人気ブログランキング |

のんびり花を見たり、山に登ったり。愛車DUCATI Monsterでツーリングも。
by mo-mo-115
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
カテゴリ




以前の記事
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


坪山

山梨県 坪山(1103m)
2016年4月16日(土)晴
総歩行時間(休憩除く)3時間


母の山友達が昨年坪山にヒカゲツツジの群落を見に行ったという話を聞いた。
坪山??どこそれ?
調べてみると三頭山の南側。上野原からバスも出ているという。
山でヒカゲツツジって見たことないかも・・・行ってみたい!
なかなか予定が合わなかったO夫妻も都合がつき、みんなで坪山に行くことにした。
ネットなどの情報ではちょうどヒカゲツツジも見頃になりそうだし、お天気も良さそう♪
いざ花見登山!(o^-')b


7:50 飯尾駐車場発
この日は登山客が多そうなので、混雑を避けるタイムスケジュールを組む。
始発バスが到着する前に出発できるよう車で自宅を6時前に出て、上野原駅で7時にO夫妻をピックアップ。
飯尾の駐車スペースには7:40頃着いたが、空きは残り3台ほど。
絶妙な到着時間(笑)
ところがダンナさまはここまで来たのに仕事が入り、ひとり車で引き返す・・・(-_-;)
前回はインフルエンザで山行の約束が当日キャンセルになったし、ついてないね(ノ_・、)
仕方なくO夫妻と三人で登山口へ向けて歩き出す。
c0034391_2391791.jpg

桜満開の対岸の公園脇にはウォシュレット付のトイレがある。
準備を済ませ、団体さんの一足先にトイレ脇の登山口から登り始める。
ミツバツツジが咲き、足元にはスミレがたくさん♪
咲き残りのカタクリも一輪だけ見られた。

8:05 東・西コース分岐
すぐに東コースと西コースの分岐に着く。
直進の西コース方向には「坪山ツツジ群生コース」「坪山西尾根・花の多いコース」と懇切丁寧に看板が立てられている。
もちろん西コースへ!
小さな沢の木の橋を渡る。川床が黄色っぽい。硫黄みたい。
黄銅鉱の採掘がされてたそうで、川の上の岩壁には掘られたような穴がある。
このあたりはエイザンスミレやヒトリシズカが見られる。
c0034391_23205443.jpg

分岐から30分ほど登ると、もうひとつのお目当てイワウチワがポツポツ現れ始めた♪
イワウチワで喜んでいると、すぐに本命のヒカゲツツジが!
c0034391_2395087.jpg

気付けば周りはヒカゲツツジだらけ♪o(^O^)o
この辺は少し盛りを過ぎたようだけど、いっぱい咲いてる!
人がいないため、ゆっくりと撮影し、花を楽しみながら登る。
分岐から45分ほどの辺りはヒカゲツツジが満開♪
c0034391_23102681.jpg

c0034391_23233258.jpg

その後もヤセ尾根の両側に背丈を越えるくらいのヒカゲツツジの群落が延々と続く。
c0034391_23175854.jpg

群落がきれいとは聞いていたけど、こんなに咲いてるとは思わなかった・・・
足元にはまた可憐なイワウチワの群落(^-^)
c0034391_23111370.jpg

登山道は全般的に細く急坂だけど、途切れなく花が咲いているため、テンションあがって辛さを感じない(笑)
上部に来るとイワカガミの群落もあるが、まだ花期前。
葉はたくさん見られたので、これも咲いたら見事だろうな。
山頂直下はかなりの急坂で、ロープに頼って登るような箇所もあった。
そこにも咲き始めのヒカゲツツジが並び、励まされてるよう。
でもこれ、筋肉痛は必至だな(-_-;)

