人気ブログランキング |

のんびり花を見たり、山に登ったり。愛車DUCATI Monsterでツーリングも。
by mo-mo-115
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
カテゴリ




以前の記事
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


<   2013年 05月 ( 9 )   > この月の画像一覧

尾瀬ヶ原トレッキング(2日目・見晴~ヨッピ吊橋~鳩待峠)

夜はザーザーと音を立てるくらいの本降りの雨・・・
天気は回復傾向らしいけど、本当に雨が上がってるのか心配;
朝4時半に外に出てみると・・・わぁ、なにこれ!?
明け始めた尾瀬ヶ原に帯状に靄がかかっている!
c0034391_12581824.jpg

朝靄の湿原はよくあるけど、これは初めて見たなぁ!
わたしたちは気付かなかったけれど、この日は白い虹も出ていたらしい。
外のベンチでお湯を沸かし、早朝のティータイム。女子会みたい!
最高に贅沢な時間だなぁ~♪

昨日の雨が嘘のように見事に晴れ渡った空!
至仏山も燧ケ岳もクリアに見えていて、気持ちのいいトレッキングができそう♪
今日は見晴から北の東電小屋分岐に向かい、ヨッピ吊橋を回って竜宮に戻るコース。
燧ケ岳方面に向かう人がそこそこいたようだけど、尾瀬ヶ原は今日もガラガラ。
視界のきく範囲には他に一人二人が目に入る程度。
あまり期待していなかったけれど、ミズバショウもたくさん咲いてる♪

東電小屋分岐へ向かう途中のミズバショウと至仏山。
c0034391_1258142.jpg

東電小屋手前のミズバショウ。
このあたりはリュウキンカも多かった。
c0034391_12583765.jpg

東電小屋付近はイワツバメが子育て真っ最中で賑やか!(笑)
ヨッピ吊橋を渡り、竜宮に戻る。
わりと風があるけど、日差しが強いので気持ちよく感じる程度。
さざ波が立って、池塘に映る逆さ至仏山や逆さ燧ケ岳はブレちゃってるけど(ノ_・、)
c0034391_1323763.jpg

お目当ての下の大堀川橋の展望スポット。
これこれ!尾瀬と言えばこのアングル♪
c0034391_1352653.jpg

カレンダーなどでよく見る尾瀬の風景、その中に今いるんだなぁ。
自然豊かなこの国と、今日のこの雲一つない晴天と、一緒に歩いてくれる友人たちに感謝。
ベンチに腰を掛けて、ミズバショウを見ながらしばし休憩。

山ノ鼻までの木道も空いていて、マイペースで歩いて行けた。
燧ケ岳を振り返る。
c0034391_13932.jpg

山ノ鼻にはたくさんの人!
研究見本園はミズバショウがまだ少なく、尾瀬学校やツアーの団体さんが多かったので、入口で引き返す。
ビジターセンターを見てから鳩待への登りにかかる。
気温が上がり人も多くなったので、最後にちょっとくたびれたかな?(^-^;)
テンマ沢のミズバショウが気を紛らわせてくれる。
c0034391_1374132.jpg

早めに鳩待に到着し、お土産を買ったり花豆ソフトクリームを食べたり(笑)
戸倉では一本早い尾瀬号に乗せてもらい、渋滞もなく新宿へ戻る。
みなさん、お疲れ様でした!

尾瀬と言えば6月のイメージなので、5月末は人も少なく狙い目だったかも♪
尾瀬ヶ原の広い湿原帯のミズバショウはまだ咲き始めだけど、東電小屋近辺や下の大堀川あたりはちょうど見頃だったし、宿でものんびり過ごせて良かった(^-^)
2日間で雨と晴天の尾瀬ヶ原、どちらも体験できたから、初日雨の中頑張った甲斐があったかな?(笑)
尾瀬を堪能でき、楽しいツアーになりました(^-^)
c0034391_1384688.jpg

至仏山を見ながら尾瀬ヶ原を歩く
by mo-mo-115 | 2013-05-31 21:30 |

尾瀬ヶ原トレッキング(1日目・鳩待峠~見晴)

尾瀬に行ったことがないという友人2人と、ミズバショウを見に一泊で尾瀬ヶ原トレッキングにいくことにした。
見晴の宿に見頃を聞いたところ、鳩待から来るなら5月末がいいとアドバイスされたので、空いてそうな月末平日を狙っての計画。
直前に梅雨入りし、当日も雨が降りそうな予報・・・
まぁ雨の湿原も悪くないけど、一度くらいは至仏山や燧ケ岳の姿を拝みたいなぁ!

