のんびり花を見たり、山に登ったり。愛車DUCATI Monsterでツーリングも。
by mo-mo-115
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
カテゴリ




以前の記事
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


瑞牆山

山梨県 瑞牆山(2230m)
2017年5月12日(金)晴ときどき曇
総歩行時間(休憩除く) 4時間10分


これからしばらく山に行けなくなりそうなので、ちょっと遠出して瑞牆山へ。
数年前に登った時は暑くてバテ気味で、おまけに雷雨やブヨにも遭い、せっかくのいい山なのにのんびり歩けなかった。
今回は人も少なそうだし、季節もいいし、山頂でゆっくりしたいね(^-^)


9:06 瑞牆山荘発
中央道で須玉まで行く途中、まだ雪を被った南アルプスや八ヶ岳がよく見えた。
山荘から少し入った駐車場は車もポツポツとある程度。
身支度をして山荘前の登山口から出発!
山頂直下のアイスバーン対策に軽アイゼンを準備したが、直前にアイゼン不要になったと山小屋情報が更新されたため、気持ちと荷が少し軽くなった♪。
しばし平らな森の道を行き、階段状の登りを過ぎると林道を横切る。
う~ん、記憶よりも少し急な気が・・・(^-^;)
ひと登りすると右手の樹間から瑞牆山のゴツゴツした山容が見える。


9:51 富士見平小屋

c0034391_22374033.jpg
金峰山と瑞牆山の分岐にある富士見平小屋。
ここのテント場も良さそう♪
手前には富士見平湧水が豊富に湧き出している。
ポリバケツ型の水場で美味しい水をいただく。
小屋から緩く登り、ひと下りして天鳥川へ向かう。
途中、ちょうど額に入った絵のように山頂が見えるポイントがある。

c0034391_22380653.jpg

10:17 天鳥川出合
あれ?天鳥川の水がない!
春先は流れてないのかな?
天鳥川を渡った先にはパックリ割れた巨大な桃太郎岩。
c0034391_22383202.jpg
手前の木の陰にいるダンナさまと比較すると大きさがわかるかも。
お約束のつっかえ棒を追加してしてから先へ進む。
桃太郎岩の先の階段を登り、その先はいよいよ岩の道になってくる。
前回は沢があって、岩が濡れて滑りそうだったけれど、今は乾いているので歩きやすい。
ちょっとした鎖場を越えたり、段差の大きなゴロゴロ岩を登ったり、なかなかの急登!

中にはこんな狭い場所もあって、大柄なダンナさまは苦労して通ってる(^-^;)

c0034391_22391739.jpg

やがて大ヤスリ岩を見上げる場所に出る。

c0034391_22393760.jpg
ここまで来たらあと一息のはずだけど、その一息も急登だ(゚ー゚;Aアセアセ
c0034391_22400018.jpg
最後に北側に回り込むようにして山頂へ向かうが、その北側の道がまだ一部凍っている。
c0034391_22402617.jpg
汚れているので土の道に見えるけど、足元はアイスバーンです・・↑
最後のハシゴも基部の氷に足をかけないといけないので、わかっていても滑る;
慎重に歩いて、瑞牆山山頂へ。


11:42 瑞牆山山頂

c0034391_22410551.jpg
瑞牆山山頂は岩場で、ちょっと足が竦む(^-^;)
真下を覗き込むと大ヤスリ岩。
c0034391_22412815.jpg

金峰山方面の奇岩の群れ。金峰山の五丈岩も見える。

c0034391_22415193.jpg

八ヶ岳を眺めながら小一時間お昼休憩した。
今日はいい陽気で空いてるし、のんびりできるね(o^-')b

c0034391_22421115.jpg
帰りは同じ道を下る。
段差の大きな道だから筋肉痛になりそう;


