人気ブログランキング |

のんびり花を見たり、山に登ったり。愛車DUCATI Monsterでツーリングも。
by mo-mo-115
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
カテゴリ




以前の記事
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


山形旅行2日目~3日目(月山撤退)

蔵王トレッキングで足慣らしをした翌日はいよいよメインの月山登山。
わたしたちは前もこのコースから登ったことがあるが、妹と甥っ子は初めて。
登る予定の志津口コースはまだけっこう雪が残っていて、軽アイゼンをリフト駅で貸し出しているそう。
午後から雨の予報なので、甥っ子やジジババは姥ヶ岳あたりで花を見て遊び、行ける人だけ山頂へ、という計画にする。
リフト駅手前で入山者一人につき200円の環境保護のための費用を徴収している小屋があり、支払いがてらコースや雪の具合について質問してみる。
すると「雪渓あるけどもうアイゼンはいらないよ」とのこと。
それは良かった!(´▽`) ホッ
一応両親や叔母夫婦は簡易な滑り止めを持参し、来週大雪渓を登る予定のわたしは練習がてら6本爪軽アイゼンを持っていく。
リフトの下はニッコウキスゲやヒオウギアヤメなど、いろんな花が咲いてる♪
c0034391_17360805.jpg
上もたくさん咲いてるかなー(^-^)
濃いガスの中、木道や階段状の道を歩き始める。
c0034391_17374344.jpg
牛首下を通るコースを右に分け、15分ほどで第一の雪渓に到着。
お、けっこう立派な雪渓だ・・
c0034391_17363820.jpg
そこそこ斜度もあり、まだ雪も硬い;
アイゼンはしっかり効くので、長靴の甥っ子の手を引きながら登っていく。
他のメンバーもそれぞれ滑り止めを付け、ひとつめの雪渓をクリア。
すぐに次の雪渓があるそうなのでアイゼンをつけたまま進むと、第二の雪渓が!
c0034391_17370866.jpg
えー!これ登るの!?さっきよりずっと斜度がきついんだけど・・(゚ー゚;Aアセアセ
これ、地元ではアイゼンいらないっていうレベルなのか!?(^_^;)
それでも間もなく姥ヶ岳だろうと登り始めるが、途中ですごい暴風雨に・・・(゚∇゚ ;)!!
ダメだ、甥っ子もいるし、これは無理していかないほうがいい。
姥ヶ岳の山頂は目の前のようだけど、ここで引き返そう。
強風にふらつく甥っ子の手を引き、Uターンして下ろうとするが、この悪天候の中、まだ登ってくる人たちもいてなかなか下りられない。
避けるための足場を作ろうとしても、硬い雪は登山靴で蹴りこんでもあまり削れず、アイゼンの爪で引っ掻いて、強風で飛ばされそうな甥っ子の足場をなんとか確保する。
けっこう緊迫した状況なのに、横ではガリガリの急斜面をスキーで滑り降りる人たちが・・・
すごいなぁ(^_^;) 登ってくるだけで大変だろうに;
不安になった甥っ子が「SOSの笛を吹いて助けを呼ぶ」と言い出す。
リュックのチェストベルトの留め金が笛になっていて、「助けを呼ぶとき吹くんだよ」と教えられていたらしい。
「吹いても助けは来ないよ」と言っても「吹く!」と頑張る。
怖いんだろうし、それで気が済むならと「じゃ吹いてごらん」というと甥っ子は笛を吹いたが・・・
緊張しているのか、すひ~~~~と空気が漏れるような音しか出ない。
必死の甥っ子には悪いけど、おかしくて大笑いしてしまった!
さすがにこれじゃ助けは来ないと諦めたのか、その後は頑張って下ってくれた。
登山口の避難小屋まで来ると風雨はましになり、休憩している間にほとんど止んだ。
避難小屋にいた男性の帽子にたくさんの山バッジがついてるのを見て甥っ子が目を丸くしている。
昨日初めて蔵王のバッジ一個ゲットしたんだもんね。
今日は山頂まで行けなかったけど、頑張ったから買ってあげようね(^-^)
いつかまたてっぺんまで登りに来よう!

月山撤退で時間が余ったので、帰りは下道で山形に向かう。
途中で月山湖の大噴水を見る。
112mまで上がり、日本一の高さだという。
c0034391_17381612.jpg
翌日は霞城公園に立ち寄り、城跡を見たり虫取りをしたり。
甥っ子は地元の方にクロアゲハの繁殖場を教えていただき、楽しんでいた。
帰りは山形新幹線つばさで一気に東京へ。
月山には登れず残念だったけど、雪渓歩きの練習にはなったかな(^_^;)
c0034391_17383784.jpg
復元された霞城公園の山形城本丸一文字門















by mo-mo-115 | 2017-07-17 20:25 |
<< 白馬岳(1日目・猿倉~大雪渓~... 蔵王山(熊野岳)・山形旅行1日目 >>