人気ブログランキング |

のんびり花を見たり、山に登ったり。愛車DUCATI Monsterでツーリングも。
by mo-mo-115
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
カテゴリ




以前の記事
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


<   2011年 10月 ( 9 )   > この月の画像一覧

戸田ツーリング

昨日の三頭山は軽かったので、今日はバイク仲間と3人で早朝ツーリングへ♪
戸田の海際に朝ご飯を食べに出かけた。
朝焼けを眺めながら東名を走り、小田原厚木道路→ターンパイク、伊豆半島を横切って海際の県道17号をず~っと南下していく。
駿河湾越しの富士山がとってもきれい♪
最初は景色を楽しんで気持ちよく走っていたけど、山道から海沿いの細かいクネクネ道を行くうちに、運転そのものに没頭していく・・・
あ~、こういう感覚久しぶりかも!
最近あまりクネクネ走ってなかったもんなぁ(^-^;)
クネクネに恍惚としてきた頃、戸田の小浜食堂に到着。
それぞれ好きなメニューで朝食♪・・・といってももう10時か;
女性が多いとおしゃべりで予定は遅れがち(笑)
c0034391_9413791.jpg

美味しいご飯のあとは海際で釣り人を眺めながらお茶タイム♪
c0034391_9442998.jpg

帰りは達磨山から伊豆スカ、ターンパイク。このコース、空いてるなぁ!
亀石からは弱い雨に降られたけど、久々にツーリングらしいツーリングで、バイクの楽しさを思い出しました!(^o^)b
c0034391_9421473.jpg

by mo-mo-115 | 2011-10-30 21:28 |

三頭山

東京都 三頭山(1531m)
2011年10月29日(土)快晴
総歩行時間(休憩除く)2時間40分


この秋は週末に雨が降ることが多い・・・。
先日、川苔山に初の一人登山に出かけたダンナさまが、奥多摩まで行ったのに雨で敗退してきた。
今日は欲求不満を吹き飛ばすような快晴の行楽日和!
近場で紅葉見物をしながら軽く歩ける山ということで、三頭山に行くことにした。


9:50 都民の森駐車場発
7時に家を出発、中央道では渋滞だったけど、上野原ICを下りてからは快適なドライブ♪
9時半に都民の森に到着したときには駐車場の空きは残りわずかだった。
c0034391_14394112.jpg

暖かく、天気は最高!
身支度を整えて、まずは舗装路を森林館へ向かって歩く。

9:55 森林館
すぐに森林館に到着。標識に従って三頭山方向へ。
都民の森はたくさんのハイキングコースが整備されていると聞いていたので、こんな舗装路が長く続くのかと思ったけど、鞘口峠への道はそれなりに山道。
木の階段のそこそこ急な道を登っていくと紅葉のきれいな尾根筋の鞘口峠に出る。

10:14 鞘口峠
c0034391_14401778.jpg

たぶん到着時間はこのくらい・・・;
たくさんの人が休憩していたところが鞘口峠だと思うけど、うっかり通り過ぎて次の分岐の看板で気づいた(^-^;)
江戸時代から伐採を禁じられていたという三頭山は広葉樹が多く、尾根道は赤や黄に紅葉していて秋の山歩きが満喫できる♪
木々の間からは時々奥多摩湖も見られた。

10:43 見晴し小屋
c0034391_14404454.jpg

見晴し小屋に到着。
いざというときは避難小屋にもなりそうな立派な東屋!
大岳山方面が望めるが、木が茂っていて見晴しはいまいち(笑)

