人気ブログランキング |

のんびり花を見たり、山に登ったり。愛車DUCATI Monsterでツーリングも。
by mo-mo-115
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
カテゴリ




以前の記事
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


<   2012年 10月 ( 5 )   > この月の画像一覧

世田谷美術館

お天気のいい日曜日。
ダンナさまは朝と夜に仕事なので遠出はできない;
もったいないくらいの気持ちのいい晴天なので、ウォーキングがてら砧公園内にある世田谷美術館へ。
c0034391_11351437.jpg

近いからいつでも行けると思っていて、結局まだ行ったことがなかった(^-^;)
キンモクセイの香りがする町を歩くのは気持ちがいい♪
この季節、大好き!
砧公園にもたくさんの家族連れが出かけてきていた。
世田谷美術館で「対話する時間」展を観る。
ポスターに使われている李禹煥(線より)の絵、なんか惹かれると思ったら・・・チンアナゴに似てるんだー!(笑)
美術館に併設されているcafé Bauchantでそば粉のガレットをいただく。
オープンカフェは雰囲気も良くて、ちょっと小腹を満たすのにピッタリ♪
c0034391_11355346.jpg

公園内のバラ園を見たりしながら歩いて帰る。
c0034391_11353711.jpg

たまにはこういうのんびりな休日もいいね♪
・・・でもそろそろガッツリ山歩きもしたくなってきた(^-^;)
by mo-mo-115 | 2012-10-21 20:20 |

安達太良山

福島県 安達太良山(1700m)
2012年10月14日(日)晴れ
総歩行時間(休憩除く)3時間10分


一切経山から下りて岳温泉で一泊。天然酸性泉のいい温泉だわ~♪
翌日は強風も止む予報だし、紅葉シーズンで早くからゴンドラの運行が開始されるそうなので、朝食後すぐ出発することにした。
そして翌朝。風は見事に収まり、秋らしい爽やかな青空が広がっている!
早く行って混み出す前に登ってしまおう!
安達太良山のゴンドラ「あだたらエクスプレス」はまだ空いていて、並ぶこともなく乗車。
色づき始めた斜面を見ながら10分で標高1300mの山頂駅へ。
山頂駅そばの薬師岳の展望台(パノラマパーク)にはツーリングがてら紅葉を見に来たことがあるけど、そこから先は登ったことがない。
紅葉の名所・安達太良山、今日は山頂の景色を楽しむぞ~♪


8:02 ゴンドラ山頂駅発
山頂駅の周りにはすでにたくさんの人がいる。
団体さんもいるけど、多くは山頂駅そばのパノラマパークと呼ばれる薬師岳展望台経由で登るみたい。
パノラマパークには智恵子抄に由来する「この上の空がほんとの空です」と書かれた碑があり、観光客もたくさん訪れる。
わたしたちは展望台は後回しにしてまずは山頂を目指す。
灌木の中の木道を行く。シャクナゲが多いなぁ!
木道が木の階段になり、緩く登っていく。
木々の間から覗く空は真っ青♪
気温は高めで歩いていると暑いくらい。

8:31 仙女平
よく整備された道を歩いて30分ほどで岩の転がる開けた場所に出る。
ここが仙女平らしく、多くの人が休憩しながら眺めを楽しんでいる。
青い空に錦のパッチワークの山肌が映える。
紅葉の最盛期には数日早いようだけど、じゅうぶん素晴らしい!
c0034391_15543649.jpg

広場の先に仙女平分岐があり、少し進むと後方の視界も開ける。
眼下に見えているのは二本松の街かな?
c0034391_15542478.jpg

さらに登ると福島の中心街のビル群も見えてくる。
なんて眺めのいい登山道なんだろ!

