人気ブログランキング |

のんびり花を見たり、山に登ったり。愛車DUCATI Monsterでツーリングも。
by mo-mo-115
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリ




以前の記事
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


<   2012年 06月 ( 4 )   > この月の画像一覧

湯ノ丸山~烏帽子岳

長野県 湯ノ丸山(2101m)~烏帽子岳(2066m)
2012年6月30日(土)晴ときどき曇り
総歩行時間(休憩除く)4時間5分


またまた直前に時間が作れたので、天気の良さそうな山域に出かけようと考えた。
第一候補は湯ノ丸山。
レンゲツツジで有名な山だけど先週はまだ見頃には少し早かったらしい。
今週はちょうどいいんじゃないかな!?
つつじ祭り中で混んでるだろうけど、お天気も悪くなさそうだし、どうせなら満開の時期に登りたい!
ということで、湯ノ丸山~烏帽子岳に出かけることにした。
混み出す前に、と今回も5時半出発。上信越道で東部湯の丸ICへ向かう。
今回は予定より早く仕上がったゴロー「ブーティエル」のデビュー山行だぁ♪


8:45 湯の丸高原(地蔵峠)駐車場発
9時前なのに駐車場にはかなりの車が・・・;
もうリフトも動いているし、ゲレンデを登っていく人もたくさん見える。
後方には篭ノ登山、リフト脇にはレンゲツツジが咲いてる♪
c0034391_23443265.jpg

ゲレンデはそこそこ急なので、歩き始めで息が上がる。

9:00 つつじ平
c0034391_2345483.jpg

リフト降り場まで登ると、右手につつじ平の散策コースがあった。
わぁ、すごい!湯ノ丸山の中腹あたりまで続くレンゲツツジの大群落!
話には聞いていたけど、こんなにたくさんあるとは思わなかった・・・
花に興味のないダンナさまも、さすがに「すごいな」と反応してた(笑)

9:13 風見鶏の鐘
しばらくつつじ平を散策し、登山道に戻る。
少し行くと風見鶏のついた鐘があり、標識に従い湯ノ丸山方面に向かってクマザサとレンゲツツジの道を登っていく。
明るく眺めの良い登山道はたまに急な場所もあるものの、とても歩きやすい。
ちょうど花のシーズンだったため団体さんが多く、ところどころ行列ができている。
高度が上がると右手に四阿山や田代湖が見え、振り返ると篭ノ登山の背後に浅間山も顔を覗かせる。
麓はレンゲツツジの朱色に染まっている。
気持ちのいい道だなぁ♪
c0034391_2348207.jpg

なのにダンナさまは体調がいまいちらしい・・なんだか俯いて遅れがち(^-^;)
c0034391_23492294.jpg


9:47 稜線
斜面を登り詰め、稜線に出る。
山頂付近は草と岩で、高度の割には高山っぽい。
北峰に続く稜線の道は短いけれど気持ちよさそう!

9:52 湯ノ丸山山頂
c0034391_23523419.jpg

平たい石が敷き詰められたような湯ノ丸山山頂に到着!
広い山頂だけれど、人が多くて山頂の看板が撮れない(゚ー゚;Aアセアセ
いいや、とりあえず北峰いってこよう。

10:02 北峰
ほぼ平坦な稜線を少し歩いて北峰へ向かう。こういう道、サイコー!(o^-')b
両側にはロープが張られ、植生の保護がされている。
ホント、たくさんの高山植物が咲いてる!
岩の積み重なった北峰に立ち、来た道を山頂へ戻る。
c0034391_23561581.jpg


10:14 湯ノ丸山山頂
再び湯ノ丸山山頂。ここで昼食休憩40分。
ん~、ちょっとガスってきちゃったなぁ・・
これから向かう西の烏帽子岳はガスの中、展望は期待できないな;
・・と思ったら食事中に西側のガスが少し晴れて、遠くの山々が見え始めた。
ん?あれは北アルプス!?あの尖ってるのはもしや・・・
烏帽子岳越しに槍穂高連峰が見えた~!!o(^O^)oわ~い!
c0034391_23571843.jpg