11:14 東峰展望台
見晴し小屋を過ぎ、落葉を踏みながら尾根を登っていく。
このあたりがちょうど紅葉の見頃みたい♪
c0034391_1442226.jpg

写真を撮りながらのんびり歩く。
30分ほどでウッドデッキの東峰展望台に到着。
c0034391_14411964.jpg

奥多摩や奥武蔵方面の展望が開け、大岳山や棒ノ峰などが望める。
c0034391_14423667.jpg

少し霞んでいるけど、大岳山の東に見えているのは所沢の町かな??
双眼鏡を持った人が「西武ドームが見える」と話していた。
展望台のベンチでお昼休憩25分。

11:40 中央峰
c0034391_1443290.jpg

三頭山というだけあってピークは3つ。
一番高い中央峰は東峰を出てほんの2~3分。
中央峰の看板の少し先に小さな広場があり、いくつかベンチが設置されていた。

11:46 西峰
中央峰から小さく下り、木の階段で登り返すと西峰到着。
ここからは富士山がよく見え、一番広いため、たくさんの人が昼食休憩を取っていた。
山々の後ろに秀麗な富士の姿。
c0034391_14435347.jpg

しばらく富士山を眺めて下山開始。

12:08 ムシカリ峠
特に急なところもなく、紅葉の陽だまりハイキング、といった感じ。
「気持ちいいねぇ」といいながら楽しく下る。
ムシカリ峠を過ぎて三頭大滝方面に進むと沢沿いに出る。
石段で整備された道を下り、何度か沢を横断する。
c0034391_14462598.jpg

道が平らになり、大滝休憩小屋の東屋を過ぎると三頭大滝に到着。


12:49 三頭大滝
c0034391_14455499.jpg

滝見橋から見た落差33mの三頭大滝。
カメラに全部収まり切らなかった・・・(-_-;)
滝見橋脇のベンチでコーヒー休憩16分。
この先はセラピーロードというウッドチップが敷き詰められた散策路になっている。
向かいの山肌の紅葉も鮮やか♪
c0034391_14514197.jpg

13:15 都民の森駐車場着
セラピーロードで森林館の横に出て、駐車場へ戻る。
駐車場はいっぱいで、臨時駐車場へのシャトルバスが運行していた。
温泉に寄って帰る予定だったけれど、大して汗もかかなかったのでそのまま帰宅。
気持ちのいい山歩きだった!来て良かったなぁ♪


とてもいい陽気で、山歩きには最高の日だった!
紅葉を見ながらのハイキングは適度な運動で、その後のスケジュールにも影響せずちょうど良い具合だった。
三頭山は登山道が整備されていて人も多く、危ない箇所は全くないけれど、たくさんの散策路と分岐があるので、何度か地図で確認しながら歩いた。
安心して登れるし、植林でない自然が残っている山なので紅葉もきれい♪
気軽に体を動かしに来るにはいいところだなー(^-^)b
c0034391_14534126.jpg

by mo-mo-115 | 2011-10-29 21:37 |

昭和記念公園コスモス祭り

異様に暑い日曜日、友人とコスモス祭りに行った。
まずは国立でイタリアンランチ♪
そのあと立川の昭和記念公園に向かったのだけど、とにかく暑い!
コスモス畑に着くまでにけっこう園内を歩くので、すっかり汗をかいてしまった;
10月半ばだというのに途中の屋台でかき氷購入(^-^;)

一番奥の花の丘には400万本のコスモス♪
c0034391_195533100.jpg

日差しのせいか、ちょっとくたびれてるように見えるところも・・・;

原っぱ西花畑では黄花コスモスがちょうど見頃!
c0034391_1956780.jpg

c0034391_19563072.jpg

規模はひたち海浜公園のみはらしの丘に敵わないけれど、これだけ咲いていればやっぱりきれい♪
もうちょっと爽やかな日だったらもっと良かったんだけどなぁ;
by mo-mo-115 | 2011-10-16 19:42 |

高尾山・景信山(稲荷山コース)

東京都 高尾山(599m)~景信山(727m)
2011年10月13日(木)曇
総歩行時間(休憩除く)3時間10分

時間の出来た平日、運動のためジムに行くか山に行くか悩んで山を選択。
天気もいまいち、初めての一人歩きだし、近場で何度か行ったことのある高尾山~景信山を歩くことにした。
眺望などは期待せず、トレーニング代わりにサクっと歩いてこよう!