9:12 安達太良山山頂
登山道にはだんだん岩や石が増えてきて、ハイマツなどの低木しかなくなる。
山頂方向を見ると目立つ岩峰と牛の背方面への稜線が見える。
c0034391_15552398.jpg

安達太良山が乳首山ともいわれるのは、山頂にあるこの目立つ岩峰のため。
岩峰の手前に山頂の標識があり、そこから岩峰のてっぺんへは3分程度。
途中短い鎖があり、すれ違いで少し停滞していた。
c0034391_15555816.jpg


9:18 岩峰の祠
岩峰のてっぺんには小さな石の祠。
眺めは360度で文句なしの大展望!
北にはこれから進む鉄山方面の牛の背の稜線。
奥には蔵王連峰もくっきり見えている。
c0034391_15563173.jpg

西には磐梯山が間近に聳え、その南に広がる猪苗代湖も見える。
c0034391_15572782.jpg

振り向けば広々とした山頂の広場と福島の街。
c0034391_15575616.jpg

う~ん・・・ここでお茶していきたい気分だけど、紅葉目当ての母たちはどんどん先へ行くつもりらしい。
仕方ない、降りるか(ノ_・、)
先ほど混雑していた鎖場と逆方向から下りると、ガラガラに空いていた。
ハシゴがひとつあるだけで難易度は変わらないんだけど、皆気づいてないのかな。
牛の背の稜線を歩き、峰の辻分岐へ。
c0034391_15583215.jpg

稜線の西側に広がる沼ノ平は、月の世界に入り込んでしまったかのよう!
c0034391_161534.jpg

火山性のガスで死亡事故も起きているため、沼ノ平は現在立入禁止。
沼ノ平の向こうにあるのが秋元湖で、その奥にあるのが檜原湖だと、安達太良登山82回目というご老人が教えてくれた。

9:54 矢筈森
本当は鉄山まで行きたいけれど、今日は渋滞が起きる前に帰りたいので諦める。
東北道から見える、安達太良山の右側の2つの矢筈のような突起が矢筈森。
その矢筈森まで行って引き返すことにした。
鉄山の麓には紅葉に埋まるようにくろがね小屋の黒い屋根が見えている。
温泉付きの山小屋!入りたかった~!
c0034391_1610335.jpg

小腹が空いてきたので矢筈森でおやつ休憩をしてから来た道を戻る。

10:20 安達太良山山頂
安達太良山に近づくと、すれ違う人が多くなった。
ずいぶんと登山客が増えてきたみたい。
山頂から少し下って祠のある岩峰を見上げると、ビーズのネックレスを巻きつけたかのように人が連なって岩峰に登っている。
ありゃ~、混みすぎだ・・これじゃせっかくの眺めも堪能できないね(^-^;) 
でも混雑は他人事ではなかった。
登ってくる人たちの多いこと!すれ違いが大変!
c0034391_1615518.jpg

登りの人たちに譲っていると後が溜まって下りも行列になってしまう;
昨日ゴンドラが止まっちゃってたから、今日登る人が増えたんだろうな~。
やっぱり早めに来て正解だった。

11:26 薬師岳パノラマパーク
往きにスルーしたパノラマパーク経由でゴンドラ山頂駅へ向かう。
案の定、展望台は大混雑!ここまでは軽装の観光客も来るしね(^-^;)
結局人が多すぎて「この上の空が~」の碑の写真も撮れなかった(-_-;)
それでもやはり、ここから見る安達太良の紅葉は圧巻!
c0034391_1623828.jpg

あと何日かするともっと赤が濃くなって鮮やかになるんだろうな♪

11:40 ゴンドラ山頂駅着
木道を歩いて山頂駅に到着。
まだ下りはそれほど混んでおらず、すぐにゴンドラで降りられた。
レストハウスでバッジを買い、駐車場に向かいかけて驚いた。
ゴンドラ乗場の目の前にあった富士急ホテルが廃業している・・・
東日本大震災で被害に遭い、修理しても集客が見込めないので廃業したとか;
ショック・・・(ノ_・、)
その後、混みそうな東北道を避け、磐越道から常磐道を通って帰宅。
時間が早めだったこともあり、渋滞にも遭わずに済んだ。


