人気ブログランキング |

のんびり花を見たり、山に登ったり。愛車DUCATI Monsterでツーリングも。
by mo-mo-115
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
カテゴリ




以前の記事
2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


南アルプス・鳳凰三山(1日目:夜叉神峠~薬師岳小屋)

山梨県 夜叉神峠(1380m)~薬師岳小屋(2720m)
2012年8月1日(水)晴れ
総歩行時間(休憩除く)4時間40分

去年北穂に同行してくれたO夫妻と鳳凰三山一泊縦走を計画。
朝から晴天で、中央道から地蔵岳のオベリスクがハッキリと見え、テンションMAX!
ところがO君の奥さんの体調不良でO夫妻は登山口で引き返すことに・・・。
コースの予習はしてたけど、ベテランのO君を頼りにしていたので、ちょっと心もとない;
でもせっかくの計画と青空を無駄にするのももったいないし、わたしたちだけで行ってくるか!
残念そうな二人に見送られながら、ダンナさまと二人で出発!


7:28 夜叉神峠登山口
c0034391_113123.jpg

今日のコースは7時間弱の予定だけど、O君の話ではそんなにかからず5時間半もあれば行けるだろうとのこと。
夜叉神峠まで樹林帯の中を登っていく。
c0034391_1121546.jpg

とても歩きやすく整備されていて、まるで奥多摩にでもいるみたい!
でも寝不足のせいか、いつもより荷物が多いせいか、とにかく体が重い・・・;
ベンチで休みつつ、ゆっくり進む。
左手の樹間からは白峰三山がチラチラ見えている。

8:18 夜叉神峠
周りの木が広葉樹に変わり、青空が覗いたと思ったら夜叉神峠に到着した。
広場の隅に小屋があり、樹間から見えていた白峰三山が目の前にドーンと姿を現す。
c0034391_1132960.jpg

右から北岳・間ノ岳・農鳥岳。憧れの3000m稜線だぁ♪
小屋のベンチで休憩12分。
雲一つない青空、最高の天気だけどちょっと暑い~(^-^;)
峠から笹の間の道を少し下り、また樹林帯をひたすら登る。
30分ほどで富士山や街の展望が開ける場所に出た。

9:43 杖立峠
c0034391_1141377.jpg

杖立峠の道標のある場所に出た。
地図の注意書きではここが大崖頭山あたりらしい。
特に何もないので、そのまま先に進む。
ようやく脈拍が落ち着いて体が動くようになってきた。
今回は落ち着くまで長かったなぁ(^-^;)

10:07 焼け跡?
また頭上が開け、登山道の横に広場のような場所が出てきた。
ここにも鉄の道標が立っている。このあたりが本当の杖立峠なのかな?
杖立峠では以前山火事があったそうで、この広場が焼け跡みたい。
ここで軽食休憩。白峰三山に少し雲が湧き始めている。
晴天は嬉しいけど、日差しがきつい・・・;
c0034391_1154927.jpg


11:11 苺平
再び樹林帯に入り、しばらく登ると苺平に到着。
ここも道標以外特に見るものはないかな;
シラビソのきれいな森のなだらかな道を進む。
このあたりは清々しくて気持ちいいなぁ♪
c0034391_1163545.jpg


11:46 南御室小屋
c0034391_117096.jpg

道が緩い下りになり、シラビソの森が途切れると南御室小屋が見えてきた。
左手にテント場があり、小屋の前には布団がたくさん干してある。
水量豊富な冷たくて美味しい水場もある♪
南御室小屋に予約してあるけど、行けるようなら薬師岳小屋まで行く予定で、O君からは「南御室小屋着が14:00過ぎてたらそこで泊まるように」とアドバイスを貰っている。
午前中に着いてしまったので、薬師小屋泊に変更してもらうよう小屋のお姉さんにお願いした。
とても感じのいい方で、親切に対応していただいた(^-^)
小屋前のベンチで昼食休憩35分。
この先、下山するまで水場はないので、ありったけの容器に水を詰め込んでいく。
食事分は減ったけど、水が重いわ~(゚ー゚;Aアセアセ

13:01 ガマの岩
南御室小屋を後にし、ザレた登山道を登っていく。
足元のこの感じ、同じ花崗岩質の合戦尾根に似ているかも。
c0034391_11122139.jpg

登山道脇に巨石が現れ「ガマの岩」の看板があった。
だんだん岩が大きくなってきた。さぁあと一踏ん張り!

13:19 砂払岳
c0034391_1181590.jpg

気づくと周りにシャクナゲとハイマツが増え、ようやく森林限界に到達!
今までとまったく違う白砂と花崗岩の巨石が転がる景色が飛び込んでくる!
あたりはすでにガスが濃くなっている。
ガスの合間に白い山肌の薬師岳が見える。
先ほどまでの登山道とあまりに様子が違い、ギャップに戸惑ってしまう;
晴れてたら感動の光景が広がってたんだろうになぁ(ノ_・、)
足元を見ると、岩陰に・・・わぁ♪タカネビランジだぁぁぁ!(^O^)
c0034391_118870.jpg

砂礫地に咲く南アルプス特有の花で、今回この花を見るのが楽しみのひとつだった。
O君の奥さんにも見せたかったなぁ(>_<)

13:33 薬師岳小屋
c0034391_11133491.jpg

砂払岳の岩場を一登りしピークを越えるとすぐ下に薬師岳小屋が見えた。
小屋の手前に一ヶ月前に新設されたばかりという水洗トイレ!
小屋より立派に見えたりして・・・(笑)
宿泊の手続きをして中に入る。今日は空いているらしい。
まだ1組しか来ておらず、好きな場所に寝てOKとのこと。ラッキー♪
c0034391_11135215.jpg

予定よりかなり早い到着だったので、外のベンチでコーヒーを淹れ、一服してから布団でウトウトしているとサーッと雨音がしだした。
夕立かな?歩いているうちに降られなくて良かったなぁ。
雨は30分ほどで上がり、日が差し始めた。
砂払岳の中腹まで行ってみると、東側に町が広がっているのが良く見える!
c0034391_111418100.jpg

小屋番のお兄さんが韮崎の街だと教えてくれた。
韮崎の背後で雲を纏っている山塊が奥秩父。
一度小屋に戻り、おでん定食といった感じの夕飯を済ませてから、夕日を見に薬師岳の中腹までいってみた。
薬師岳の砂礫にはタカネビランジがたくさん♪
先ほどの雨が空気を洗い流したのか、周りの山がクリアに見える。
白峰三山との間の雲が抜け始め、東の富士山にかかった雲も消えてきた。
白峰三山方面。
c0034391_11145411.jpg

荒川三山方面。
c0034391_11151713.jpg

赤く染まった富士山と砂払岳。
c0034391_11155862.jpg

沈みゆく太陽、刻々と表情を変える山々。
やがて丸い月が上り、街の明かりが瞬きだす。
c0034391_11162093.jpg

美しい光景に言葉も出ない・・・。
山に登って本当に良かったと思える瞬間。
常念岳山頂で感じた幸せを、ここでもまた感じられた。

明日の晴天を確信し、宿に戻って早めの就寝。
南アルプスの絶景を期待してます!
by mo-mo-115 | 2012-08-01 20:53 |
<< 南アルプス・鳳凰三山(2日目:... 瑞牆山 >>