人気ブログランキング |

のんびり花を見たり、山に登ったり。愛車DUCATI Monsterでツーリングも。
by mo-mo-115
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
カテゴリ




以前の記事
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


2019年 04月 28日 ( 1 )

南木曽岳

長野県 南木曽岳(1679m)
2019年4月28日(日)晴
総歩行時間(休憩除く) 3時間45分



奈良井・妻籠・馬籠と3つの宿場を見て回り、天竜峡からさらに天竜川を辿って2時間ほどのドライブ。
秘境に泊まりたいと言うダンナさまのチョイスで八重河内にある宿に宿泊した。
ずいぶん奥地にきたなーと思っていたら、ここはもう南アルプス聖岳の登山口に近いらしい。
登山者には慣れているようで、早朝発の対応もしてくれた(^-^)
夜には山菜や猪鍋をはじめ、鹿の焼肉や馬刺し、茹でた熊肉など、珍しい山の恵みを次から次へと振る舞っていただいた。
ダンナさまは気のいいご主人から、マムシやスズメバチや鹿角などを漬けたお酒もご馳走になっていた!
山の命をたくさんいただいたんだから、明日は山を駆け上れそうだね(笑)



8:14 蘭(あららぎ)登山口発
八重河内には登山後に泊まる予定だったので、日程を変えたら登山口まで早朝のロングドライブをする羽目に(^-^;)
ところがこの早朝ドライブ、思ってもみなかった楽しさが!
阿智村を通って南木曽へ向かう国道256号線は「はなもも街道」と呼ばれ、道の両脇や川沿いに咲く赤白ピンクの花桃がとってもきれい!
はなもも街道は40kmもあるそうで、車窓からもじゅうぶん楽しめる。
昼神温泉あたりは特に花桃の木が多くきれいだった。
6時頃に宿を出て蘭登山口に着いたのは8時少し前。
3段になった駐車場はそれぞれ10台くらいずつ置けそうだけど、すでに空きは数台と言ったところ。
登山口にはトイレと避難小屋があり、そこで登山届を出して車止めゲートの右に入っていく。
しばらくは東屋などがある自然探勝園の中を行く。
足元にはスミレやバイカオウレンが咲いている。


8:33 登山道入口
自然探勝園を20分ほど歩くと、南木曽岳の植生の看板と「登山道」の立札が現れる。
南木曽岳まで2.2kmか。
最初の堰堤を過ぎ、次に現れた堰堤はなんと木製!?

c0034391_17433742.jpg
堰堤の表示には「コンクリート」って書いてあったから、外側だけ木製なんだね。
さすが木工が盛んな地域!周りに馴染んでいいかも(o^-')b


8:47 分岐
しばらく緩やかに登っていると登山道と下山道の分岐点に到着。
この先は急峻になり、すれ違いが難しいため登山道と下山道が分かれているらしい。
下山道を右に分け、登山道を登っていく。


8:49 金時ノ洞窟
分岐から間もなく「金時ノ洞窟」の看板が!
沢の奥に大きな岩の洞窟がある。

c0034391_17435211.jpg
写真じゃわかりづらいけど、かなり広めの洞窟。
それにしても、金時伝説あちこちにあるなぁ(笑)
洞窟をすぎるといよいよ道が険しくなってくる。
c0034391_17440048.jpg
ハシゴと階段の中間のようなもので整備されているが、間が空いているのでちょっとスリルが(゚ー゚;Aアセアセ
倒木もコースの一部に!?
c0034391_17451333.jpg
岩ゴロゴロの場所も。
c0034391_17453120.jpg
喉の滝を過ぎ、高野槇の中を登っていく。
ハシゴや鎖の連続!
c0034391_17461216.jpg
c0034391_17461916.jpg
道の脇にはバイカオウレンがたくさん!
c0034391_17465156.jpg
雪解け直後に咲くショウジョウバカマも見られる。


9:59 かぶと岩
急登でどんどん高度が上がり、やがて周りの山々も望めるようになってきた。
木の間から見えるのは恵那山や、白い連なりは南アルプスかな?
山の斜面に突き出た大岩「かぶと岩」の展望所。
花崗岩の山だから巨岩奇岩も多いらしい。

c0034391_17480898.jpg


10:08 南木曽岳山頂

c0034391_17484557.jpg
山頂直下の大岩からしばし展望を楽しみ、南木曽岳の山頂へ。
山頂は樹林におおわれ展望はなし。
その先の展望台へ向かう途中、北側の視界がひらけ、間近に木曽御嶽山と乗鞍岳、その奥に穂高岳も現れた。
c0034391_17491707.jpg
うわぁ、御嶽山、雄大だ・・
噴火で多くの犠牲者を出したのに、それでも美しく見えてしまう。
心中で手を合わせ、神妙かつ複雑な思いでしばし山を眺める。
山頂から一度緩く下っていくと、南側の恵那山も見えてくる。
c0034391_17494511.jpg
間もなく赤い屋根の避難小屋が現れ、その先に中央アルプスの大パノラマが!


