のんびり花を見たり、山に登ったり。愛車DUCATI Monsterでツーリングも。
by mo-mo-115
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
カテゴリ




以前の記事
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


両神山

埼玉県 両神山(1723m)
2012年5月12日(土)晴一時曇り
総歩行時間(休憩除く)5時間50分


雲取山に一泊で行く予定が、ダンナさまの急な出張や不安定な天候で予定が狂い、両神山日帰り登山に変更。
奥武蔵の山を登っているとギザギザの鋸歯のような姿がよく目立ち、真っ先に山座同定できるようになった山で、前々から登ってみたかった。
アクセスに時間がかかるため、小鹿野町の須崎旅館に前泊して翌日に備える。
ついでに長瀞のライン下りや安田屋さんのわらじカツ丼を堪能してきちゃった♪
両神山はアカヤシオが咲くそうだけど、今年はまだ早いかな~?
今回は日向大谷から清滝小屋経由のピストン山行。
さぁ憧れのギザギザのてっぺんへ、GO~!


6:57 日向大谷登山口
旅館の朝食を断って早発ちし、6時半に日向大谷の駐車場に着いたのに、すでに第一、第二駐車場は満車(゚ー゚;Aアセアセ
第三駐車場に停めて登山口に向かう。これから来る人たちはどこに停めるのかな??
両神山荘前の登山口には登山届ポストとカウンターがある。
c0034391_10414440.jpg

登山届は前日のうちに提出しておいたので、カウンターを押して歩き始める。
歩き出してすぐに祠があり、登山の無事を祈って先へ進む。
山腹を巻く登山道は勾配がほとんどなく、ウォームアップにもってこいだけど道幅の狭いところもある。
小さな沢を徒渉し、沢音を聞きながらのんびり歩いていく。

7:31 会所
七滝沢コースと分ける会所に到着。
初めての両神山だし、今回は一般的な清滝小屋経由の表参道コースを進む。
美しい沢沿いの道で、新緑が目に眩しい!
まだ緩いアップダウンなので余裕たっぷり、「気持ちいいね~♪」と楽しみながら歩く。
木の橋や飛び石で何度も沢を越える。
c0034391_11153970.jpg

足元にはスミレやネコノメソウ、ムラサキケマンや名を知らない春の花々。
わぁ、ニリンソウも咲いてる!!
あちこちで立ち止まり、写真を撮りながらのんびり進む。

8:20 八海山
c0034391_11162399.jpg

信仰の山らしくあちこちに碑や仏像がある。
八海山にも不動明王像があった。
ここで10分ほど休憩。
沢から離れた登山道の脇の斜面には一面のニリンソウ!
ニリンソウが咲くことは知っていたけど、こんな大群落とは知らなかった!
大喜びで花を愛でながら登っていたら、キツさなんて全く感じなかった(笑)
c0034391_11345984.jpg

8:53 弘法の井戸
c0034391_11165491.jpg

水場の弘法の井戸に到着。
チョロチョロと水が出ている。
まだ水はたくさんあるのでそのまま進む。

9:01 清滝小屋
c0034391_11172444.jpg

弘法の井戸から間もなく、ログハウス風の清滝小屋が見えてきた。
トイレの改装工事中で、今は仮設トイレが置いてあった。
小屋には布団もあり、避難小屋としての使用が可能らしい。
営業していないのがもったいないくらいきれい。
少しお腹が減ってきたので15分のおやつ休憩。
清滝小屋の裏手もニリンソウの群生地だぁ♪

9:27 鈴ヶ坂
清滝小屋から先は山腹をジグザグに登り、高度を上げていく。
鈴ヶ坂で七滝沢コースと合流する。
山桜が咲き、木々の間からは山並みが見え始める。

9:33 産泰尾根
c0034391_11175465.jpg

地図上では産泰尾根、看板では産体尾根。
尾根に出ると山頂方面が望めた。
ここから岩と木の根混じりの急登になり、鎖場がいくつか続く。
鎖場は短いし、特に難しいことはないかな。
c0034391_1141187.jpg