一切経山、安達太良山ともに天気に恵まれ、絶景の山歩きを楽しめた。
安達太良山のベテランのご老人も、これだけの好天はなかなかないと言ってたし♪
おかげで今回はどちらの山も、わたしの中では最高ランクの思い出の山になった。
やっぱり山の楽しさは天気によるところが大きいなぁ!
道中、潰れてしまった店などもたくさん見かけたけれど、こんな素晴らしい観光資源のあるところが廃れてしまったらもったいない!
これからも継続的に訪れるようにしたいな(^-^)
c0034391_16183618.jpg

錦秋の安達太良山
by mo-mo-115 | 2012-10-14 20:51 |

一切経山

福島県 一切経山(1949m)
2012年10月13日(土)快晴
総歩行時間(休憩除く)2時間30分


震災以来積極的に福島に行っている両親、叔母夫婦、従弟と6人で紅葉狩り登山♪
ダンナさまは仕事で行けず、南会津の時と同じメンバーになった。
去年安達太良山で見た紅葉が最高だったそうで、今回も安達太良に向かったが、なんと強風でゴンドラが動いてない!
じゃ~、安達太良は明日にして今日は一切経山にしよう!と急遽変更。
先週登れなかった一切経山!やったー♪
今回もリハビリかねたユルユル登山、行ってきましょう(^-^)


11:55 浄土平駐車場発
安達太良から少し道に迷い、お昼近くにようやく浄土平に到着。
この時間から登るのもちょっと気になったけれど、行程が短く天気は最高なのでサクっと行ってみることにする。
先週よりも木々の色づきが濃く、黄色ばかりだった紅葉に赤が交じり始めてきれい!
見頃になってきたためか、浄土平の駐車場もほぼ満杯だった。
ススキが揺れる秋色の浄土平湿原の木道を一切経山に向けて歩く。
c0034391_14364433.jpg

コースは3つあるが、現在火山活動が活発化していて火山性ガスが濃いため、一番北寄りの裸地尾根は通行禁止になっている。
なので酸ヶ平小屋に向かう真ん中のコースから山頂を目指す。
木道から木の階段で整備された緩い登りに入る。
あまり高い木はなく、ずっと見晴らしがいい。
c0034391_14371915.jpg

高度が上がると吾妻小富士の噴火口が覗きこめるようになった。
c0034391_1426796.jpg

吾妻小富士の隣にある桶沼は、木に覆われ水を湛えた火口湖があるけれど、形は吾妻小富士そっくり!
先週吾妻小富士から見たときはまったく気が付かなかったなぁ!
あちこちでボコボコ噴火してたのかなぁ・・すごいなぁ;
お昼がまだだったので登山道脇で昼食を取る。
周りにはヤマハハコや、白い実をつけたシラタマノキがたくさん生えている。
c0034391_14264271.jpg

さらにひと登りすると前方が大きく開け、酸ヶ平湿原が現れる。気持ちいいところだぁ♪
c0034391_1427538.jpg


13:03 酸ヶ平避難小屋
酸ヶ平湿原の木道を歩き、鎌沼への分岐を右に折れて山頂へ向かう。
分岐からすぐに酸ヶ平避難小屋がある。ログハウス風できれいな小屋。
c0034391_14272855.jpg

避難小屋から少しガレた斜面を登るが、傾斜は緩めで歩きやすい。
振り返ると草紅葉の酸ヶ平湿原に鎌沼と池塘が見える。
南にはどっしりとした東吾妻山。
いい眺めだ~!高層湿原、大好き♪
c0034391_1428413.jpg

15分ほど登ると稜線に出た。
東側の山肌はなぜか裸地と草の縞模様になっていて、その先に吾妻小富士が覗いている。
c0034391_14282666.jpg

登るほどに風が強くなってきたが、稜線に出てからの風は半端じゃない!
台風並み!足を上げてる時に吹かれるとよろけてしまう。
どんなに紐を締めても帽子が飛ばされてしまうのでとうとう脱いでしまった。
でも眺めは最高!!福島の街がよく見える♪

13:35 一切経山山頂
c0034391_14284491.jpg

稜線を強風に耐えながら10分ほど歩き、広い山頂に到着。
巨大なケルン?の先に頂上の標識があった。
山頂からほんの少し北側に下ると・・真っ青な五色沼が!
c0034391_1429898.jpg