13:37 天鳥川出合
岩場を抜けてホッっと一息(^-^)
ベンチでしばし休憩してから最後のひと登り。


14:04 富士見平小屋
富士見平小屋は立ち寄らずに通過。
今度テントで来たいな♪


14:38 瑞牆山荘着
はい、無事下山!
ダンナさまはもう筋肉痛の予感がしてるらしい(笑)
ぬるーいお湯の「増富の湯」に入って帰ろ~(o^-')b


久しぶりの2000m超えの登山、出だしが少しきつかった気がする。
ダンナさまはジョギングの成果か、前回よりずっと楽そうに歩いてた。
でもやっぱり筋肉痛にはなったらしい(笑)
わたしは上半身だけ筋肉痛に・・
岩場の段差が大きく、手を使うことが多かったからかな;
今回は山頂でゆっくりと景色を楽しめたので良かった♪
まだ季節が早かったせいかブヨもいなかったし(´▽`) ホッ
花も咲いてなかったけどね・・・(-_-;)
このクラスの山に登ると、いよいよ登山シーズン開始って気分になる。
今年もあちこち行けるといいなぁ!

c0034391_22422969.jpg

















[PR]
# by mo-mo-115 | 2017-05-12 22:35 |

鋸山(新潟旅行2日目)

新潟県 鋸山(765m)
2017年5月5日(金)晴
総歩行時間(子連れ・休憩含む) 6時間


連休中日、一日使って裏巻機渓谷のトレッキングに行く予定だったが、コース状況を問い合わせると、まだ残雪が多くオープン前だという。
じゃ候補に挙がっていた長岡の鋸山へ行ってみようか。
登り2時間、6歳の甥っ子は飽きずに登れるかなー?



10:12 花立峠登山口
六日町の宿で朝食を食べ、高速で長岡へ。
甥っ子が頑張れるように、途中のサービスエリアで好きなお菓子をたくさん買ってあげて登山口へ向かう。
今回は栖吉から花立峠へのメジャーコースを歩く。
なんだかブヨっぽい虫がいるので、ネットを装備!
きれいな沢沿いの登山道はスミレやニリンソウがたくさん咲いている。
甥っ子は「ここ細いから気を付けて!」「ここは急でーす」などと、張り切ってガイドさんみたいに案内してくれる(笑)
平らで細い道を10分ほど歩くと木橋がある。
けっこう高さがあるし、手摺のない橋なんて初めての甥っ子は一瞬「こわい;」と躊躇したが、すぐに意を決して渡っていく。
おぉ、立派立派!(o^-')b

c0034391_20561496.jpg

10:30 烏滝
c0034391_20564167.jpg
さらに少し行くと「左に烏滝」の看板があった。
ぬかるんでいるので行くのをためらっていると、通りすがりの人がきれいな滝だと教えてくれたので行ってみることに。
ほんとだ、何段にもなっててきれいな滝だ♪
ミズバショウの咲くポイントを過ぎると、湿った壁から例のカエルの声が!
虫やトカゲなどが好きな甥っ子は姿の見えないカエルを探すが見つからず。


10:56 大モミジ
オオバキスミレ、キクザキイチゲなどが咲く道を歩いていく。

c0034391_21060522.jpg
伸びたコゴミの原っぱを過ぎるとカタクリやショウジョウバカマも増えてくる。
斜面を這うように生えている大モミジで一休み。
c0034391_20572078.jpg
ちょこちょこと休憩を取るたびにおやつを勧めてるのに、甥っ子は山頂に着いたら食べるつもりらしく手を付けない。
後半少し疲れが見えたけれど、ごねることもなくちゃんと歩いている。
ずいぶんしっかりしてきたねー(^-^)
気温は高めで、山の新緑がまぶしい。
c0034391_20580758.jpg


12:00 花立峠
カタクリの群生する道を九十九折に登っていく。

c0034391_20594142.jpg
眺めのいい花立峠はちょっとした広場になっていて、長岡の街や佐渡のほうも見える。
ここで小一時間の昼食休憩。
ようやく甥っ子もお菓子を食べられた。
よくここまで我慢したねぇ。
裏に回ってみると雪を被った山々!
c0034391_20591082.jpg