代々木発の一番早いバス「尾瀬号」で戸倉まで行き、乗り合いバスに乗り換えて鳩待峠へ。
歩きだしはちょうどお昼くらい。
あ~あ、思いっきり雨だぁ(-_-;)
雨支度をして山ノ鼻へ下り始める。
山ノ鼻までの木道脇にあるテンマ沢はミズバショウが早く咲く場所。
とりあえずここでミズバショウを見られたので、最低限の目的は達成かな?(笑)
c0034391_11452490.jpg

山ノ鼻で雨宿りしながらお昼休憩。
尾瀬学校の中学生たちが団体で休憩している。
こんな雨じゃいい思い出になるか心配だなぁ;

尾瀬ヶ原に入ると広々とした景観にしばし雨天を忘れる。
c0034391_11464039.jpg

湿原はまだ枯草が多く花はポツポツとしか咲いていないけれど、遠くに白くミズバショウが群生しているのが見える。
木道付近には黄色いリュウキンカやピンクのショウジョウバカマも咲いている。
カエルが鳴き、池塘にはサンショウウオが泳いでいる。
山ノ鼻から先は人がいなくて、尾瀬ヶ原貸切気分♪
下の大堀川の展望スポットでは背景になる至仏山が雲の中~(ノ_・、)
c0034391_11455960.jpg

でもミズバショウはけっこう咲いてる♪
晴れれば「これぞ尾瀬!」という景色が見られそう(o^-')b
山は見えない代わりに湿原の縁も見えず、無限に広がる原っぱにいるよう。
c0034391_1146246.jpg

山歩きに慣れていない友人も元気に歩き切り、予定より早い4時前に見晴到着。
本日の宿泊は10人程度で、お風呂も貸切で入れた(^-^)
結局一日雨で残念だったけれど、ガスって幻想的な尾瀬ヶ原を楽しめたので、これはこれでよかったかな?(^-^;)
明日は晴れますように・・・
by mo-mo-115 | 2013-05-30 22:19 |

那須岳(2日目:三斗小屋温泉~姥ヶ平~茶臼岳)

栃木県 三斗小屋温泉(1480m)~姥ヶ平~茶臼岳(1915m)
2013年5月25日(土)晴
総歩行時間(休憩除く)4時間25分


那須2日目も爽やかな晴天!
今日は宿からまず姥ヶ平を目指し、ひょうたん池を見てから茶臼岳山腹の無限地獄の脇を通って峰の茶屋から下山の予定。
短い行程なのでサクッと下山して温泉に入って早く帰ろうと計画していた。
・・・けど、いろいろと番狂わせが~!(゚ー゚;Aアセアセ


7:17 三斗小屋温泉発
ゆっくりと準備をし、「沼原」方面の看板に従い宿の裏手から道を下り始める。
すぐに大峠への分岐が現れる。
分岐、こんな早いっけ??「大峠」ってどこだ??
地図を確認しようと思ったのに、ダンナさまは「他に道ないでしょ」と先に行ってしまう。
三斗小屋温泉から那須連山を越えて帰るはずなのに、道は下りっぱなし。
沢にかかる橋に出たので再び地図を見ようとするが、またもやスルーされる;
道は橋を越え沢沿いに下り始めたので、これは明らかにおかしいとダンナさまを呼び止め地図を広げる。
あ~、やっぱり最初の時点で間違ってた!(-_-;)
たしかに沼原方面だけど、これは西側を大回りするルートだ・・・
地図を見た瞬間わかったのに、ダンナさまはまだ気づかないらしい(^-^;)
だから迷うんだよ~!この道マヨラーめ!
とはいえ、わたしも確認せずについていったのがいけない。
まだダンナさまにナビゲーターは任せられないな(笑)
c0034391_9591467.jpg


8:21 三斗小屋温泉着
30分200m下ってしまったので、再びスタート地点に戻った時は1時間以上経っていた(ノ_・、)
気を取り直して反対側の正しい道へ。
ほぼ平坦な道の脇にはスミレやヒメイチゲが咲いている。
c0034391_9582584.jpg

のどかなお散歩道♪(^-^)
新緑の間から噴煙を吐く茶臼岳が見え隠れしている。
c0034391_9412949.jpg


8:49 沼原分岐
沼原分岐をまっすぐ行くと最短で峰の茶屋に出るけれど、ここは右折して姥ヶ平や無限地獄へ寄り道する。
道の脇にはマイヅルソウの大群落!まだ咲いてないけど・・・(ノ_・、)
沢に向かって下り、登り返す。
このあたりにはエンレイソウやサンカヨウ、イワカガミも咲いていた。

9:29 沼原・三斗小屋温泉分岐
c0034391_1010557.jpg

登り坂の途中に現れた分岐。
右手は沼原湿原へ、左に折れると姥ヶ平方面。
ひと登りするとミズナラやダケカンバの林からハイマツやミネザクラの台地に出る。
真正面にどーんと聳える茶臼岳を見ながら歩く。

9:51 ひょうたん池
ベンチのある広場から左手に木道が伸びていて、その先がひょうたん池。
池に映る逆さ茶臼を期待したんだけど・・・まだ雪で真っ白(゚∇゚ ;)!!
c0034391_9411447.jpg

木道を戻り、石仏の前のベンチで30分のコーヒーブレイク♪

10:56 無限地獄
開けた白砂の姥ヶ平を歩き、茶臼岳の山腹を登っていく。
c0034391_9571276.jpg

振り返ると越後の山々!昨日より鮮明に見えてるみたい♪
牛ヶ首手前の分岐を左手の無限地獄方面へ折れる。
噴煙が噴き出す音がゴーっと聞こえている。
すごい硫黄臭だぁ!活火山、いいねぇぇ♪
c0034391_943209.jpg

