のんびり花を見たり、山に登ったり。愛車DUCATI Monsterでツーリングも。
by mo-mo-115
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
カテゴリ




以前の記事
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


唐松岳(2日目:唐松岳頂上山荘~八方池山荘)

長野県 唐松岳・2日目 唐松岳頂上山荘(2620m)~八方池山荘(1830m)
2018年9月29日(土)雨ときどき曇
総歩行時間(休憩除く) 2時間20分



台風の影響もあり、今日は雨の予報。
天気予報サイトやSCWを駆使して降り出しは8時頃だろうと見当をつける。
できれば降り出す前に八方池あたりまで下りていたい。
朝食は念のためお弁当にしてもらっていたので、少々早出することに決定!
短い行程だし、危ない箇所もないけれど、奥穂の時みたいに降られると辛いなぁ;
なんとかお天気もちますように・・・



5:48 唐松岳頂上山荘発
早めに起き出し、食堂でお弁当を広げて朝食をとっていると、小屋のスタッフの方がお茶とお味噌汁を持ってきてくださる。
うわぁ、寒い朝に温かい物、有難い!
遠慮なくいただき、身支度をして出発。
今のところ高曇りで、ガスの多かった昨日より山々の眺めはいいくらい。

c0034391_15562081.jpg
ダンナさまは御来光も見られたそう。
カッパを着て歩き出すが、日差しもなく気温も低いので苦にならない。
この調子で行けるといいなーと、小屋の裏のピークを下り始めたとたん、早くも雨が・・・( ̄□ ̄;)!!
え~、もう!? 思ったより2時間早いよ!(>_<)
幸い小雨で、降ったりやんだりと言った感じ。
視界は抜けていて、右手に五竜や鹿島槍、左手には不帰ノ嶮や白馬三山を見ながら下っていく。
c0034391_15580085.jpg


6:27 丸山ケルン
丸山ケルンから先、しばらくは紅葉の中を歩く。
昨日より紅葉の色が濃くなったような気がする。

c0034391_15582262.jpg
紅葉、ちょうどいい時期だったね!
青空だったら映えただろうになぁ(ノ_・、)


6:44 扇雪渓
扇雪渓の脇を通り、さらに下る。
相変わらず小雨が降ったりやんだり程度で、あまりフードを被らなくて済むのは助かる。
足元の濡れた岩だけ気を付けて行こう!
天気は悪いけれど、昨日見えなかった山々や白馬の村がしっかり見えていて、けっこう景色も楽しめる。

c0034391_15594362.jpg
c0034391_16000836.jpg


7:24 八方池

c0034391_16014757.jpg
八方池では白馬三山は見えているものの、雨で水紋が出来てしまい、水面が山を映すことはなかった。
なかなか鏡のような絶景に遭遇できないねぇ(>_<)
八方池をグルッと回り、しばし休憩。


7:42 八方ケルン
八方池から先は傾斜の緩い石の道や木道歩き。
木道は濡れると滑るので慎重に・・・
それにしても人がいない。
まだ山荘を出てから誰にも会ってない(笑)


7:50 第二ケルン
第二ケルンを過ぎ、木道を下っていく。
最後の最後で雨が少し強くなってきた。
それでもまだ小降りの範疇かな。
ここでようやく登ってきた人と出会う。
皆さん雨の中、頂上まで行くのかしら?


8:10 八方池山荘
無事リフト駅に到着~!
足元には少々気を使ったけど、この程度の雨で良かった(´▽`) ホッ
歩いているときは気にならなかったのに、リフトに乗っているうちに体が冷えてしまった;
でも、すぐ近くにある八方の湯は9時から営業してるって♪(o^-')b
温泉で一番風呂をいただき、温まってから白馬駅のそばでお昼を食べて解散。
楽しい山行だったね!皆さん、お疲れ様でしたー!(^O^)



雨を覚悟の唐松岳一泊登山、やはり降られてしまったけれど、雨は苦になるほどではなく、思い切って来て良かった!
期待していなかった紅葉がちょうど見頃だったし、紅葉時期にしては小屋も空いていて快適だった。
唐松岳頂上山荘は眺めも良く、ホスピタリティ溢れる山小屋で、居心地良く楽しく過ごせた。
夕焼けもきれいだったけれど、ブロッケン現象や幻日など、変わった気象現象もいい思い出になる。
仲間とこういう景色や感動を分け合えるのって、山の何よりの楽しみだよね♪
さぁ、次はどこへ行きましょうか!?(^-^)

c0034391_16080059.jpg
不帰ノ嶮















by mo-mo-115 | 2018-09-29 19:54 |
<< 金時山 唐松岳(1日目:八方池山荘~唐... >>