人気ブログランキング |

のんびり花を見たり、山に登ったり。愛車DUCATI Monsterでツーリングも。
by mo-mo-115
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
カテゴリ




以前の記事
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


燕岳

長野県 燕岳(2763m)
2016年9月14日(水)雨のち曇のち晴 ~ 9月15日(木)曇
総歩行時間(休憩除く) 1日目:4時間5分 2日目:2時間30分


登山を諦めて上高地トレッキングだけで帰るつもりだったけれど、ヤマテンとウェザーニュースの有料の登山天気では明日晴れマークが出てる!
ほとんどのサイトで雨予報なのに、ほんとかなぁ??
一日晴れ間があれば、燕岳か唐松岳くらいなら登れる。
このままどこも登らず帰るのも心残りだし、2つの登山専門予報に賭けてみようと、雨の松本で一日時間を潰した。
ようやく取れた夏休み、一目でも北アルプスらしい景色が見られたらいいんだけどなぁ;


<1日目>

7:12 中房登山口発
日帰りならロープウェイを使わない燕岳がいいだろうと、中房温泉へ向かう。
松本を出るときはまだ本降りで、中房温泉でも霧雨が降っている。
樹林帯歩きなのでカッパの上だけ羽織り、ホントに晴れるのか半信半疑のまま、急登の合戦尾根を登り出す。
間もなく霧雨が濃霧に変わったので、第二ベンチでカッパを脱ぐ。
花は終わり、紅葉には早く、急な登りで気を紛らわせてくれるのはキノコくらい・・・
30分ごとに現れるベンチでこまめに休憩し、大好きなベニテングダケに癒されながら登っていく。
c0034391_2158388.jpg

第三ベンチ以降は花崗岩の露岩も現れ、燕岳らしい感じに。
c0034391_21585035.jpg


9:57 合戦小屋
c0034391_21591961.jpg

急登を終え、合戦小屋で20分ほど中休止。
ダンナさまは早速スイカを買いに行く。
今年も甘くて美味しい! まだ売ってて良かった♪(^-^)
相変わらずの濃いガスだけど、時折薄日も差しだした。
合戦の頭あたりからは木々が色づき始め、秋めいてきた。
c0034391_21595562.jpg

見えるはずの常念山脈や槍ヶ岳はどこにあるのやら・・(ノ_・、)
鎖のあるトラバースを越え、燕山荘の見えるあたりまで来ると、ガスが流れて青空が覗き始める。
このパターンは燧ケ岳の時と同じ! 景色、見えるんじゃ??
徐々に薄くなるガスに期待が高まる。
最後の一登りで、とうとうダンナさまが駆け出した!
燕山荘横の稜線に出ると・・槍ヶ岳、見えてる~♪♪♪
c0034391_2203761.jpg

やったー!思い切って登って良かった!
白い燕岳は青い空に映える。
c0034391_2211246.jpg

白砂の緩やかなハイマツ帯の道を、奇岩を眺めながら山頂へと向かう。
c0034391_222225.jpg

谷に立ち込めていた雲もだんだん少なくなり、槍穂連峰や裏銀座の山々が姿を現す。
今まで天候に恵まれなかった燕岳、こんな景色が見たかった・・・(ノ_・、)

11:45 燕岳山頂
c0034391_22272635.jpg

岩の上の山頂に到着。
燕岳と書かれた山頂の標の後ろにはお賽銭が供えられている。
人がいないので、標の横の岩に寝転がったりしながら展望を楽しむ。
c0034391_225432.jpg

一段下で風を除けながらお昼を食べ、お茶をし、1時間ほど山頂で過ごす。
今日中に下山して帰るつもりが、ようやく見られたこの景色で山を去りがたく、「燕山荘、泊まっちゃおうか?」とダンナさまを唆す(笑)
次はいつ休めるかわからないダンナさまも同意し、のんびりと稜線歩きを楽しみながら燕山荘へ戻る。
c0034391_2237547.jpg

めがね岩。
c0034391_22283879.jpg

イルカ岩と槍ヶ岳。
c0034391_2229778.jpg

天気はすっかり回復し、青空が広がる。
ヤマテン、すごいな!
c0034391_2301772.jpg


13:20 燕山荘着
c0034391_22324781.jpg

しばらく山荘前のベンチで景色を眺めてからチェックイン。
今日は空いているらしく、別館の三人用のスペースを二人で使わせてもらえた。
ダンナさまは談話室で燕岳を見ながらビール。最高の贅沢だね(o^-')b
c0034391_22295031.jpg

わたしはケーキセットをいただく。
ケーキと飲み物で950円って、上高地より安いんじゃ??
夕方には最後まで雲のかかっていた立山や後立山方面の山も望めるようになった。
夕飯時に集まった宿泊客は50人を切るくらいか。
オフシーズンは小屋も人ものんびりしてていいな♪
暮れてゆく山を見るのが好き。お泊まり山行の特権!
c0034391_22302341.jpg


<2日目>

夜は星は見えず、翌朝は予報通りの高曇りで御来光もイマイチ(^-^;)
でも周りの山々は昨日よりよく見えている。
c0034391_22335559.jpg

安曇野は雲の下だけど、雲海の向こうには浅間山や八ヶ岳、南アルプスに富士山も見えてる♪

6:30 燕山荘発
朝ご飯を食べ、北アルプスの景色に後ろ髪を惹かれながら山荘を後にする。
下りながら、昨日はガスで見えなかった山々を眺める。
右手には常念山脈や槍穂連峰。
c0034391_22343057.jpg

正面には八ヶ岳、富士山、南アルプス。
c0034391_22351062.jpg

合戦の頭あたりが最後の展望地か。名残惜しいな;;
紅葉越しに燕岳を振り返る。
c0034391_22354916.jpg



7:12 合戦小屋
合戦小屋でしばらく休憩。
下りはベンチひとつおきくらいに休憩を取り、淡々と下る。
昨日みたキノコたち、昨日より少し傘が開いてる!(笑)

9:22 中房登山口着
無事下山。一泊にすると楽すぎる行程かも(^-^;)
有明荘でお風呂に入る予定なのに、開店までまだ30分以上ある。
登山口のベンチでお茶をしてから温泉へ。
夕方には自宅に帰れたので、買い物をして家で打ち上げ!
予定変更して、思い切って行って良かったね(^-^)


今まで燕岳ではお天気に恵まれなかったけれど、三度目にしてようやく山頂からの大展望を得られた。
これでやっと「燕岳に登った」と言える(笑)
天気に振り回され、計画が二転三転して、登山はもう無理だと一度は諦めたところだったから、今回は本当に嬉しかった!
ヤマテンさまさま、だね!(o^-')b
一泊したので登山としては物足りないくらいだけど、山の上で過ごす時間は何ものにも代えがたい。
それを知ってしまってから、ただの観光旅行じゃ満足できなくなっちゃった(笑)
今年はあまり山に来られなかったから、燕岳の風景は余計心に沁みました。
次はいつ来られるかなぁ・・・
c0034391_22501388.jpg

北アルプスの女王と山男














by mo-mo-115 | 2016-09-15 21:54 |
<< 浅間山(黒斑山) 上高地トレッキング >>