ダイナミックに噴煙を噴き上げる無限地獄のすぐ下を通り、山腹につけられた平らな巻き道を行く。
遠くには越後・会津の白い峰、足元には先ほど通った姥ヶ平やひょうたん池。
c0034391_9441091.jpg

ここ、楽しいなぁ!d(゚-^*)
足早に通り過ぎるのはもったいない!
立ち止まって景色を眺め、写真を撮りながら、ゆっくりと歩いた。
c0034391_9443929.jpg


11:12 分岐
c0034391_9451028.jpg

峰の茶屋手前の分岐に到着。
景色を眺めながら10分ほど休憩。
ここから下山する予定だけれど、お天気もよく、このまま下ってしまうのがもったいない。
もう一度茶臼岳に登りたいとダンナさまにいうと「行ってもいいけどまたここまで戻るのは嫌だからロープウェイで降りる!」とのこと。
え~!ロープウェイで下山~??(^-^;)
かなり抵抗あるけど、やっぱり山頂には行きたい!
ということで、昨日と逆回りで山頂へ向かう。
西側は昨日より天気がいいと思ったけど、那須町のほうは雲海が広がっている。
山が雲を堰き止めているみたい!

11:57 茶臼岳山頂
c0034391_9455357.jpg

山頂でしばし景色を楽しみ、下山にかかる。
時間も時間だし、今日は週末なので人が多い。
登るときは気にならなかったけど、山頂からロープウェイ駅まではガレたりザレたりでけっこう下りにくい。
観光がてら山頂を目指した人たちはちょっぴりきつそう(^-^;)
目の前には雲海。このまま雲の上を歩けそう♪
c0034391_946218.jpg


12:30 ロープウェイ山頂駅着
登山靴が砂で真っ白!・・と思ったら、駅に汚れ落としのエアがあった♪
ざっと埃を落とし、不本意ながらロープウェイで下山(笑)
帰り道、殺生石のそばにある鹿の湯に立ち寄る。
ここはガッツリ硫黄の湯!(o^-')b
石鹸などは使えず、温度別にたくさんの湯船がある。
ここもレトロな雰囲気のいい温泉だったわ~(^-^)


今回は秘境の温泉と懐かしの初登山トレースが目的のゆるゆる山行だったけれど、お天気に恵まれ気持ちのいい山歩きができた。
行程は短く高低差も少ないのに、こんな絶景に出会える山はなかなかないのでは?
いかにも火山といった山容の茶臼岳に、ニセ穂高の異名を持つ険しい朝日岳、一転しておだやかな姿で湿原を抱く三本槍岳。
短い間にクルクルと劇的に変わる風景に飽きることがない。
特に、誰もいない熊見曽根から見た茶臼岳・朝日岳は良かったぁ♪
ゆっくりと景色に見惚れながら歩いた今回の山旅は、いい思い出になりそうです(^-^)
c0034391_10111432.jpg

朝日岳を眺めながら茶臼岳山腹を歩く
by mo-mo-115 | 2013-05-25 20:37 |

那須岳(1日目:茶臼岳~朝日岳~三本槍岳~三斗小屋温泉)

栃木県 茶臼岳(1915m)~朝日岳(1896m)~三本槍岳(1917m)~隠居倉(1819m)~三斗小屋温泉(1480m)
2013年5月24日(金)晴
総歩行時間(休憩除く)5時間5分


これからしばらく仕事が忙しくなるので、温泉に行きたいというダンナさま。
どこの温泉に行くのかと思ったら三斗小屋温泉だって!
温泉っていうか、やっぱり山だよねぇ(笑)
ダンナさまが登山を始めようと思って最初に登ったのが茶臼岳~朝日岳のコース。
簡単な割に活火山の絶景が見られる楽しい山だから、あの頃を懐かしみながらのんびり歩いて秘湯入りに行きましょうか(^-^)♪


8:57 ロープウェイ山頂駅発
5時半に家を出発し、8時過ぎに那須ロープウェイ山麓駅前の駐車場に到着。
平日だから空いてるわ~♪
歩いて登っても大したことはないけれど、今日はロープウェイを使って縦走を楽しむ美味しいとこ取りの行程(o^-')b
始発の次の8:48初のロープウェイに乗り、山頂駅から那須の街を背にしてザレた斜面を登り出す。
まだ人も少なく、相変わらず風は強いけれど空は真っ青で気持ちがいい♪
c0034391_17384152.jpg


9:25 茶臼岳山頂
c0034391_16381258.jpg

鳥居と那須岳神社の祠のある山頂に到着。
荒々しい朝日岳や、三本槍岳から続く大峠方面の山並みが広がる。
遠くには真っ白な雪を戴く山並みが見えた。
正面は会津駒や越後三山あたりらしい。西に少し離れて燧ケ岳が目立つ。
さらに南西には日光の山々、北には飯豊や吾妻連峰も見える。
しばらく景色を堪能し、峰の茶屋へ向けて山頂の東側から下り始める。
c0034391_178320.jpg


10:05 峰の茶屋跡
ガレた茶臼岳の山腹を巻くように下り、峰の茶屋跡避難小屋に到着。
このあたりはいつも風が強い!
でも不安なほどではないので、小屋で15分ほど休憩してから朝日岳へ向かう。
小屋を出て5分ほどの剣ヶ峰の東側の山腹には、まだ少し残雪があった。
c0034391_17265458.jpg

