人気ブログランキング |

のんびり花を見たり、山に登ったり。愛車DUCATI Monsterでツーリングも。
by mo-mo-115
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
カテゴリ




以前の記事
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


南アルプス・鳳凰三山(2日目:薬師岳小屋~鳳凰三山~広河原)

山梨県 薬師岳小屋(2720m)~薬師岳(2780m)~観音岳(2840m)
     ~地蔵岳(2764m)~広河原(1520m)

2012年8月2日(木)晴れ
総歩行時間(休憩除く)5時間55分


薬師岳小屋は水道もない山小屋だけど、とても快適に過ごせた。
泊り客は12人だけ、布団も横や向かいは空いていて、個室と変わらないくらい落ち着けたし、スタッフの方たちものんびりおしゃべりに付き合ってくださった。
やはり山小屋は空いてる時に限るネ!(o^-')b
本当は夜明け前の星空を見ようと思っていたのに、寝坊して夜が明けてしまってから起き出す。
雲海から顔を出すご来光。
c0034391_2226377.jpg

今日は奥秩父の山々もハッキリ見える。
思った通り、お天気良さそう♪
朝食をさっさと済ませ、雲が出る前に地蔵岳まで行っちゃおう!


6:00 薬師岳小屋
薬師岳小屋の看板と一緒に写真を撮ってもらって、いよいよ鳳凰三山縦走に出発!
空は青く、東側は雲海が出来ていて、西側はきれいに晴れている。
薬師岳山頂までは小屋からすぐ♪

6:10 薬師岳山頂
花崗岩が積み重なった薬師岳山頂。
南西には朝日を浴びて迫力ある姿の白峰三山。
東は雲海の中に富士山、奥秩父、八ヶ岳がポッカリ浮かんでいる。
これから向かう観音岳へのなだらかな稜線がなんとも魅力的♪
c0034391_22404087.jpg

どちらを向いても絶景で、キョロキョロしながら雲上の縦走路を楽しむ。

6:45 観音岳山頂
白砂の道から岩場を一登りして、鳳凰三山の最高峰・観音岳に到着。
今まで見えなかった北西方面が開け、360度の大展望!
地蔵岳の尖ったオベリスクやその後ろにはきれいなピラミッド型の甲斐駒ケ岳!
c0034391_22285168.jpg

木々の緑と白い砂と青空のコントラストが美しい♪
振り返ると薬師岳の後ろに富士山。
c0034391_22292373.jpg

おなじみ白峰三山。その奥の仙丈ケ岳の左右には遠く中央&北アルプスが望める。
c0034391_22452122.jpg

最高の眺めだなぁ・・・あ~、ずっとここにいたい!
・・・というわけにも行かないので、20分近くも景色を堪能してから地蔵岳へ向かう。
しばらくは白砂の天国みたいな尾根道を行く。
やがてゴロゴロした岩場を下り、砂浜のような鞍部に着く。

7:28 鳳凰小屋分岐
c0034391_22464530.jpg

観音岳と地蔵岳の間の鞍部で鳳凰小屋を経由して青木鉱泉・御座石温泉へ行く道が分かれている。
滝が多いというドンドコ沢コースも楽しそうだなーと思いつつ、まっすぐ地蔵岳へ。
時々樹林帯に入りながら、アカヌケ沢の頭に向かって登り返す。
オベリスクがどんどん近づいてくる!
砂地の岩陰にはタカネビランジがいっぱい咲いていて大はしゃぎ♪
c0034391_22301231.jpg


8:16 アカヌケ沢の頭
c0034391_22312643.jpg

稜線上のアカヌケ沢の頭から地蔵岳へは10分ほどの下り。
ここにザックを置いて空身で往復する人が多いらしい。
オベリスクの根元で休憩するつもりだったので、全部背負ったまま下っていく。
急な斜面を下りて白砂の地に降り立つと、そそり立つオベリスクが目の前に!

8:24 地蔵岳山頂
c0034391_2232522.jpg

おぉ~!これが高速からも見えた地蔵岳のオベリスクなんだぁ!
大きい!山小屋の方に言われた通り、岩には登らないでおこう(^-^;)
砂地の賽の河原には甲斐駒を背にしたたくさんのお地蔵様。
お地蔵様の足元にはまるで供花のようにタカネビランジが寄り添っていた。
賽の河原を見下ろすオベリスクの根元で30分休憩。

9:02 アカヌケ沢の頭
急斜面を登ってアカヌケ沢の頭に戻る。
まだ朝の9時で、3000m近い高さにいるというのに暑いなぁ!
しかも、もうだいぶ雲が上がってきている・・・
まぁ目的の鳳凰三山縦走は晴天のうちに終えられたし、あとは安全に下山するだけ。
下山は白凰峠を経由して広河原へいく予定だけど、このコースはけっこう急で、岩場やハシゴもあるので悪天時はやめるようにと山小屋でアドバイスをいただいている。
どの程度急なんだろ??ちょっと不安・・・(゚ー゚;Aアセアセ
高嶺へのちょっとした登りがけっこう疲れる。

