人気ブログランキング |

のんびり花を見たり、山に登ったり。愛車DUCATI Monsterでツーリングも。
by mo-mo-115
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
カテゴリ




以前の記事
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


<   2012年 05月 ( 4 )   > この月の画像一覧

赤城山(黒檜山~駒ヶ岳)

群馬県 赤城山・黒檜山(1828m)~駒ヶ岳(1685m)
2012年5月27日(日)曇ときどき晴
総歩行時間(休憩・散策除く)2時間30分

このところ週一日しか休みが取れず、なかなか遠出ができない。
休前日はダンナさまの帰宅も遅いので、遅めの出発でも車が停められて、日帰りでも余裕のある山を探して赤城山に行くことにした。
ただ問題なのは、午後から山沿いで雷の予報が出ていること・・・
群馬と言えば雷の多い土地というイメージがある。
県産米に「ゴロピカリ」なんて名がついてるくらいだし・・・(^-^;)
山の雷は怖い!今日はさっさと登って早く帰ろう!


9:46 おのこ駐車場発
7時過ぎに出発し、渋滞にも遭わず2時間強で到着。
群馬の一大観光地でもある赤城山、駐車場のキャパはバッチリ♪
下山口に近いおのこ駐車場に駐車して舗装路を大沼沿いに歩いていく。
黒檜山の向こうには黒く厚い雲・・・お天気心配だなぁ;
大沼のほとりに赤城神社が見えているけど、今日は立ち寄らず足早に登山口へ。
意外と登山者が多いのでちょっと安心(´▽`) ホッ

9:58 黒檜山登山口
登山口に到着。お、いきなり岩ゴロゴロの急登だ!
c0034391_141119.jpg

岩ゴロゴロにテンションが上がり、いつもより早いペースで登る。
樹林帯の急坂を10分ほど登ると、大沼や地蔵岳の展望が開ける尾根に出た。
c0034391_13431845.jpg

少し平らになったかなーと思うと、また岩の急登。
山頂付近までは、段差の大きい岩の急坂が多い。
でも樹林帯の山腹をダラダラ行くより、このほうがずっと楽しい!
天気を気にかけ、汗をかきながらぐんぐん登る。

11:03 分岐
駒ヶ岳との分岐に出て、左手の黒檜山方面へ。
クマザサの平坦な道を少し進むと黒檜山山頂。

11:04 黒檜山山頂
c0034391_13434682.jpg

あれ、もう着いちゃった!
ガイドブックでは山頂まで1時間30分、地図では1時間50分になっているけど、実質1時間かからずに登ってしまった。
黒い雲に急かされて登っちゃったからなぁ(^-^;)
小さな広場になっている黒檜山山頂。
20人ほどの人が休憩している。
展望は東側が開けているけど、霞んでいて近くの山並みしか見えない・・・;
混んでいるし、ちょっと先に進んでみよう。

11:10 展望の岩場
5分ほどクマザサの道を行くと展望の開けた小さな広場に出た。
c0034391_13442398.jpg

山頂からは見えなかった大沼や鈴ヶ岳方面が見える。
c0034391_1345467.jpg

こちらのほうが眺めがよく空いているので、ここで昼食休憩30分。
空気が澄んでいたら遠くの山まで見えたろうになぁ(ノ_・、)

11:46 御黒檜大神石碑
昼食後は来た道を戻り、黒檜山山頂を経由して分岐を駒ヶ岳方面へ。
分岐のすぐ先に御黒檜大神の石碑があったので、お参りして先へ進む。
c0034391_13453618.jpg

黒檜山から一度下って駒ヶ岳へ登り返す。
木の階段が多いが、横木が渡された歩幅の合う階段なのでとても歩きやすい。
c0034391_13465817.jpg

20分ほど下ると鞍部に着き、クマザサと白樺ののどかな散策路のような道になる。
振り返ると黒檜山が大きく聳えている。
c0034391_13481770.jpg

朝より青空が広がり、黒い雲も見えなくなったので、普段ののんびりペースに戻す。
再び階段の登りが始まり、10分ほどで駒ヶ岳山頂到着。

12:18 駒ヶ岳山頂
c0034391_13484366.jpg

視界が開け、人が立ち止まっていたので山頂と気づいたが、山頂らしいものは手書きの看板だけ。
少し踏み跡を進んでみたけど、特になにもなかったし、やっぱりここが山頂なのかな;
南の長七郎山から東のほうにかけて開けているけど、やはり霞んでいてあまり遠くまでは見えない・・・。
c0034391_13491745.jpg