9:20 高尾山口駅
いつも6号路だったけど、今回は行ったことのない稲荷山コースを歩くことにした。
紅葉には早いけど、けっこう人がいる。
出だしは階段の上り。その先に稲荷山の由来になっている旭稲荷の社があった。
傾斜が落ちると道幅も広がり、のんびりしたお散歩道。
c0034391_1826085.jpg

30分ほどで東屋に着くが、大した展望もないのでスルー。

10:22 高尾山
他の道と合流して、最後の階段責めをクリアすると高尾山山頂。
さすがに今日は近場の山しか見えないな・・・;
10分ほど休憩。
c0034391_1825123.jpg

11:00 一丁平
途中で大木が倒れ、登山道を塞いでいた。
c0034391_18263647.jpg

そういえば足元も杉などの葉がたくさん落ちてフカフカしている。
関東直撃した台風の影響らしい。
台風、すごい威力だったんだなぁ(^-^;)
この先も数か所こんな倒木を見かけた。
c0034391_18292731.jpg

11:17 小仏城山
一丁平を過ぎると、登山客が激減。
アザミがたくさん咲いていて秋を感じる♪
城山で10分休憩。
タイミング的にはここでお昼がいいのだけど、落ち着かない山なので早々に退散!

11:42 小仏峠
小仏峠からの登り返しは短いけれどちょっと急坂。
たしか左は緩い登りだったと思うけど、急なほうを進む。

12:10 景信山
景信山到着。
後半は人が少なく、ほとんど一人だった。
眺望自慢の景信山も今日は何にも見えず・・・
c0034391_18302185.jpg

でも城山や高尾山が霞んで見える風景も悪くないな~と思う。
30分ほど昼食休憩。

13:10 景信山登山口
調子よく下っていくと、だんだん車の音が大きくなってくる。
あ~、もう下りてきたんだなー。
中央道の見える登山口へ下山し、舗装路を歩いてバス停へ。

13:22 小仏バス停
予定より1本早いバスに乗れた♪
今日は程よい運動って感じ。
この手軽さが高尾山の最大の魅力だなぁ!

何度か来た山でも、来るたびに違う表情なのが面白いな♪
でも一人で歩くとついペースが上がりがち(^-^;)
トレーニングにはちょうどいいけど、長い距離を歩く時にはおしゃべりする相手がいたほうがゆっくり歩けていいのかも。
by mo-mo-115 | 2011-10-13 18:21 |

北アルプス・北穂高岳(3日目:涸沢小屋~上高地)

長野県 涸沢小屋(2350m)~上高地(1505m)
2011年10月4日(火)快晴
総歩行時間(休憩・散策除く)4時間50分


最終日、朝早くに覚めたので、ありったけの防寒具を着込み一人でテラスに出てみた。
山荘の明かりはまだついておらず、昨日よりも見事な星空が広がっている。
北穂の上に流れ星!流れ星や天の川なんて見たの、何年ぶりだろう!
真っ暗な中、パノラマコースや雪渓付近には早くもヘッドランプの明かりが動いている。
そのうち夜が明け始め、起きだしてきた仲間と日の出を拝む。
穂高を赤く染めるモルゲンロート。
c0034391_1159559.jpg

夜から朝への荘厳なショーを見せてもらった気がした。

7:20 涸沢小屋発
今日は下山だけなので朝食もゆっくり済ませ、のんびりと出発。
空は「快晴」の見本のように雲一つない!
今日登頂だったら山頂はどんなに眺めが良かったか、と少し悔しさ交じりの下山となった。
最後に涸沢の紅葉を楽しもうと、1時間ほど散策♪
紅葉の最盛期はあと2~3日先かな?
c0034391_12191598.jpg

