人気ブログランキング |

のんびり花を見たり、山に登ったり。愛車DUCATI Monsterでツーリングも。
by mo-mo-115
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
カテゴリ




以前の記事
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


白馬岳(2日目・白馬山荘~白馬岳~栂池)

長野県 白馬山荘(2832m)~白馬岳(2932m)~栂池登山口(1850m)
2017年7月22日(土)晴のち曇
総歩行時間(休憩除く) 5時間25分



1日目はみんな元気に大雪渓を登りきり、贅沢な雲上のディナーをいただき、早めに就寝。
夕焼けや星空は見られなかったので、2日目に期待!
早発ちの人たちの荷造りの音で目覚め、窓の外を見ると・・真っ白(-_-;)
近場の山すら見えず、みんなガッカリ(ノ_・、)
でも空が明るくなったり、白馬岳の山頂が見えたりしてるので、朝霧が晴れたらいけるかも!?
支度をしながら外の様子を気にしていると・・
あれ?杓子岳と白馬鑓ヶ岳が見えてる??
窓を覗き込むと・・・霧晴れてるーーーー!ヽ(^O^)ノ
「山、見えてるよ!」とみんなに声をかけ、慌てて宿の外へ。

c0034391_19462506.jpg
北アルプス、剱岳から穂高連峰まで全部見えてる!
丸山と杓子岳の間の鞍部に流れる滝雲もいい感じ♪
南アルプスや八ヶ岳、富士山も雲海の上に頭を出している。
北には日本海の海岸線。
いい眺め。来て良かったねぇ!(^-^)
食事までの間、小屋前で展望を楽しんだ。


6:31 白馬山荘発
朝食もスカイプラザ!
洋食メニューは食べやすくていいかも♪
スカイプラザの予約は2組しかおらず、絶景を眺めながら食事ができた。

c0034391_19473365.jpg
小屋を後にし、すぐ裏に見えている白馬岳の山頂に向かって登る。
朝イチの登りは体が重い・・;


6:47 白馬岳山頂

c0034391_19510357.jpg
山頂は360度の展望!
前は半分くらいガスの中だったから、これでようやく白馬岳に来たって言える(笑)
写真を撮ったり景色を見たり、10分ほど山頂で過ごしてから小蓮華山へ向けて下る。
三国境までの馬の背は天国のような縦走路!
c0034391_19585711.jpg
平らだし、眺めはいいし、いろんな花にいちいち引っかかってなかなか進まない(゚ー゚;Aアセアセ
山頂から少しくだったところに、クリーム色の花をつけた、ホワホワした葉の植物が生えている。
c0034391_19514507.jpg
これ、昨日小屋の裏に葉だけの株があって、尋ねられたけれどわからなかったやつだ。
ちゃんと開いてないけど、もしやこれはツクモグサ!?( ̄□ ̄;)!!
ツクモグサの写真ってどれも地面から直接花が咲いてる感じのが多いから、葉っぱがこんなだなんて知らなかった!
ウルップソウと並んで見たい花の筆頭だったけど、時期が遅いと諦めてた。
うれしーー♪♪
その先もウルップソウの群落があったり、寄せ植えみたいにカラフルな花畑があったり。
c0034391_19521455.jpg
斜面が花に埋め尽くされてる谷があったり
c0034391_19571700.jpg
c0034391_19545735.jpg
c0034391_19524945.jpg
キャーキャーはしゃぎながら歩いていく。
コマクサの群落地をすぎると三国境に着いた。


7:40 三国境
雪倉岳方面への分岐のある三国境。
あっちも花が多そう。いつか行ってみたい!
三国境からまた緩いアップダウンの縦走路を歩いていく。
振り返ると東側の雲海が上がってきていて、後立山の山々を飲み込みそう。

c0034391_20123700.jpg


8:21 小蓮華山

c0034391_20000127.jpg
大剣の建つ小蓮華山山頂。
前方には白馬大池が見えている。ここで10分少々の休憩。
小蓮華山から少し下ったところで団体さんが立ち止まっている。
あの様子からすると、ライチョウかな?
近づくと案の定、登山道の真ん中にライチョウの親子が♪
人を恐れず、登山道からどいてくれないので観察していたよう。
後から来た人が気づかず進むと花畑の中に入っていった。
c0034391_20005186.jpg
母鳥の視線の先には小さなヒナ2匹。元気に育つといいね。
ライチョウの入っていった西側は、いかにも風衝地らしい縞々の花畑になっている。
チングルマやハクサンイチゲ、シナノキンバイ、イワカガミ、タカネヤハズハハコ、アオノツガザクラ、アカモノなどが咲いていた。
北アルプス北部に咲くクモマミミナグサ、初めて見たかも。
最後にハイマツの間を緩く登って船越の頭へ。