うわ~、きれいだぁ♪
福島の観光ポスター「ふくしまは元気です」でTOKIOの背後にあるのがこの五色沼。
光によって色が変わるので「魔女の瞳」とも呼ばれるらしい。
山頂からは見えないため、知らずに戻ってしまう人もいるとか・・・(^-^;)
それにしても吹きさらしの山頂付近の風のすごいことすごいこと!
母が「お茶しないのー?」なんて呑気なこと言ってたけど、「無理無理!下りる!」と下山開始。
この風で立ち止まってる人なんていないって(゚ー゚;Aアセアセ
稜線から下ると風は少しましになる。
ようやく帽子をかぶり、酸ヶ平を眺めながら来た道を戻る。
c0034391_14391835.jpg


14:22 酸ヶ平避難小屋
避難小屋には大きなザックが並んでいる。泊りがけで縦走する人がいるんだなぁ。
鎌沼に寄っていこうかという話も出たけど、時間も遅いし、風で白波も立ってるし、今回はやめておく。
分岐を浄土平方面に折れ、再び現れた吾妻小富士や桶沼を左手に見ながら下る。
浄土平湿原を横切り、駐車場へ。

15:05 浄土平駐車場着
レストハウスでまた揚げ饅頭を買う(笑)
餅入りを買った従弟も「美味しい」と気に入っていた。
一切経山の山バッジを探したけれど見つからず・・・吾妻小富士はあるのに~(ノ_・、)


いや~、すごい風だった!
両親たちが以前来た時もこんなだったらしいし、風の強い山なんだろうな;
あの風で雨や雪だったら遭難しそうだ(^-^;)
でも景色は素晴らしく、とっても気に入ってしまった!
360度の展望のうえ、紅葉に、湿原に、クレーターみたいな噴火口に、コバルトブルーの沼・・・
こんなに短く楽な行程で、たくさんの特徴ある風景が次々現れるなんて、すごく贅沢な山歩き!
また絶対に来たい山だな~。ダンナさまや友達にも見せたい。
次回は東吾妻山まで歩きたいな♪
c0034391_1442949.jpg

噴煙を上げる一切経山へ向かって浄土平湿原を歩く
by mo-mo-115 | 2012-10-13 21:24 |

吾妻小富士

福島県 吾妻小富士(1707m)
2012年10月7日(日)晴れ
総歩行時間(休憩除く)45分


磐梯山登山のあと高湯温泉に泊まり、翌日磐梯吾妻スカイラインを通って浄土平へ。
高湯側から浄土平に向かうと、気持ちのいい山間のワインディングロードから、突然火星のような荒涼とした火山地帯に入る。
このダイナミックな場面展開が好きで、何度もこのコースを走りに来た。
今回は登山メインなので車だけど・・・(^-^;)
遅れているとはいえ紅葉時期の三連休、なのに大した混雑もないのはやはり原発のせいなのかしら?
浄土平の駐車場もタダになっているし・・・
時間が早いので少し歩いてみることにする。
一切経山に未練はあるけど、まだ体調が良くないし、夕飯までに帰宅したいので、吾妻小富士の噴火口を一周するだけにした。
前にも登ってるけど、一周したことはなかったしね。
でもこれは登るっていうほどのものでは・・・(笑)


9:55 浄土平駐車場発
c0034391_226274.jpg

浄土平周辺は秋の気配が漂い始めている。
サンダル履きのダンナさまは軽登山靴に履き替え、わたしは普段の靴で登り始める。
吾妻小富士にはヒール履きの観光客もけっこう登っている。
噴火口の縁まで登るとポッカリと口を開けた火口を覗きこめる。
c0034391_2271941.jpg

砂礫の火口には一部草付の場所もある。
まだ青いけれど、ここも間もなく草紅葉になるはず。
振り返ると噴煙を上げる一切経山や黄色く色づき始めた蓬莱山、どっしりとした東吾妻山がよく見える。
c0034391_228295.jpg

c0034391_2285366.jpg

反時計回りで歩き、半分を過ぎたあたりが一番高い場所で、その先の砂礫の下りは普段の靴では歩きにくかった;
やっぱり登山靴のグリップは大したものだなぁ(^-^;)