涸沢ヒュッテと雪渓の間にある凍った小さな池には逆さ北穂が映る。
c0034391_12162131.jpg

ダンナさまたちは雪渓へ。
c0034391_1218663.jpg

涸沢ヒュッテ近くから見た奥穂高岳・涸沢岳・北穂高岳。
c0034391_122989.jpg

別天地のような涸沢カール、後ろ髪を引かれながら8:20下山開始。

9:40 本谷橋
ちょうど紅葉時期になるため、登ってくる人たちが多く、道を譲りながらの下り。
すれ違いや団体客で時々渋滞するけれど、晴天と紅葉でみんなご機嫌で、すれ違いざまに見知らぬ人と交わす短い会話も楽しい。
本谷橋は昨日以上の混雑ぶり。
c0034391_1247445.jpg

10:53 横尾
横尾到着。ここで少し休憩。
ここからは道も広くなるし、ほぼ平らなのでお散歩気分。

11:51 徳沢
c0034391_12473341.jpg

徳沢園で昼食にする。40分の休憩。
チャーハンが名物と聞いて楽しみにしていたけど、どうやら今日はないらしい(T-T)
結局カレーを食べたけど、山のカレーもいいなぁ♪

13:12 明神
c0034391_1248498.jpg

明神館で初日に置き忘れたカメラを受け取る。
ダンナさまがカメラを置き忘れた碑の台座にメモが置いてあるのを見つけて教えてくれた。
メモにはカメラを拾った日時と明神館に預けてある旨が書いてあった。
なんて有難い!!(T-T)
探しに戻った時に心配しないようにメモまで残しておいてくれたんだぁ・・・
お会いすることもなく、お礼も言えなかったけど、本当にありがとうございました!

14:02 小梨平
上高地のホテルの立寄り湯は14時までらしいので、手前の小梨平キャンプ場のお風呂に行くことにした。
まだ新しいお風呂の洗い場にはボディーソープにシャンプー!!
下界に戻ってきたんだなぁと実感した瞬間だった(笑)

15:30 上高地
c0034391_12522997.jpg

上高地に到着。今日は河童橋から穂高がきれいに見える。
時間のせいか、河童橋も人が少ない。
バスの集合は16時、出発は16時30分なので、しばらく周りの店でお土産やおやつを物色。
一日中快晴で、帰りのバスからシルエットの北アルプスを眺めて余韻に浸った。
いい山行だったなぁ!


今回、北穂高岳に登れたことも嬉しかったけれど、何より涸沢の景色が強く印象に残った。
3000m峰に囲まれ、まさに山の懐に抱かれているような場所。
あそこまで歩いた者しか見られないあの紅葉。
写真で見るのとは迫力がまるで違い、本当に感動的だった。
そして、他人の親切も身に染みた。
カメラを届けてくれた方、きつい登りで励ましてくれた方、大して若くもない私達を山ガール扱いしてくれた方(笑)
そして何より案内をしてくれたO夫妻。
わたしたちにはまだ無理だと思っていた山に連れ出してくれてありがとう!
達成感と感動は半端じゃなかったし、大きな自信になったよ(^-^)v
涸沢、また来よう!来年は奥穂だ~!
c0034391_1313565.jpg

by mo-mo-115 | 2011-10-04 21:55 |

北アルプス・北穂高岳(2日目:横尾~北穂高岳~涸沢小屋)

長野県 横尾山荘(1620m)~北穂高岳(3106m)~涸沢小屋(2350m)
2011年10月3日(月)晴ときどき曇
総歩行時間(休憩除く)7時間10分


横尾山荘でゆっくり休み、4時少し前に他の人たちが準備する音で目が覚める。
一人で外に出てみると、夜明け前の空は満天の星!
昨夜はガスであまり見えなかったから感激だぁ♪
今日もお天気は良さそう。あとは体力次第かな(^-^;)
5時から食事をし、パッキングを済ませて、いよいよ登山開始!