数歩で渡れる程度だけど、落ちるとけっこう下まで行っちゃいそうなので慎重に・・・。
鎖の手すりが張られた狭い稜線を歩き、細いトラバースを抜けてひと登りすると朝日の肩に出る。
肩から山頂までは緩やかに登って5分ほど。
c0034391_174135.jpg


11:00 朝日岳山頂
c0034391_1705782.jpg

わー!ここも眺めがいいねぇ♪
前回来たときはガスが出ちゃってたから、また来た甲斐があったなぁ(^-^)
茶臼岳のどっしりした姿と三本槍方面の稜線が美しいな~!
c0034391_16395197.jpg

あれ?山頂の看板が壊れちゃってる!
風が抜ける透かし彫りの看板だったのに、やっぱり風雪に耐えられなかったのかな;
10分ほど景色を眺め、三本槍目指して進む。 

11:25 熊見曽根東端分岐
朝日岳から稜線上の平行移動で大きな石の標識のある熊見曽根の分岐に着く。
このあたりも風が強い!!
こっち側から見る朝日岳は緑が多くて、なんか斜めになってて、茶臼側から見るのとイメージが違う(笑)
c0034391_16402458.jpg

眼下に広がる福島県西郷村を見ながら、崩れかけた木の階段を清水平に向かって下る。

11:43 清水平
c0034391_1641928.jpg

今までの荒涼とした火山帯の風景から一変し、ハイマツやシャクナゲの緑豊かな景観が広がる清水平。
湿原というほど水っぽい感じはしないけど、広々していて気持ちいい♪
向かう三本槍岳もたおやかな姿で、別の山域に来たみたいだなぁ!
清水平の木道は支柱が斜めになっていたりして、体重のあるダンナさまはちょっとビクビク(笑)

12:00 北温泉分岐
湿原を抜け抉れた道を進み、再び周りが開けると北温泉分岐に到着。
ここで中の大倉尾根から来た道と合流するので、この先は前にも歩いたことがある。
しばらく平らな土の道を行き、整備された石の道を登って三本槍岳の山頂へ。
c0034391_16414395.jpg


12:28 三本槍岳山頂
c0034391_1643815.jpg

会津方面の展望が大きく開ける三本槍岳の山頂。
大倉山・三倉山や甲子方面の稜線がきれい(^-^)
ここも以前来た時より今日のほうが視界が良くて嬉しい♪
山頂はお昼を食べるのにちょうどいい場所だけど、風が冷たい!
少し下って、茶臼岳や朝日岳の頭が見える登山道の脇で昼食休憩30分。

13:28 北温泉分岐
来た道を戻り、北温泉分岐から清水平を経て熊見曽根の分岐へ。
木の階段を登りながら清水平や西郷村を振り返る。
c0034391_16472420.jpg

尾根上はまだ風が強いけれど、一切経山の時よりずっとまし(^-^;)

13:57 熊見曽根東端分岐
石の標識を西に折れて隠居倉へ向かう。
茶臼→朝日→三本槍と進むたびに人が減っていくけれど、熊見曽根から先はまったく人がいなくなってしまった!
しかも歩いているのは「熊見曽根」・・・熊、出ないよね??(゚ー゚;Aアセアセ
熊鈴はあまり好きじゃないけど、たまにこういう場面に出くわすので、今回は消音できるタイプの物を用意してきた。
迷惑がかかる範囲に人はいないので、熊鈴を鳴らしながら歩く。
誰もいない稜線で、朝日岳・茶臼岳の雄姿を独り占め!
う~ん、贅沢な山歩きだ~~♪♪♪
c0034391_1724328.jpg


14:26 隠居倉
石の標識とベンチがいくつかある隠居倉。
那須連山の眺めがいい!
c0034391_17223637.jpg

少し休憩して樹林帯を三斗小屋温泉に向かって下り始める。
南西に見える丸い池は沼原池らしい。
あのあたりが沼原湿原なんだな。
鎖の手摺のある急坂を過ぎ、笹の道を緩く下ると左手に噴煙が見え始めた。
温泉の源泉らしい。間もなく三斗小屋温泉かな?
c0034391_17323783.jpg

ショウジョウバカマや咲き始めたミネザクラ、まだ蕾のマイヅルソウの群落などを見ながら下っていると温泉神社の社があり、その先に建物が見えてきた。

15:15 三斗小屋温泉
古い石碑や常夜燈に迎えられ、三斗小屋温泉に到着!
煙草屋旅館の建物を過ぎ、今夜の宿・大黒屋さんへ。
c0034391_16481963.jpg

山道を2時間歩かないと辿り着けない、2軒だけの秘湯の宿。
タイムスリップしたような、なんとも情緒あるところ!
さっそくお風呂をいただき、汗を流してのんびり♪
硫黄臭のすごい茶臼岳の麓なのに単純泉なのがビックリ(笑)
誰もいないので失礼して・・・パチリ
c0034391_1649665.jpg