越後三山や守門岳か。いい眺めだなぁ♪
ここまででもいいんじゃない?と提案しても、甥っ子は山頂まで行くと言う。
こんなに根性ある子だったっけ!?
山頂までは何度も細かいアップダウンを繰り返す。
山頂かと思うと何度も騙されて・・・(笑)
このギザギザが鋸山の名の所以なんだね(^-^;)
稜線の道にはオオイワカガミやイワウチワ、長い距を持つナガハシスミレなどが咲いている。

c0034391_21010589.jpg
13:20 鋸山山頂
c0034391_21012961.jpg
何度目かのピークでやっと山頂へ。
長岡の街が一望でき、角田山や弥彦山、佐渡ヶ島がよく見える。
これは甥っ子も達成感あるだろうな(^-^)
標識に付いている鐘を嬉しそうに鳴らしてる(笑)


14:06 花立峠
山頂で少々休憩してから元来た道を戻り、再び花立峠へ。
下りにかかると甥っ子は少し疲れて眠くなってしまったようで、半眼で手を引かれながら歩いていく。
励ましながらゆっくり下っていく。


15:08 大モミジ
途中休憩に適した場所がなかったので、この大モミジで中休止。
幹にもたれ、寝転がったりしながらしばらく休むと、甥っ子もだいぶ元気に!
さらに登山道にいたヘビやトカゲで目も覚めたらしく、後半はすっかり回復(´▽`) ホッ
木橋に差し掛かるとまた一瞬躊躇したが、渡ってしまったらスリルに目覚めたらしく、手を広げて何度も往復してる(笑)
だいぶレベル上がったね!(o^-')b


16:15 花立登山口
はい、無事歩ききりました!
山を下りたら大好きなアイス食べようねって話してたのに、眠気に負けて「ぼく、アイスいらない・・」と車で爆睡(笑)
よく頑張ったね。アイスは明日食べようね(^-^)



鋸山は長岡の最高峰だそうで、手軽なコースのわりに眺めはいいし、花いっぱいでいい山だった。
久しぶりの甥っ子との登山で、成長を目の当たりにしてビックリ!
ダダこねるのを宥めながらの道中になると思っていたのに、ゴネることなく歩ききった。
おやつも自分で「山の上で食べる」と決めたら最後まで守ったし、甘えん坊がいつのまにかしっかりしてきてて感心しちゃった。
下山後「よく歩けたね」と褒めたら「富士山も登れるかな」「エベレストも行けるかな」と、今回の山歩きで自信をつけたみたい。
自然に触れ、ちょっとしたスリルや達成感を味わったり・・そんな経験、これからもたくさんしてほしいな(^-^)

c0034391_21023144.jpg
山頂まであと少し!














[PR]
# by mo-mo-115 | 2017-05-05 20:52 |

浅貝水芭蕉群生地・秋葉山(新潟旅行1日目)

一週間前も新潟にいた気がするけれど・・連休に親族7人で南魚沼へ。
行きがけに苗場のドラゴンドラに乗ろうと思ったら、下りの最終が13時だそうで・・
もうお昼近く、行ってすぐ降りるだけもつまらないので、乗り場近くの浅貝水芭蕉群生地を散策することにした。
おお、ちょうど見頃~♪
c0034391_22243870.jpg
越後湯沢駅近くの秋葉山という小さな山にも登ってみる。
標高590mだけど、けっこう眺めがいい♪
c0034391_22354737.jpg
越後湯沢の駅もよく見える。
c0034391_22353892.jpg
大好きなイワウチワやイワナシ、タムシバ、オオイワカガミも咲いている。
c0034391_22352430.jpg
6歳の甥っ子連れなので、山頂でお昼を食べ、残雪で雪合戦!
大人なら10分ほどで登れてしまうような秋葉山を1時間半かけて楽しんだ。

最後に宿の近くの坂戸城跡でカタクリ散策。
暑さのせいか、しんなりして元気ない気が・・・(^-^;)
c0034391_22355896.jpg
さて、明日はどこに行こうかねー(^-^)

















[PR]
# by mo-mo-115 | 2017-05-04 22:26 |

ドンデン山(佐渡旅行・2日目)

新潟県佐渡島 ドンデン山(尻立山・940m)
2017年4月28日(木)快晴
総歩行時間(休憩除く) 4時間40分


前日は佐渡島観光を満喫し、今日はお目当てのドンデン山へ!
直近の登山道状況を山荘に問い合わせたところ、登る予定のアオネバ渓谷はちょうど花盛りだと言う。
イヤッホーーーー!!ヽ(^O^)ノ
雪割草、楽しみだー!


