のんびり花を見たり、山に登ったり。愛車DUCATI Monsterでツーリングも。
by mo-mo-115
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
カテゴリ




以前の記事
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


山道具あれこれ⑥続・登山靴ゴロー「ブーティエル」

予定より一ヶ月近く早くゴローのブーティエルが出来上がったとの連絡が!!
うわ~嬉しいっっ!!
翌日、早速巣鴨へ受け取りに行った。
わたしがお願いしたのはブーティエルの薄茶、サイズは細型24cm、深さは標準、ソールは厚い1230A-9、赤紐でオーダーインソールはなし。
オーダー後に使い始めたスーパーフィート(ブルー)が合うか少し心配だったけれど、履いてみたらむしろ収まりが良くなったみたい。
靴下2枚履きの予定が、厚手一枚でいい感じに♪
夏の縦走までに慣らしが間に合いそうだと思っていたら「海の日の連休には間に合いますね」とお店の方に言われた。
え!そんな早く!?慣らし期間は??
手入れの仕方を教わり、防水ワックスを購入して、そのまま自宅まで履いて帰ったけれど、履きなれたスニーカーでも履いてるように違和感がない・・・。
登山靴って、こんなに楽でいいの??
楽すぎて、山道でちゃんと機能するのか不安になるくらい(゚ー゚;Aアセアセ
モンベルのツオロミーブーツは堅牢な型に守られてる感じがあるけど、ブーティエルのソフトなフィット感はまるで別物のよう。
靴に関してはダンナさまに「神経質すぎる!」と言われるくらい慎重なわたしが、たった一日履いただけで翌日の山行に使おうと決めたほど履きやすかった。

さて、翌日の湯ノ丸山。
今回は予備のブーツも持たず、いきなり実戦投入!自分でも驚くほどの自信(笑)
足指の付け根あたりは柔らかく曲がるので、平坦な道でも歩きやすい。
ツオロミーブーツで慣れたのか、バランスの問題なのか、重さも感じない。
今まで使っていた靴より足首が低めのため少し心もとない感じがするけど、それでぐらつくようなことはなかった。
登りは難なくクリア!でも問題は下りなんだなぁ・・
ツオロミーブーツも靴擦れなどはないのに、下りになると親指の付け根が痺れるようになってくる。
靴下の厚さを変えたり紐の締め方を工夫したりいまだに調整中で、日帰り山行なら大丈夫だけど縦走の長い下り道で耐えられるのか少々不安な状態;
それだけにブーティエルへの期待が高まる!
まずは湯ノ丸山から烏帽子のコルへの下り。
ガレていてそれなりに急なところだけど、グリップも良く初めての靴なのに気を遣う必要もなかった。
岩場も土の道も同様で、駆け下ってみても衝撃の吸収が良いみたい。
ただツオロミーブーツに比べるとアッパーの革が柔らかいためか、少しだけ捩れる感じがする。
それで疲れるようなことは全くなく、むしろ今までの山行で一番楽に歩けたくらいだけど、使い込むうちにさらに柔らかくフニャフニャになってしまわないだろうか?というのが唯一の不安かな?(笑)

初回の印象としては、履き心地は文句なく良くて、機能的には今までのサロモン・クエストとモンベル・ツオロミーブーツの中間くらいに位置し、わたしの山行形態と歩き方ならこれ一足ですべて賄えてしまう感じ、といったところ。
まだ軽い山歩きを一度しただし、長い行程や鎖場なども試さないで「ブーティエル最高!」と結論づけることは出来ないけれど、少なくとも「この靴を履くためにまた山に行きたい!」と思ったのは初めて。
ちゃんと手入れをして長く付き合っていきたい靴なのは間違いないです♪(^-^)
c0034391_19443.jpg

湯ノ丸山で。
レトロなデザインがお気に入り!
薄茶の色と赤紐はダンナさまのリクエスト(o^-')b
お店の方が言った通り、慣らしなしで海の日にも間に合います(笑)

c0034391_1934331.jpg

山行後、手入れを終えたダンナさまのローバー・タホーとブーティエル。
大事にしよ~っと♪♪
by mo-mo-115 | 2012-07-06 19:09 |
<< 南会津(1日目:駒止湿原) 湯ノ丸山~烏帽子岳 >>