人気ブログランキング |

のんびり花を見たり、山に登ったり。愛車DUCATI Monsterでツーリングも。
by mo-mo-115
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
カテゴリ




以前の記事
2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


谷川岳(西黒尾根~トマノ耳~天神尾根)

群馬県 谷川岳・トマノ耳(1963m)
2017年6月2日(土)快晴
総歩行時間(休憩除く) 5時間5分



入梅の知らせが届く季節になり、貴重な晴れの週末を無駄にすまいとまたまた山へ。
夏山を見据えてかダンナさまも積極的で、先週の塔ノ岳に続き、谷川岳の西黒尾根を登ると言う。
鎖場は大歓迎だけど、この時期の西黒尾根、もう暑そうだなぁ(-_-;)
しかもまだ一部残雪あるってよ?
でもお花も咲いてるかもしれないし、少し遠出してみようか!



8:42 谷川岳ベースプラザ発
昨夜は飲み会で、先週の筋肉痛も癒えたばかりのダンナさま。
今回はとにかくゆっくり歩き、疲れずに登るのが目的。
ベースプラザで身支度と登山届の提出をし、西黒尾根の登山口へと舗装路を歩く。


8:52 西黒尾根登山口
登山口でダンナさまが「はい、ここが地獄の入口ですねー。今日は後悔する登山になりますよー」と登山ガイド風インチキ解説をしてくれる(笑)
急登と言われる西黒尾根だけど、わりと歩きやすい。

c0034391_10032362.jpg
虫が少々まとわりついてくるが、うっかりネットを忘れた!
気を付けて行こう(゚ー゚;Aアセアセ
新緑を過ぎ、緑の濃くなった木々の中を、うるさいくらいのハルゼミの声を聞きながらゆっくり登っていく。


10:27 稜線
1時間半ほどで樹林帯を抜け、稜線に出る。
登山道脇の岩で何組か休憩中。
我々もここで10分ほど小休止。
辺りには黄色いスミレがたくさん咲いている。
ナエバキスミレかな?
その先にはシラネアオイやシャクナゲ、イワカガミ、エチゴキジムシロなども咲いている。
間もなく最初の鎖場が現れる。

c0034391_10041109.jpg
鎖場を越えると山頂が眼前に聳えている。
振り返ると白毛門、朝日岳や巻機山などの山々が連なる。


11:00 ラクダの背

c0034391_10071535.jpg
さらに2つほど鎖場を越え、ラクダの背へ。
倒れていた標識を持って撮影したりしてしばし展望を楽しむ。
ここからの山頂方面の眺めは素晴らしいね!


11:05 ガレ沢の頭

c0034391_10081508.jpg
ラクダの背から間もなく巌剛新道との分岐に当たるガレ沢の頭に到着。
地図上では「ラクダのコル」となっている場所のようだ。
眺めのいい稜線の道は花がいっぱい!(^O^)
まだ小さいホソバヒナウスユキソウ♪
c0034391_10085083.jpg

ハクサンイチゲやユキワリソウも!

c0034391_10091044.jpg
ウメハタザオやスミレ類の群生もあちこちに♪
c0034391_10093214.jpg
c0034391_10123808.jpg
花や景色を楽しみながら岩場を越えていく。


11:57 氷河跡

c0034391_10115144.jpg
西黒尾根の特徴的な場所のひとつ、氷河跡。
のっぺりとしているので滑らないよう登る。
雨の日にここ下るのは嫌かも・・・
花でテンション上がってるわたしと違って、ダンナさまはそろそろキツそう(笑)
休み休み登ると山頂手前の雪渓や天神尾根から登ってくる人たちが見えてきた。
c0034391_10131224.jpg
雪渓を登り切るとすぐにトマノ耳に到着。
c0034391_10133247.jpg