6:00 横尾山荘発
準備体操をして、山荘前の横尾大橋を渡って歩き始める。
しばらくは昨日同様、梓川沿いの平坦な道。
涸沢へは立ちはだかる屏風岩の北側を巻くように登っていくことになる。
雲をまとった険しい屏風岩は人を寄せ付けない雰囲気・・・;
c0034391_22563991.jpg


7:07 本谷橋
c0034391_22575466.jpg

グラグラ揺れる吊り橋・本谷橋に到着。
河原にはたくさんの人が休憩している。わたしたちも休憩7分。
ここから先は上り坂。
斜度の緩い樹林帯の道だが、時々ゴロゴロした岩の上を登ったり、ガレた沢を横切ったり。
辺りは紅葉が始まって色づき出している。
ガスも徐々に晴れ、青空が広がってきた。

8:46 涸沢分岐
徐々に木の背丈が低くなり、ナナカマドの間から険しい峰々が見え隠れする。
涸沢小屋と涸沢ヒュッテの分岐からナナカマドの茂みを抜けると、いきなり視界が開けた!
c0034391_22593633.jpg

わ~!カレンダーで見た景色だぁ!
いくつもの鋭い峰を持つ前穂高岳、抉られたようなカールには大雪渓、どっしりした主峰・奥穂高岳に、一際目立つ涸沢槍。
広々とした涸沢カールをぐるりと取り囲む穂高の山々は圧倒される大迫力!
本当にすごい景色だぁ。ここまで来られて、この景色が見られただけでも幸せ。
・・・そして北には涸沢小屋と、その背後に聳える北穂高岳。
c0034391_233157.jpg

これからあのてっぺんまで行くのかぁ(^-^;)

9:02 涸沢小屋
涸沢小屋は涸沢カールを一望できる好立地の山小屋。
先ほど巻いてきた屏風岩の向こうには、常念岳も見える。
c0034391_23384187.jpg

ひと月前は向こうからこちらを見ていたのに、なんか不思議な気分。
常念乗越からはなだらかに見えたけど、ピラミッド型のきれいな山だったんだなぁ。
涸沢小屋で余分な荷物を下し、身軽になって北穂高岳の登山口へ。

9:30 涸沢小屋発
c0034391_2354661.jpg

いきなり岩ゴロゴロの登り道。おぉ、直登だ(笑)
足場は多いので問題ないけど、岩が崩れそうな気がして怖い。
意識せずともしっかり三点確保になる;
c0034391_2365975.jpg

上行けって・・・?はい、行きますヨ(^-^;)
傾斜のきつい登りのため高度はぐんぐん上がり、ヒュッテや雪渓がだいぶ下に見えてきた。
c0034391_23112157.jpg

ダラダラ続く樹林帯よりずっと楽しいし、テンション上がってるせいかあまり疲れない!

10:40 鎖場
1時間ほどいくと鎖場に到着。
c0034391_2385937.jpg

あちこちに打ってある鉄杭は登りでは必要ないけど、下りは足元が見づらいので助かった。
鎖の先には鉄ハシゴ。
鎖場とハシゴはその後も何度か現れる。
高度が上がると先日歩いた常念山脈の稜線が一望できるようになった。右端が常念岳↓
c0034391_23101049.jpg


11:52 北穂分岐
ハイマツ帯を抜け、南峰を巻くように登山道を進むと奥穂高岳への道との分岐に出る。
影になる場所には霜柱やつららが残っている。
分岐手前から北穂山頂を望む↓
c0034391_23334929.jpg


12:00 松涛岩
c0034391_2313207.jpg

白く凍りついた松涛岩。近寄りがたい雰囲気・・・;

12:02 北穂高岳山頂
c0034391_2315392.jpg

やったー!北穂高岳3106m!
山頂ではイワヒバリが歓迎してくれた♪
北側はガスがかかってしまって展望はなし(T-T)
それでも大キレットの切り立った稜線の一部は望めた。
c0034391_23153982.jpg

お昼ご飯を持ってきていたけど、山頂はかなり寒いので山頂直下の北穂高小屋でお昼を食べることにした。
北アルプス最高所の山小屋・北穂高小屋。すごいところにあるなぁ!
時間がなかったからラーメン食べただけで出てきちゃったけど、あのテラスでゆっくりお茶してみたいなー♪

12:50 下山開始
あまり時間に余裕がないので、早めに下山にかかる。
ダンナさまはさすがに疲れてきたようで、少し遅れがち;
それでももう自力で降りるしかないんだから、頑張らないと!

