人気ブログランキング |

のんびり花を見たり、山に登ったり。愛車DUCATI Monsterでツーリングも。
by mo-mo-115
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
カテゴリ




以前の記事
2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


白馬岳(1日目・猿倉~大雪渓~白馬山荘)

長野県 猿倉荘(1230m)~白馬山荘(2832m)
2017年7月21日(金)晴のち曇
総歩行時間(休憩除く) 5時間10分


S夫妻と「一緒に北アルプスに行こう!」と約束してから2年が経ってしまった。
去年お二人は立山で北アルプスデビューを果たしたが、その時も一緒に行けなかった(ノ_・、)
今年こそ実現させようと早めに立てた計画は以下の通り。


①行先はSさん憧れ(?)の白馬岳!
Yちゃんとわたしはお花畑が見たくて、ダンナさまは大雪渓を歩きたがっていたのでバッチリだね(o^-')b
②ハイシーズンの混雑を避けるため、日程は海の日連休の後で夏休み前、かつ平日を絡める!
③コンディション良く歩くため、登山口の猿倉荘に前泊!
④登ったご褒美に夕飯はスカイプラザでビーフシチューだー!(^O^)ノ


花は見頃を迎え、皆さんなんとか仕事の都合をつけ、あとはお天気だけ。
山の神さま、どうぞS夫妻にいい山旅をプレゼントしてくださいっ!(>_<)


前日午後に道の駅白馬でS夫妻と合流し、カフェに行ったりみみずくの湯に浸かったりしてゆっくりと猿倉荘に向かう。
宿泊者は十数人ほどで少なく、4人で一部屋使わせてもらえた。
食事は品数が多く、デザートもついて美味しい♪
対応もとても親切で、気兼ねなく過ごせた。
夕食後、小屋番の方オススメの白馬岳展望スポットの駐車場を散歩してみる。
明後日歩く予定の白馬岳から小蓮華山までの稜線がきれいに見えている。
今日登ってたら夕陽がきれいだったろうな・・・明日も晴れるといいなぁ!

c0034391_14033675.jpg

6:15 猿倉荘発
早めに休み、夜明けとともに目覚める。
4時半頃から猿倉荘前にはバスやタクシーが到着し、次々に登山者が出発していく。
早発ちの人たちを眺めながらしっかり朝食をいただき、準備をしてさぁ出発!
厚いガスが立ち込めてるけど上は青空っぽい。
予報では朝のうちはまずまずで、午後は雨が降りやすくなるみたい。
なんとか雨に遭わずに登りたいなぁ;
歩きやすく緩い道を白馬尻小屋に向かって歩く。
前を行く元気なSさん、縦走の出だしにしては速いかも・・?
スタミナ配分を考え、念のため後ろに回ってもらい、ダンナさま、Yちゃん、わたし、Sさんの順で歩く。
20分ほど歩くと、ガスの向こうに山の稜線が見えてきた!
きれいな渓流に掛けられた橋を渡っていく。
c0034391_14041970.jpg
道の脇にはオニシオガマやキヌガサソウやオオレイジンソウが咲いている。
二本目の橋を渡ってから15分ほど、キヌガサソウとエンレイソウの大群落の先に白馬尻小屋がある。


7:17 白馬尻小屋

c0034391_14050318.jpg
白馬尻小屋前の広場では多くの人が休憩中。
すぐ先に大雪渓が見えている。
大雪渓は落石が多く、あまり休憩はできないし、頂上宿舎までトイレもない。
ここで腹ごしらえや準備をしていく人が多いんだろうな。
我々も15分ほど休憩し、大雪渓に備える。
沢を左から巻き、大雪渓の入り口でアイゼンを装着。
先週までの小屋情報では「ピッケル必携!」になっていたけど、海の日連休の人出で歩きやすくなり、軽アイゼンだけでOKになった。
もちろん、それを見込んでのこの日程(o^-')b
大雪渓、構えてた割に拍子抜けするほど歩きやすい!
c0034391_14060045.jpg
S夫妻は初アイゼンなのに、違和感なく歩いてる。
クレバスや落石には注意だけど、浮石の多いガレ場なんかよりずっと楽だわ♪
平日だけに人が少なく、自分たちのペースで歩けるのもいいね。
後半少し傾斜が増すが、みんな別に問題なし。
まぁこの歩きやすさも雪の状況によるんだろうけど・・
空は快晴で日差しが強く、ガスの中に入ると一面真っ白。
c0034391_14073660.jpg
気温はかなり高いようなので、雪渓が涼しくて助かる(^-^)
このまま雪渓歩きで山頂まで行けたら楽なのに!