9:51 高嶺
灌木帯の中の岩の登山道を登り、高嶺に到着。
それまで飽きるほど姿を見せていた白峰三山もとうとうガスがかかってしまった・・・
でも日差しが遮られ涼しいガスが流れてくると、体感気温が下がって心地よい。
高嶺から少し平坦な尾根道を行くと、すぐにすごい岩場の下りに!
c0034391_22334412.jpg

鎖などはなく、ほとんど岩に座るようにして足を伸ばしながら下りる。
もともと岩場はスリルあって好きだけど、ここ悪天の時に通過するのは嫌かも・・・;
その後も急なヤセ尾根を行く。
下のほうのガスが流れて、川や道路らしきものが見えた。
c0034391_223378.jpg

あそこが広河原かな?ずいぶん下のほうだなぁ(-_-;)
ヤセ尾根からガレた斜面を下りていく。
ガスの中から時々北岳や仙丈ケ岳が顔を出す。
少し疲れてきたので眺めのいい斜面で昼食休憩10:30~11:00。
白凰峠あたりから下に向かって、雪渓のように岩が谷を埋めているのが見える。
峠の先にゴーロ帯があるって聞いたけど、まさかあんなガラガラした雪崩みたいなとこ、登山道じゃないよねぇ?
c0034391_22342130.jpg


11:13 白凰峠
白凰峠で甲斐駒へ向かう早川尾根と道を分け、広河原への下山道に進む。
峠から浮石だらけのゴーロ帯が始まる。
ここはさっき、まさかと思ったあのガラガラ斜面!!( ̄□ ̄;)!!
c0034391_22345632.jpg

このゴーロ帯を歩いた30分ほどは足元が不安定で疲れた~!
ようやくゴーロ帯を抜けるとシラビソやツガの苔むした樹林帯に入る。
傾斜は全般的にきつく、浮石も多い。
30分ほど下ると4段のハシゴの岩場が現れる。
c0034391_22545071.jpg

少し行くと今度はロープのある濡れた一枚岩の斜面。
最後は鎖で巨岩をトラバースし、木のハシゴを下りて木橋を渡るポイント。
こういうのはアスレチックみたいで楽しいんだけど、それ以外の傾斜のきついフツーの下りが辛くなってきた;
気温も高く、下りなのに汗をかく;
時々休憩を挟み、初めて見たキバナノヤマオダマキで気を紛らわしながら下る。

13:21 白凰峠入口
c0034391_2238582.jpg

だんだん沢の音が大きくなってきて、登山口が近くなったような気がする。
下りで焦りたくないからバスの時間を気にしないようにしてたけど、ギリギリ間に合いそうな感じ。
危ないなぁと思いながらも少し急いで降りようとしたら、すぐに登山口に到着した。
やった~!舗装路だぁ~!
バスは13:40発。平らな道に感動しつつ、バス停まで急ぐ。
それにしても暑い!ここだって標高1500mもあるのになぁ;

13:30 広河原バス停
バス停に到着し、夜叉神峠行のバスを探す。
甲府駅行きのバスが寄るらしいので、それに乗車して駐車場へ戻る。
車で金山沢温泉に立ち寄り、山行を思い返しながらお湯につかる。
う~ん、これもまた至福の時♪
ガレた下りはちょっと嫌になったけど、疲れ具合は日帰り山行と変わりなくまだまだ余裕がある。
次の縦走に向けていい練習になったな♪


1泊2日の短い縦走だったけれど、思った以上に満足感のある山行だった!
一生モノの、思い出に残る楽しい山歩きだったなぁ!(^-^)
花崗岩の白い山肌が青空に映えて、とても印象深い縦走路だった。
北アの燕岳もこんなふうだったんだろうけど、ガスってたしなぁ・・・
やっぱり山旅の良し悪しはお天気によるところが大きい!
平日なので人が少なく、休憩ポイントの山頂や、たまにすれ違う人に出会う以外はほとんどダンナさまと二人だけだった。
小屋でも気兼ねなく寛げたし、絶景を独り占めしてるような感覚は贅沢以外のなにものでもない。
山は晴れてる時に限る!
小屋は空いてる時に限る!
もう、これに尽きますネ(o^-')b
c0034391_22594171.jpg

縦走中、観音岳と白峰三山を振り返る
by mo-mo-115 | 2012-08-02 23:02 |
<< 八ヶ岳・赤岳 南アルプス・鳳凰三山(1日目:... >>