14:50 涸沢小屋
無事涸沢小屋到着!予定より少し早めに着けた♪
食事の時間まで間があったので、喫茶室で祝杯を挙げる(笑)
いや~、良かった!お疲れ様でした!


北穂高岳の登山道は人が少なく風もなく、終始いいコンディションだったけれど、混雑していたり気象条件によってはかなり厳しい行程になっただろうな。
とにかく無事歩ききれて良かった!
明日は紅葉の涸沢を散策して下山するだけだから、だいぶ気が楽♪
初めての涸沢、堪能しようっと♪
c0034391_23393663.jpg

涸沢小屋から見た涸沢カール
by mo-mo-115 | 2011-10-03 22:01 |

北アルプス・北穂高岳(1日目:上高地~横尾)

長野県 上高地(1505m)~横尾山荘(1620m)
2011年10月2日(日)晴ときどき曇
総歩行時間(休憩除く)2時間35分


いきなりの計画浮上から2週間、新宿7時半発のさわやか信州号に乗って一路上高地へ!
天気予報では雨の心配はなさそうだけれど、今回は燕岳~常念岳の時よりも険しい道になるので、天候次第で北穂高登山は諦め、涸沢で一日過ごすことになる。
わたしたちは涸沢も初めてだし、日本一と言われる山岳紅葉を見られるだけでも嬉しい!
紅葉の最盛期には数日早そうだけれど、多少は色づいているだろうし、楽しみ~♪

12:53 河童橋発
中央道は渋滞もなく順調で、お昼少し前に上高地バスターミナルに到着。
天気も良く、道中では先日登った常念岳もきれいに見えていた。
上高地は登山客と観光客が入り乱れ、河童橋は相変わらず鈴なりの人気ぶり。
河童橋付近から見た穂高。上部はガスの中・・・;
c0034391_1254339.jpg

まずは河童橋横の河童食堂で腹ごしらえ!
今日は横尾まで梓川沿いに平坦な道を行くだけだから気が楽だ。
食事を終え身支度を整え、さぁ出発~♪

13:36 明神
ビジターセンターや小梨平のキャンプ場を抜け、梓川沿いに横尾に向かって歩く。
左手には明神岳、右手には六百山。
梓川の水は本当にきれいで、時々魚が群れをなして泳いでいるのを見かける。
道は平らで、舗装こそされていないものの、非常に歩きやすい。
気温は暑からず寒からず、歩くのにちょうどいい爽やかさ。
40分ほどで明神に到着。
c0034391_1255661.jpg

明神橋を渡って梓川の対岸に行くと明神池と穂高奥宮があるが、今回はスルー。
明神館のベンチをお借りし7分ほど休憩したが、この時うっかり穂高奥宮の案内の碑のところにデジカメを置き忘れてきてしまった!


14:40 徳沢
明神を出ると観光客はぐっと少なくなる。
1時間ほど歩いて「氷壁の宿」として有名な徳沢園に到着。
c0034391_12555975.jpg

徳沢園の手前にあるキャンプ場は広々とした芝生で気持ちよさそうな場所!
こんなところでならキャンプもいいかも♪
いや、それよりまずカメラカメラ!
徳沢園の公衆電話から置き忘れたカメラの件を明神館に問い合わせると、落とし物として届いているとのこと。
あ~、有難い!誰か届けてくれたんだぁ!
帰りまで取り置きしてもらうよう頼んで一安心。
15分ほど休んで横尾へ向かう。

15:50 横尾山荘
引き続き川の縁を歩き、横尾へ。
ログハウス風公衆トイレを過ぎると本日の宿・横尾山荘に到着!
c0034391_12563867.jpg

山荘付近からはロッククライミングで有名な屏風岩と氷河地形の谷が見える。
c0034391_1257871.jpg

明日はあの屏風岩を回り込んで涸沢に行くんだなぁ♪
そしてそのまま北穂高岳山頂へ・・・行けるのかなぁ(^-^;)