9:35 葱平

c0034391_14085212.jpg
雪渓の終わりが見え、岩場でたくさんの人がアイゼンを外すため腰を下ろしている。
あのあたりが葱平かな?
空いてる場所を探してアイゼンを外し、20分ほどおやつ休憩。
その先しばらくは雪のない高山植物の豊富な登山道を行く。
c0034391_14101103.jpg
ミヤマアカバナ、ミヤマキンポウゲ、ミヤマクワガタ、ハクサンフウロ、クルマユリ、イワオウギ、シロウマオウギ、テガタチドリ、シナノキンバイ、ミヤマオダマキなど♪
葱平の名の由来になっているシロウマアサツキはまだ蕾だった。
雪渓では花は見られなかったので、色とりどりの花々にテンション上がりまくり♪
ウルップソウを探していると、ダンナさまがハクサンチドリを指して「これじゃない?」と教えてくれる。
う~ん惜しい!?(笑) でも探してくれる気持ちは嬉しいです(^-^)
時々ガスが流れてくるが、晴れていて暑い!
杓子岳の天狗菱が空を突くように見えている。


10:34 小雪渓
しばらく登ると上部の小雪渓を横切る人たちが見えてくる。
雪渓手前には「アイゼン必着」の看板が・・。
見たところアイゼンなしで行けそうだけど、一週間前に滑落事故があったばかり。
面倒だけど、やはり登山者の責任としてつけて行こう。
周りの人たちも「仕方ない」といった雰囲気で装着してるし(^-^;)
小雪渓は歩きやすいトラバース道が切ってあり、すれ違いのスペースまで作ってくれてる。

c0034391_14110967.jpg
5分もかからず渡り終え、またアイゼンを外す。
「これアイゼンいらなかったじゃん」とダンナさまはぶつぶつ言ってるけど、それはそれ!
登る前に山岳保険に入っておくようなものです!


11:41 2533m看板
小雪渓を渡り、再び高山植物の咲く道を登っていく。
間もなく避難小屋が現れ、さらに登ると稜線に建物も見えてきた。
あれがもう頂上宿舎なのかな??早いなぁ!

c0034391_14121849.jpg
2533mの大看板付近はすごいお花畑!
ハクサンチドリやイブキジャコウソウ、ミヤマシオガマなど紫系の花も増えてきた。
c0034391_14180856.jpg
左手の大岩の周りにはミヤマキンポウゲやハクサンイチゲの大群落♪
c0034391_14125886.jpg
そしてとうとう見つけた!ちゃんと咲いてるウルップソウ!
c0034391_14131703.jpg
今まで晩夏の山行が多く、ウルップソウは枯れてトウモロコシの食べかす状態ばかり。
やっときれいに咲いてるのが見られたよ(o^-')b
花を楽しみながら登り、最後に短い雪渓をトラバースすると白馬岳頂上宿舎に到着!

c0034391_14154282.jpg
12:20 白馬岳頂上宿舎
宿舎の周りも花いっぱい!
ミヤマオダマキやハクサンイチゲ、ウルップソウもたくさんあった。
c0034391_14162261.jpg
宿舎前のベンチで昼食休憩15分。
道の駅白馬で買ったおやき、美味しかったなぁ!


12:34 旭岳分岐
宿舎の横を登って稜線の分岐へ向かう。
花咲く斜面の向こうには本日の宿、白馬山荘が見えている。

c0034391_14193026.jpg
分岐を右の白馬岳方面へ。
残念ながらガスが湧き、白馬三山や旭岳などの近くの山しか見えない・・・
前回みたいに夕方晴れるのに期待しよう(>_<)
稜線には岩礫地に咲くホソバツメクサやオヤマノエンドウも見られ、ライチョウも出没。
山荘付近にはウルップソウもいっぱい!
お散歩気分でのんびり歩いて白馬山荘へ。


12:50 白馬山荘着

c0034391_14202818.jpg
はい、無事到着! 雨に降られなくて良かった!
みんな元気だし、到着時間も予定より早いし、余裕あったね(o^-')b
予約が早かったためか、案内されたブースは階段奥の一番端で人目に付きにくい場所。
これなら山小屋慣れてなくても落ち着けるね♪
早速ケーキを食べにスカイプラザに行くと、今は混雑中で対応できないとのこと。
ビールを飲むと言うダンナさまを置いて、3人で小屋の裏の散策に出かける。
山頂に向かって少し登り、途中で右手の散策路に入る。
すご~い!ここもお花いっぱい!
崖側はハクサンイチゲやイワオウギ、シロウマオウギの白に、ミヤマクワガタ、ウルップソウ、ハクサンチドリの紫が群生している。
ミヤマクワガタに埋もれるようにライチョウが砂浴び中。
c0034391_14211652.jpg
小屋側はハクサンイチゲやウルップソウの他、オヤマノエンドウ、ミヤマシオガマ、ミヤマダイコンソウ、ミヤマムラサキなどの華やかなお花畑!
c0034391_14215027.jpg
さすが花の白馬岳、花の数も種類も多いねぇ!
小屋からすぐの場所でいろんな花を観察できて大満足♪
散策路を一周して小屋に戻り、空いたスカイプラザでケーキをいただく(^-^)
小屋でのんびりして、夕食はまたスカイプラザへ。
今度来るときはここでビーフシチュー!って決めてたんだぁ(笑)
ビーフシチューに魚のマリネサラダに3種のパン(またはごはん)、デザートはイチジクのリンゴ煮。
c0034391_14223032.jpg
山の稜線でこんな食事がいただけるなんて贅沢だねぇ・・
夕食後は小屋前のベンチで夕暮れを待つが、夏雲が立ち込めて遠くは見えず(-_-;)
c0034391_14254049.jpg
雲湧く山の風景も素敵だけど、Sさんたちに去年歩いた立山をここから見てほしかったな・・・(ノ_・、)
明日はせめて立山連峰の山並みが見えますように!(>_<)

c0034391_14470756.jpg
葱平の花畑を行く














by mo-mo-115 | 2017-07-21 19:24 |
<< 白馬岳(2日目・白馬山荘~白馬... 山形旅行2日目~3日目(月山撤退) >>