人気ブログランキング |

のんびり花を見たり、山に登ったり。愛車DUCATI Monsterでツーリングも。
by mo-mo-115
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カテゴリ




以前の記事
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


<   2011年 05月 ( 3 )   > この月の画像一覧

小仏城山

東京都 小仏城山(670m)
2011年5月21日(土)晴
総歩行時間(休憩除く)計測せず

今回は女性4人で高尾山ハイキング。
近場で楽しく足慣らし、というコンセプトで企画してみた。
高尾山だけではつまらないので景信山まで行くことにして、その代わり登りはケーブルカー使用。
思いっきり楽しちゃおう!


10:00 登山開始
東京の最高気温の予想は28℃、湿度も高く、駅に行くまでに汗ばむような陽気だったけど、山の木陰は割と涼しい。
ケーブルカーを使ったので薬王院まではあっという間だった。
ここのケーブルカーは小学生以来だけど、すごい斜度で転げ落ちそうなのね(^-^;

薬王院は21日が縁日だそうで、山伏やお坊さんが「天狗の落とし文」を配っていた。
名刺大の紙に「考え込むより先ずは一歩」「顔に化粧しても心に化粧する事なかれ」などの人生訓が書かれている。
落とし文を集め、お守りを見たり、お土産の試食をしたり、すっかり観光気分♪
c0034391_15574699.jpg

薬王院から20分弱で高尾山山頂へ。
山頂は相変わらず人が多い。
展望台からの富士山は目を凝らしてようやく判別できるくらい霞んでいる。
視力検査並みの富士山・・・(^-^;
案の定、特に感動もなく先へ進む。

一丁平まで来ると人も少なくなってくる。
東屋でお喋りしてるとお昼近くになってしまったため、ここで昼食休憩40分。

一丁平から20分ほどで小仏城山の山頂に到着。
緩いアップダウンだけど、気温が上がってきて暑い!
城山の茶屋でベンチに座り、大きなカキ氷を4人で食べて休憩45分。
20分歩いて45分休憩って・・・休みすぎでは!?
まぁこうなることは予想済みでスケジュール組んでます(笑
ツーリングも女性同士で行くと峠道で日が暮れるからね・・・(-_-;)
城山から見た相模湖↓ すでに富士山は見えず・・・
c0034391_15582241.jpg

城山から景信山へ向かおうと木の階段を下り始めた時、kちゃんが膝を痛めてしまった。
特に転んだり変な動作はしていないけど、長い休憩の後いきなり下りだったからかな;
普通に歩くのは大丈夫そうだけど、大事を取り小仏峠からの下山を決めた。
kちゃんにはわたしが付き添い、あとの元気な二人には景信山に行ってもらって、小仏バス停で落ち合うことに。
小仏峠からの下山道は緩い傾斜の歩きやすい道で、kちゃんの膝痛もあまり出なかった。
途中で冷たい湧き水を飲んだりしながらのんびり下り、舗装路に出たあたりで野生のサルに遭遇!高尾山近辺にもいるんだぁ!
c0034391_15565386.jpg

若いサルと監視役のボスらしきサルの他に、数匹ガサガサと動き回っていた。
しばらくサルを眺めてからバス停へ。
道沿いにはニセアカシアが今を盛りと咲き誇っていてきれい!
c0034391_1557454.jpg

小仏バス停で無事に合流し、帰宅の途へ。
ダンナさまと行くと体育会系な歩きになるけど、こういうのもいいよねぇ♪
kちゃんの膝も大丈夫そうだし、そのうちまた企画しましょう(^-^)
by mo-mo-115 | 2011-05-21 20:50 |

塔ノ岳

神奈川県 塔ノ岳(1491m)
2011年5月14日(土)晴
総歩行時間(休憩除く)5時間45分


以前から登ってみたいと思っていた丹沢・塔ノ岳。
人気の山でコースも豊富だけど、どれも5、6時間はかかるし、標高差も1000mほどになるため、ある程度山歩きに慣れてからにしようと思っていた。
当日は爽やかな天気との予報だし、思い切って行ってみようか!
今回は烏尾尾根から烏尾山に登って表尾根へ出、行者岳を経て塔ノ岳山頂、帰りは大倉尾根から天神尾根を通って戻る短めのコース。
自宅から車で一時間強、大倉の戸川公園を過ぎ、凸凹の多い戸川林道を恐々進み、新茅山荘前の駐車場へ。
新茅山荘のご主人らしき方に登山口を訪ねると、駐車場の中ほどにある登り口と、下のほうは荒れているとの情報をくださった。
山に行くと右膝痛が出るというダンナさまはサポーターを装着しての山行。
翌日は仕事だし、無理をせずにのんびり行きましょう!