10:40 浄土平駐車場着
風が冷たいのでお茶はせず、ゆっくりクルッと一周回って下りる。
浄土平のレストハウスで食べた揚げ饅頭が美味しかったなぁ♪
レストハウスではなんと吾妻小富士の山バッジが売っている!
思わず買ってしまった(笑)


連休の中日で時間も早かったこともあり、渋滞もなく夕飯までに帰宅できた。
せっかく泊まりで福島まで行ったのだから本当はもっと歩きたかったけれど、今回は仕方ない・・・
早く治してまた来ようっと(^-^)
c0034391_2294511.jpg

吾妻小富士の火口を巡る
by mo-mo-115 | 2012-10-07 21:56 |

磐梯山

福島県 磐梯山(1816m)
2012年10月6日(土)曇り
総歩行時間(休憩除く)4時間5分


9月初めにひどいギックリ腰をやってしまい、丸一ヶ月、山もバイクもお休み・・・(T-T)
つい先日大キレットを歩いてきたとは思えないほどの体たらく(ノ_・、)
一ヶ月経ってようやく動けるようになったもののまだ違和感が残る。
いつぶり返すかわからない状態だけど安静にしすぎるのも良くないらしいので、リハビリがてら簡単な山に行ってみることにした。
ツーリングで何度か走った磐梯吾妻スカイラインにある一切経山に行きたかったのに、ダンナさまの「名前がイマイチ」というよくわからない理由で磐梯山に変更(^-^;)
磐梯山も行ってみたかったからいいけれど、この状態で登れるかなぁ(゚ー゚;Aアセアセ
無理なら途中で戻ってくるか;
では久々の山歩き、会津の名峰・磐梯山へ!



8:30 八方台登山口発
昨夜はダンナさまの仕事が終わってから会津若松へ向かい、ビジネスホテルで前泊。
8時過ぎに八方台に着くと、最寄りの駐車場はすでにほぼ一杯;
わたしたちはなんとか猫魔ヶ岳登山口近くのスペースに置くことが出来た。
支度を済ませて広く緩やかな樹林帯の中の道を歩き出す。
細身のスラッとしたブナの木がきれい♪
c0034391_11351642.jpg

今日はリハビリなので、八方台からの最短ピストンコース。
調子が悪くなったら戻って来よう(^-^;)

8:57 中の湯
登っているのかわからないくらいの道が微妙に下りになり、視界が開けると中の湯の建物らしきものが見えた。
c0034391_1135466.jpg

辺りには硫黄の匂いが立ち込めている。
いい温泉が湧いていそうだけど、建物は廃屋っぽい・・・もうやってないのかな;
中の湯から少し木道を歩き、徐々に傾斜のきつくなる登山道を行く。
腰に負担が来ないように上半身を揺らさず能のように歩く・・・(゚ー゚;Aアセアセ
c0034391_11362099.jpg

やがて左手の展望が開け、ところどころで裏磐梯の景色が望めた。
c0034391_11365263.jpg

左が檜原湖、右が秋元湖、足元に見えてるのが銅沼かな?
稜線の陰からまだ噴煙が上がっているのが見える。
う~ん、火山だ♪(^-^)
裏磐梯の景観は磐梯山の噴火で出来たという。すごい・・・
景色を眺めながら一服。
その先、登山道は山腹をトラバースするような細い道になる。
足元はぬかるみ、濡れた岩や木の根が滑りやすいので慎重に・・・;
やがて頭上が開け、クマザサの明るい道になると分岐に到着。

10:01 お花畑分岐
c0034391_11373261.jpg

分岐の看板には右に行けば弘法清水まで0.3km、左はお花畑まで0.2km。
お花畑からも弘法清水には行けるらしい。
下ってきた人が「お花畑のほうが眺めが良くていいですよ」と教えてくれたので、お花畑経由で弘法清水に行くことにした。
ほんと、広々してていいところ♪
きっと春にはたくさんの花が咲くんだろうな。
c0034391_11383483.jpg