わたしは「温泉のある山小屋」だと思って来たので浴衣があることに喜んだけれど、「温泉旅館」だと思って来た人は丹前がないと驚いていた。
なるほど、事前にどうイメージしてたかで評価は大きく変わるよねぇ(^-^;)
ちなみに大黒屋さんはこんな感じ↓
・温泉はあるけど、洗い場はなし。石鹸類の使用は不可。
・部屋食だけど、食事は山小屋風。お茶の用意あり。
・浴衣はあるけど、歯ブラシ・丹前・タオルなどはなし。
・水洗トイレは新しくてきれい!
わたしは満足でした!(^-^)

一日歩いたあとに、暮れてゆく山々を見ながら浸かる温泉、幸せ~♪
明日も晴れそうだネ(^-^)
c0034391_1741142.jpg

三斗小屋温泉付近のショウジョウバカマ
by mo-mo-115 | 2013-05-24 21:34 |

塔ノ岳(大倉尾根ピストン)

神奈川県 塔ノ岳(1491m)
2013年5月18日(土)晴ときどき曇
総歩行時間(休憩除く)5時間5分


昨日のツーリングでそこそこ疲れたので、今日はゆっくりするつもりだったのに、ダンナさまが山に行くと言い出した!
理由はビュッフェで食べ過ぎたから運動しに・・・だって(-_-;)
西丹沢の畦ヶ丸にしようと言うので出かけたけれど、展望のない山頂やそろそろヒルが出るかも?なんてことを考慮して急遽塔ノ岳・大倉尾根に変更!
ダンナさまは今年の正月休みに一人で歩いたコース。
わたしは大倉尾根を全部歩くのは初めて。
名高いバカ尾根、一度は歩いておきますか(^-^;)
それにしても標高差700mの畦ヶ丸と1200mの塔ノ岳、だいぶ難易度上がってない?(゚ー゚;Aアセアセ


7:36 大倉発
しまった!秦野戸川公園の駐車場は8時からだった(゚ー゚;Aアセアセ
7時過ぎに着いたらゲートが閉まってた;
さてどうしようと思ったら、通りすがりの女性が近くに駐車場を貸してるところがあると案内してくれた。
戸川公園のすぐ上の民家で、一日500円なら公園と同じ料金で良心的♪
大倉からしばらく舗装路を歩き、杉の植林帯の緩い登りを行く。
昨夜降ったのかな?足元はけっこう湿っている。
歩き出しから体が重い・・昨日のツーリングで内腿や腰、肩あたりが凝ってる感じ;
まだ閉まっている茶屋を過ぎ、頭上が明るくなってくると見晴茶屋に到着。

8:18 見晴茶屋
c0034391_12372949.jpg

ここでようやく視界が開ける。
空気が澄んでいれば相模湾も見えるらしいけど、今日は霞んじゃってる。
小休止して明るい新緑の中の木道や階段を登っていく。
モミジが多くてきれい!紅葉の頃も素敵だろうなぁ♪
今はウツギやムシカリ、ヤマツツジの花が見られる。

8:55 駒止茶屋
駒止茶屋もまだ開いていない。
茶屋から先はかなり平坦な道で、とにかく歩きやすい。
バカ尾根というからもっと嫌気がさすかと思ったけど、このあたりは楽しく歩けるねぇ♪
c0034391_12502818.jpg


9:19 堀山の家
c0034391_12395072.jpg

緩~い区間を過ぎ、堀山の家に到着。
ここはもう営業しているみたい。
堀山の家から先は道がガレてきて、傾斜もきつくなる。
ここから花立までが一番ハードかな?
といっても道はよく整備されているので歩きにくいことはない。
花立が近づくにつれ頭上が開けて、周りにはアセビが多くなってきた。
お!前方にチャンプ!
c0034391_12392214.jpg


10:04 花立
c0034391_12424419.jpg

眺めのいい花立に到着。ここで中休止。
う~ん、でも霞んでる・・・
花立からひと登りし、ヤセ尾根の馬の背を行く。
c0034391_12401671.jpg

鍋割山方面への分岐の金冷やしから少し下り、登り返すと塔ノ岳山頂。

10:52 塔ノ岳山頂着
c0034391_12403798.jpg

塔ノ岳はガスの中・・でも相変わらず人が多いなぁ!
西側からの風が冷たくガスも濃いので、東側に腰を下ろし食事の準備。
今回は珍しくインスタントパスタで自炊♪
山頂ではノンアルコールビールを配布していて、もらってきたダンナさまはご満悦(笑)
一度だけ幽か~に富士山が現れたけど、その一時だけだったなぁ。
某山岳雑誌のアンケートに答えたりして1時間以上も長居。
暑くもなく寒くもなく、ちょうどいい季節だなぁ(^-^)
c0034391_12433949.jpg


12:00 塔ノ岳山頂発
山頂を発って来た道を戻る。
西側が開けた尾根からはアセビの群落が見える。
c0034391_12441172.jpg

まだ花期には少し早いみたいだな~。
ヤセ尾根を過ぎ、花立へ向かう木道は秦野の街にダイブするみたい!
雲が薄くなってきたかな。午前中より街が見えるようになった。
c0034391_12453951.jpg