7:21 登山開始
いきなりの急登、道も確かに荒れている・・・(^-^;)
c0034391_14465331.jpg

30分ほどは石がゴロゴロした急坂を登る。
ろくにストレッチもせず登りだしたダンナさまはアキレス腱にきたらしい。自業自得。
急登の後は緩やかな雑木林になり、再び杉林の尾根道を歩く。
左手には木々の間に富士山が見えている。
最後に山腹をジグザグに一登りすると烏尾山山頂。
そういえば、山頂まで誰一人遭遇しなかった・・・;

9:09 烏尾山山頂
c0034391_14472594.jpg

うわぁ、眺めがいいなぁ!
前方には塔ノ岳へ続く尾根道と丹沢の山々、振り返れば秦野の町や相模湾。
山頂は開けて風が強いけど、気持ちいい!
山荘でトイレを借りたりベンチでお茶をしたり、20分ほど休憩してしまった。
烏尾山を出発し、表尾根を20分ほど歩くと最初の鎖場があった。
鎖がなくても大丈夫な程度。

9:50 行者岳山頂
細かくアップダウンを繰り返しながら行者岳へ。
山頂は狭く、ちょっと眺めを楽しんだだけで通り過ぎる。
行者岳から先は鎖場をいくつかと、崩落を補強した木道を通る。
c0034391_14491347.jpg

c0034391_155205.jpg

危ないところや難しいところはなく、ワクワク気分で進む。

10:19 書策小屋
アセビ咲く尾根道を書策小屋へ。
c0034391_15403812.jpg

書策小屋の案内板はあったけど、小屋はもうなかった。
ここも眺めが良くベンチもあるので、前回の教訓を踏まえ、少し早めのお昼にした。
30分ほど昼食休憩。

11:01 新大日
塔ノ岳へ向けて、新緑の尾根道を進む。
表尾根はずっと展望が開け、きつくない程度のアップダウンがあってとにかく楽しい!
今までで一番好きな道かも♪
新大日手前から烏尾山、三の塔方面を振り返る。
c0034391_14511433.jpg


11:12 木ノ又小屋
新大日茶屋は休業中だったが、木ノ又小屋ではコーヒーやかき氷も販売していた。
一服している人たちも数組いる。
木ノ又小屋の少し先は山桜が多く、ちょうど満開できれい♪
スミレや白い花の群落もあり、春爛漫といった様子。
花を愛でながら木道を歩き、木の階段を上っていくと、塔ノ岳山頂は間近。
c0034391_14521828.jpg


11:42 塔ノ岳山頂
c0034391_14531583.jpg

山頂にはたくさんの人!やはり人気の高い山だなぁ!
ちょっと霞んでいて遠くの八ヶ岳や大島などは見えないが、360度の眺望を楽しんだ。
c0034391_1554172.jpg

山頂でコーヒーを淹れようとしたダンナさま、マグカップを忘れて断念(^-^;)
ちょうど山荘の中も見てみたかったので、尊仏山荘でコーヒーをいただいた。
山小屋のスタッフさんは無愛想なイメージがあったけれど、皆さん気さくで親切♪
今度はここに泊まってみたいなぁ。

30分弱休憩し、大倉尾根から下山開始。
c0034391_1454869.jpg

丸太階段や木道を下っていく。桜やアセビの交じる新緑がとてもきれい。
c0034391_15925100.jpg

呑気に下っていくが、登ってくる人たちはきつそうだ;
さすが「バカ尾根」!