駒ヶ岳山頂からは開けた尾根道を小沼を見ながら緩く下っていく。
c0034391_13495137.jpg

少しするとアルミの階段が現れ、樹林帯の下りになる。
階段が多いが歩きやすいので、こちらを下りにして正解かな♪
周りにはムシカリ(オオカメノキ)の白い花がたくさん咲いている。
c0034391_13502299.jpg

駐車場からはアカヤシオもけっこう見えたのだけれど、登山道付近では数本しか見られなかった。
もう雷の心配はなさそうなので、花を眺めたり靴紐を調整したりしながらのんびり下る。

13:07 おのこ駐車場着
雨にも降られず無事下山♪(^-^)
下山口そばの駐車場に戻り、一度車を移動して「ミニ尾瀬」とも言われる覚満淵へ。
c0034391_1350395.jpg

湿原の花がいろいろ咲くというので期待していたけど、どうやら時期が早かったようで何も見るものなし・・・(-_-;)
ぐるりと一周20分ほど歩き、ビジターセンターを見学してから帰途につく。
予定より早く下山できたので、渋滞が始まる前に帰宅できた。


今日は天候の崩れないうちに下山しようと、慌ただしい速攻登山になってしまった。
行程の短い山だったためか、いつもよりハイペースで登ったにも関わらず、いつもより元気に帰宅できた。
岩の多い登りも楽しかったし、これはこれで良かったかな?
今度は初冬の空気の澄んでいる晴れた日に、展望を楽しみながら登りたいな。
ツツジの季節もいいだろうな♪
・・・翌日、群馬で落雷事故があったとのこと、やっぱり雷は怖い~(T-T)
by mo-mo-115 | 2012-05-27 21:39 |

棒ノ嶺(2回目・白谷沢ピストン)

埼玉県 棒ノ嶺(棒ノ折山)(969m)
2012年5月19日(土)晴れ
総歩行時間(休憩除く)3時間30分


奥武蔵は最近あまり行く機会がなかったので、一昨年登って面白かった棒ノ嶺にもう一度行ってみることにした。
面白かったのは白谷沢のゴルジュ帯あたりで、林道以降は階段責めだったような・・?
前回は周回コースにしたけど、今回は植林帯を避け白谷沢を往復することにした。
ダンナさまが登山を始めて間もなく登った棒ノ嶺、少しは楽に登れるようになったかな?


8:52 さわらびの湯
さわらびの湯の駐車場で身支度を整えて出発。
イベントが開かれているらしくすごい人出!でもコースが違って一安心。
朝から日差しが燦々と注ぎ、暑くなりそうな予感(^-^;)

9:02 有間ダム
c0034391_0515749.jpg

舗装路を10分ほど歩くと有間ダム。
魚釣りをしている人たちがけっこういる。
バケツの釣果を覗きながら登山口へ。

9:12 白谷沢登山口
c0034391_0532726.jpg

ダム沿いの道を左に入って登り始める。
山腹を巻くように歩いて、突き出た岩を2,3回越える。
新緑と言うには少し緑が濃くなりすぎているが、下生えのシダなども青々してきれい♪
20分ほどで沢沿いに出て、飛び石の徒渉を繰り返す。
c0034391_054469.jpg

春のほうが水量が多いかと思ったけど、前回の11月と変わらないようだった。
沢沿いは涼しくて助かる♪

10:02 東屋
林道に出て、向かいの東屋で6分の小休止。
ここから階段が多いんだ;
しっかり腹ごしらえしていこう(笑)

10:17 岩茸石
c0034391_0551963.jpg

一登りして岩茸石に到着。
岩の前にベンチがひとつ。
さて、階段登りにいくか・・・
c0034391_10935.jpg


10:35 ゴンジリ峠(権次入峠)
ベンチがあり、少し広くなっているゴンジリ峠。
ここで少しだけ展望が開ける。
行程中唯一の名栗湖が見下ろせる場所。
c0034391_0555676.jpg

さぁ、もう少し階段だ!