10:53 山頂発
体調最悪、などと言っていたダンナさま、お昼ご飯を食べて槍ヶ岳を見たら元気になった(笑)
北アルプスを眺めながら烏帽子岳に向けて西の斜面を下る。
それなりに急でガレていて浮石が多い。

11:19 鞍部
傾斜が緩むとクマザサに囲まれた鞍部に到着。
行く手に烏帽子岳が見えている。
c0034391_2359127.jpg

鞍部から先は明るい斜面を登っていく。
土の歩きやすい道で傾斜もきつくなく、気持ちのいい道。
このあたりはウマノアシガタやベニバナイチヤクソウなどたくさんの花が咲いていて見飽きることがない♪
稜線が近づくとまたレンゲツツジが増えてきた。
鞍部から20分ほどで稜線に出ると視界が開け、上田市街が眼下に広がる。
稜線を右に進むと烏帽子岳、左を見ると草原状の斜面いっぱいにレンゲツツジ!
こんなところにも見事な群落があるんだなぁ♪
眺めのいい稜線の上を烏帽子岳に向かって歩く。
c0034391_0101517.jpg


11:52 偽ピーク
岩場を越え、さぁ山頂だ!と思ったらまだ先があった~(゚ー゚;Aアセアセ
c0034391_002635.jpg

そういえば鞍部で誰かが「ニセ烏帽子」と言っていたなぁ・・これがそうか(-_-;)
でもこんな気持ちのいい稜線の道は長く歩きたい♪
烏帽子岳までの間、多彩な高山植物が見られる。
ハクサンチドリやミヤマハンショウヅルは初めて見たかも♪
岩陰にはピンクと白のコマクサ、イワカガミやアヤメなど色とりどりの花が咲いている。
花を愛でつつ最後のガレ場を登ると今度こそ烏帽子岳山頂。

12:05 烏帽子岳山頂
c0034391_015525.jpg

ここは湯ノ丸山以上に好展望!
残念ながら四阿山や浅間山方面は雲がかかってしまったけれど・・・
山頂でコーヒータイム30分。
正面には北アルプス。
槍穂高は雲がかかってしまったけれど、トトロの頭に似た双耳峰の鹿島槍や姿の良い五竜岳など、後立山の峰々が望める。
c0034391_024633.jpg

憧れの山を見ながら飲むコーヒーは最高に美味しい♪
景色を堪能し、烏帽子岳を後にする。
鞍部まで丸っこい湯ノ丸山を見ながら下っていく。

13:18 鞍部
鞍部からは先ほど来た道ではなくキャンプ場経由で下っていく。
ほとんど平らなのどかな道を、湯ノ丸山の南側を巻くように進む。
だんだんレンゲツツジが増えてきて、群生地を過ぎ、カラマツ林を抜ける。
c0034391_034643.jpg


13:53 臼窪湿原
c0034391_0421100.jpg

カラマツ林の先には臼窪湿原があり、木道で一周できるようになっている。
アヤメやハナショウブが咲くようだけど、見たところあまり花はないみたい・・・
戻ってきた人に話を聞くと、やっぱりまだ時期が早いらしい;
今回は遠目に眺めるだけにした(^-^;)

14:00 湯の丸キャンプ場
湿原の先にはキャンプ場。
ここのお水は美味しいらしい。
テントも借りられるようだし、テント泊に憧れてるダンナさまは一度体験キャンプしてみたら?

