のんびり花を見たり、山に登ったり。愛車DUCATI Monsterでツーリングも。
by mo-mo-115
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
カテゴリ




以前の記事
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


金時山

神奈川県 金時山(1213m)
2012年11月3日(土・祝)曇のち晴
総歩行時間(休憩除く)2時間45分


友人のS夫妻が金時山に行くと言うので企画に便乗!
今までツアー登山で那須岳や安達太良山に行ったそうだけど、せっかくの名山なのに印象が薄いみたい・・・。
自分でも経験があるけど、全てお膳立てしてもらって付いていくだけの登山では本当の山の楽しみは味わえないのだと思う。
ということで、今回はあえてSさんに計画とリーダーをお任せしてみた。
新宿からの高速バスで落ち合い、金時神社入口で下車予定だけど、行楽シーズンの連休初日の8時台、高速が混まないわけがない・・・(-_-;)
9時半到着予定が1時間半遅れの11時着;
金時登山口から山頂を経て乙女峠へ下り、温泉に入って帰る当初の計画は破棄し、ショートコースで行くことにした。
Sさんの初企画登山、よろしくお願いしま~す♪


11:05 金時神社入口
計画を変更し、まずは公時神社からそのまま登ることにした。
準備を済ませて満杯の駐車場を過ぎ、鳥居をくぐるとすぐ左手に大きなマサカリ!
さすが金太郎さんゆかりの神社!さっそくダンナさまが近寄っていく(^-^;)
c0034391_1121576.jpg

大理石で出来てるみたい。平成6年の奉納だって・・アラ、意外と新しいのね(笑)

11:10 公時神社
c0034391_11213239.jpg

マサカリのすぐ先に公時神社のお社。
奥さんのYちゃんはせっかく御朱印帳を持ってきたのに、無人みたいね(ノ_・、)
神社から先は植林の間のほぼ平坦な道を行く。
Sさんが周りは檜だと教えてくれた。
お!さすがリーダー!調べたのかな??
たしかに檜のいい香りがしている♪
神社から5分ほどで金時手鞠石という苔むした岩があった。
2m超の岩で手鞠をしたのか!金太郎さん、どんだけ巨人なの!?

11:31 金時宿り石
次に現れたのは金太郎が夜露をしのいだという金時宿り石。
c0034391_11222585.jpg

大きな岩がパックリ二つに割れ、なぜか岩の根元につっかい棒・・・
これ、どっかで見たぞ!
瑞牆山の桃太郎岩そっくりだ~!おとぎ話つながりだけに??(笑)
もちろん今回もつっかい棒を補充して先へ(o^-')b
宿り石から先は傾斜がきつくなってくる。
ずいぶんと土が流出してるようで、木の根がむき出しになった斜面を登っていく。
c0034391_11225939.jpg

植林帯を抜け、抉れたような登山道の木の階段を登る。
しばらく登って振り返ると芦ノ湖が見えている!
さらに少し先からは箱根山の神山や大涌谷の噴煙も望めた。
c0034391_11234481.jpg


12:10 仙石分岐
展望が開けて間もなく仙石分岐に到着。
小さなスペースがあり、立派な標識が立っている。
山頂までは20分の表示。ここで小休止。
帰りはここから明神ヶ岳方面へ進み、矢倉沢峠を通って下山の予定。
分岐から木の階段を登っていくと、やがて岩の多い道になってくる。
登り出しが遅かったため、すでに下ってくる人が多く、すれ違いでけっこう時間を食う。
一部手も使って登るところもあり、渋滞もしている。
周りの木々は赤や黄に色づいていて秋山らしい雰囲気♪
c0034391_11242351.jpg


12:40 金時山山頂
岩場をひと登りし、笹の間を抜けると茶屋が見え、山頂に到着!
うわ~!予想はしていたけれど、すごい人だぁ!
c0034391_1125367.jpg

今まで登ったどの山よりも混雑してる(笑)
せっかくの天下の秀峰も富士山は見えず、残念(ノ_・、)
それでも神山や愛鷹山、芦ノ湖の先には駿河湾も見えている。
c0034391_1126223.jpg

山頂下の岩場にスペースを見つけて昼食休憩1時間。
日が差さず下から吹き上げる風が冷たいので、食べたらすぐ撤収!
体を冷やすと良くないもんね(^-^)b
トイレには長い列ができ、茶屋も混雑してるので、バッジを買ってすぐ退散。
山バッジ、マサカリの形してる~!(笑)
岩場を慎重に下り、仙石分岐へ。
まだ登ってくる人たちもいるけど、さすがにさっきより混雑はマシになってるかな。
c0034391_11263164.jpg


14:04 仙石分岐
仙石分岐から明神ヶ岳方面へ進む。
こちらはグッと人が少なくなる。
覆いかぶさるハコネダケが特徴の道。
少し行くと展望が開け、大涌谷の噴煙や仙石原のススキ野を見ながら下る。
c0034391_1127056.jpg

道の脇にはキク科の花やアザミなど、秋の花が咲いている。
そのうち東側の展望も開け、ハコネダケの中の一本の道と、なだらかな明神ヶ岳の山容が望めた。
c0034391_11275688.jpg

春に歩いた明神ヶ岳への道。こういう眺め、好きだなぁ♪
青空が覗き始め、日も差して暖かくなってきた。

14:35 矢倉沢峠
再びハコネダケのトンネルに入り、道が平坦になると矢倉沢峠に到着。
c0034391_11293975.jpg

うぐいす茶屋の建物があるけど閉まってる。
矢倉沢峠からは湿った粘土質の、少し傾斜のきつめな坂を下りていく。
丸太の横木も湿っていて滑りやすいので要注意!

14:57 金時登山口
矢倉沢峠から20分ほどで登山口の舗装路に出る。
うん、ちょうどいい下山時間だね(^-^)
舗装路を少し歩いて金時登山口バス停へ。
ちょうどバスの時間で、ほとんど待たずに乗車でき、渋滞に遭わずに帰宅できた。
おしゃべりしながらみんなでのんびり歩く山は楽しいねぇ(o^-')b
秋はこういう山歩きが一番いいな♪


さすが大人気の金時山、行楽シーズンですごい人出だった!
全般的にそれなりに傾斜があり、山頂からの眺めもいいので、行程が短いわりには登った感があるのが人気の理由かも。
近所だったらちょいちょいトレーニングで登りたい感じ(笑)
今回はSさんがあれこれ頭を悩ませて山行計画を立ててくれた。
ツアーで行く山歩きとは違う充実感があったんじゃないかな?
大幅な遅れに対応しての予定変更も正解だったし、リハビリ登山として程よい強度で最後まで楽しく歩けたし、大成功ですね!
下山後に「体力ないかも・・」なんて言ってたけど、単にまだ山の歩き方に慣れてないだけだと思う。
基礎体力はわたしたちよりあるはずだし、何回か山に行けばすぐ楽に歩けるようになると思うよ~(o^-')b
これからは山仲間としてもよろしくお願いします!
by mo-mo-115 | 2012-11-03 20:18 |
<< 日帰り登山計画の立て方 世田谷美術館 >>