10:46 棒ノ嶺山頂
c0034391_105688.jpg

崩れかけた階段を登り、開けた山頂に到着。
北側の奥武蔵方面の眺めが良い♪
右手に丸く光るのは西武ドーム。
左手には武甲山や大持山。
山々を眺めながら11:30まで昼食休憩。
c0034391_12385.jpg


10:40 ゴンジリ峠
ここで高水三山方面への道を分ける。
ハードル状階段の道は下りのほうが歩きにくい;

11:53 岩茸石
岩茸石で白谷沢・滝ノ平尾根・大名栗林道方面に道が分かれる。
前回は滝ノ平尾根を下りたが、植林帯でつまらなかったので来た道を戻る。

12:01 東屋
東屋を過ぎ、楽しい沢沿いへ。
両側に迫ってくる岩と、目に眩しい緑と、心地よい水の音。
c0034391_132214.jpg

爽やかで気持ちいいなぁ♪

12:58 白谷沢登山口
登山口に到着。
タラタラとダム沿いを歩いてさわらびの湯へ。

13:21 さわらびの湯
沢沿いは涼しかったけど、一日いい天気で汗をかいた!
さわらびの湯は登山客らしき人たちが多い。いいロケーションだものね(笑)
汗を流してから実家に立ち寄り、深夜までおしゃべりして帰宅。
やっぱり一昨年よりはスタミナついたかな(o^-')b


この山は手頃な行程で変化に富んでいるせいか、家族連れも多く賑やか!
両神山や川苔山も沢沿いのきれいな道だけれど、ダイナミックさは棒ノ嶺が上かも♪
下山するといつも辛さは忘れちゃうので、前回よりも楽だったのかは正直よくわからなかった・・・(^_^;)
でも復路の疲れ具合からすると、ずいぶんとマシになっていたと思う。
特に前回登りで遅れがちだったダンナさまは見違えるくらいしっかり歩くようになった。
夏の縦走は頼りにできそうかなー?(^-^)
c0034391_1124261.jpg

by mo-mo-115 | 2012-05-19 23:39 |

両神山

埼玉県 両神山(1723m)
2012年5月12日(土)晴一時曇り
総歩行時間(休憩除く)5時間50分


雲取山に一泊で行く予定が、ダンナさまの急な出張や不安定な天候で予定が狂い、両神山日帰り登山に変更。
奥武蔵の山を登っているとギザギザの鋸歯のような姿がよく目立ち、真っ先に山座同定できるようになった山で、前々から登ってみたかった。
アクセスに時間がかかるため、小鹿野町の須崎旅館に前泊して翌日に備える。
ついでに長瀞のライン下りや安田屋さんのわらじカツ丼を堪能してきちゃった♪
両神山はアカヤシオが咲くそうだけど、今年はまだ早いかな~?
今回は日向大谷から清滝小屋経由のピストン山行。
さぁ憧れのギザギザのてっぺんへ、GO~!


6:57 日向大谷登山口
旅館の朝食を断って早発ちし、6時半に日向大谷の駐車場に着いたのに、すでに第一、第二駐車場は満車(゚ー゚;Aアセアセ
第三駐車場に停めて登山口に向かう。これから来る人たちはどこに停めるのかな??
両神山荘前の登山口には登山届ポストとカウンターがある。
c0034391_10414440.jpg

登山届は前日のうちに提出しておいたので、カウンターを押して歩き始める。
歩き出してすぐに祠があり、登山の無事を祈って先へ進む。
山腹を巻く登山道は勾配がほとんどなく、ウォームアップにもってこいだけど道幅の狭いところもある。
小さな沢を徒渉し、沢音を聞きながらのんびり歩いていく。

7:31 会所
七滝沢コースと分ける会所に到着。
初めての両神山だし、今回は一般的な清滝小屋経由の表参道コースを進む。
美しい沢沿いの道で、新緑が目に眩しい!
まだ緩いアップダウンなので余裕たっぷり、「気持ちいいね~♪」と楽しみながら歩く。
木の橋や飛び石で何度も沢を越える。
c0034391_11153970.jpg

