人気ブログランキング |

のんびり花を見たり、山に登ったり。愛車DUCATI Monsterでツーリングも。
by mo-mo-115
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
カテゴリ




以前の記事
2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


磐梯山

福島県 磐梯山(1816m)
2012年10月6日(土)曇り
総歩行時間(休憩除く)4時間5分


9月初めにひどいギックリ腰をやってしまい、丸一ヶ月、山もバイクもお休み・・・(T-T)
つい先日大キレットを歩いてきたとは思えないほどの体たらく(ノ_・、)
一ヶ月経ってようやく動けるようになったもののまだ違和感が残る。
いつぶり返すかわからない状態だけど安静にしすぎるのも良くないらしいので、リハビリがてら簡単な山に行ってみることにした。
ツーリングで何度か走った磐梯吾妻スカイラインにある一切経山に行きたかったのに、ダンナさまの「名前がイマイチ」というよくわからない理由で磐梯山に変更(^-^;)
磐梯山も行ってみたかったからいいけれど、この状態で登れるかなぁ(゚ー゚;Aアセアセ
無理なら途中で戻ってくるか;
では久々の山歩き、会津の名峰・磐梯山へ!



8:30 八方台登山口発
昨夜はダンナさまの仕事が終わってから会津若松へ向かい、ビジネスホテルで前泊。
8時過ぎに八方台に着くと、最寄りの駐車場はすでにほぼ一杯;
わたしたちはなんとか猫魔ヶ岳登山口近くのスペースに置くことが出来た。
支度を済ませて広く緩やかな樹林帯の中の道を歩き出す。
細身のスラッとしたブナの木がきれい♪
c0034391_11351642.jpg

今日はリハビリなので、八方台からの最短ピストンコース。
調子が悪くなったら戻って来よう(^-^;)

8:57 中の湯
登っているのかわからないくらいの道が微妙に下りになり、視界が開けると中の湯の建物らしきものが見えた。
c0034391_1135466.jpg

辺りには硫黄の匂いが立ち込めている。
いい温泉が湧いていそうだけど、建物は廃屋っぽい・・・もうやってないのかな;
中の湯から少し木道を歩き、徐々に傾斜のきつくなる登山道を行く。
腰に負担が来ないように上半身を揺らさず能のように歩く・・・(゚ー゚;Aアセアセ
c0034391_11362099.jpg

やがて左手の展望が開け、ところどころで裏磐梯の景色が望めた。
c0034391_11365263.jpg

左が檜原湖、右が秋元湖、足元に見えてるのが銅沼かな?
稜線の陰からまだ噴煙が上がっているのが見える。
う~ん、火山だ♪(^-^)
裏磐梯の景観は磐梯山の噴火で出来たという。すごい・・・
景色を眺めながら一服。
その先、登山道は山腹をトラバースするような細い道になる。
足元はぬかるみ、濡れた岩や木の根が滑りやすいので慎重に・・・;
やがて頭上が開け、クマザサの明るい道になると分岐に到着。

10:01 お花畑分岐
c0034391_11373261.jpg

分岐の看板には右に行けば弘法清水まで0.3km、左はお花畑まで0.2km。
お花畑からも弘法清水には行けるらしい。
下ってきた人が「お花畑のほうが眺めが良くていいですよ」と教えてくれたので、お花畑経由で弘法清水に行くことにした。
ほんと、広々してていいところ♪
きっと春にはたくさんの花が咲くんだろうな。
c0034391_11383483.jpg

ガスがなければ紅葉の始まった山頂方面が見えたんだろうに(T-T)
10分ほどで猪苗代・渋谷登山口方面の分岐に出る。


10:17 弘法清水
c0034391_11392629.jpg

分岐からガラガラした石の斜面をひと登りすると弘法清水に着いた。
2軒の店があるけど、宿泊はできないらしい。
水場もあり、これが弘法清水の由来の湧水らしい。
ゆっくり登っているので特に休憩の必要も感じず、そのまま山頂へ向かう。
灌木の急登を行くと視界が開け、檜原湖や色づき始めた山肌が見える。
灌木の中に出たり入ったりしながら登っていくと木々の赤や黄色が濃くなってくる。
けっこう紅葉してるじゃない♪
c0034391_11401018.jpg

傾斜が緩み、木がなくなると岩屑の山頂に到着。


10:48 磐梯山山頂
c0034391_11404541.jpg

あ~、ガスガスだぁ・・・
猪苗代湖がドーンと見える展望自慢の山頂のはずなのに・・・(ノ_・、)
山頂直下の紅葉もとてもきれいなのに遠くまで見えない・・・(ノ_・、)
これはまた来るしかないな!
小さな祠のある山頂はけっこう広く、一段下には売店らしき建物もある。
ガスガスの割に寒くはなく、上着を羽織る必要もなかった。
お昼休憩45分。
混み出してきたので下山を始めたら、前後20名ずつくらいの団体さんの間に挟まってしまった!
しばらく行列して下山(-_-;)
この細い道でこの行列とすれ違う登りの人たちも大変だ;
c0034391_1142937.jpg


12:01 弘法清水
混雑のため、弘法清水まで思ったより時間がかかった(^-^;)
ちょうどお昼時だからか小屋の周りは登山客で賑わっている。
c0034391_11413651.jpg

赤い弘法清水小屋で登山バッジを買ったら「それどこにつけるの?」と登山中のおじさんに話しかけられた。
単に記念なので、家で箱にしまってるんですぅ(笑)
弘法清水からまたお花畑経由で下る。
時々ガスが流れ、天狗岩の先に檜原湖が見える。
c0034391_11424832.jpg


12:20 お花畑分岐
分岐から笹原の緩く狭い道を抜け、傾斜を増した登山道を下っていく。
30分ほどで裏磐梯のビューポイントに到着し、小休止。
急な斜面を過ぎると傾斜が緩み、やがて木道になり、中の湯に到着。

13:16 中の湯
なんとかここまで歩けた~!
あとはほとんど平地歩きのようなもの。
少しおやつでも食べてのんびりしていこう。
ダンナさまが建物のほうに偵察に行く。
やはり営業はしていないようで、建物の手前の足湯は「ご自由にどうぞ」、らしい。
足湯には浸からなかったけれど、中の湯で13分休憩。


13:51 八方台登山口着
c0034391_11453228.jpg

ブナ林を歩いて登山口に到着。
今夜は高湯の温泉に宿泊だから、楽でいいね♪(^-^)
ゴールドライン、レークライン、スカイラインとツーリングで馴染みの道路をハシゴして高湯へ向かう。
レークライン手前の磐梯山噴火記念館から見た磐梯山は、凄まじい噴火を物語る爆裂火口を抱いた荒々しい姿をしていた。
また来よう!今度はお花畑と猪苗代湖を見に!(o^-')b


せっかくの眺めは楽しめず残念だったけれど、なんとか登れて良かった。
山頂付近はけっこう紅葉もきれいだったし♪
でもやっぱり動くと腰が悪化するな・・・;
ゴールドライン、レークライン、スカイラインは大好きなワインディングロードでバイクで何度も来たけど、けっこういい料金してた有料道路が震災以降無料になっている・・・
有難いけど、背景を考えると複雑(ノ_・、)
せめて福島の観光や物産購入で復興に協力しよう!
by mo-mo-115 | 2012-10-06 22:15 |
<< 吾妻小富士 槍ヶ岳~北穂高岳 大キレット縦... >>