391_12185027.jpg

もう雨の心配はなさそうだね(^-^)
雨上がりでも山頂は家族連れや団体さんで賑わっている。
濡れたベンチにシートを敷いてお昼休憩45分。
c0034391_12191540.jpg


13:05 ゴンジリ峠
ゴンジリ峠で前の家族連れ団体さんに追いついてしまい、先を譲ってもらう。
段差の大きい崩れた階段は子供には大変だよね(^-^;)
でも滑りながらも頑張ってるねぇ!

13:21 岩茸石
今回も白谷沢を往復するため、もと来た道を戻る。
植林帯より沢沿いのほうが楽しいし♪
c0034391_1222155.jpg


13:30 東屋
東屋を過ぎ、またゴルジュ帯へ。
滑る岩でもないので、気を付けながらも楽しんで下る。
下りに使う人は少ないのか、人が少なくていいな♪
c0034391_12202644.jpg


14:23 白谷沢登山口
登山口に到着し、あとは舗装路をさわらびの湯の駐車場まで戻る。
ダムの斜面の草原にヤギ発見!
ペットなのか、雑草処理のお仕事してるのか・・・?

14:45 さわらびの湯着
無事さわらびの湯に到着し、温泉に入って帰宅。
ダンナさまは立山以来だけど、問題なかったネ(o^-')b


近場で特徴ある登山道と適度な強度、ゆったりできる山頂があり「ちょっと行こうか」というときにピッタリの棒ノ嶺。
起点に温泉があり、駐車場が広いのもいい!
これからも「ちょっと行こうか」と毎年歩きに行く気がする。
高い山や初めても山も楽しいけど、こういう安心して歩ける馴染の山っていうのもいいなぁ♪・・としみじみ思ったり(^-^)
c0034391_12231826.jpg

白谷沢コース
by mo-mo-115 | 2013-11-04 21:10 |