横尾山荘は建て替えて間もないそうで新しく、お風呂もある!
部屋は大部屋もあるが、多くは二段ベッドの部屋で、自分だけのスペースでゆったり休めた。
ご飯も朝夕ともに品数が多く美味しかったし♪
水が豊富で運搬の車が入れるギリギリの平地だからこれだけの快適さが作れるのだろうな。
ここは山小屋が苦手な両親にもぜひ勧めたいと思った。
c0034391_12574318.jpg

明日の行程は長いので、8時に就寝~。
平地3時間なのに、それなりに疲れた。
明日大丈夫だろうか・・・?(^-^;)
by mo-mo-115 | 2011-10-02 21:49 |

北穂高岳登山計画

9月半ば、山のベテランO夫妻と燕岳~常念岳縦走の報告会をしている最中に、北穂高岳登山の話が急浮上!
パタパタと話がまとまり、双方の予定が合う2週間後に決行することになった。
登山経験の浅い我々にとって穂高は憧れ。
特にダンナさまは「穂高」と聞いた途端、他の候補は目に入らなくなってしまった(^-^;)
でも今までに歩いたことのない歩行時間と高低差にかなり不安を覚える・・・
計画では初日に新宿発の長距離バス「さわやか信州号」で上高地へ向かい、横尾山荘泊。
翌日は横尾から涸沢へ向かい、宿泊予定の涸沢小屋に荷物を置いて北穂高岳往復。
最終日は涸沢を散策してから横尾経由で上高地まで戻り、バスで帰宅の2泊3日。
う~ん・・・中日の行程が・・・長い(-_-;)
コースタイムで8時間15分、高低差1500mかぁ;
Oくんは「燕、常念歩けたなら大丈夫!」と安請け合いしてるけど、ホントかしら??
まぁ今回は引率もいるし、ダンナさまはやたらモチベーション高いようだし、チャレンジしてみるかぁ!
c0034391_1628148.jpg

涸沢から見た北穂高岳と涸沢小屋。
無事帰って来られますように・・・;
by mo-mo-115 | 2011-10-01 23:23 |

motoGP2011

毎年観戦しているmotoGP、今年は仲間とツーリングがてら予選を見に行くことにした。
決勝にバイクで行くと帰りに大渋滞で地獄を見るので、今回は予選のみ。
予選だけならチケットも安く、好きな席で観戦できる自由な雰囲気も好き♪
motoGP初観戦の友達を連れて行くので、気軽に参加できる企画にした。

守谷PAで待ち合わせてツインリンクもてぎへ。
方向音痴のわたしの先導でみんなはヒヤヒヤしたようだけど、ここは水戸時代のお散歩コース、無事サーキット到着(笑)
当日チケットを買おうと窓口に並ぶと、男性に声を掛けられ、余っているという3日間通しのチケットを一枚いただいてしまった!
どうやら男性はドカティ関連のお店の人らしい。
ドカティのサポーターファッションで行ったからかな?
チケットはありがたくいただき、翌日の都合のつく友人が急遽宿をとって決勝も観戦することに!わ~い、ラッキー♪

入場すると、ちょうどmotoGPクラスのフリー走行が始まるところ。
フリー走行を眺めつつ、屋台やメーカーブースを物色♪
ロッシモデルのモンスター発見!
c0034391_1530215.jpg

フリー走行後は昨年のチャンピオン・ロレンツォや青山博一選手のトークショー。
c0034391_1530436.jpg

予選はダウンヒルストレートの先の90度コーナーで観戦。
ここはライダーとの距離が近いし、最高速からフルブレーキの勝負どころでもある。
王者ロッシのライディング↓
c0034391_1531689.jpg

帰り道もほとんど渋滞はなく、スムーズに帰宅できた♪
思いがけず友達は決勝まで見ることが出来たし、ツイてたなぁ!
ドカティ勢の成績はいまいち冴えなかったけど・・・(T-T)
まぁ、来年に期待だー!
by mo-mo-115 | 2011-10-01 21:02 |