14:11 駐車場着
地蔵峠の駐車場に到着!
あ~、本当に楽しい登山だった♪
登山バッジは・・置いてないみたい(ノ_・、)


う~ん、花の時期に歩く山はいい!!
山頂や登山道での展望もいいので、歩いていても全然疲れを感じなかった。
それほど期待していなかった反動もあり、今回はマイナス要素が見つからないくらい楽しい山行になった。
もちろんもっと空気が澄んでいれば景色も最高だっただろうけど、梅雨時ならこれでもじゅうぶん良いほうでしょう(^-^)
強いて挙げれば、もう少し人が少なければ歩きやすかったかな?
でもレンゲツツジが満開の週末、これ以上望むのは贅沢というもの。
体調が悪いと不機嫌そうだったダンナさまも帰りにはスッキリした顔で満足気だったし、良かった良かった(笑)
やっぱり山歩きは楽しいね♪
c0034391_0165366.jpg

by mo-mo-115 | 2012-06-30 23:39 |

蓼科山

長野県 蓼科山(2530m)
2012年6月24日(日)曇ときどき晴
総歩行時間(休憩除く)2時間40分

今週も直前になって日曜だけ休みが取れることが判明。
以前から目をつけていた蓼科山に急遽登ることにした。
久々に友人を誘うと、急だったにも関わらず喜んで応じてくれた♪
梅雨時だから視界はいまいちだろうけど、岩だらけだという特徴ある山頂を見に行ってみよう!
パーティ登山なので行程は短め、のんびり楽しく行きましょう(^-^)
八ヶ岳PAで集合してR152を走り、蓼科牧場の先の七合目駐車場へ。
手前に登山口が見えたので戻って歩き始めると、また元の駐車場に出てしまった!
上がホントの登山口だったのね・・・(^_^;)
気を取り直して、さぁ出発!


9:27 七合目登山口
c0034391_1021219.jpg

今度は蓼科神社の鳥居のある立派な登山口(笑)
最初は緩いハイキングコースのような樹林帯の登りから始まり、徐々に傾斜が増し、登るにつれ登山道の石が大きくなってくる。
苔むした針葉樹の林床には小さな白い花がいっぱい咲いている。
ウグイスがうるさいくらいに鳴いている。
ひと月ぶりの山、やっぱりいいなぁ♪
けれど前日は泊りがけで引っ越し手伝いと飲み会。。
疲れと睡眠不足でコンディションは過去最悪・・・足どころか腕まで重い(-_-;)
大きめの石が転がる登山道は、九十九折からやがて枯れ沢状の道になる。
上方にはガスが立ちこめ、先の様子が見えない。
一歩一歩、修行でもしてるかのような気分で歩く。

10:07 天狗の露地
c0034391_10221622.jpg

ザレた広い枯れ沢のような道を登り、再び樹林帯の中を進むと二股に出た。
右手は天狗の露地。ここでようやく展望が開けるらしい。
露地に行ってみると、ガスで視界は良くないが、足元には石の斜面が広がり下のほうに女神湖がみえた。
5分ほど休憩して山頂方面へ向かう。
さらに傾斜は増し、土砂流出防止の丸太が斜めに設置してある浮石の多い登山道を登る。
c0034391_10225351.jpg

傾斜が緩み、両脇に苔や白い花が増えてくると将軍平に到着!

10:35 蓼科山荘
c0034391_10232160.jpg

将軍平にある蓼科山荘で中休止。
山荘前にはお土産のテントが出ていて、周りにはミネザクラや可憐なミツバオーレンが咲いている。
ここでようやく蓼科山の丸い山頂が姿を現し、岩場を人が登っているのが見えた。
コースタイムではここから山頂まで30分。
「え!あそこまで30分で行けるの!?」と友人が驚く。
う~ん、相当な急登なんだろうねぇ(^-^;)
案の定山荘を出るといきなり岩の直登!
c0034391_1024126.jpg

ゴロゴロした大きな岩の道でどんどん高度が上がる。
つられてテンションも上がり、体調の悪さなんてどこへやら。
結局山頂までず~っと岩で、確かに30分ほどで着いちゃった(笑)

11:23 蓼科ヒュッテ
山頂直下の蓼科ヒュッテに到着。
岩陰にはたくさんのコイワカガミが!
こんなにコイワカガミが咲くなんて知らなかった!
c0034391_10245772.jpg