9:25 坪山山頂
c0034391_23115788.jpg

急な登山道で汗をかきながら山頂に到着。
山頂にもヒカゲツツジが咲いている。アセビも多い。
小さな細長い広場になっている山頂は眺めが良く、目の前に三頭山、その奥に雲取山や飛龍山が望める。
びりゅう館方面へ少し下ると富士山もうっすらと見えていた。
10人ほどの人がいる山頂で、眺めのいい場所に座って30分ほど休憩。
ポカポカして気持ちいい♪
登山口で追い抜いた団体さんが到着したタイミングで下山を開始する。
お昼をびりゅう館でとる予定だったので、びりゅう館へ下山する周回コースへ。
こちらのコースもいくらかヒカゲツツジが咲いていた。
ヒカゲツツジと木々の間から坪山の山頂を振り返る。
c0034391_23132713.jpg

細い尾根の下はけっこうな崖で、覗きこむと急な斜面にミツバツツジがたくさん!
c0034391_23123269.jpg


10:55 阿寺沢分岐
時間をずらしたせいか、下りでもほとんど人に会わない。
のんびりしたなだらかな尾根歩きをイメージしてたら意外とアップダウンがあるのね(^-^;)
いくつかのピークを越え、今は使われていない阿寺沢コースとの分岐を過ぎ、親切すぎる「びりゅう館→」の看板を辿りながら面白味のない樹林帯を下っていく。
びりゅう館手前ではイカリソウやナガバノスミレサイシン、エイザンスミレ、カキドオシなどが咲いていた。

11:20 びりゅう館
c0034391_23135626.jpg

桜咲くびりゅう館に到着。
まだ空いている店内でおそばと山菜のてんぷらのセット(¥1100)、郷土料理の小ジャガの味噌煮「せいだのたまじ」をいただく(o^-')b
美味しいおそばは毎日水車で挽いているそう♪
c0034391_2314191.jpg

食事を終えてもまだお昼少し過ぎ。
上野原行のバスは14:45発の予定(^-^;)
車で帰る予定だったので、帰りのバスまでだいぶ時間が余ってしまった・・
ふと、店員さんとお客との「たぶん臨時バスが・・1時半頃・・」という会話が耳に入る。
早速店員さんたちに取材を開始すると「朝、上野原からの臨時バスが7台出ていたので、帰りも出ると思う。びりゅう館の外の駐車場あたりに来る。時間は1時ころじゃないか」とのこと。
情報に期待して敷地の横の蕎麦挽きの水車を見に行ったり、芝生でひなたぼっこしたりして30分ほど待つと、バスがやってきた!
学校前バス停で待っていた人たちも大急ぎで戻ってくる(笑)
1時頃、ちょうど満席になったところで発車。
タイミングよく帰れて良かった~♪
夕方自宅に到着し、入浴を済ませるとそのまま休みたくなるのを堪え、ダンナさまのいる別宅へ。
運転手だけして山に行けずにクサクサしてるダンナさまに、せめてご飯作ってあげないとね(^-^;)


近年人気急上昇中だという坪山のヒカゲツツジは想像以上に素晴らしかった!
群落とは聞いていたけど、これほど多いとは・・・
花もちょうど見頃で、結局山頂までずっとヒカゲツツジの花が続いていた。
一方、登山道はかなり急で、足元が悪かったりしたら飯尾へ下るのはかなり大変そう。
飯尾から登り、びりゅう館へ下りて良かったかな。
今回は日程やタイムスケジュール、コース選択、どれをとってもバッチリな計画だったと思う。
混みそうな満開時期の週末なのに、山頂以外ではほとんど人に会わず気兼ねなく写真撮りながら歩けたし(o^-')b
唯一ダンナさまの仕事だけが予想外だったな~(ノ_・、)
c0034391_2324640.jpg

びりゅう館の蕎麦引き水車

帰ったら熊本にささやかな支援を送ろう

















by mo-mo-115 | 2016-04-16 23:07 |
<< 大菩薩嶺 よこはま花と緑のスプリングフェ... >>