12:26 花立
花立から急な下り。
ずいぶんと行列になってしまっているうえ、トレランの人たちも多いので歩きづらいな;
親切に設置されている丸太や木道も湿っているとかえって滑るぅ!(^-^;)

12:56 堀山の家
堀山の家で中休止。これで行列から抜け出せた(´▽`) ホッ
気温も上がってきて、下りなのにわりと汗をかく。
堀山の家から先はそれほど渋滞することもなく、のんびり歩けた。
気持ちの良い平坦な道になり、ダンナさまはすっかりクールダウンモード。
朝は閉まっていた駒止茶屋を過ぎ、モミジの尾根道を歩いて見晴茶屋へ。

13:55 見晴茶屋
見晴茶屋で小休止。
まだ霞んでいるものの、朝よりは眺めがいい♪
c0034391_1247186.jpg

人もだいぶ少なくなって、マイペースでのんびり下る。

14:44 大倉着 
無事大倉に下山~。
これで課題だったバカ尾根制覇(笑)
全般的に、覚悟したほど急ではなかったかも。
これからはヒルの季節だし、冬場までしばし丹沢とはお別れかな~。


今回はもっと軽い登山の予定だったのに、なぜかバカ尾根・・・(-_-;)
ここはトレランや速いペースで歩く人が多く、近場のトレーニングコースとして活用されてる感じがする。
コース自体は思っていたより変化もあり、ず~っと急坂が続く、という感じではなかったので良かった♪
なのに意外と疲れたのは、昨日の疲労がとれていないのと、ペース配分が間違っていたのか・・;
今年に入って初の日帰り標高差1000m超えだし、静かな山歩きが多かったから、人が多くて道を譲ったり譲られたりするのも疲れの原因かも??
でもこのくらいで疲れてるようじゃまだまだ体力不足だなぁ。
ツーリングと登山で、久しぶりにあちこち筋肉痛になりそうだ~(゚ー゚;Aアセアセ
c0034391_12531998.jpg

塔ノ岳山頂から
by mo-mo-115 | 2013-05-18 21:36 |

富士山麓ツーリング

今週は金土休みのダンナさま。
お天気も良さそうだし、ツーリングか登山に出かけよう!
どちらも気候や天気に左右されるから、適期がかぶっちゃうのよねぇ(^-^;)
今回は久しぶりに二人でツーリングに行くことに決めた。
目的地は以前ツーリング仲間に連れて行ってもらった朝霧高原フードパークのビュッフェレストラン「ふじさん」!
地場野菜を使っていてなかなか美味しかったっけ♪

東名御殿場で下りて富士山スカイラインを走る。
空いていて、他の車はほとんど見かけない。
あれぇ、晴れマークなのに富士山は全然見えないや・・・
しかも寒い!!(>_<)
革ジャケットにしたのに、日差しのない標高の高い道だとこれでも寒すぎ!
水ヶ塚パーキングで休憩。富士山はガスの中・・・
c0034391_2154959.jpg

富士山スカイラインを九十九折にどんどん下ると気温もぐんぐん上がってきた。
国道139号も空いていて快適に走れた(^-^)
お昼過ぎに朝霧高原についてビュッフェレストランでガッツリご飯(笑)
たーべーすーぎーたー(゚ー゚;Aアセアセ
c0034391_21535961.jpg

午後になると雲が消えて富士山が姿を現した!
う~ん、富士山近い!迫力!
c0034391_21544745.jpg

帰りは河口湖から中央道に乗った。
げ!府中から先、大渋滞!!(゚∇゚ ;)!!
高井戸まで3時間以上だって;
そういえば今集中工事中だった・・・
知ってはいたけど、ここまで混むとは思ってなかったよ~(-_-;)
国立府中から高井戸までで2時間かかるとの表示に嫌気がさして国立府中で高速を下り、川崎街道経由で下道帰宅。
下道はまぁまぁ流れていたので良かった(´▽`) ホッ
走行距離280km。
久しぶりにちゃんと走ったら肩凝った~(^-^;)
c0034391_2154451.jpg

道の駅 朝霧高原にて
by mo-mo-115 | 2013-05-17 21:34 |

相模原パン屋さんツーリング

寒さと腰痛で長いこと冬眠させていたモンスターS2R。
案の定、バッテリーが上がってしまっていた・・(ノ_・、)
バイクを復活させ、久々にダンナさまと御殿場まで充電ツーリングに出かけたら、左のミラーがクタクタで下を向いちゃう!地面しか映らん!
工具で締められる部分でないため、仕方なくGSでテープをもらって応急処置;
みっともない状態だけど、とりあえず御殿場まで往復してきた。
早速ディーラーに連絡を入れると、やはり直らないとのこと。
どうやらよくある故障らしく、友人のS2Rは新車の保証期間中にすでにクタクタになって交換したらしい(-_-;)
買ったばかりの696でもミラーの根元がグルグル回っちゃってた人を複数知ってるし、さすがイタリア製というか、どうもこういう細部の作りがいい加減(笑)
デザインはいいんだけどねぇ(^-^;)

もう純正ミラーをつける気もしないので、スタッフの人たちに相談して違うものを取り寄せてもらった。
以前の純正は黒でビヨーンとして虫の触覚っぽい感じ?
c0034391_1850456.jpg