9:18 アオネバ登山口発

c0034391_23163121.jpg
相川の宿で朝食をとってから一度両津に出て、ドンデン線(県道81号線)で登山口へ向かう。
アオネバ登山口手前の梅津口ゲートは今日まで通行制限があり、9時まで開かない。
開通まで5分ほど待ってゲートを抜け、アオネバ登山口の駐車場へ。
登山口には2台しか置けないが、ゲート付近にも数台駐車できる。
お隣はなんと三重ナンバー!遠くからもここを目指してくるんだねぇ(^-^)
アオネバ登山口を入ったとたんにもうお花畑!
c0034391_22442678.jpg
ニリンソウ、オオタチツボスミレ、スミレサイシン、アマナ、ショウジョウバカマにエンレイソウやオオイワカガミ!
歩き始めてたった5分で見たかった雪割草(オオミスミソウ)にも出会ってしまった。
c0034391_22331484.jpg
ニリンソウは足元にずっと群落が続いているし、両側の壁には咲き始めたばかりのオオイワカガミがびっしり。
c0034391_22264258.jpg
すぐにシラネアオイも現れる。やったー!
c0034391_23060795.jpg
ダンナさまは初めて見たらしく、「きれいな花だなぁ」と気に入ったみたい。
こんなにあちこちにシラネアオイが咲いてる登山道なんて、わたしも初めて!
ミヤマキケマンやエゾエンゴサクも多く、フクジュソウやキクザキイチゲも咲いている。
c0034391_23040879.jpg
c0034391_23051328.jpg
進むにつれ、だんだんカタクリや雪割草が増えてくる。
佐渡のカタクリは葉に斑が入っておらず、より清らかな感じがする。
c0034391_22394902.jpg
雪割草はほんっっっとに可愛い♪
色やサイズや花びらの形状も様々で、ひとつひとつ立ち止まって見入ってしまうので全然進まない(笑)


9:57 落合

c0034391_22435323.jpg
美しい沢沿いの道を何度も徒渉を繰り返して緩く登っていく。
落合の看板も徒渉ポイントにあった。
落合の先にもシラネアオイはずっと続いている。
c0034391_22374086.jpg
まだ咲いていない株も多いので、最盛期は見事だろうな!
花ばかり見ていたけど、渓谷の登山道は花がなくてもとてもきれいな場所だ♪
空は青く、新緑がまぶしい。
でも、ブヨらしき虫がまとわりつきだした・・・(゚ー゚;Aアセアセ
用心のためネットをかぶって進む。


10:26 ユブ
だんだん傾斜がきつくなり、ユブに到着。
このあたりからはカタクリや雪割草など早春の花が主役。

c0034391_22495695.jpg
アラゲヒョウタンボクは初めて見たかも。
c0034391_22501956.jpg
登っていると時々海が見えるのはちょっと不思議な感じがする。


11:01 アオネバ十字路
ユブからしばらく登ると、とうとう残雪歩きが始まった(゚ー゚;Aアセアセ

c0034391_22510854.jpg
トレッキング協議会にいただいたドンデン山の紀行文に、残雪と霧で迷った話が載っていたので、気を引き締めて進む。
事前にアイゼンは不要だということと、ピンクリボンを辿ることを確認していたので、目印を見失わないように歩いていく。
他に誰もいないし、去年の東吾妻山の経験もあるしね(^-^;)
たまに雪を踏み抜いたり、雪から突き出た枝を払ったりしながら登っていく。