足元にはスミレやネコノメソウ、ムラサキケマンや名を知らない春の花々。
わぁ、ニリンソウも咲いてる!!
あちこちで立ち止まり、写真を撮りながらのんびり進む。

8:20 八海山
c0034391_11162399.jpg

信仰の山らしくあちこちに碑や仏像がある。
八海山にも不動明王像があった。
ここで10分ほど休憩。
沢から離れた登山道の脇の斜面には一面のニリンソウ!
ニリンソウが咲くことは知っていたけど、こんな大群落とは知らなかった!
大喜びで花を愛でながら登っていたら、キツさなんて全く感じなかった(笑)
c0034391_11345984.jpg

8:53 弘法の井戸
c0034391_11165491.jpg

水場の弘法の井戸に到着。
チョロチョロと水が出ている。
まだ水はたくさんあるのでそのまま進む。

9:01 清滝小屋
c0034391_11172444.jpg

弘法の井戸から間もなく、ログハウス風の清滝小屋が見えてきた。
トイレの改装工事中で、今は仮設トイレが置いてあった。
小屋には布団もあり、避難小屋としての使用が可能らしい。
営業していないのがもったいないくらいきれい。
少しお腹が減ってきたので15分のおやつ休憩。
清滝小屋の裏手もニリンソウの群生地だぁ♪

9:27 鈴ヶ坂
清滝小屋から先は山腹をジグザグに登り、高度を上げていく。
鈴ヶ坂で七滝沢コースと合流する。
山桜が咲き、木々の間からは山並みが見え始める。

9:33 産泰尾根
c0034391_11175465.jpg

地図上では産泰尾根、看板では産体尾根。
尾根に出ると山頂方面が望めた。
ここから岩と木の根混じりの急登になり、鎖場がいくつか続く。
鎖場は短いし、特に難しいことはないかな。
c0034391_1141187.jpg

ふと目を上げると、アカヤシオが咲いてる!ヤッター!
c0034391_11342165.jpg



9:52 横岩
c0034391_11182851.jpg

鎖場を抜け、傾斜が緩むと小さな祠と大きな岩があり「横岩」の標識があった。
木の根の出た道を登っていくと、間もなく神社の鳥居が見えてくる。

10:05 両神神社
c0034391_1119764.jpg

赤い鳥居をくぐると両神神社。
狛犬の口が大きく裂けていて、牙まで出てるなーと思ったら狛狼だそうで・・。
このあたりから先の尾根上はアカヤシオの木が多く、咲き始めの華やかなピンクの花に励まされながら登っていく。
再び露岩の急登を越え細い尾根を行くと、山頂直下の岩の間から視界が開けた。
c0034391_11332941.jpg

奥武蔵の山々かな?右寄りに武甲山が見える。
去年の今頃は向こうからこの山を見ていたっけ。

10:35 両神山山頂
最後の鎖を登るとゴツゴツした岩の山頂に到着!
狭くて足場も悪く、ちょうど人の多い時間帯だったため落ち着く場所がない(^-^;)
でも折り重なる山々をぐるりと見渡せる、達成感のある山頂だぁ♪
北西に目立つのは浅間山。
c0034391_11205610.jpg

雲が増えてきたけど富士山も見える。
c0034391_1122199.jpg

何より感動したのは、山頂の岩に生えているアカヤシオ。
c0034391_1122437.jpg

こんな険しい場所で、長いこと厳しい風雪に耐えてきたんだろうなぁ。
本体は折れてしまったらしく、横から出た枝に花を咲かせている。
両神山の山頂から天に向かって手を伸ばしているようなアカヤシオの木、花の季節に見られて良かった!
この花を見られただけでも今回登った甲斐があった♪(^-^)
空いたスペースを確保して昼食休憩。
風が強くて寒いので防寒具をしっかり着込んで!

