のんびり花を見たり、山に登ったり。愛車DUCATI Monsterでツーリングも。
by mo-mo-115
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
カテゴリ




以前の記事
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


安達太良山(東北旅行1日目)

福島県 安達太良山(1699m)
2016年5月6日(金)曇ときどき晴
総歩行時間(休憩除く)3時間50分


GW後半、珍しく長い休みが取れたダンナさまと福島へ温泉&山の旅に出かけた。
Uターンラッシュを尻目に東北道を下り、安達太良山の麓・岳温泉で一泊。
わたしは安達太良山には何度か登っているけど、ダンナさまはツーリングで薬師岳から紅葉を見ただけ。
今年は雪が少なくてアイゼンも不要らしいので登ってみよう。
前夜、岳温泉からあだたら山ロープウェイの駐車場まで星を見に行ってみた。
あちこちで強風警報の出ていた日だったので、山はものすごい風!
星もすごいけど長居は出来ず、早々に撤退!
明日は風が止んでロープウェイが動きますように・・・。


8:54 ロープウェイ山頂駅発
宿で朝食をとり、昨夜と同じ道を辿ってロープウェイ乗り場へ。
昨夜の強風が嘘のように収まり、薄曇りながら安達太良山の山頂もきれいに見えている。
駐車場で準備をしていると、早速ダンナさまがブヨに刺された( ̄□ ̄;)!!
ええー!まだ登山口にも着いてないのに(^-^;)
ロープウェイの中で虫刺され用に持参していたステロイド剤を塗る。
鳥海山の時みたいに目が開かなくなるくらい腫れたらどうしよう;
体調を気にしつつ、山頂駅から木道を歩き出す。
道に雪はなく、花は咲きだしたばかりのショウジョウバカマが見られるくらい。

8:58 薬師岳パノラマパーク
c0034391_21255676.jpg

木道を少し歩くとすぐに薬師岳の展望台に着く。
安達太良山を一望できる展望台には「この上の空がほんとの空です」と智恵子抄にちなんだ言葉の刻まれた柱が立っている。
う~ん、今日は青空ではなく高曇りだね。残念。

9:27 仙女平分岐
整った登山道を登っていくと少し広くなった休憩ポイントに着く。
登山道は狭いので、ここで休憩する人が多い。
休憩ポイントの少し先に仙女平分岐がある。
分岐を左に分け登山道を進むと、間もなく稜線に出て眼下に二本松の町が広がる。
蔵王連峰を眺めながらザクザクした残雪を横切る。
c0034391_21275390.jpg

眺めが良くて気持ちいいけど、転げ落ちないように注意して歩く。
さらに一登りすると鉄山方面へ続く稜線や吾妻連峰が見えてくる。

10:05 安達太良山山頂
砂礫の道を進み、安達太良山の別名・乳首山の由来である岩峰へ。
あの岩の上が安達太良山の山頂。
c0034391_21282771.jpg

ちょっとした鎖場を越えると、小さな祠のある山頂に到着!
おぉ!真っ青な空ではないけど、全部見えてる!
山頂の向こう側、西には磐梯山、白く雪を戴く飯豊連峰、その間に秋元湖。
c0034391_212943100.jpg

北の間近には吾妻連峰、その先に蔵王連峰。
南に見えるのは那須や日光方面の山々かな。
東には町が広がり、水を張った水田が光を反射し池塘のように見える。
c0034391_2130943.jpg

ほんと、いい眺めだね~。
ここでおやつ休憩15分ほど。
山頂から下り、鉄山方面へ牛の背の稜線を歩いていく。
c0034391_21305942.jpg

この稜線歩きが最高に気持ちいい!(o^-')b
やがて山頂からは見えなかった沼ノ平が姿を現す。
c0034391_21313611.jpg

山頂とはまた違った迫力ある展望!
これを見せたかったんだよね♪
ダンナさまも山頂より感動したみたい(^-^)

10:49 矢筈森
荒涼とした沼ノ平を眺めながら矢筈森のピークまで歩く。
ピークの先から東側の谷を覗くとくろがね小屋が見える。
帰りはくろがね小屋を経由して山麓駅まで戻るので、手前の分岐を小屋方面へ下山する。
5分ほど下ると雪渓があり、さらに7分ほどで小広い峰の辻に着く。
c0034391_21343346.jpg


11:08 峰の辻
峰の辻で一服し、二本松の街を見ながら下るとまたすぐ雪渓がある。
c0034391_213528.jpg

どれも短く渡りやすいが、下まで続いてるので足を滑らせるとやばそう;
最後の雪渓からガレた道を20分ほど下るとくろがね小屋に到着。

11:35 くろがね小屋
c0034391_21352942.jpg

今日は高湯温泉に宿を取ってあるのでくろがね小屋の立ち寄り入浴はパス。
今度は泊りがけで来よう!
小屋そばで30分強のお昼休憩をして出発。
低木の間の平らな道はお散歩みたいで気持ちいい♪
c0034391_21373498.jpg

両脇には赤やピンクのショウジョウバカマがたくさん咲いている。

12:28 峰の辻分岐
ここからくろがね小屋を経由せず峰の辻に向かう道があるらしい。
ショウジョウバカマのお散歩道を進む。
c0034391_2136580.jpg


12:37 勢至平
右手に勢至平の看板と小さな脇道があったので入ってみる。
一段上がると安達太良山から箕輪山への稜線が一望できる。
c0034391_21363596.jpg

このあたりはツツジがたくさん咲くらしい。
花期だったらツツジの向こうに山並みが見えたんだろうな~。

12:45 馬車道・旧道分岐
さらに緩く下っていくと、馬車道と旧道の分岐に着いた。
ちょうど親から「道が悪いので車道を通ったほうがいい」とのアドバイスメールが届いた。
車道って馬車道のことか??
一応アドバイスに従い、馬車道を行く。
何度か旧道とクロスしながらのんびり下っていく。
旧道は九十九折の馬車道をショートカットするようについているので、ダラダラ下りに飽きて途中から旧道を行ったが、この時は特に足元が悪いことはなかった。

13:19 遊歩道分岐
ここから沢沿いの遊歩道を歩いて戻ることもできるが、以前甥っ子たちと行った時に道がグチャグチャだった記憶が・・
今回はまっすぐ駐車場へ向かう。

13:35 ロープウェイ山麓駅着
無事下山・・・かな?
ダンナさまのブヨ刺されは一時直径4cmくらいの範囲で腫れたけれど、手当てが早かったのが幸いしたのか、徐々に腫れも赤味も収まった。
良かった~(´▽`) ホッ
さぁ、今夜は高湯のお宿で温泉とご飯を楽しみましょう♪


安達太良山は風が吹いたりガスが出たりすることが多いようだけれど、なぜかいつも好天に恵まれ、毎回いい景色が見られていた。
今回はこれでも今までで一番天気が悪かったくらいだけれど、周りの景色はすべて見られて大満足♪
大好きな安達太良山、ダンナさまも気に入ったみたい(o^-')b
今度は秋に、くろがね小屋泊で来たいね!
それにしてもダンナさま・・ブヨに好かれすぎじゃない?(-_-;)
c0034391_21405026.jpg

牛の背を行く















by mo-mo-115 | 2016-05-06 21:23 |
<< 東北旅行(1~3日目) 群馬・新潟旅行 >>