11:28 金北山縦走路入口

c0034391_23010986.jpg
県道81号の舗装路に出てホッと一息。
ここはまだ車両通行止めで、右に行けばドンデン山荘、左に行けばドンデン池や尻立山を経由して山荘に行ける。
本当はドンデン池経由で行きたかったけれど、雪が多くて危険だと確認済み。
右に進み、直接ドンデン山荘を目指す。
金北山や両津港の眺めがいい♪
道の脇にはフキノトウがたくさん咲いて黄色くなっている!
斜面には小さな壁掛画のように色とりどりの雪割草が咲いている。

c0034391_23015872.jpg
11:44 ドンデン山荘
c0034391_22531627.jpg
可愛らしいドンデン山荘に到着。まだ新しくてとてもきれいだ。
眺めのいいデッキからは両津港にフェリーが入港しているのが見える。
それにしても人がいないねぇ!
GW前はのんびりしてていいね(o^-')b
山荘で山菜そばをいただき、山荘の方と花の話をする。
佐渡には鹿などの動物がいないので、山野草が多く残っているそう。
シラネアオイは鹿の好物なんだって(^-^;)
山荘で45分ほど昼食休憩をして、尻立山へ向かう。
山荘のすぐ裏はかなりの積雪があったけれど、少し行くと雪は消え、気持ちのいい高原歩きが出来た。
c0034391_22535893.jpg


12:48 尻立山山頂

c0034391_22542999.jpg
緩く下って登り返すとドンデン高原の最高峰・尻立山に到着。
う~ん、1000mに満たない山とは思えない素晴らしい眺め!(o^-')b
金北山や縦走路の山々。
反対側には金剛山、足元にドンデン池と避難小屋。
c0034391_22552380.jpg
南の両津湾から先ほどのフェリーが出ていくのが見える。
c0034391_22554884.jpg
だ~れもいない山頂で、景色を眺めながら15分ほどお茶休憩。
ほんと、いい山だねぇ・・・。


13:16 ドンデン山荘
一度ドンデン山荘に立ち寄り、来た道を戻る。
同じ道を下るのって面白味ないけれど、今回は別。
またあのお花畑の道を歩けるかと思うとワクワク♪♪


13:46 金北山縦走路入口
往き同様、リボンを辿って雪の上を下っていく。
残雪の融けた場所からフキノトウやキクザキイチゲが顔を出し始めている。

c0034391_22562903.jpg
13:59 アオネバ十字路
残雪ゾーンを抜け、ふたたび早春の花ゾーンに入る。
まるで季節を早送りしているよう。
晴天で花たちも朝より元気に開いてるみたい(^-^)
c0034391_23025090.jpg
沢の土が青緑っぽい。これがアオネバの名の由来だそうだ。
あれ? そういえば花に見惚れててユブの看板見落とした!


14:45 落合
また徒渉を繰り返し、ニリンソウの群落の中を歩いていく。

c0034391_22583697.jpg
往きも帰りも花の道にずっと浮かれっぱなし(笑)
あまり花に興味のないダンナさまも「花盛りの山っていうのはこういうのを言うんだな」とさすがに嬉しそう(^-^)


15:17 アオネバ登山口着
登山口ギリギリまで花を楽しんで登山終了♪
ドンデン山、楽しかった~~~~!(^O^)
加茂湖畔の眺めのいい立ち寄り湯で、歩いた山を見て余韻に浸りながら汗を流す。
夕飯は回転寿司。初めて食べたノドグロの握り、美味しかったー!
最終のフェリー「おけさ丸」で新潟に戻って一泊。
翌日お土産を買い込み、帰りがけに実家に立ち寄ってから帰宅。
景色も花も食べ物も、言うことなしの旅だったなぁ(^-^)



花の名山とは聞いていたけれど、期待した以上の花の多さに大満足だった。
雪のある場所以外、とにかく花が途切れることがない。
花の最盛期で、晴天に恵まれ眺めも良く、おまけに人も少なくて最っっ高!
こんな幸せな山歩きはなかなかできないんじゃないだろうか。
前日の観光も含めすごく楽しくて、帰ってからも「佐渡、良かったね~」「ドンデン山、いいね~」と何度も言い合った。
とても思い出に残る、素敵な旅だったなぁ(^-^)
ただ唯一、ダンナさまが手の指をブヨに噛まれて腫れちゃったのが残念・・・(ノ_・、)
せっかく顔はガードしたのにね。
なぜか虫にモテモテなんだよね(^-^;)
ま、それを差し引いても素晴らしい山だった!(笑)


ドンデン山・雪割草コレクション♪

c0034391_23072465.jpg
c0034391_23073847.jpg
c0034391_23075231.jpg
c0034391_23094754.jpg

c0034391_23101112.jpg
c0034391_23104052.jpg
c0034391_23110361.jpg
c0034391_23112090.jpg
c0034391_23115301.jpg
もう、ほんっっっと可愛い!!