ガスがなければ紅葉の始まった山頂方面が見えたんだろうに(T-T)
10分ほどで猪苗代・渋谷登山口方面の分岐に出る。


10:17 弘法清水
c0034391_11392629.jpg

分岐からガラガラした石の斜面をひと登りすると弘法清水に着いた。
2軒の店があるけど、宿泊はできないらしい。
水場もあり、これが弘法清水の由来の湧水らしい。
ゆっくり登っているので特に休憩の必要も感じず、そのまま山頂へ向かう。
灌木の急登を行くと視界が開け、檜原湖や色づき始めた山肌が見える。
灌木の中に出たり入ったりしながら登っていくと木々の赤や黄色が濃くなってくる。
けっこう紅葉してるじゃない♪
c0034391_11401018.jpg

傾斜が緩み、木がなくなると岩屑の山頂に到着。


10:48 磐梯山山頂
c0034391_11404541.jpg

あ~、ガスガスだぁ・・・
猪苗代湖がドーンと見える展望自慢の山頂のはずなのに・・・(ノ_・、)
山頂直下の紅葉もとてもきれいなのに遠くまで見えない・・・(ノ_・、)
これはまた来るしかないな!
小さな祠のある山頂はけっこう広く、一段下には売店らしき建物もある。
ガスガスの割に寒くはなく、上着を羽織る必要もなかった。
お昼休憩45分。
混み出してきたので下山を始めたら、前後20名ずつくらいの団体さんの間に挟まってしまった!
しばらく行列して下山(-_-;)
この細い道でこの行列とすれ違う登りの人たちも大変だ;
c0034391_1142937.jpg


12:01 弘法清水
混雑のため、弘法清水まで思ったより時間がかかった(^-^;)
ちょうどお昼時だからか小屋の周りは登山客で賑わっている。
c0034391_11413651.jpg

赤い弘法清水小屋で登山バッジを買ったら「それどこにつけるの?」と登山中のおじさんに話しかけられた。
単に記念なので、家で箱にしまってるんですぅ(笑)
弘法清水からまたお花畑経由で下る。
時々ガスが流れ、天狗岩の先に檜原湖が見える。
c0034391_11424832.jpg


12:20 お花畑分岐
分岐から笹原の緩く狭い道を抜け、傾斜を増した登山道を下っていく。
30分ほどで裏磐梯のビューポイントに到着し、小休止。
急な斜面を過ぎると傾斜が緩み、やがて木道になり、中の湯に到着。

13:16 中の湯
なんとかここまで歩けた~!
あとはほとんど平地歩きのようなもの。
少しおやつでも食べてのんびりしていこう。
ダンナさまが建物のほうに偵察に行く。
やはり営業はしていないようで、建物の手前の足湯は「ご自由にどうぞ」、らしい。
足湯には浸からなかったけれど、中の湯で13分休憩。


13:51 八方台登山口着
c0034391_11453228.jpg

ブナ林を歩いて登山口に到着。
今夜は高湯の温泉に宿泊だから、楽でいいね♪(^-^)
ゴールドライン、レークライン、スカイラインとツーリングで馴染みの道路をハシゴして高湯へ向かう。
レークライン手前の磐梯山噴火記念館から見た磐梯山は、凄まじい噴火を物語る爆裂火口を抱いた荒々しい姿をしていた。
また来よう!今度はお花畑と猪苗代湖を見に!(o^-')b


せっかくの眺めは楽しめず残念だったけれど、なんとか登れて良かった。
山頂付近はけっこう紅葉もきれいだったし♪
でもやっぱり動くと腰が悪化するな・・・;
ゴールドライン、レークライン、スカイラインは大好きなワインディングロードでバイクで何度も来たけど、けっこういい料金してた有料道路が震災以降無料になっている・・・
有難いけど、背景を考えると複雑(ノ_・、)
せめて福島の観光や物産購入で復興に協力しよう!
by mo-mo-115 | 2012-10-06 22:15 |