人気ブログランキング |

のんびり花を見たり、山に登ったり。愛車DUCATI Monsterでツーリングも。
by mo-mo-115
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
カテゴリ




以前の記事
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


八ヶ岳・硫黄岳(2日目:赤岳鉱泉~硫黄岳)

長野県 赤岳鉱泉(2220m)~硫黄岳(2760m)
2014年9月14日(日)晴のち一時曇
総歩行時間(休憩含む)6時間25分


赤岳鉱泉で一泊し、今日は親たちを連れて硫黄岳登山。
余裕があれば硫黄岳山荘か、台座の頭まで行く予定。
従弟は一人で行者小屋から赤岳に登り、横岳、硫黄岳を縦走して赤岳鉱泉に戻る。
たぶん途中で会えるでしょう(^-^)
朝から赤岳~横岳の稜線がきれいに見えている。お天気良さそう♪
さて、ゆっくりと行きますか。


6:35 赤岳鉱泉発
宿を出て苔むした樹林帯を緩く登っていく。
c0034391_14144718.jpg

一度下ってジョウゴ沢を渡り、また登り返す。
苔やキノコや赤い実を見ながら1時間強、ゆっくりと登る。
ジグザグと登って高度を上げていくと、やがて樹間から中央アルプスや御嶽山、南八ツの主脈が顔を出す。
北八ツとは違う険しい山々の姿に一同テンションが上がる。
ここまでくればあとは眺めのいい山歩き♪
c0034391_1415335.jpg


8:15 赤岩の頭
c0034391_14155767.jpg

樹林帯を抜け、白砂の稜線上にある赤岩の頭へ。
振り返ると西に諏訪湖と周辺の街が広がっているのが見える。
c0034391_14162062.jpg

その後ろ、北に伸びる山脈は北アルプスかな?
写真を撮り、景色を楽しみながら硫黄岳山頂を目指す。
c0034391_14203536.jpg


8:44 硫黄岳山頂
山頂直下の岩場を越えて硫黄岳へ。
従弟もそろそろ赤岳に着いてる頃じゃないかな。
記念写真を撮り、景色を眺めていると・・・なにあれ!?
c0034391_14164425.jpg

カモシカが山頂に!(゚∇゚ ;)!!
カモシカは人馴れしているのか、カメラを構える人の前で立ち止まってポーズを取ったり(?)しながら、人の多い山頂標識のほうへ歩いていく。
サービス精神旺盛すぎない!?ギャラ貰ってる??(笑)
思わぬ珍客に山頂が一時騒然とする。
多くの人に囲まれ、近寄りすぎる人が出たため、さすがに嫌がって逃げ出してしまった。
いい被写体でした!(o^-')b
c0034391_1417837.jpg

カモシカを見送り、爆裂火口の縁を歩いてみる。
c0034391_1417452.jpg

対岸の山頂付近にはだいぶ人が増えてきた。
c0034391_14172615.jpg

行けるところまで行って引き返し、硫黄岳山荘へ向かう。
トウヤクリンドウが多く咲き、コウメバチソウもまだところどろこ咲き残っている。

9:38 硫黄岳山荘
山荘のベンチでお茶休憩。
ここは稜線の小屋なのにきれいなウォシュレットのトイレ。
親たちも感動していた(笑)
叔父が少し疲れ気味で、東からだいぶ雲が湧きあがってくるようになったので、ここで引き返すことにする。
c0034391_14181188.jpg


10:38 硫黄岳山頂
硫黄岳の山頂に戻った時はすっかりガスが立ち込めていた。
ここでお昼休憩。
赤岳鉱泉のお弁当は炊き込みご飯とニシンの甘露煮で美味しかった!
そろそろ従弟が来るころかな~と話していたら、10分もせずにやってきた。
わたしの読みもなかなか正確!(o^-')b
やはりこちらが硫黄岳に着いた頃、赤岳山頂に立っていたらしい。
横岳の岩場では渋滞が起き、少し時間を食ったとのこと。
全員そろって硫黄岳を後にする。

11:42 赤岩の頭
稜線上は真っ白だけど、下のほうは晴れているらしく、ガスが流れて時々町が見える。
ガスが出る前に山頂に登れて良かった(´▽`) ホッ
花はほとんど終わっているけど、苔やキノコもいろんな種類があって楽しい♪
こんなのとか、
c0034391_142118.jpg

こんなのとか・・・
c0034391_14211584.jpg

そして今回一番気に入ったのが、山荘のすぐそばで見つけたこのキノコ!
絵本に出てきそう!近くに小人がいるんじゃ!?
c0034391_14213310.jpg

絶対毒だろうと思ったら、やはりベニテングダケという毒キノコだった(^-^;)

13:00 赤岳鉱泉着
山荘に戻ってお風呂に入り、部屋でのんびり♪
また晴れてきたので、稜線を眺めながらテラスでお茶にする。
大同心でクライミングする人が見える。
先ほど登ってきた硫黄岳も。
c0034391_14331518.jpg

2日目の夕食はステーキ!
美味しくいただき、翌日は来た道を戻って美濃戸口へ。
渋滞にハマりながらも夕方に帰宅。
皆さんお疲れ様でした!いい景色見られて良かったね♪


今までは親に連れられて山に来ていたけれど、自分が案内する番になったのか、とちょっと複雑な思い・・。
それでもまだ親と登山が出来るのは幸せだと思った。
正直楽すぎて登った気がしなかったけれど、親たちも余裕があったほうが楽しめるし、この行程で正解だったと思う。
従弟は高山の縦走もテント泊も初めてで、赤岳からの展望や岩場も楽しかったらしい。
今回の体験でなにか目覚めてしまった様子(笑)
親のリクエストは他に、燕岳、鳳凰三山、鳥海山・・あとどこだっけな;
まぁ都合がつけばまたお付き合いしましょ(^-^)
c0034391_14221824.jpg

3日目の朝焼け。
夜は天の川もきれいだった♪
by mo-mo-115 | 2014-09-14 19:14 |
<< 谷川岳(西黒尾根~天神尾根) 八ヶ岳・硫黄岳(1日目:美濃戸... >>