11:30 山頂着
ヒュッテから山頂までは平らな岩場を歩いてすぐ。
標高表示のある三角点に立ってみて驚いた!
c0034391_10253293.jpg

なんだこの山頂・・・??
ひろ~い岩だらけの広場で、広場の縁は少し盛り上がり、中心が窪んでいる。
これは噴火口??
広場の中心には蓼科神社の鳥居と社があり、その向こう側の縁には方位盤らしきものが見える。
なんとも不思議な、初めて見る特異な山頂だった。
三角点近くでお昼にし、そのあと神社を経由して方位盤まで岩の広場を突っ切る。
岩の間に間にコイワカガミ!すごい群生!
他にもツガザクラやミネズオウがたくさんあって、踏まないよう歩くのに気を遣うくらい。
c0034391_1026492.jpg

ガスの流れが速く、遠くは霞んでよく見えないけれど、三角点付近からは縞枯れの北八の山々と南八ヶ岳方面が、方位盤あたりからは白樺湖方面が見えた。
c0034391_10273649.jpg

c0034391_10275978.jpg

長いこと山頂の様子を楽しみ、12:50に山頂を後にした。

12:59 蓼科ヒュッテ
蓼科ヒュッテからの下りは、岩場に慣れない友人にとってはちょっとスリルがあったみたい。
確かに高度感がある。ゆっくり慎重に下りましょう!
往きよりガスが減り、前掛山方面の縞枯れ現象がきれいに見える。
c0034391_10292482.jpg


13:36 蓼科山荘
ゴロゴロ岩の急坂を下り終え、蓼科山荘で再び中休止。
登山記念のバッジを買う。
コイワカガミ入りのデザインのバッジにしたら、店のご主人が「今日はそのバッジが一番売れている」と話してくれた。
ちょうどきれいな時期だったもんねぇ♪
他にも蓼科の見所などいろいろ教えてもらい、山荘を後にする。
登ってきたガレた枯れ沢を下っていく。

14:20 天狗の露地
c0034391_10301899.jpg

展望のない樹林帯の下りを20分ほど行くと天狗の露地に到着。
先ほどはガスが濃かったけれど、午後のほうが視界がマシになった♪
傾斜もだんだん緩くなり、のんびりと下る。

14:45 馬返し
往きに気づかなかった馬返し。
普通の登山道の途中に標識があるだけの場所だった。
これはスルーしちゃうなぁ(^-^;)

14:56 七合目登山口
無事下山♪短い行程だったけれど、特徴ある山で楽しかった~!(^o^)v
帰りに白樺湖越しに見た蓼科山は諏訪富士の名が似合う美しい姿をしていて、あそこに登ってきたんだと思うとなかなか感慨深かった。
中央道はひどい渋滞だったけれど、いい山行でした♪
c0034391_1030442.jpg


久しぶりのグループ登山なので行程は短く、でも歩いていて面白い山を考えて蓼科山にしたけれど、これは大正解だった。
友人たちは「こんな岩場、初めて!」とスリルを楽しんでくれたし、いまいちの天気で諦めていた展望も梅雨時にしてはまずまずだったし♪
何よりもコイワカガミは嬉しい誤算!
2冊のガイドブックどちらも好展望と岩だらけの山頂について言及しているのに、コイワカガミについては一言も触れられていなかったんだもの;
思いがけずいい時期に登れて良かったなぁ♪(^-^)
by mo-mo-115 | 2012-06-24 22:08 |