ふと目を上げると、アカヤシオが咲いてる!ヤッター!
c0034391_11342165.jpg



9:52 横岩
c0034391_11182851.jpg

鎖場を抜け、傾斜が緩むと小さな祠と大きな岩があり「横岩」の標識があった。
木の根の出た道を登っていくと、間もなく神社の鳥居が見えてくる。

10:05 両神神社
c0034391_1119764.jpg

赤い鳥居をくぐると両神神社。
狛犬の口が大きく裂けていて、牙まで出てるなーと思ったら狛狼だそうで・・。
このあたりから先の尾根上はアカヤシオの木が多く、咲き始めの華やかなピンクの花に励まされながら登っていく。
再び露岩の急登を越え細い尾根を行くと、山頂直下の岩の間から視界が開けた。
c0034391_11332941.jpg

奥武蔵の山々かな?右寄りに武甲山が見える。
去年の今頃は向こうからこの山を見ていたっけ。

10:35 両神山山頂
最後の鎖を登るとゴツゴツした岩の山頂に到着!
狭くて足場も悪く、ちょうど人の多い時間帯だったため落ち着く場所がない(^-^;)
でも折り重なる山々をぐるりと見渡せる、達成感のある山頂だぁ♪
北西に目立つのは浅間山。
c0034391_11205610.jpg

雲が増えてきたけど富士山も見える。
c0034391_1122199.jpg

何より感動したのは、山頂の岩に生えているアカヤシオ。
c0034391_1122437.jpg

こんな険しい場所で、長いこと厳しい風雪に耐えてきたんだろうなぁ。
本体は折れてしまったらしく、横から出た枝に花を咲かせている。
両神山の山頂から天に向かって手を伸ばしているようなアカヤシオの木、花の季節に見られて良かった!
この花を見られただけでも今回登った甲斐があった♪(^-^)
空いたスペースを確保して昼食休憩。
風が強くて寒いので防寒具をしっかり着込んで!

11:46 両神神社
山頂で小一時間の休憩後、来た道を戻る。
歩いてきた道なのでサクサクと下るが、すれ違いや鎖場待ちでけっこう時間がかかる。
ジーンズにスニーカー姿だったり、鎖場で戸惑っていたり、ずいぶん山慣れしてない人たちも登ってきてるみたいだなぁ;

12:16 産泰尾根
鎖場を抜けて一安心。しまっていたストックを取り出す。
また青空が広がってきた。山頂にいた時間だけ雲が多かったみたい(ノ_・、)

12:30 清滝小屋
山頂が寒かったので、食後のコーヒーは清滝小屋まで下りてから淹れた。
コーヒータイム26分。
すっかり晴れて暖かくなったので、山頂で羽織った上着もザックにしまう。
清滝小屋から出て間もなくすれ違った若者グループの中にはザックではなくトートバッグで登っている人が( ̄□ ̄;)!!
鎖場、登りにくくないかなぁ?;

13:06 弘法の井戸
往きでスルーした弘法の井戸で、ダンナさまが水をいただいた。
味は「ミネラル感たっぷり」だそうで(笑)
沢に出たところで少々休憩し、あとは沢沿いをのんびり下る。
新緑の木漏れ日の中、気持ちよさと満足感でいっぱい♪
c0034391_11242119.jpg


14:38 日向大谷登山口
無事下山~(^-^)楽しかったなぁ!
記念に山荘でバッジを買って、車で県道を下る。
第三駐車場からさらに下ったスペースや路肩にもけっこう車が停めてあった。
道の駅・両神温泉薬師の湯で汗を流してさっぱり♪
温泉でバッジが100円安く売ってたぁ・・・(T-T)


ニリンソウの群落とアカヤシオの花を見ながら歩いたら、全然つらさを感じなかった!
久々に筋肉痛になり、割と勾配きつかったんだなぁとようやく気づいたくらい(笑)
山にはそれぞれ適期があり、いい時期に歩ければつらさは半減、楽しさは倍増すると実感した山行だった。
ブーツにも慣れたのか、前回のような痺れや痛みもほとんどなく、下りも快適♪
花あり沢あり鎖場ありの、変化に富んだ楽しい山でした(^-^)
ただ気になったのは、明らかに軽装だったり経験不足な人がけっこう登っていたこと。
難しい山じゃないけど、一応鎖場もあって滑落や遭難も起きてるわけだし・・・
リーダーは連れて行く人の装備や経験を考慮して山を選んであげればもっと楽しめるんじゃないかなーと、ちょっと考えてしまいました(^-^;)
c0034391_11445056.jpg

下山後、新緑の両神山を振り返る
by mo-mo-115 | 2012-05-12 21:31 |
<< 棒ノ嶺(2回目・白谷沢ピストン) 富士山ツーリング >>