[PR]
# by mo-mo-115 | 2017-04-28 22:29 |

佐渡旅行・1日目

最近ダンナさまの仕事が落ち着いていて、少し早めのGWの連休が取れた♪
ドライブ旅行もしたいし山にも登りたい!
この時期じゃまだ高い山は雪があるし、かといってあまり近くもつまらない。
さて、どこに行こうか・・・
そうだ!佐渡のドンデン山はどうだろう!?
遠いけど、花の名山のはず。 早春に咲く雪割草、ぜひ見てみたい!
佐渡への旅にダンナさまも大乗り気!
連休まで間もなかったので、手分けして宿の手配などをする。
佐渡トレッキング協議会にドンデン山の登山道や花の開花状況を問い合わせると、トレッキングマップや観光案内など、いろいろな資料を送ってくれた。
なんて親切!!o(^▽^)o
雪割草も咲きだしたらしい。楽しみ~!


4月26日、まずは車で新潟まで行き、駅前のビジネスホテルに前泊。
翌日、車を置いて9:20発のフェリー「ときわ丸」に乗る。
車をフェリーに乗せるより現地で借りたほうが半額以下で済むらしい(^-^;)
雨は朝には上がり、だんだんと天気が回復してきた。
海も凪いで、フェリーはまったく揺れない。
GW前でフェリーもガラガラなので、佐渡に着くまでの2時間半、あちこち探検したり展望デッキで過ごしたり。
徐々に近づく大佐渡山脈は思ったよりずっと立派な山容で迫力がある!

c0034391_16184359.jpg
両津港に入港し、レンタカーを借りてまずはお昼を食べに出かける。
ダンナさまがチェックしていた長三郎鮨でお寿司と佐渡グルメ「ぶりカツ丼」をいただく。
お寿司はもちろん、ぶりカツもとても美味しい!!d(゚-^*)
B級グルメだと思ってあまり期待してなかったけど、いい意味で裏切られました。


次はトキの森公園でトキとご対面!
営巣中のつがいを見学する。

c0034391_16185617.jpg
他に誰もいないので、窓口の方がいろいろ説明(おしゃべり?)してくださった。

トキの森公園の近くはのどかな風景が広がる。

c0034391_16185223.jpg
こんなところでトキたちは暮らしてるんだね(^-^)


トキの森公園を出て大佐渡スカイラインをドライブしていると、道の脇にミズバショウやらカタクリやらいっぱい咲いてる♪
白雲台からの眺望。
大佐渡小佐渡の真ん中に広がる国中平野を挟んで左には両津湾。

c0034391_16190728.jpg
右には真野湾が見える。
c0034391_16191565.jpg
これはすごい!独特の風景だよねぇ!


大佐渡スカイラインを下って相川方面の佐渡金山へ向かう。
定番の坑道巡りは2コース、江戸時代の宗太夫坑と明治の道遊坑へ。

c0034391_16193917.jpg

道遊の割戸。露天掘りで山が割れてます。

c0034391_16192318.jpg

近づくとポッカリ穴が開いてる!

c0034391_16193249.jpg

少し離れたところにある北沢浮遊選鉱場跡。
なんだか古代遺跡みたい!

c0034391_16194667.jpg

最後に海岸沿いを走り、尖閣湾や千畳敷を見てから本日の宿へ。
窓からは海に落ちる夕陽が見られた。
半日だったけど、あちこち観光できて良かったなぁ♪
明日はいよいよドンデン山登山!
お花、たくさん見られますように・・・

c0034391_16195574.jpg
夕暮れの尖閣湾













[PR]
# by mo-mo-115 | 2017-04-27 16:15 |