交換後はちょっとシャープな感じになったかな?
c0034391_18502875.jpg


同じように冬眠中だった友人のS2Rも復活したため、モンスター3姉妹でツーリングへ♪
久しぶりなので、近場の相模原で人気のパン屋さんにランチをしにいった。
途中で迷ってなんとか到着し、お店の繁盛ぶりにビックリ!
「パンパティ・こむぎのおはなし」、本当に人気なんだなぁ!
パンは焼き立てで美味しくて、みんなで分け合ってすっかり女子会状態(笑)
帰りもまた迷ったけど、相模川沿いの道と圏央道は空いていてとっても気持ちいい!
短いツーリングだったけれど楽しい一日になりました(^-^)
今後はガッツリ一日走りに行きましょう!(o^-')b
c0034391_198664.jpg

by mo-mo-115 | 2013-05-12 22:27 |

秋ヶ瀬BBQ

生藤山の翌日は、友人たちとバーベキュー!
バーベキューなんて久しぶり!というダンナさまとKちゃんと、秋ヶ瀬向かう。
バーベキュー上級者(?)のS夫妻は、完璧な準備をして、朝から場所取りをして待っていてくれた!(o^-')b
大きなタープにラグ、チェアやテーブル、作業台、普通の焼き網以外にもフライパンやパン焼き網も!
炎天下の河原でグリルひとつでやってた記憶しかないので、装備にビックリ(笑)
超快適だぁぁ♪
みんながご飯の支度をしているのに、ダンナさまは一人で肘掛付チェアに陣取り、マイグラスでワインを飲み始めた!
ちょっとぉ、どこの王様ですか~!?(゚ー゚;Aアセアセ
c0034391_13582388.jpg


それぞれ食材を持ち寄り、野菜炒めやホットドッグ、デザートにはホットケーキ!
わたしはスペアリブの準備をしていったけど、直火で炎上(笑)
c0034391_140559.jpg

ホイルでカバーして、2度目はちゃんと焼けました。直火は難しい!(^_^;)
焦げたものもあったけど、外で食べるとなんでも美味しいわ!
爽やかでとても気持ちのいいBBQの会になりました♪
みなさんありがとう!ぜひまたやりましょう(^-^)

GWは山にBBQに同窓会と、目一杯楽しみました。
ダンナさまはさらに一人で秩父御嶽山登山まで!
c0034391_1445287.jpg

テープに誘われて杣道に迷い込んで大変だったとか・・(^_^;)
かなりハードに予定こなしちゃったけど、お天気良くていい連休だったね♪
c0034391_145622.jpg

↑こんなとこに入り込んじゃったらしい・・・登山道じゃないでしょこれ(笑)
by mo-mo-115 | 2013-05-04 22:41 |

生藤山

神奈川県・山梨県 生藤山(991m)
2013年5月3日(金・祝)晴
総歩行時間(休憩除く)4時間40分


GW後半の初日、山仲間のO夫妻と山に行く約束をしていた。
予定では奥多摩の蕎麦粒山だったけれど、増便されたバスにも乗れない人がいたとの情報やタクシーが期待できないことなどから行先を変更。
東京・神奈川・山梨にまたがる生藤山に行くことになった。
晴天のGW、気合を入れて蕎麦粒山に備えていたので1000m弱の山に少々気が緩んだけれど、空いてそうだし、のんびり尾根歩きもいいか♪
今回は和田バス停から醍醐峠を経由して醍醐丸へ登り、連行峰→茅丸→生藤山→熊倉山と笹尾根を歩き、浅間峠から棡原へ下山するコース。
春の笹尾根を堪能してこよう!(^-^)


8:24 和田バス停(自然公園センター)発
藤野駅からバスに乗り、終点の和田バス停へ。
臨時便が出てたけど、一台でもじゅうぶん乗れるくらいの乗車率。
バスを降りたところに自然公園センターがあり、向かいの沢井川の上にはたくさんの鯉のぼり!
真っ青な空に気持ちよさそうに泳いでる。GWらしいなぁ♪

8:35 生藤山登山口
バス停から10分ほど歩き、登山口の看板のところで左折して川を渡り登り始める。
歩きやすい道だけど、最初からそこそこ勾配がある。
O君の提案(?)で今回はなぜかダンナさまが先頭(笑)
でもゆっくりと一定の速度で歩くので、実はペースメーカーにはうってつけ(o^-')b
植林帯から雑木林に入り、30分ほどで左手に一軒家が現れる。
レトロな木造の家が茶畑の上にポツンとある様子は、ここだけ時間が止まったよう。
さらに10分ほど新緑の中をジグザグに登ると展望が開ける場所がある。
見えているのは中央線沿線の山々かな?
c0034391_23797.jpg


9:34 山の神
c0034391_22464735.jpg

登山口から1時間ほどで尾根上に出た。
そこが醍醐峠のはずだけど・・あれ??看板では醍醐丸と生藤山は方向が逆!?
うっかり手前の登山口から登ってしまい、醍醐丸より生藤山寄りの、大ゾウリ山の山の神に出てしまった!(゚∇゚ ;)!!
ありゃ~、醍醐丸スルーしちゃった(^-^;)
四角い石の山の神の脇で休憩10分。
爽やかな新緑とスミレの尾根道はほぼ平坦で人もいない。
GWなのにこの静けさ!いいねぇ♪(^-^)

