人気ブログランキング |

のんびり花を見たり、山に登ったり。愛車DUCATI Monsterでツーリングも。
by mo-mo-115
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
カテゴリ




以前の記事
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


2011年 09月 06日 ( 1 )

北アルプス・燕岳~常念岳縦走(2日目:燕岳~常念小屋)

長野県 燕岳(2763m)~大天井岳(2922m)~常念小屋(2450m)
2011年9月6日(火)曇のち晴
総歩行時間(休憩除く)7時間10分

燕山荘で快適な一夜を過ごし、翌朝は日の出の15分ほど前に外に出てみた。
わぁ、雲海だぁ!すごい!
c0034391_14154338.jpg

日の出の雰囲気が味わえたのはほんの10分ほどのことで、すぐに一面真っ白なガスに包まれてしまった。
でも天気は回復に向かうはず・・・。
昨日燕岳に登れなかったので行程が長くなってしまったのがちょっと心配だけど、今日の縦走路は絶景が期待できるかなー?

6:14 燕山荘発
ガスでまったく展望がないまま、燕岳へ向かう。往復1時間くらいらしい。
荷物は燕山荘に置いて、最低限の装備をサブザックに入れて身軽な登り。
周りにはコマクサの群落がたくさんある。
燕岳はコマクサが有名なのは知っていたけど、これほど広範囲に自生してるとは思わなかった!
c0034391_14595911.jpg

花期は過ぎてるけど、色あせた花がまだ株に数輪残っている。

山頂付近には花崗岩の奇岩の群れ。
最初に現れたのはイルカ岩。イルカに見える!
c0034391_141959.jpg

次はめがね岩。穴が二つ空いている。
c0034391_14192563.jpg


6:39 燕岳山頂
c0034391_142042.jpg

真っ白・・・(T-T)
こんな朝はライチョウが出やすいと聞いてキョロキョロしながら歩いたけれど、見つからないなぁ。

7:10 燕山荘着
一度燕山荘に戻り、パッキングをし直して改めて出発!

7:46 燕山荘発
ガスは濃くなったり薄くなったり、時々日がさして向かいの水晶岳や鷲羽岳が見える。
先に続く登山道は、しばらくは平坦で歩きやすそう♪
30分ほど歩いたところで、視界の端に動くものが・・・!
登山道のすぐ外、ハイマツの手前・・・はっ!いる!!ライチョウ!
c0034391_14223829.jpg

わずか2m足らずの距離、あんまり近すぎて逃げられてしまうのではないかと、地雷を踏んだように動けなくなってしまった。
脅かさないようにそっとカメラを取り出し撮らせてもらう。
ライチョウは3羽、親子かな?
逃げる素振りも見せず、5分ほどすぐそばをウロウロしていた。
嬉しくて他の登山客にも見せたいのに、前にも後ろにも全く人がいない・・・(>_<)
後続の人たちが来たときにはハイマツの中に去っていくところだった。

さらに15分ほど歩くと蛙岩(げえろいわ)が現れる。上を向いたカエル??
c0034391_14252543.jpg

このあたりから青空も見え始めた♪
しばらく気持ちのいい稜線歩きが続く。
不思議なことに、稜線を挟んで東の安曇野側はガスで真っ白、反対に西の谷側は爽やかに晴れている。
c0034391_14264058.jpg

登山道が東のガス側に巻くときは蒸して暑く、西側の時は涼しい風が吹いてきて快適。
尾根を境にこんなに気候が変わるのかとびっくりした。
後で聞いたところによると、東側の麓の中房温泉ではこの日一日、時々雨の降るぐずついた天気だったとか。

9:06 大下りの頭
c0034391_142941100.jpg

眺めの良い大下りの頭で30分ほど休憩。
やっと顔を出した槍の穂先を眺めながらコーヒータイム♪
ここからは一旦下り、大天井岳に向けて登り返すことになる。

大下りの頭を発ち、1時間半ほど歩くと鎖場があった。
c0034391_14334499.jpg

短い鎖と木の階段で鞍部に降りると喜作レリーフがあり、また階段で登り返す。
登り返したところで後続のダンナさまを撮っていると、東側の切り立った崖のほうから妙な音がした。
ザーッという突然の豪雨のような音にカラカラいう音が交じったような・・・
どうやら落石らしい。音はけっこう長く続いていた。怖い(T-T)


11:10 喜作新道分岐
レリーフから5分ほどで槍ヶ岳方面へ向かう喜作新道との分岐に出る。
大天井岳へは石のゴロゴロした登山道を小一時間登る。
c0034391_14575293.jpg

再びガスが立ち込め、視界が閉ざされる。
思いのほかしっかりした登りの道にダンナさまはちょっとお疲れの様子(^-^;)
途中、サルの群れがいたらしい。
周りの人は見たけれど、わたしは声を聞いただけ(T-T)

11:53 大天荘
c0034391_1532073.jpg

大天荘に到着!外のベンチでお昼休憩30分。
ここから大天井岳の山頂までは10分ほど。
どうせガスで見えないから行かなくていいと言っていたダンナさま、ご飯を食べたら元気が出たらしく、山頂まで行くことに(笑)
大天荘に荷物を置いて山頂へ。

12:33 大天井岳山頂
c0034391_14364140.jpg

案の定何も見えない(-_-;)
でも今回のコースで一番高い2922m!
大天荘から登り10分、下り6分でした。


13:04 大天荘発
ここまでもあまり人に会わなかったが、大天荘から横通岳あたりまでは本当にダンナさまと二人っきりだった。
たまに遠~くに人を見つけるとホッとしたくらい!
大自然の中にポツンと置かれた自分を思うと、なんだか謙虚な気持ちになる。
c0034391_14374053.jpg


14:05 東天井岳
東天井岳もその先の横通岳も山頂を巻くようにして登山道は続いている。
常念岳も見えてきた!わぁ、まだあるなぁ(^-^;)
c0034391_14391767.jpg

振り返れば歩いてきた稜線、前を向けばこれから進む登山道。
連なる山また山・・・北アルプスのスケールの大きさを感じる。
東天井岳を過ぎてしばらく下り、鞍部で休憩。少し疲れてきたなぁ。

横通岳の岩場を過ぎて少し歩くと、ようやく常念乗越にある常念小屋が見えてきた。
c0034391_14415496.jpg

あとはそこまで下るだけなのに、それがなかなかはかどらない。
わずかな距離なのに、最後の樹林帯の下りが一番きつかったかも・・・
やっぱり長い時間歩いた疲れかな?(^-^;)

16:16 常念小屋
常念小屋に到着!
小屋の屋根の向こうには槍ヶ岳のとんがり帽子。
c0034391_14425675.jpg

ダンナさまはビールを飲みながら、展望室で暮れゆく穂高連峰を鑑賞して満足そう(笑)

常念小屋では10畳ほどの部屋で3組の夫婦が相部屋となった。
燕山荘でほとんど個室状態だったので、知らない人との相部屋はちょっと緊張したけれど、同室の方たちがわたしたちと似たような年齢・経験で、今回同じコースを歩いていたこともあり、話をしていて楽しかった。
いい人たちだったなぁ!こういう出会いがあるなら相部屋もいいかな♪

今日はずっと大展望の広がる縦走路だった。
ガスで見えないところもあったけど・・・(-_-;)
稜線歩きとはいえ、けっこうアップダウンはあるので、意外と時間がかかってしまった。
夜は皆さんお互いに気を遣ってか8時に消灯。
ダンナさまは翌朝5時に起こすまで熟睡してました(笑)
by mo-mo-115 | 2011-09-06 21:10 |