妙義ツーリング

ドカティ仲間とツーリング!
今回は6台、うち4台が真っ赤なモンスター♪♪
珍しく上信越方面、三芳PAで集合して一気に松井田妙義ICへ。
飛ばす男性陣のあとから女性3名はのんびりと出口ICへ向かう。
松井田妙義で降りようとしたら、ガイド役のTさんが出口付近の路肩に停まっていて、盛んに本線を指さす。
えぇ!?本線へ戻るの??(゚ー゚;Aアセアセ
あ~、だれかやったな・・・(^_^;)
案の定、自他ともに認める方向音痴(?)のKさんがICを通り過ぎてしまっていた(笑)
横川SAで合流し、ひとしきり突っ込んでから次のICで降り、碓氷バイパスを戻る形で釜飯のおぎのやへ。
うわ!なんか最近のきれいなSAみたいにおしゃれになってる!
美味しい釜飯を食べて、今回の目的地めがね橋へ。
c0034391_2313668.jpg

ここはダンナさまとツーリングで来たことがあるけど、ホント絵になるなぁ。
初めての皆さんも大喜び(^-^)
橋の上に上がって廃線のトンネルを歩いて、なんか修学旅行気分(笑)
c0034391_19472992.jpg

その後、碓氷湖に立ち寄り、荒々しい妙義山を見物。
c0034391_23135513.jpg

このあたりの道もすごく楽しいんだけど、あいにく雨が降り出してしまった;
カッパを着込んで下仁田ICから高速で帰宅。
いろいろハプニングもあったけど、渋滞はほとんどなく、雨も一時だけで良かった♪
楽しいツーリングだったなぁ(^-^)
by mo-mo-115 | 2012-06-10 21:46 |

東京スカイツリー散策

スカイツリーを見に行こうと、友人と計画。
建設中に実家からスカイツリーの根元までウォーキングしたことがあるけど、今回はソラマチ見物メインで♪
地下鉄でまっすぐ向かうのもつまらないので、浜離宮から水上バスに乗り、スカイツリーを眺めながら浅草まで行くことにした。
浜離宮では数年ぶりの花芽をつけた巨大なリュウゼツランや、将軍専用の船着き場などを見ながら水上バスの到着を待つ。
水上バスは修学旅行生と相乗りで賑やか(笑)
東京タワーやレインボーブリッジ、東京の名所を船上から楽しむ。
爽やかでとっても気持ちがいい!水上バスにして大正解♪

清洲橋越しのスカイツリー。
c0034391_2319556.jpg

吾妻橋のシンボルたちとの競演。
c0034391_23165897.jpg

浅草から歩いてスカイツリーへ。
船上から「意外と小さい?」なんて言ってた友人も、近づくにつれその巨大さに圧倒されたみたい!
c0034391_23163218.jpg

ソラマチを一回りし、スイーツとブランチを食べた後、プラネタリウム「天空」へ。
友人は9割方寝てた(笑)
どうせならライトアップも見たいので、日暮れまですみだ水族館に行くことに。
実はあまり期待していなかったのだけど、とっても気に入ってしまった♪♪
クラゲのラボで研究員さんとじっくりお話できたのも良かったけど、何よりツボったのはチンアナゴ!
もともと好きな魚だけれど、たいてい小さな水槽にいてじっくり見られない。
ここの展示は大きな水槽を四方から見られる作りになっていて、同じ方向を向いてユラユラしているチンアナゴ&ニシキアナゴを見放題!(o^-')b
c0034391_2316354.jpg

ニョロニョロみたいだぁ!なんか、癒されるぅぅ♪
ショップでチンアナゴグッズを購入するほどハマってしまった(笑)

予想以上に長居をしてしまい、外に出るとすっかり日が暮れている。
まだライトアップはしていなくて、たくさんの人が今か今かとツリーを見上げている。
・・・と、ライトが点灯~!グッドタイミングだぁ!
c0034391_23193024.jpg

今日は紫、「雅」だね!
スカイツリーのライトアップは見る方向によっては色がわからないのでご注意を・・

31階のレストラン街からは真横にスカイツリーが見えるし、周りに高い建物がないから夜景もきれい!
展望台まで行かなくても十分満足できてしまった♪
スカイツリーを満喫できた一日でした(^-^)
by mo-mo-115 | 2012-06-07 22:29 |