人気ブログランキング |

のんびり花を見たり、山に登ったり。愛車DUCATI Monsterでツーリングも。
by mo-mo-115
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
カテゴリ




以前の記事
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


安達太良山

福島県 安達太良山(1700m)
2012年10月14日(日)晴れ
総歩行時間(休憩除く)3時間10分


一切経山から下りて岳温泉で一泊。天然酸性泉のいい温泉だわ~♪
翌日は強風も止む予報だし、紅葉シーズンで早くからゴンドラの運行が開始されるそうなので、朝食後すぐ出発することにした。
そして翌朝。風は見事に収まり、秋らしい爽やかな青空が広がっている!
早く行って混み出す前に登ってしまおう!
安達太良山のゴンドラ「あだたらエクスプレス」はまだ空いていて、並ぶこともなく乗車。
色づき始めた斜面を見ながら10分で標高1300mの山頂駅へ。
山頂駅そばの薬師岳の展望台(パノラマパーク)にはツーリングがてら紅葉を見に来たことがあるけど、そこから先は登ったことがない。
紅葉の名所・安達太良山、今日は山頂の景色を楽しむぞ~♪


8:02 ゴンドラ山頂駅発
山頂駅の周りにはすでにたくさんの人がいる。
団体さんもいるけど、多くは山頂駅そばのパノラマパークと呼ばれる薬師岳展望台経由で登るみたい。
パノラマパークには智恵子抄に由来する「この上の空がほんとの空です」と書かれた碑があり、観光客もたくさん訪れる。
わたしたちは展望台は後回しにしてまずは山頂を目指す。
灌木の中の木道を行く。シャクナゲが多いなぁ!
木道が木の階段になり、緩く登っていく。
木々の間から覗く空は真っ青♪
気温は高めで歩いていると暑いくらい。

8:31 仙女平
よく整備された道を歩いて30分ほどで岩の転がる開けた場所に出る。
ここが仙女平らしく、多くの人が休憩しながら眺めを楽しんでいる。
青い空に錦のパッチワークの山肌が映える。
紅葉の最盛期には数日早いようだけど、じゅうぶん素晴らしい!
c0034391_15543649.jpg

広場の先に仙女平分岐があり、少し進むと後方の視界も開ける。
眼下に見えているのは二本松の街かな?
c0034391_15542478.jpg

さらに登ると福島の中心街のビル群も見えてくる。
なんて眺めのいい登山道なんだろ!

9:12 安達太良山山頂
登山道にはだんだん岩や石が増えてきて、ハイマツなどの低木しかなくなる。
山頂方向を見ると目立つ岩峰と牛の背方面への稜線が見える。
c0034391_15552398.jpg

安達太良山が乳首山ともいわれるのは、山頂にあるこの目立つ岩峰のため。
岩峰の手前に山頂の標識があり、そこから岩峰のてっぺんへは3分程度。
途中短い鎖があり、すれ違いで少し停滞していた。
c0034391_15555816.jpg


9:18 岩峰の祠
岩峰のてっぺんには小さな石の祠。
眺めは360度で文句なしの大展望!
北にはこれから進む鉄山方面の牛の背の稜線。
奥には蔵王連峰もくっきり見えている。
c0034391_15563173.jpg

西には磐梯山が間近に聳え、その南に広がる猪苗代湖も見える。
c0034391_15572782.jpg

振り向けば広々とした山頂の広場と福島の街。
c0034391_15575616.jpg

う~ん・・・ここでお茶していきたい気分だけど、紅葉目当ての母たちはどんどん先へ行くつもりらしい。
仕方ない、降りるか(ノ_・、)
先ほど混雑していた鎖場と逆方向から下りると、ガラガラに空いていた。
ハシゴがひとつあるだけで難易度は変わらないんだけど、皆気づいてないのかな。
牛の背の稜線を歩き、峰の辻分岐へ。
c0034391_15583215.jpg

稜線の西側に広がる沼ノ平は、月の世界に入り込んでしまったかのよう!
c0034391_161534.jpg

火山性のガスで死亡事故も起きているため、沼ノ平は現在立入禁止。
沼ノ平の向こうにあるのが秋元湖で、その奥にあるのが檜原湖だと、安達太良登山82回目というご老人が教えてくれた。

9:54 矢筈森
本当は鉄山まで行きたいけれど、今日は渋滞が起きる前に帰りたいので諦める。
東北道から見える、安達太良山の右側の2つの矢筈のような突起が矢筈森。
その矢筈森まで行って引き返すことにした。
鉄山の麓には紅葉に埋まるようにくろがね小屋の黒い屋根が見えている。
温泉付きの山小屋!入りたかった~!
c0034391_1610335.jpg

小腹が空いてきたので矢筈森でおやつ休憩をしてから来た道を戻る。

10:20 安達太良山山頂
安達太良山に近づくと、すれ違う人が多くなった。
ずいぶんと登山客が増えてきたみたい。
山頂から少し下って祠のある岩峰を見上げると、ビーズのネックレスを巻きつけたかのように人が連なって岩峰に登っている。
ありゃ~、混みすぎだ・・これじゃせっかくの眺めも堪能できないね(^-^;) 
でも混雑は他人事ではなかった。
登ってくる人たちの多いこと!すれ違いが大変!
c0034391_1615518.jpg

登りの人たちに譲っていると後が溜まって下りも行列になってしまう;
昨日ゴンドラが止まっちゃってたから、今日登る人が増えたんだろうな~。
やっぱり早めに来て正解だった。

11:26 薬師岳パノラマパーク
往きにスルーしたパノラマパーク経由でゴンドラ山頂駅へ向かう。
案の定、展望台は大混雑!ここまでは軽装の観光客も来るしね(^-^;)
結局人が多すぎて「この上の空が~」の碑の写真も撮れなかった(-_-;)
それでもやはり、ここから見る安達太良の紅葉は圧巻!
c0034391_1623828.jpg

あと何日かするともっと赤が濃くなって鮮やかになるんだろうな♪

11:40 ゴンドラ山頂駅着
木道を歩いて山頂駅に到着。
まだ下りはそれほど混んでおらず、すぐにゴンドラで降りられた。
レストハウスでバッジを買い、駐車場に向かいかけて驚いた。
ゴンドラ乗場の目の前にあった富士急ホテルが廃業している・・・
東日本大震災で被害に遭い、修理しても集客が見込めないので廃業したとか;
ショック・・・(ノ_・、)
その後、混みそうな東北道を避け、磐越道から常磐道を通って帰宅。
時間が早めだったこともあり、渋滞にも遭わずに済んだ。


一切経山、安達太良山ともに天気に恵まれ、絶景の山歩きを楽しめた。
安達太良山のベテランのご老人も、これだけの好天はなかなかないと言ってたし♪
おかげで今回はどちらの山も、わたしの中では最高ランクの思い出の山になった。
やっぱり山の楽しさは天気によるところが大きいなぁ!
道中、潰れてしまった店などもたくさん見かけたけれど、こんな素晴らしい観光資源のあるところが廃れてしまったらもったいない!
これからも継続的に訪れるようにしたいな(^-^)
c0034391_16183618.jpg

錦秋の安達太良山
by mo-mo-115 | 2012-10-14 20:51 |
<< 世田谷美術館 一切経山 >>