11:46 両神神社
山頂で小一時間の休憩後、来た道を戻る。
歩いてきた道なのでサクサクと下るが、すれ違いや鎖場待ちでけっこう時間がかかる。
ジーンズにスニーカー姿だったり、鎖場で戸惑っていたり、ずいぶん山慣れしてない人たちも登ってきてるみたいだなぁ;

12:16 産泰尾根
鎖場を抜けて一安心。しまっていたストックを取り出す。
また青空が広がってきた。山頂にいた時間だけ雲が多かったみたい(ノ_・、)

12:30 清滝小屋
山頂が寒かったので、食後のコーヒーは清滝小屋まで下りてから淹れた。
コーヒータイム26分。
すっかり晴れて暖かくなったので、山頂で羽織った上着もザックにしまう。
清滝小屋から出て間もなくすれ違った若者グループの中にはザックではなくトートバッグで登っている人が( ̄□ ̄;)!!
鎖場、登りにくくないかなぁ?;

13:06 弘法の井戸
往きでスルーした弘法の井戸で、ダンナさまが水をいただいた。
味は「ミネラル感たっぷり」だそうで(笑)
沢に出たところで少々休憩し、あとは沢沿いをのんびり下る。
新緑の木漏れ日の中、気持ちよさと満足感でいっぱい♪
c0034391_11242119.jpg


14:38 日向大谷登山口
無事下山~(^-^)楽しかったなぁ!
記念に山荘でバッジを買って、車で県道を下る。
第三駐車場からさらに下ったスペースや路肩にもけっこう車が停めてあった。
道の駅・両神温泉薬師の湯で汗を流してさっぱり♪
温泉でバッジが100円安く売ってたぁ・・・(T-T)


ニリンソウの群落とアカヤシオの花を見ながら歩いたら、全然つらさを感じなかった!
久々に筋肉痛になり、割と勾配きつかったんだなぁとようやく気づいたくらい(笑)
山にはそれぞれ適期があり、いい時期に歩ければつらさは半減、楽しさは倍増すると実感した山行だった。
ブーツにも慣れたのか、前回のような痺れや痛みもほとんどなく、下りも快適♪
花あり沢あり鎖場ありの、変化に富んだ楽しい山でした(^-^)
ただ気になったのは、明らかに軽装だったり経験不足な人がけっこう登っていたこと。
難しい山じゃないけど、一応鎖場もあって滑落や遭難も起きてるわけだし・・・
リーダーは連れて行く人の装備や経験を考慮して山を選んであげればもっと楽しめるんじゃないかなーと、ちょっと考えてしまいました(^-^;)
c0034391_11445056.jpg

下山後、新緑の両神山を振り返る
by mo-mo-115 | 2012-05-12 21:31 |

富士山ツーリング

GW真っ只中に、友人の新車お披露目ツーリング♪
5台で富士山方面に走りに行った。
中央道甲府南ICまで行って富士山をグルっと回り、新五合目まで登って御殿場から帰宅の予定。
天気は最高!GW中で一番いいんじゃないかしら?
中央道からも富士山や真っ白な南アルプスが鮮明に見えて感動もの♪(^o^)
精進湖では湖越しの絶景が見られた!
c0034391_1111642.jpg

本栖湖近くのR139は芝桜まつりで渋滞していたけれど、それ以外は思ったより順調。
朝霧高原の道の駅は拡張されたそうで、新しいきれいな店が増えていた。
道の駅の地産地消を謳うビュッフェレストランで昼食。90分1900円。
地野菜が本当に美味しい!!
シェフの焼く牛や鶏などの鉄板焼きも人気で行列が出来ている。
ここ、ダンナさまを連れてぜひまた来たいなぁ!
朝霧高原から見た富士山もまた素敵♪
c0034391_11115212.jpg

食後は富士山スカイラインを走って富士宮登山口がある富士山新五合目へ。
GWなので車も多く、正直ドカにとっては遅すぎて走りにくいことこの上ない・・(-_-;)
楽しいクネクネ道なのになぁ(T-T)
新五合目にはまだ雪がたっぷり!
眼下には駿河湾、その手前に去年登った愛鷹連峰。
さすが富士山、すごい眺め!!
c0034391_1112327.jpg

ここから見上げた富士山はなんだか平べったくて富士山らしくない(笑)
c0034391_11124057.jpg

午後になってもず~っと富士山のてっぺんまで見えてるなんて、ホントいい天気♪

下りもノロノロ運転にお付き合い、東名は御殿場入口からず~っと渋滞で、GWの洗礼をしっかり受けたけれど、最高に気持ちいいツーリングだったし、登山気分まで味わえちゃって大満足♪
やっぱりこの季節はバイク楽しいなぁぁぁ(o^-')b
c0034391_1113226.jpg

道間違え中(゚ー゚;Aアセアセ
by mo-mo-115 | 2012-05-05 21:47 |