12:33 金冷シ
金冷シで左手の大倉方面へ。
痩せ尾根の馬の背は両側が崩れたようになっている。
c0034391_14545929.jpg

丸太の補強やロープもあり、特に問題なし。

12:53 花立山荘
花立のあたりで、頭上に神奈川県警のヘリコプターが飛来。なんだろう?近いなぁ。
旋回とホバリングを繰り返すと、救助隊員らしき人がワイヤーを伝い降下してきた。
わ!「岳」みたいだ!
花立山荘の前で横になっている登山客を素早くピックアップして去って行った。
c0034391_1456135.jpg

滑落とかじゃなさそうだし、体調不良かなぁ?わたしたちも気を付けなきゃ;

13:20 天神尾根分岐
大倉尾根から分かれて、天神尾根へ入る。
c0034391_14565042.jpg

最初は丸太の階段、徐々に階段が崩れて歩きにくくなり、やがて浮石だらけの急坂に・・・。
長い大倉尾根を避けたコース取りだったけど、同じ高度を半分の距離で下る天神尾根。
どうしたって勾配はきつくなる・・・(-_-;)
勾配そのものはいいとしても、拳~頭大の浮石をバラ撒いたような道はつらい!
なんでこんなに落ち着かない石がゴロゴロあるんだろう?
ダンナさまの膝痛も出始め、休み休み下っていく。
大倉尾根は人が多いが、天神尾根では2,3人しか出会わなかった。

14:31 書策新道合流
沢沿いに出て、ようやく一息。
天神尾根の小一時間が長く感じられた。
少し歩いて水無川を渡る。増水時は渡れなくなるらしい。
戸沢の山荘や駐車場を過ぎ、林道を新茅山荘へ向かう。

14:59 駐車場到着
のんびり歩いて無事下山。
いや~、最後が予想外にきつかった!(^-^;)


丹沢は常連さんや健脚の人が多いようだ。
道を譲ることが多かったし、途中40kgの荷物をボッカ中の山小屋のご主人などにも遭遇し、自分たちの未熟さを再確認(^-^;)
体力的にはまだ余裕があるけど、天神尾根の下りで足はひどい筋肉痛に・・・。
それでも塔ノ岳までの表尾根の楽しさは、またすぐにでも行ってみたくなるほど♪
丹沢を楽に歩き回れるくらいになりたいなぁ!

サポーターのおかげか、ダンナさまの膝痛は当日に消えた♪
わたしも高機能タイツの効果を今回初めて実感(^-^)v
あとは筋トレだな~・・・
c0034391_15331926.jpg

行者岳鎖場付近から塔ノ岳を望む
by mo-mo-115 | 2011-05-14 21:43 |

伊豆箱根ツーリング

友人と3台4人で伊豆・箱根ツーリング(^-^)
苺狩り以来、3回連続でツーリングが中止になっていたので本当に久しぶり!
お天気の良いGWど真ん中、渋滞覚悟で出かけた。
7時前だというのに横浜からもう渋滞・・・。先が思いやられる(-_-;)
海老名で待ち合わせ、秦野中井あたりまではすり抜け、その先はほぼ順調。
御殿場で下りて箱根スカイライン→芦ノ湖スカイライン→伊豆スカイライン。
峠道は交通量は多めだけど、渋滞するようなことはなく楽しんで走れた。
薫風が心地よく、最高のツーリング日和!
山は新緑、ところどころ山桜のピンク色が交じり、草の香りがしている。
c0034391_13245042.jpg

今が一番気持ちよく走れるシーズンかもなぁ♪


伊豆スカを冷川で下り、県道12号で修善寺方面へ。
国道136号に入り、大場川を渡った先の伊豆・村の駅「たまごや」でお昼。
定番の親子丼にロコモコにオムライス。どれも好評(^-^)b
c0034391_13252058.jpg

卵を使ったスイーツもすごく美味しそうなんだけど、バイクじゃ持ち帰れない・・・(T-T)


食後は国道1号沿いの柿田川湧水群に立ち寄る。
富士山に降った雨や雪が10年かけて地中で濾過されて湧き出ているという。
透明度は50mもあるそうで、水があるように見えないくらいに澄んでいる。
c0034391_1329463.jpg

幹線道路のすぐ脇に、突然癒しスポットが存在している不思議。
・・・いや、不思議じゃなくて、こういう自然を切り開いて街や道を作ったんだね;
c0034391_13292524.jpg

帰りは沼津から東名に乗ったが、事故で一部渋滞はあったものの、怖いくらい順調。
普段の日曜ツーリングより空いてるくらい・・・。
気合を入れて臨んだ帰り道、拍子抜けするほど楽に帰れたのは嬉しい誤算だった♪

伊豆長岡でお土産に買った黒柳まんじゅう、とっても美味しかったなぁ♪
バイクのベストシーズンは短いから、梅雨前に走りに行っとかなきゃ!
c0034391_1333559.jpg

by mo-mo-115 | 2011-05-04 22:23 |