10:25 避難小屋

c0034391_17501556.jpg
笹原の中の避難小屋に到着。
少し離れてトイレがある。
ここから展望台まではすぐ。


10:30 展望台
ちょっとした広場のある展望台。
周りは名だたる名峰の素晴らしい眺め!
北の御嶽山、乗鞍岳、北アルプス。

c0034391_17511397.jpg
北東には中央アルプスが目の前に!
c0034391_17513263.jpg
東には少し離れて南アルプスが山影から顔を出す。
c0034391_17514986.jpg
南には恵那山が見えている。
一日ずらして晴れた日にしてよかったね!
この展望を見ない手はないね(o^-')b
今度は中央アルプスか、乗鞍か・・・行きたい山増えちゃったね(笑)
山頂のベンチで景色を見ながら45分ほどお昼休憩。
まだ時間が早いせいか、GWのわりには人が少なくのんびりしている。
展望台の裏側にも大岩が点在し、そこで休憩しているひとたちもいた。
展望台を後にし、笹原の尾根道を緩く下る。
途中振り返ると笹原の山頂方面が望める場所もあった。
c0034391_17521984.jpg
少し行くと摩利支天への案内板がある。
せっかくだから少し寄ってみよう。


11:37 摩利支天
道の行き止まりには、斜面にせり出した大岩がある。
よじ登ってみると、恵那山や南アルプスの展望が良い!

c0034391_17524650.jpg
c0034391_17530891.jpg
でもちょっと足が竦む(゚ー゚;Aアセアセ
岩から下りるときに足が届かずジャンプしてしまった;
看板まで戻り、下山道を通って登山口へ向かう。
登りに多くあったハシゴのような階段のような道、下るのは難儀だなーと思っていたけれど、下りもしっかりハシゴでした(-_-;)
c0034391_17534651.jpg
湿っているところもあるので、慎重に下る。
ハシゴのないところは木の根や崩れやすい土で、これまた急峻。
一段が大きく、しゃがみこんだり岩を掴んだりしながら下りるところも多い。
c0034391_17540953.jpg
確かに、噂に違わずなかなか手強い登山道だ(゚ー゚;Aアセアセ
ガイドブックには、急坂なのでストックがあると良いと書いてあったけど、ハシゴが多いので邪魔になるだろうと置いていったのは正解だったかもね。


14:41 分岐
しばらく集中して下山し、登山道との分岐に出てようやく一息!
あとは緩いお散歩道だ(´▽`) ホッ
木の橋を渡り、堰堤を見ながら歩いていく。


13:06 蘭(あららぎ)登山口着
分岐から10分ほどで登山道入口の看板に着き、自然探勝園を歩いて蘭登山口へ。
無事戻りましたー!(^-^)
やっぱり、駐車場に入りきれなかった車が路肩のスペースに何台も・・・。
車で林道を下り、最寄りのあららぎ温泉へ。
まだお昼時とあって、お風呂は人がほとんどいない♪
すれ違いで入ってきた人と少しおしゃべりしたら、花桃を見て来たんだそう。
やっぱり、花桃の名所なんだねー!

c0034391_17571871.jpg
温泉後は伊那インターまで下道を走り、寝覚の床などを見ながらのんびり家に帰る。
c0034391_17583292.jpg
いろいろ目一杯楽しめた旅だったね♪(o^-')b



南木曽岳は4時間ほどで往復できてしまう山なのに展望が素晴らしい!
ただし登山道は大部分が急峻で気が抜けない;
特に下りは注意が必要だが、行程自体が短いので、下山後も疲れはなかった。
時間が早めだったのと、登降のコースが分かれているので、人とのすれ違いや追い越しもなく、GWなのに静かな山を楽しめたのも良かった。
木曽路の宿場めぐりに、大展望の南木曽岳登山に、思いがけず見られた花盛りの花桃。
本当にいい旅だったなぁ・・
木曽、また来よう!

c0034391_17592569.jpg
数日後、グレートトラバース3で木曽の山が放送され、南木曽岳の険しさも紹介されてました!(o^-')b

















by mo-mo-115 | 2019-04-28 22:37