12:58 トマノ耳
手前の山頂・トマノ耳。展望は言うことなし!
西の万太郎山から平標へと続く稜線の先には平らな山頂の苗場山。

c0034391_10143441.jpg
東には上州武尊や尾瀬の山々、巻機山の後ろには越後駒ヶ岳も見えている。
c0034391_10145184.jpg
歩いてきた西黒尾根方面。
c0034391_10165928.jpg
青い空にまだ白い雪を残した山々が美しい。
風もなく暖かく、予想外の登山日和だねー(o^-')b
お腹が空いたのでトマノ耳で昼食休憩35分。
ふいに背後でハルゼミが鳴きだし、探したらすぐそばの岩に一匹とまっていて、目が合ったとたん鳴き止んでしまった。
「どうする?オキノ耳に行く?」「あんまり眺め変わらないし、今回はいいか」とトマノ耳までで下山開始(笑)


13:22 肩の小屋
トマノ耳から肩の小屋は目と鼻の先。
多くの人が休憩している小屋のすぐ下には雪渓が残っている。
軽アイゼンを着けてる人もいるし、道の端に張られているロープ頼りの人も・・
チェーンアイゼンを着けようか迷っていると、ダンナさまがそのまま行ってしまった。

c0034391_10181510.jpg
ザクザクした雪はそれほど滑る感じではないけれど、雪渓の下部は傾斜が少しきつくなっているので慎重に進む。
アイゼンもロープもなしで無事通過(´▽`) ホッ
振り返って見ると、それなりに急だった(゚ー゚;Aアセアセ
c0034391_10183890.jpg


13:38 天神ザンゲ岩
雪渓から下は木段やガレた登山道で、赤城山や榛名山を眺めながら下っていく。

c0034391_10194530.jpg
ザンゲ岩の周りは花が多く、コイワカガミやシャクナゲも咲いている。
オオカメノキもたくさん花をつけてるときれいだわ(^-^)


13:50 天狗の留まり場
さらに下って天狗の留まり場。
この岩の上もいい休憩ポイントだけど、下りだしスルーして進む。
道の脇にはお花が続いている♪
スミレやエチゴキジムシロ、ウメハタザオ、アカモノにシャクナゲにコイワカガミ。

c0034391_10202074.jpg
c0034391_10203965.jpg
色とりどりの花々を見ながら楽しく下る。
鎖場をいくつか過ぎ、赤い建物の避難小屋に到着。


14:14 熊穴沢避難小屋

c0034391_10205777.jpg
日差しが強いので、避難小屋で小休止しようかと中に入ると蒸し風呂のよう!( ̄□ ̄;)!!
サウナ状態になっているので外で少しだけ休む。
小屋の先の樹林帯には大好きなイワウチワの群生が!o(^O^)o
c0034391_10212145.jpg
可愛いピンクの花を見ながら傾斜の緩い登山道を歩く。


14:56 天神平駅着
天神平の入口にはシラネアオイが何株かきれいに咲いていた。

c0034391_10214147.jpg
これは植えたのかな?
振り返って、歩いてきた西黒尾根の稜線を眺める。
c0034391_10222842.jpg
ロープウェイでベースプラザに戻り、温泉でさっぱりしてから夕飯を食べて帰宅。
景色も良く、お花もいっぱい見られたし、来て良かったねー♪



谷川岳は山頂はもちろん、西黒尾根も天神尾根も樹林帯を抜けるととても展望がよく、晴れた日に歩くのは最高に気持ちがいい!
今回はトレーニングと割り切ってきたはずなのに、思った以上に天気が良く、花がたくさん咲いていて、めいっぱい山を楽しめた。
ダンナさまは登りの途中で少し疲れたようだけど、最近ほぼ毎週山に登っているわたしはかなり楽に感じた。
やっぱり小さな山でもこまめに登ってると全然違うのね!
来週のガイド役の準備もこれで万端かな(o^-')b

c0034391_10234962.jpg
西黒尾根・ラクダの背を振り返る












by mo-mo-115 | 2018-06-02 22:00 |
<< 南八ヶ岳縦走(1日目:美濃戸~... 塔ノ岳 (大倉尾根ピストン) >>