9:14 船越の頭
ここまで来ると白馬大池がだいぶ近くに見える。

c0034391_20013602.jpg
まだそれほどお腹は空いてないので5分ほど休憩し、お昼は白馬大池でとることにする。
天空の縦走路も間もなく終わりかぁ・・・(ノ_・、)
でも白馬大池あたりもお花咲いてそう♪
しばらく平坦な道を行き、雷鳥坂を下る。
稜線にはチシマギキョウやコマクサが咲いている。
雷鳥坂にはチングルマやハクサンコザクラが多い。


9:50 白馬大池山荘

c0034391_20020201.jpg
小屋手前の雪渓を渡ると山荘に到着。
テント場前の花畑にはチングルマとハクサンコザクラがたくさん!
c0034391_20023943.jpg
イワカガミやアオノツガザクラも多く、小さなタテヤマリンドウも埋もれるように咲いている。
道の反対側はチングルマとハクサンイチゲの白い花畑。
c0034391_20030772.jpg
ところどころ濃いピンクのイワカガミが群生している。
大きな花畑にテンションが上がり、あちこちウロウロ。
一通り見て満足してからやっとお昼に(笑) 35分休憩。
さて、ここからが下山の本番。
まずはYちゃんが心配していた池ポチャゾーン(笑)
c0034391_20034140.jpg
大池の縁の雪渓歩きで、足を滑らせたら大変なことに・・・;
遠目に振り返るとこんな感じ。
c0034391_20040128.jpg
そのあとは白馬乗鞍岳まで段差の大きなゴロゴロ岩の登り。
ハイマツの間にはキバナシャクナゲや咲き始めのハクサンシャクナゲもあった。


11:00 白馬乗鞍岳

c0034391_20042982.jpg
ゴロゴロ道を20分強登ると大きなケルンのある乗鞍岳山頂。
ハイマツの広い台地上の山頂にもライチョウさんが登場(^-^)
少し下ると最後の雪渓が現れる。
足場の悪い狭い場所で20人ほどがアイゼンを着けている。
なんとか場所を探してアイゼンを装着し、雪渓を渡り始める。
c0034391_20045329.jpg
ガスが出てきて先が見えないし、下りはちょっと緊張する;
渡り切った先は、さっきよりさらに大きなゴロゴロ岩。
不安定な岩場でアイゼンを外し、大岩ゾーンを下っていく。
小柄なYちゃんにはちょっとキツイかも(゚ー゚;Aアセアセ
c0034391_20052812.jpg
大岩ゾーンを抜けると少し岩のサイズは小さくなるが、天狗原まではずっと足場の悪い急坂。
前を行く女性グループも苦労してるようでプチ渋滞が起きてる。
疲れも出てきただろうし、このあたりが今回の縦走の正念場だね(^-^;)
c0034391_20060118.jpg


12:34 天狗原

c0034391_20062941.jpg
「あと少し!もう木道が見えるよ」と励ましながら下ること45分、やっと天狗原に着いた!
これで一安心!みんな無事下りられてホッとした~(´▽`) ホッ
湿原に揺れるワタスゲを見ながらコーヒーブレイク25分ほど。
あとは普通の山道だから♪・・って言っても、まだ1時間かかるんだよね~(^-^;)
それでも傾斜はだいぶ緩くなり、足元も歩きやすい。
最後まで気を抜かず下りましょう!


13:48 栂池登山口着
40分ほど樹林帯を下ると下に屋根が見えてきた。
あぁもうすぐ栂池だ!天気がもってくれてよかった。
最後は平坦な道になり、ビジターセンター前に到着。
皆さん、お疲れ様でしたー!(^-^)
振り返ると歩いてきた稜線が見えている。

c0034391_20071267.jpg
さっきまであそこにいたんだねぇ。
ロープウェイ、ゴンドラ、バスを乗り継いで八方バスターミナルへ戻り、八方の湯で汗を流して、ここで解散。
ありがとう!最高の山旅でしたー!d(゚-^*) ♪



今回は天候、展望、季節、コースや小屋の空き具合、すべてに恵まれ、素晴らしい山行だった!
みんなとお喋りしながら歩けたのも楽しかったし、猿倉で前泊できたので、余裕をもって歩けたのも良かった。
それに何より花の多さ、種類の豊富さ♪
稜線はまさに百花繚乱で、途切れず続く色とりどりの花に目を奪われ、疲れを感じる間もなかった。
白馬乗鞍岳からの下りはガスも出て展望もなく、花もなかったので、消化試合のような気分だったけれど・・(^-^;)
Sさんたちも最後の急坂の下りで少し疲れたようだったけど、初めはそんなもの。
まだまだ元気ありそうだったよ(o^-')b
ぜひまたご一緒しましょう!
花の白馬岳、見たいと思っていた風景が見られた山旅でした(^-^)

c0034391_20081153.jpg
ウルップソウ











by mo-mo-115 | 2017-07-22 19:43 |
<< 天狗岳(1日目・白駒池~天狗岳... 白馬岳(1日目・猿倉~大雪渓~... >>