10:16 連行峰
c0034391_236730.jpg

のんびり尾根歩きをしていると、道の脇の木に「連行峰」の札が!
危うく見過ごすとこだった(笑)
ベンチがあったので休憩6分。

10:37 茅丸
さらに続く気持ちの良い新緑の尾根歩き。
見上げると背の高い桜の木も多く、まだわずかに咲き残りのピンクが見られる。
ハードル状になった丸太の階段をひと登りすると、今回の最高地点・茅丸に到着した。
上野原方面が木々の間から望める。
c0034391_22491092.jpg

富士山は見えないな・・・もっと西のほうなのかな?
小休止して、生藤山へ向かう。

10:59 生藤山
生藤山直下は木の根の出た少し勾配がきつい斜面になっている。
c0034391_22492633.jpg

慣れていないのか、ストックをついたまま下りるのに苦労している人たちがいて、斜面の下でしばし待つ。
斜面を登り生藤山の狭い山頂に着くと10人ほどの先客がいた。
灌木であまり眺めは良くないが、正面に見える広い裾野はどうやら富士山らしい。
う~ん、山頂は雲の中か・・残念!
少し先の三国山のほうが眺めがいいらしいので、写真だけ撮って下る。
c0034391_22495815.jpg


11:06 三国山
c0034391_22502448.jpg

生藤山から5分ほどで三国山山頂。
生藤山より広くテーブル付のベンチもいくつかあるので、ここで昼食休憩50分。
ここはなかなか眺めがいい♪
c0034391_22505137.jpg

正面は扇山かな。左手の南西には富士山が裾野だけ見えていて、右手のなだらかな山は大菩薩嶺らしい。
扇山の後ろの三ツ峠山と滝子山の間に見える真っ白な峰々は・・・南アルプスだぁ♪
富士山よりテンション上がるかも(笑)

12:10 軍刀利神社元社
c0034391_22511483.jpg

三国山で景色を堪能し、さらに笹尾根を進む。
緩い木の階段を登り、10分ほどで立派な鳥居のある広場に着いた。
ここからの眺めも三国山に次いで良く、お昼を食べている人たちもちらほら。

12:28 熊倉山
c0034391_22514047.jpg

軍刀利神社元社の広場から再び尾根道を行き、雑木に囲まれた熊倉山に到着。
ベンチがいくつかある小さな広場で、あまり展望はないのためそのまま進む。
20分ほど歩くとまた木に掛かった札を発見。
「坊主山・851m」とのこと。
地図では標高だけ書かれたピークだけど、ちゃんと名前があるんだね。
さらに20分行くと栗坂峠と書かれた標識が現れた。
ここも地図では標高だけ。浅間峠まで0.5kmとの表示もある。
熊倉山から浅間峠までの間はスミレの他にヒトリシズカもたくさん咲いていて、チゴユリも見かけた。
スミレはアケボノスミレが多いかな。
淡い緑の木漏れ日の中を緩く下っていく。
c0034391_2252716.jpg


13:20 浅間峠
c0034391_2252249.jpg

東屋のある浅間峠に到着。
東屋のそばに注連縄のかかった巨大な杉(?)があり、小さな祠も祀られている。
すごく風格のあるご神木!でも謂れのかかれたものは見つからないなぁ。
c0034391_22536100.jpg

浅間峠から北側に下ると上川乗のバス停があり武蔵五日市に出られるけど、三頭山方面からの客で混んでいるかも・・と南西の棡原方面に下山する。
杉の植林帯の山腹につけられた道はあまり使われていないのか、枝や枯葉が積もっている。
枝打ちのあとかな?下手に枝を踏むと跳ね返って脛や手を叩かれる(^-^;)
やがて沢沿いの林道に出て、しばらくすると集落が見えてきた。

14:39 棡原中学校入口バス停
車道に出て道沿いに少し下ると棡原中学校入口のバス停に到着。
熊倉山から先はトレランの人が一人いただけで、あとは全く人に会わなかった!
バスはそこそこ混んでいたけど、上野原駅まで座っていけた♪
立川駅まで戻って居酒屋で打ち上げをしてから帰宅。
O君たち、いつもありがとう!お疲れ様でした!

この時期の山歩きは本当に清々しくて気持ちいい!
天気にも恵まれ、人も少なく、最高の尾根歩きだった。
蕎麦粒山に登るつもりでいたので若干歩き足りない気がするけれど、これはこれで春らしくていいかな♪
三国山山頂から見た南アルプスの峰は、「展望の山旅」によると悪沢岳と書いてある。
いくつか峰が見えるけど、どれが悪沢岳だろ??
もっと山座同定できると楽しいんだろうけどなぁ;
そのうち浅間峠~槇寄山と、陣馬山~大ゾウリ山を歩いて、笹尾根コンプリートしなくっちゃ!(^-^)
c0034391_2391070.jpg

笹尾根のヒトリシズカ
by mo-mo-115 | 2013-05-03 22:43 |